はじめる

#リスカ

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全11516作品・

「死にたい」を

ゴミのようにくるっとまとめて



心のゴミ箱に捨てれたら_。

Raimu 最低。知ってる。ごめん。本当に。・3日前
ポエム
死にたい
独り言
ゴミ箱
リスカ
独り言
弱者
おす

「死にたい」なんて

簡単に言うなと


周りは口を揃えてそう言うけど



「死にたい」と思うまで


SOSを無視したのは


一体、何処の誰でしょうか__。

Raimu 最低。知ってる。ごめん。本当に。・1日前
ポエム
死にたい
周り
病み
病み期
リスカ
大人
SOS
おす

死に方を探せば怒られて

生き方を探せば共感される

生き地獄の世界に一番罪の重い

"幸せ"を君は求めるのかい

胡桃 凛桜。低浮上・2日前
独り言
病み期
辛い
リスカ
死にたい
嫌い
ポエム
愛するということ
偽善者
りん。

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に11516作品あります

アプリでもっとみる

『殺め人の住む屋敷』No.9

ー罪じゃなくなるその日までー






どうしても



許せなかった



お姉ちゃんを殺めた



あいつが



お姉ちゃんのお葬式にも



お姉ちゃんの墓にも



あいつは、最後まで来なかった



だから私は



あいつのLINEにこう送った



「私の家に来て」







話をしたかったから



反省はしているか



そう聞きたかった



数分して既読が着いた



「だる」



そう返ってきた



ここの時点でもう



限界だったのかもしれない



イラつきを抑えながら



「いいから来て」と



送った



すると数十分後



ドンドンドンドン







乱暴にドアを叩く音が聞こえた



中に入ってと言うと



靴を気だるげに脱ぎ



入って来た



殺める気なんてなかったんだ



あの言葉を聞くまでは



「…何で呼んだか知らんけど



金残ってたら全部俺にくれよ」



嗚呼、ダメだ



こいつは



【殺めなくては、ならない】



私は、スタスタと歩き



台所から包丁を取った



そして、あいつに近づく



「…な、何してんだよ…!」



あいつが、焦って転ける



そして、震える声でこう言った



「…は、花は…お前の、姉ちゃんは…



こ、心から愛してる!だから…っ」



今更、命乞いなんて



馬鹿馬鹿しい



「…死んでしまえ」



思い切り、上から下へ



振り下ろしてやった



気づいた時には



私もあいつも



血だらけだった



あいつを刺した包丁で



死のうともした



でも、出来なかった



お姉ちゃんの顔が



お姉ちゃんの声が



お姉ちゃんの笑顔が



あいつに浮気されて



絶望しきったあの顔が



頭の中に



くっきり、浮かんだ



そして、思い出した



「…空蘭は、ちゃんと生きるんだよ」



と、言われた事を



包丁を持つ手に



力が入らなくなった



「…おね…ちゃ」



ポトリ



包丁が落ちた



改めて、あいつを見る



あいつはもう



死んでいた



怖くなった



苦しくなった



「…アァァァァァッ…!!!」



そう、叫び



忘れるように



あいつを刺した



刺して、刺して



刺しまくった



しばらく刺して



ふわりと立ち上がり



家を出た



夜の、12時



電灯の灯りが私を照らす



そんな時、一人の人が



話しかけて



「…君、どしたの?



