書くとココロが軽くなる
はじめる

#お母さん

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

ねえ、私に生きる意味はあるのかな。
お母さんには自慢の為に利用されて
クラスには馴染めなくて
先生の期待に応えようと頑張って
親友にはリスカのこととか話せなくて
何もかも頑張ろうと
欲する事がダメなのかな。
君の好きな人になりたくて
でも君にはもう運命の人がいる。
ほら、もう私に生きる意味なんてない。
私がいなくたって世界は回る。
誰も困らない。誰も悲しまない。
ただ、一部の人が喜ぶのかな?
ただ、私は自分の大切な人に
認めてもらいたいだけなのに。

Alice・2019-10-19
ポエム
リスカ
生きる
生きる意味
お母さん
学校
先生
親友
好きな人
失恋
病み
ありすのポエム




「本当はお母さんに愛されたかったんでしょう」



あなたは優しく


俺が長年溜め込んできた核心に触れ


俺の背を撫でました。





「愛されずに辛い想いをしたね」




あなたは俺の体を



抱き締めてくれました。



固く、きつく…


恋人じゃないのが嘘みたいに


あなたの愛が伝わってきます。




「でもね」


穏やかな声。


「母に与えて欲しかった愛情を幸介はちゃんと備えているんだよ。私の事も周りの人の事も幸介はちゃんと愛せているんだよ」



優しい息遣い。



「決して幸介は愛のない人間ではないんだよ」




そう諭してくれたけれど



違うんです。



違うんですよ、



愛を知らなかった俺に



一から愛を教えてくれたのは



あなたなんですよ。




出来の悪い俺を


見捨てないでいてくれた。



見放さないで


いつも見守ってくれた。




伝えたい言葉は涙に溶けて



やっと口に出来たのは


「ありがとう」


精一杯の感謝の気持ちでした。

ひとひら(NEW一言に色々書いてあります)・2019-11-07
幸介
夜空に浮かぶ君の顔
備わった愛
愛されたかった
お母さん
優しい
独り言
穏やか
抱き締めて
ポエム
恋人
先生
嘘みたい
恋人じゃない
好きです
大好きな人
感謝の気持ち
言葉

溺死は辛いんだって。



息ができなくて



長い時間



苦しむんだって。



嫌だよね。



僕も嫌だよ。



辛いのは嫌だよ。



苦しいのは嫌だよ。



でも



僕、頑張ったよ。



誰かに背中を押されて



海に落ちちゃった時



僕、泳げないけど



頑張ったよ。



深かったけど頑張ったよ。



息が苦しかったけど頑張ったよ。



なのにどうしてなの?



頑張ったのに



必死に生きようとしたのに



どうして誰も褒めてくれないの?



お母さんはどうして



うつむいてるの?



女手一つで



僕を支えてくれたお母さん。



毎日仕事で嫌になったの?



僕が嫌いになったの?



僕が学校でいじめられているの



隠してたから怒ったの?



あれ?違う。




怒ってない。



泣いている。



なんで?



僕、何かした?



分からないよ。



教えてよ。



あぁ、そっか。



僕、死んじゃったんだ。

幸呼愛 📴・2019-10-22
溺死
溺れる
いじめ
母親
お母さん
母子家庭
自殺
他殺
苦しい
辛い
嫌だ
死にたくない
生きたい
泣かないで
頑張った
褒めて
教えて
分からない
ポエム
お葬式
お通夜













…閲覧注意…
ホラー要素有






























いつもの通学路。
赤いランドセルを背負い
毎日、毎日
花を摘んで帰る女の子がいた。



「何しているの?」
「花、つんでる」
「うわぁ、はなちゃんすごい、お花いっぱいだね」
「…うん」
「それどうするの」
「……お母さんにあげるの」


はなが友達のサラに
そう言うか言わないかの間に

「サラ」
「あ、ママ」
母親がサラを迎えに来た。


「ばいばい、はなちゃん、またね」
「うん…またね」



はなはその場に立ち尽し
サラが母親と手を繋いで
帰っていく様子を見つめていた。


「はなちゃん、お花つんでたの?」
「うん!お母さんにあげるんだって」
「そう、はなちゃんのお母さん病気だから、きっと早く元気になって欲しいんだね」
「うん、優しいね」





