はじめる

#ポエム

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全316711作品・


❨遺された音❩





色とりどりの花


四季折々


かわるがわる心模様



それでも私はあなたに



何十年も恋をしている。




「士郎さん……?」


金婚式を目の前にして


彼、士郎は病に倒れた。


クモ膜下出血だった。


弾けた血管は毛細血管というには


あまりに太く、


そのダメージは計り知れない。



士郎は倒れて病院に運ばれてから


一度も目を開かなかった。




彼はもうすぐ七十だ。



まだ、七十なのに


医者は、もう


見込みはない、という。





配線に囲まれ


横たわる士郎の手を


おずおずと握ると


ふわっとした彼の優しさに


触れた気がした。



「ねぇ、士郎さん……覚えてる?」


私は洗髪が出来ず


汗を蓄えた士郎の前髪をさっと撫で


目を細めた。



「学生時代、あなたシャイだったのね、手もなかなか握ってくれなくて、私やきもきしちゃってね、それで溜まりかねて私から手を握ったの」



躊躇いながら握った士郎の手は


今と同じように優しくて温かだったのに


あの頃の微笑みはもう士郎にはない。




そのことがとてつもない寂しさを誘う。




出逢は17歳の時。


3年お付き合いをして


二十歳で入籍した。



お金もなくて


結婚式なんて夢のまた夢


はなから諦めていたのに


最後の三女が成人式を迎えた歳



「遅くなったけどねぇ、結婚式をしようか」


そう言って、たるみきった私の手の甲に


芝居がかったKissをして



「貴女の花嫁姿がどうしても見たい」


彼は笑ってくれた。



こどもたちに


小突かれからかわれながら


歩いたバージンロード



両手を広げた士郎は


決して若くはなく


数本の白髪が


ワックスで固められていたけれど


若い時よりずっと


ずっとずっと……愛しかった。





その後も、増していく愛しさは


留まることを知らずに


今この時だって私は


こんな状況にもかかわらず


顎を落として肩で息をする彼を


愛おしいと思っている。





「こんなに幸せなのに……もう、逝っちゃうの?」



涙の雫が零れ落ち


繋いだ私たちの手のひらの隙間に


吸い込まれていく。



「もうすぐ、金婚式よ、私たち……」



この涙が接着剤みたいに


私たちの魂を繋ぎ止めてくれないかしら。



そんな、夢のようなことを考えては


「馬鹿ね、私……」


無理に笑った。




あと、二時間ほど。


そうとだけ言われてから


もはや3時間。



心拍数が低下している。



呼吸の数も


いつ止まるやとも


胸を痛めるほどに


乏しくなった。




もはや、持たない。




最期の言葉を探して黙り込む。


本当は黙ることすら


憚られる程


時間は逼迫しているというのに。



すぅ、


顎で呼吸をする士郎が


吐き出す息は魂を


ひとつ、またひとつと


吐き出しているようだった。





「士郎さん……行かないで」




やっとのことで


絞り出した言葉に


奇跡は、起きた。




「…………あ……っ」



士郎が、ひとつ


音を発して


涙を零した。




「士……郎、さん……っ」




必死に涙をこらえて



手のひらをさすり



「ここにいるよ、士郎さん」



「私はここよ」



「ほら、何も怖くないよ」



意外と怖がりだった士郎に


そう、声をかけ続けた。















それから間もなくして



彼は、逝った。



逝ってしまった。



「あ」



掠れ切ったその音を遺して。







なんて言おうとしたんだろう


なんて言おうとしたんだろう




ぐるぐると回る答えのない疑問。




一通りの段取りを


葬儀屋と話し合い


一度、病院を後にする。





一歩、一歩踏み締めるアスファルト



いつも一緒に歩いてくれた士郎は


もう本当にいないのだろうか。



実感は湧かぬのに


滔々と溢れる涙だけが


士郎は天へ召されたことを


物語っていた。





ふと、俯くことに飽き飽きして


頭上を仰げば


黄金に染まる夕空がそこにはあった。






一際、強い風の中


かすかに聴こえた気がした。




士郎の声が。




空耳なのだろう。



でも士郎の声だった。



在りし日の弾むような


笑み声が私の耳元に届けたのは



あの「あ」の音の続きの“言葉”




