はじめる

#ぴえん

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全194作品・

あなたの彼女になれないことなんて
最初から分かってた、、、
でも




嫌いになんてなれないよ

re-nasu・2020-06-24
ぴえん
大好きな人へ

会いたいなぁ

なんて思ったりして

ちえり🍒・3日前
会いたい
大好き
大切な人
親友
先輩
離れ離れ
寂しい
ぴえん
あなたに伝わりますように
あなたは知らない私の気持ち
こんな僕を受け入れてくれますか?
non-fictionstory🍒

君に

"オブラート"

という言葉を教えたい

ちー🙃🐗『一言👀💕』・2020-06-03
昨日
幼なじみに
太った?
って
聞かれました
ぴえん
逆に清々しいですね
もう

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に194作品あります

アプリでもっとみる

この沼にハマった

私が悪いのかな

今でも抜け出せずにいるんだ

ユキウサギさん・2020-05-27
恋の沼
悲しい
元カレ
好きだった
疲れた
泣きたい
辛い
ぴえん
戻りたい
思い出
懐かしい

好きが足りなあああああああい

莉依(エリー家)・2020-06-14
好き
足りない
好きください
お願いします
ぴえん

え?

え??

ええ???←

普通に未満警察見逃したんだけど、、、

え?()

星 奈 _ せ い な・2日前
未満警察
平野紫耀
中島健人
見逃した
ぴえん

『ROY#2』




「今夜はカレーでいいですか?」


「う、うん」


ロイのいる生活に段々と慣れていく


いや、慣れたと言ってもまだほんの30パーセントくらいで


この非現実はなかなか夢心地であった。


今日は平日の朝、彼女は玄関までしっかり俺を見送って口角を上げる


ぎこちない笑顔がなんとも愛くるしいと思った


彼女は人間そのものだった


アンドロイドだなんて嘘なんじゃないかと思う


感情すらあるように感じる


否、あるのだろう


なにが人間と違うかと問われれば、子孫を残せないことくらいだろうか。


「いってらっしゃい」


「いってきます」


まだこの温かさに複雑でありむず痒さを感じながらも


父の倉庫で出会ったあの日から徐々に


俺は彼女に惹かれていた


救われていたんだ


彼女をひとり家に残し、俺は学校と就活とバイトを並立させる。


大変じゃないと言ったら嘘になるけれど


どれも自分ひとりでは不可能だったことで


ロイには感謝してもしきれない思いでいっぱいだった。


これも父親の目論見なのだろうか。


そんなことを思えば父親に会いたくなる


かき消すように咄嗟にロイのことを頭に思い浮かべた。


1日頑張ればロイの手料理が待っている


ロイの手料理はいつも美味しくて、毎食楽しみなのである


そうわくわくを募らせれば、多忙な日常にも幸せを見つけられ、胸がいっぱいになる。


どん底の果てに堕ちていた自分を救ってくれたロイは俺の希望でしかなかった。


彼女がアンドロイドだなんて事実、忘れてつつあった。


ただ今は先程離れたばかりの彼女に会いたくてたまらなかった。


彼女にとっても自分が希望であればいいだなんて考えていた。




・・・




「いただきます」


2人、父の作った桧の机に向かい合い、カレーを口に運ぶ。


「んーしー!」


幸せが口いっぱいに広がる。


「それは良かったです」


一日の疲れが吹っ飛んでしまうほど、心に染みるものだった。


そう言えばロイは食べたものはどこへ行くんだろう。
いや、そんなのはどうでもいいや。


このカレーが美味しい それだけでいい。


「隠し味は愛です」


だなんて冗談を彼女が言うもんだから、暖かくて優しくて涙が溢れそうになった


人は悲しみよりも愛しさで涙するのかもしれない
なんて思った。





「なあロイ、親父に会いに行かない?」


「是非、行きたいです」


彼女はとても嬉しそうに笑い、その笑顔で俺は安堵する


父はロイを見たらなんて言うだろうか
待ちわびていた時が来たと笑ってくれるだろうか




・・・


寂れた墓石


2人で両手を合わせれば


線香の匂いが鼻をつく


匂いは記憶を呼び寄せるもので、胸がキリキリと痛む


ぎゅっと強く目を閉じれば


背中に暖かな感触がして

父を感じた


はっと目を開ければ、隣でロイが俺の背を摩ってくれていた。


「私がいますよ」


そのロイの言葉で


おそらく数ヶ月ぶりに


泣いた


馬鹿みたいに


赤子のように


喚いた




ああ


あの時俺は泣けなかったんじゃなくて


堪えてたんだな


頑張らなきゃ


しっかりしなきゃって


耐えて耐えて


辛かった


苦しかったんだ


ロイに抱きしめられ


その中に父の温もりを感じて


ただ俺は


ひたすらに泣いた


「ありが…とう」


親父、ありがとう


ロイに出会わせてくれてありがとう


俺を育ててくれて


だれよりも理解してくれて


ありがとう



涙が枯れるまで


ロイは傍にいてくれて


この温かさにずっと浸っていたいと思った



・・・




「ロイ、今日帰るまでに合格かどうかわかるんだ。そしたら、美味しいものでも食べに行こうよ」


「自信満々ですね」


ロイはにやとり笑って俺の背中を押してくれる


ロイの存在のおかげもあり、長期戦に耐え抜いた俺は就活に一区切りつけていた。


「行ってきます」


「行ってらっしゃい」