――異食症。







「ただいま…」




ベニヤ板にトタンを張り付けただけの貸家。
そこがはなの家だった。
兄弟はない。父もない。母ひとり子ひとり。
母子家庭だった。


はなは、さして寂しいと思ったことは無い。
はなの世界には元々、自分以外の人はいないのだ。


自分以外はみな、家畜か虫けらか
はたまた人ではない何かと思っている。


はなは垢がたまって
茶色く線を引いた首をぽりぽりとかいた。

ふとズボンが破けているのを発見すると
はなは、すぐさまズボンを脱ぎ
ビリビリとさらに破いて微笑んだ。



下着のまま、廊下を歩む。
木の板はギシギシ鳴った。

ううー、ううーと
うめき声が近づいてくる。

そして、1番奥の部屋に到達した時
床の上にはなの母親はいた。




「お母さんただいま」
「うう……うう」

うめき声は母親の喉から発されたものだった。

はなの年齢を考えれば
母親だってまだ若いのだろうが
ざんばら頭に、白髪、痩せた体
落ちくぼんだ目。


どう見ても老婆でしかない。
はなは項垂れる母親の猫背を淡々と正してやった。


「お水のむ?」
「……ご、はん」
「うん、とってきたよ」


はなはさっき道端でつんできた野花を
母親の布団の上にバラバラとばらまいた。


すると母親の目の色が変わった。
まるで獲物を見つけた獅子のように
まるで一週間何も口にしていない乞食のように


花を掴んではむしゃむしゃと口へ運ぶ。
急いで食べては唾を飛ばした。

摘んできたばかりの花だ。
新鮮で美しい花には虫だってつく。

母は時折虫だけを摘んで
はなに分けてよこした。


はなは、当たり前の事のように
それを口に運んだ。



狂った世界を
狂っていると思えない


はなの生まれた場所は
そういう場所だった。




母親の異食症は
もうずっと治らない。

病院にいく金もない。


はなは一年中
せっせと花を運ぶしかなかった。


しかし春、夏、秋と過ぎ
季節は冬になると大変だ。


毎年冬になると
母親はとても辛そうだった。
食料となる花がないのだから。



「花…は…な、花が食べたい、花」
「いつもの、お花屋さんに行ってみる」


はなは、雪がしんしんと降り積もる中
通学路と同じ道を通って近所の花屋にきた。

冬は花が咲いていないので
しかたなく、はなは花屋で
悪くなった花を
もらって帰ることにしていた。


でもどうしたことだ。
店が開いていない。


はなは、店の裏に回り、花屋の自宅の戸を
寒さで震える拳で叩いた。



「まあはなちゃん、こんなに寒いのにそんな薄着で…」
「……お花、もらえますか」

雪を払いながら、花屋のおばさんは
申し訳なさそうな表情をうかべた。


「はなちゃん、うちね、お店閉めることにしたの」
「え…?」
「おじちゃんが倒れちゃって競りにいけなくなっちゃったから」


はなが言葉を失っていると、
おばさんは心苦しく思ったのか
待っててと言い残し、奥へと戻っていった。


やがて戻ってきたおばさんは
大きな袋を持っていた。


中にはやわらかいタオルと、袋いっぱいのおかし
それからほかほかのおにぎりが入っていた。


「はなちゃん、またおいで」
「……はい」


そう返事はしたが、はなの頭の中は
これから母親の食料をどう調達するか
そのことで頭がいっぱいだった。


家に帰ると、はなは
汚れた皿を服の裾で拭って
花屋のおばさんにもらってきたおにぎりを乗せ
母親にもっていった。


「お母さん…ご飯だよ」
母親は嬉々としたが
はなの手に乗せられているのが
おにぎりだと知ると顔中しわだらけになった。


「はな、はなは?はなは、どうしたの?」
「お花、ないの、ごめんね」
「はな、…はな、はな」
「でもお母さん何か食べないと死んじゃう」
「花、はな、はな……」
「食べてみてよ…きっとおいしいよ」


はなは、皿の上のおにぎりを
手にとると「花、花」と
うわ言のようにつぶやく母にすすめたが

やがてそれは母親の怒りを買った。



「んんんー!あー、うううう」
母親はなんとも言えない叫び声をあげながら
はなの手の中のおにぎりを払うと
はなに馬乗りになった。

「はな、花、はな、はなは!?花」

そして、胸ぐらをつかんで
浮かせてはごんごんと床に押し付けた。



(お母さんが食べたいのは…はなならなんでもいいんだ)