「ありがとう」




滔々と溢れくる愛しさを胸にして


私は一言


夏の夕空の黄金の中へ



「私こそ……ありがとう」



そう、言の葉を馳せた。

ひとひら☘☽・11時間前
幸介
幸介による小さな物語
幸介の短編集
死別
死ぬこと
独り言
生きること
生死
ありがとう
愛するということ
好きな人
永遠の恋人
永遠
結婚式
結婚
つぶやき恋日記
死にたい
小説
物語
ポエム

今日、改めて思った。
やっぱり私、君の事好きなんだ。
そう気づいた時、少し悔しかった。
私がもう一度君を好きになるはずないって
ずっとずっと思って、自分にもそう言い聞かせてた。
でもやっぱり好きなんだと思う。
君といると、もちろん嫌な所も沢山あるけれど
それ以上に君の良い所、君の優しさを見つけてしまって
自分の気持ちがよくわからなくなった。
他の人にとっては当たり前の事なのかもしれないけれど
私はそうやって君に言葉をかけてもらって嬉しかった。
周りの人からしたらそんな事で?ってなるかもだけど
今日、私はあの一言で安心した。
これまでの君の態度とは真反対で
やっぱり優しいんだって少し涙が出そうだった。
こんな事でこんなに君への想いが溢れるなんて思ってもなかったなぁ。
君は何とも思ってないんだろうけど、、

あんな事言うなんて有り得ない。
あんな事するなんて意味わかんない。
ずっとそう思ってたはずなのに
今日一日過ごしただけで君に染まってしまった。
今までの出来事なんてどうでもいいくらいになった。

どうしてか自分でもさっぱりわからないけど
今日、ふとした瞬間 、急に
好きだなぁっていう気持ちが心の中に生まれた。

好きになんてなりたくなかった。
君には好きな子がいる。
だから叶うはずない。
叶わない恋なんてもうしないってあれほど誓ったはずなのに。
あれだけの出来事があってまだ懲りてないみたい、私。
結果はもうわかりきってる事なのに
どうして好きだ、なんて思ってしまったんだろう。

君のせいだよ、ほんとに
そんな事言ってくるから、そんな事してくるから
私は君に叶わない恋をしてしまったの。
また毎日苦しくなるなぁ、後ろから眺めてるだけの毎日なんてやだよ。。

🌻🌻🌻・9時間前
post74
独り言
つぶやき恋日記
ポエム
好きな人
自分の気持ち
叶わない恋
素直
辛い

神様は努力して這い上がった人しか

力を貸さないらしい。







__ねぇ神様













こんなに頑張っても

まだ足りないんですか?






あとどのくらい

頑張ればいいですか?

ひなぎ❀.*・゚✩°。⋆・11時間前
七夕の願い事
独り言
ポエム
好きな人
死にたい

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に316711作品あります

アプリでもっとみる

今日も明日も明後日も

"君"のことを考える

この想いが届いてほしい

ゆずかりん・11時間前
届け!
届いてほしい想い
届いてほしい
想い
思い
届け
伝われ
伝わってほしい想い
伝わってほしい
今日
明日
明後日
今日も明日も明後日も
今日も明日も
明日も明後日も
ずっと
君のこと
君のことを考える
考える
七夕の願い事
願い事
お願い
七夕
好き
好きな人
好きな人がいること
大好き
大好きな人
恋愛
初恋
想い
思い
片想い
片思い
つぶやき恋日記
つぶやき
日記
恋日記
愛するということ
ポエム
独り言
おすすめのりたい
ゆずかりんの恋事情