このやりとりもなんだか新婚さんみたいな空気が出来上がってきたななんて浮かれながら家を出る。


やっと就職の内定を貰って、安定した収入を得て


ロイと、幸せに暮らせたら…


そんな幸せなことはない


上がる口角と逸る鼓動を抑え、卒論のために学校へ向かう



・・・


毎日へのご褒美に


ケーキを買った


艶やかないちごの乗ったショートケーキふたつ


感謝の思いも込めて


きっとロイは喜んでくれる


早く彼女の笑顔が見たかった


自信通り内定を決め、軽やかな足取りで家路を歩く


カチャカチャと


あかりの灯る我が家の鍵をひねる


ドアを開ければ、ただいまよりも先に


ロイの姿が目に入った


「ロイ!?」


床に倒れたロイの姿


手に持つケーキもカバンも放り出して駆け寄る


「ロイ!ロイ!!」


ゆらゆらと彼女を揺すっても、彼女は電池が切れたようにビクともしなかった


冷や汗と動悸が止まらない


どうしようどうしよう


彼女のおでこのROYの文字が赤く点滅している


エラー


そうだ


彼女は


人間じゃない


「ロイ!頼むよ起きてくれよ!俺はお前しか居ないんだよ…!」


その声に、ガシャガシャとロボットのような音をたてて彼女がゆつくりと瞼を開けた


「ロイ!!どうしたんだよ!!」


「…幸せ…でしたか?」


「幸せだよ ロイが居てくれたから これからもロイがいてくれたら俺は幸せだよ」


「私も幸せでしタ」


どうしてか、ロイの目に涙が浮かんでいる


「ひとりにすんなよ…!」


「ひとリ…じゃナイ」


俺の涙の雫がロイの頬にこぼれ落ちて


自分が泣いていることに気づく


「ソバニ…イル…カラ」


目の前のロボットはガタガタと音を立てあげる


傍にいるなら、いなくならないで



「…アイシテ…イマス」



「ロイ!!!!」



プシュー



空気の抜けるような


電車の発車音のような音を立て


ロイは


止まってしまった


壊れてしまった


俺はただ、喚くでもなく静かに


涙を零し続けた


いつか終わる


それでもその道のりに幸せは零れ落ちていて


それを教えてくれたのは


父で


ロイで


俺は


幸せだった


「…愛してる」


俺の人生はきっと


ここから始まるのだろう




彼女は泣いた



涙は


愛しさと共に


あるのかもしれない


fin

Sena❁・14時間前
小説
ROY
長編小説
senaの小説
反省すべきことはただひとつ
なぜ前後編にした
キツキツやんけ
もっと伸ばしても良かったね
あとがき書けないじゃん
ぴえん
恋愛小説
感動
したかな
したらうれしい
悲しい
切ない
そんなお話
前後編……
マジで読んでくださりありがとう








うちが君とあまり
面と向かって話さない理由









君がデリカシーなくて
うちがメンタル
潰れて萎えるからw

翔摘 好き欲しい…♪・2020-06-05
好きな人
デリカシーなさすぎ
ぴえん
萎える

今、綿棒を全部床に落として大惨事www
マジでオワタ( ;∀;)www

アオハル。好き連して○・2020-05-31
独り言
ぴえん
OMG

明日1時間目から体育とか萎える🥺

はちゅーるい・2020-05-25
学校
気怠い
やだ
無理
体力が
独り言
辛い
ぴえん

明日学校。
地獄が待っている。
人見知りにとって恐怖の時間だ。
それは、
「自己紹介」

アオハル。好き連して○・2020-05-27
ぴえん
OMG
独り言
学校

リア友とお話…爆笑


ぴえん超えてぱおんじゃなくて


ぴえん超えてダブルぴえんにしようぜって


なった…笑


ちょー、おもしろい笑

白瀬・2020-05-23
リア友
ぴえん

すとねくのグッズ届いた!!!✨

でも推し全然出てこなかった…😢

もちころりん推しの欲しかった😭

今回さとみくん運めっちゃ強かった(笑)

ウチの周りさとみくん推し居たかな…?🙄

居たら交換したいが確か居なかった気が…😭

ウチの周りは莉犬くん推しが多いです😂

莉恋羽(りこは)@(一言!!)・2020-06-12
莉恋羽の部屋
すとぷり
すとぷりすなーと繋がりたい!
グッズ
ぴえん
推し

ぴえん
ぴえん
ぴえん
ぴえん
切なくて泣いている時は
優しく抱きしめて慰めて
あぁそれだけ

💚高橋(ユギ) すみれサマ¨̮♡︎低浮上・2日前
すみれの歌詞投稿
ぴえん
ぴえんの歌
ホラゲ
脳内ループ異常

離れたいのに、離れられない。


忘れたいのに、忘れられない。


この原因がなにかわかるか?





















お前だよ
























課題。

ホビホビィィィィィィィィィィィ!!!!・2020-05-26
課題
変人の呟き
独り言
学校
この気持ちは
恋愛感情ではない
ぴえん

他に194作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
546271件

愛するということ
1623件

ポエム
314310件

258064件

好きな人
130484件

辛い
67556件

片想い
138945件

好き
136837件

自己紹介
39898件

片思い
118846件

恋愛
105324件

失恋
59690件

大好き
61509件

先生
66026件

24827件

19830件

死にたい
32724件

43447件

友達
41758件

病み
46354件

あなたに伝わりますように
3744件

すべてのタグ