「……お母さん、わかった」
はなは、悲しそうにそう言って
また、雪の降る通学路に出た。


花屋を通り過ぎて
ホームセンターへとたどり着く。


腐り落ちるのではないかと思うほど
足は冷たくて、感覚を無くしていた。



はなは、迷わず包丁を手にとると
レジへ持っていったが、従業員にとめられた。


「お嬢ちゃん包丁は大人の人じゃないと売れないんだ」
「……お母さんに、頼まれた」
「それじゃあお母さんと一緒においで」
「……うん」


はなは、包丁を諦めると違うレジへと並び
太いロープを買って
また通学路の道をとぼとぼと歩き出した。



「あれ?はなちゃん?」
呼ばれて振り返るとそこには
暖かそうなオーバーともこもこの手袋
毛糸の帽子で防寒したサラがいた。


「どうしたの?」
「お母さんに、はなを届けに行くの」
「ふうーん、お花あるの?」
「うん…」
「ね、少し遊ぼ?」


はなは断ろうかと思ったが
楽しい思い出をひとつくらい作ろうと
サラの誘いに乗った。


雪玉をころがしながら
サラは言う。


「そーいえばはなちゃんの名前かわいいよね」
「そう?」
「うん!かわいい」
「……ありがとう」

呟くと、サラはまた口を開いた。


「サラの名前もね、はなちゃんと同じなんだよ」
「…え?」
「あのね、名前の意味がね、サラも花なんだって」


はなは、じっとその話を聞いた。


「なんかね、沙羅双樹っていう木の花が白くてかわいいんだって!ママが1番大好きな花の名前、サラにつけてくれたの」


「へぇ……」

はなは、にっこりと笑い、一言告げる。






「そっか、サラちゃんも、お花なんだ」
「うん!同じだね」





そして、はなは今まで見せたことがない程
安堵した表情を見せながら
買い物袋の中のロープに手を伸ばす。




――雪にかき消された悲鳴は通学路に落ちた。




「〇〇小学校の学区内で12月から2月にかけて起きている小学生の行方不明事件で、不明者の名前に共通点がある事がわかりました………行方不明になっているのは、間谷サラちゃん、月野ひまわりちゃん、田邊あおいくん……」

ひとひら(NEW一言に色々書いてあります)・2019-11-06
mch
HM企画STORY
HM通学路
マチの世界
異食症
通学路
ランドセル
お母さん
母親
独り言
物語
独り言
閲覧注意
小説

父が好き

母が好き


兄弟たちが好き



だからこの灯火続く家路を


確かに歩んで見せましょう



あの日、言えずに消えた















今こそ家族に伝えたい

ひとひら(NEW一言に色々書いてあります)・3日前
Qa
HM企画テーマポエム
HM家路
家族
お母さん
お父さん
俺の兄弟
ただいま
独り言
ポエム
夜空に浮かぶ君の顔

母と喧嘩した



母が買い物から帰ってきて
私がスマホをいじっていたからだ

「お母さんが行く時もいじってるし、帰ってきたらまだいじってるし。
勉強はしたの?どうせずっといじってたんでしょ。もうすぐテストじゃない。どんだけ頑張ってた、なんて言っても全部結果で判断するんだからね」

なんて言う



その時だけたまたまいじっていただけなのに

自分でどこまでやる、って決めて
その分が終わったから休憩していただけなのに


うちの学校は
生徒の自立性を重んじて(?)
課題などのやり方も全て私たちに任せている

それをお母さんは知っている上で
受験させて通わせてるはずだし、
入学した時にも
「これからは自分で考えて勉強しなさいね」
って言ってたのに

未だに勉強勉強言ってくる




カチンと来た私は

「わかったよ、結果出しゃあいいんでしょ?お母さんは結果しか見てないもんね」
売り言葉に買い言葉でそう言ってしまった




どうしよう
今さら引っ込めない

誰か、いい勉強法教えてください…

叶 望 _ ☪︎ *. @一言みてね?((圧・2019-10-12
お母さん
喧嘩
親子喧嘩
テスト
スマホ
おかしい
勉強法
☆彡.゚*

お母さんに「LINEのアイコンと背景ペア画したい」って言われて今ペア画してるwww

みるくてぃ・2019-11-05
お母さん
ペア画
LINE

会いたいよ。
今までのこと全部話したい。
聞いて欲しい。

だって何もみんなのこと覚えてないんだよ?
こんなの嫌だ。
そばにいて欲しかった。
目で見たかった。



今すぐに会いたい。

潤愛・2019-10-22
独り言
天国の貴方へ
お父さん
お母さん
おじいちゃん

嵐のビデオクリップ集ずっとみてたら
お母さんに「よく、飽きないね~」
って言われた‪w

嵐ファンなら永遠に飽きませんわ笑

「P・A・R・A・D・O・X」と「Don't you get it」が
好きすぎる〜︎💕︎

何回みてもカッコイイし
可愛い✨

自分、最近ほんと嵐のデレ期がすごい笑

☆*にのまお⋆°。✩・2019-10-25
P・A・R・A・D・O・X
ビデオクリップ
お母さん

#嫌いになんてなれないんだよ


時には喧嘩をして
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

嫌な事を言われて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

辛くなること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

苦しくなること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

色々あった
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

それなのに何故か
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

憎めないし
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そばにいたいと思ってしまうんだ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