『また明日』って君が笑うから

僕は今日を過去とするんだろう__

瀬音 蓮叶・11時間前
つぶやき恋日記
死にたい
好きな人
ポエム
独り言
七夕の願い事
愛するということ

夕方5時目が覚めた

「どうでもいい」って魔が差した

ドンキ、電マの前で立ち尽くす娼年

滑稽な夢


抜けた後、見返すリリック

支離滅裂、汚ねぇ文字


死にたくなった、十六の夏

So・11時間前
歌詞
オリジナル
死にたい
独り言
ポエム
七夕の願い事

最期ぐらい

綺麗に終わらせたいから




真っ白のワンピースをきて

私は宙を舞った。



私の紅は何人の眼に

止まったのだろうか

ひなぎ❀.*・゚✩°。⋆・11時間前
綺麗な
死にたい
独り言
ポエム
片想い
好きな人

ホシ
同じ地球に生まれて
ビート
同じようなリズムで鼓動を刻んで
夜がきたら寝て
朝がきたら起きて
同じような生活を繰り返しているはずなのに

いつまでも貴方は遠い存在のままで_。

ただ私が一方的に好きで
平行のままで
交わることなどなくて_。

🌈♡KAHO♡🥀・10時間前
ポエム
交わらない
好きな人
大切な人
地球
鼓動
生活
同じような
辛い
リアコ
ふかざあさん
ギャランがドゥ
ましゅださん

後の世まで残る思い出を


たくさん作っていこう



きっとそれは


いつの日も


笑顔で居られる記憶となり



私たちを優しさで包み込むだろう

Mari・10時間前
思い出
記憶
幸せ
独り言
ポエム
愛するということ
つぶやき恋日記
好きな人
Ry
大切なみんな

可愛く着飾った私はお嫌いですか?

。❅.。❅和を奏でる雪路Ⅱ。゜.❆・10時間前
ポエム
好きな人
愛するということ

あんたのこと
誰がなんと言おうとも
一等賞で好いてらあ

ひとひら☘☽・9時間前
riyu
DEAR眠り姫
独り言
姉さん大好きだよ
ポエム
遠距離恋愛
好きな人
遠距離
愛するということ

大切な人との別れが
人を強くするならば

大切な人との別れが
人を大人にするのならば

私は一生弱虫のままでいい
一生子供のままでいい_.

みゅゅ🕊♡・11時間前
ポエム
別れ
まだ好きだよ
あなたがどこへいようと
今日も元気ですか
空から見守ってくれてますか
忘れられないよ
大好きだよ
愛するということ
恋人の死
思い出
疲れた
病んだ
しんどい
君がいたから
私がいたのに
君がいなくなったら
生きる気力も元気もない
助けて
遠距離恋愛

好きな相手に告白して

後悔する人なんかいないよ

初めのうちは
泣いてばっかいるかもしれない

でも時間が経つとね
あの時伝えて良かったって思えるよ

そういう風に思える時はきっと

『今、幸せだからじゃない?』

煌梨🌟・11時間前
読んで!!
つぶやき恋日記
過去
現実
未来
告白
後悔
幸せ
好きな人
ポエム
独り言

消えてしまいたい

理由なら百も千もあるのに

生きたい理由は

どこを見渡しても見当たらない__

憑魔_無浮上・9時間前
消えてしまいたい
歌詞の1部
独り言
ポエム
想い
理由
1000
100
生きたい理由
消えてしまいたい理由
見渡しても
見渡す
辛い
消えたい

クラシック音楽でさえ
心地好く感じてしまう

人生も何もかも腐った俺は
一体何を求めればいいんだ

やけに今日は空が綺麗だなあ
ねぇ、君も見ているのかい?

昔の栄光に浸っていて
その時から時間は止まってて

そのまま俺の息の根さえも
止めてくれよなんて

扇風機がよそを向いてる
君はどこかで俺を向いてる?

水縹 普・9時間前
濁せよ五月雨、私を
ポエム
独り言
苦しい
辛い
片思い
片想い
失恋
日常
梅雨
センチメンタル
切ない
うんざり
自分が嫌い
愛するということ
つぶやき恋日記

他に316711作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

七夕の願い事
6178件

独り言
549967件

つぶやき恋日記
3617件

ポエム
316711件

259849件

好きな人
132079件

愛するということ
3378件

自己紹介
40123件

死にたい
33451件

片想い
139879件

好き
137668件

恋愛
106007件

七夕
3224件

辛い
68419件

片思い
119600件

失恋
60129件

大好き
61855件

歌詞
93827件

43883件

トーク募集
22226件

幸せ
33568件

すべてのタグ