大好きだよ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これからも一緒にいよう
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これからも共に生きよう
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

貴方の子より
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

幸呼愛 📴・2019-11-07
嫌いになんてなれないんだよ
幸呼愛のタグ紹介
家族
母親
お母さん
喧嘩
嫌味
罵声
暴力
辛い
苦しい
悲しい
手紙
大好き
愛してる
家族愛
傍に
共に
生きよう
一緒に

私の

世界で1番大好きな

お母さん



もういない

分かってる

でも

もしまた会えるなら…


1番最初は何をしよう

ハグかな

ほっぺにキス?

その前に

泣いちゃうかな…?

猫大好きちゃん・2019-10-20
お母さん
大好き
会いたい
独り言

泣き崩れたら

優しく話を聞いてくれるの?


重い話に首突っ込んで
後悔なんかしない?


「病気」
それだけじゃなくなった
「命の限り」…。
反抗期、思春期。
そんな私に悩ませることよね。本当。

でも落胆せずいられてる部分は
貴方たちが私の事支えてくれてるから。

優しい笑顔で元気無いね?って
話しかけてくれるから。

辛さを顔に出さないように
そしたらね、にこにこ普通に
沢山笑えて楽しく生きられる。

ただ忘れて現実逃避しただけの
弱者に過ぎないんだけど。


「赤ちゃん抱かないと気が済まない」
朝から昨日の言葉思い出して泣きそう。
私の産んだ孫を私も抱いて欲しい。

…だから生きて。
生きて生きて生きて。

ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう…。

湊灑・2019-10-30
お母さん
ママ
母子
病気
がん
辛い

お母さんへの誕生日プレゼントの中に

手紙を入れようと思うけど

なに書いたらいいか分からない、、、

いつもは普通に言えるのに

手紙になった途端分からなくなった


なに書こう、、、

なづき。ギメイ (ヘッダーに好き下さい)・2019-11-04
お母さん
誕生日
プレゼント
誰か教えて

私のせいで

悲しませてごめんなさい。

泣かせてごめんなさい。

あなたには

いつも笑顔で居てほしいのに

本当にごめんなさい

i・2019-11-04
笑顔
お母さん
辛い
消えたい

中間だったんだよ今日
それで僕って大体ね?
中間か期末になるとお腹痛くなるの(なんで?)
そんで案の定痛くなっちゃって
1時間目苦手な数学だったんだよ
そんでやばいな…って思って
先生にトイレ行きたいって言ったら
これで終わっちゃうと問題解けないよって
言われたんだよ。(カンニング防ぐため)
それであ、もうちょい頑張る~
って言ったん
でもまじで辛すぎてトイレ行ったの結局
それ家帰ってお母さんに言ったらね
言われたのが
は、なんで?じゃあ今回点数低いの?は?
って感じでなんか
は、ふざけんなよみたいな顔されたん
そんでまぁ心配してくんないんだなっては
思った。まぁいつもどうりなんだけども
まぁ兄が修学旅行なのですよ
帰ってくるやん
兄におかえりって言ったん。
そしたらお母さんの一言
冷たすぎない?なにそれ。
だってさ‪wいやごめんなさい‪w
兄とお母さんとお父さんだって
僕がスキー学校とかでいなかった時
おかえり。だったじゃん。
え、兄はいいんですか?
兄には優しくしないといけないん?
いやおかしい…おかしいやろ…
(結局兄ちゃんは誕生日おめでとうって言われたよ。何故か僕は言われてないのに僕も言わないといけなくなったんだ。なんでだろうね!)

ぼたけ🔘👻・2019-10-21
無理
悲しい‪w
中間
お腹痛い
苦しかった
テスト
お母さん
お兄ちゃん
愚痴

その他のポエム

独り言
345615件

一人じゃないから
979件

ポエム
174373件

172638件

好き
97665件

片想い
99162件

自己紹介
26530件

片思い
82018件

好きな人
73566件

恋愛
70391件

辛い
41950件

1人じゃないから
138件

大好き
43502件

夜空に浮かぶ君の顔
2131件

歌詞
71562件

友達
27482件

ありがとう
24589件

失恋
37008件

病み
31852件

死にたい
15991件

先生
48210件

すべてみる