手、血着いてる」



そらまぁ、人を殺めましたもん



なんて言えなくて



「転けただけです」



と言って



また歩き出した



そんな私に



その男の人は話しかけてきた



「何処に行くの?」



行先なんてなかったから



「行先なんてありません」



と、正直に答えた



すると、こう言ったのだ



「…うち、来る?」



そう



この男の人こそが



風馬だ



最初は、何されるんだろう、とか



そんな事を考えていた



家だと言われたその場所は



とてもじゃないけど



家だとは思えなかった



お金持ちが住んでいるような



そんな、大きな屋敷だった



中に入ると



立派な玄関が出迎えてくれた



右奥には階段があった



「着いてきて」と言われて



着いて行くと



大きな部屋が待っていた



そこが後に



「私の部屋」になるなんて



思いもしなかった



ここまで来て



風馬は立ち止まった



そして



「辛かったな」



そう言い



頭を撫でてくれた



風馬は



私が殺め人だって言うのを



何となく、察していたのだ



ホロ、ホロりと



涙が落ちた



それと同時に



恋に落ちた



そう、多分



私の「初恋」



この人の為に生きようって



そう思った



二人きりでの生活は



まるで結婚生活のようで



凄く、幸せだった



途中で風馬が



自殺未遂をしたやーくんを連れて来た



最初は、警戒心MAXだったけど



風馬があの手この手で



仲良くさせてくれたおかげで



警戒心は、ゼロになった



絃と神



二人同時に連れて来た時は



何事かと思った



風馬に聞くと



この二人もまた



死のうとしていたと言うのだ



いつの間にか男子ばっかになった



屋敷は



より一層騒がしくなった



それからしばらくして



なーちゃんが迷い込んで来た



本当に本当に嬉しかった



風馬が謎に貼ってあった



「空き家」と言う張り紙に



騙されたのだろう



でも逆に言うと



その張り紙が無かったら



なーちゃんは来なかったんだ



本当に風馬には



感謝しかないな



なーちゃんが迷い込んで来てからは



より一層、騒がしく



楽しくなった



そんな幸せが



ずっと、続くと思っていたのに



「………」



手首が、血で溢れている



手元のカッターの刃先は



赤黒く染まっている



風馬の居ない明日には



私の明日もない



風馬、ごめん



もう無理だよ



そっちに逝くから



もう一度、あの日のように



頭を、撫でてよ



「……ふぅ」



あ、これ当たりだ



血が止まんなくなった腕を見て



そっと微笑む



もう私



「頑張らなくていいんだ」



その言葉を最後に



私の意識は途絶えた



……………………………………………




「…くーさん?ご飯ですよ…?」



そう言っても



返事が無かった



やーさんや絃さんや神さんが



何を言ってもそうだった



「…生きてるなら返事しろ!」



そうやーさんが叫んでも



何の返答も無かった



流石におかしいと



私達は部屋の中に入った



眠っているのか、と



そう思っていたけれど



どうやら、違うみたいだ



手首が血で溢れている



固まる私とは裏腹に



やーさんや絃さんや神さんは



くーさんの意識を確認しようと



必死だった



「…おい、起きろって…起きろよ…っ」



私は急いで



くーさんに駆け寄り



自発呼吸を確認した



くーさんは、息を…



_________アトガキ




ここまで読んで頂き



有難う御座いました



お初の方は他の話を



見て頂けると嬉しいです



はい…



くーさん



どうなってしまうのだろう…((



愛の力って



この世の何よりも強いですね



また会う日まで



Raimu

Raimu 最低。知ってる。ごめん。本当に。・1日前
小説
物語
自殺
リスカ
死にたい
殺め人
虐待
殺め人の住む屋敷_罪じゃなくなるその日まで_

死にたい人へ
辛い人へ
あなたはたくさんの人に優しく接して、たくさんの人を救ってきたでしょう。

それは当たり前普通なのかもしれません。だけど今の世の中にはその普通のことができていない人がいっぱい居ます。

そんな中自分がすごく悩んで苦しいのにも関わらず
それでも普通のことをするあなたは人として素晴らしいと思います。

そんなあなたに私は言いたいことがあります。
今までよく頑張ってきたね
人に気遣いができて偉いね
人の為に動けて偉いね
人に思いやりをもてて偉いね
人に優しくできて偉いね
辛い中生きてて偉いね
我慢できて偉いね
生きてて偉いね
息をして偉いね
死にたいと言いながら昨日も今日も生きててえらいね
そんなあなたを尊敬します
大丈夫私は君の味方だから
生きてて生まれてくれて
ありがとう
もういいんじゃない
あなたは充分すぎるぐらい
頑張った。
次は自分を救ってください

しほ・12時間前
死にたい
消えたい
死にたい人へ
消えたい人へ
リスカ
リストカット
自傷行為
君へ
独り言
味方
辛い時
不登校
辛い
苦しい
愛想笑い
作り笑顔
大丈夫
心の相談室
君のままでいい
いつでもおいで

いつでも出ていける準備して


口にタオル突っ込んで


吐き気とえずくのを我慢して


ガンガン痛い頭を押さえ


独り部屋に閉じ籠もる。



大声で叫びたい衝動に駆られて


滝のように流れ出てくる涙を堪えて


痛い喉が咳き込むのは止まらなくて


今にもおかしくなりそうなのに


過呼吸で、躰が震えて、


本能が危険を察知するまでに


拒絶しているのに


きっと記憶の中では


全部全部、聞き分けの悪い私が


悪かったことになってるんだよね。



親の指示に疑問を持つ娘が


理由を聞くだけで怒鳴られるんだよね。



ねぇ、机叩かないでよ。


ねぇ、お母さんに暴言吐かないでよ。


ねぇ、これ以上傷を増やさないでよ。


ねぇ、いい加減気付いてよ。


ねぇ、優しいお父さんに戻ってよ。


文句言うなら話聞いてよ


全部自分に返ってきてるの気づかないの?


なんでこれが「良いお父さん」だと思うの?


その絶対的な自信はどこから来てるの?


親だったら子供の心を壊していいの?



私を幼稚園児だと思っているお父さん、


私ね、


分かってるんだ。


気付いてるんだ。


あなたのことが生理的に無理なの。


何かを指摘されるだけで


見られている、知られている、関わっている、


親なのに、それだけで反吐が出そうなの。



私の性別を知らない人を


私の想いを知ったかぶる人を


私ね、親だと思いたくないの。



誰 か 助 け て


痛 い の


丁 度 心 臓 の 辺 り が


ざ ら ざ ら の 麻 縄 で


縛 ら れ て い る の か と


本 気 で 錯 覚 す る 程 度 に は 。



私の男性不信の原因は


あなたのトラウマから始まりました。


「血縁関係」


それは今もなお、現在進行形で続いてる


呪いのような、縛りのような

〜〜 クルシ 〜〜〜〜
私を苦絞めるの。

雛瀨@仮出戻り______2週間だけヘッダー変わるぜ(꜆•௰• )꜆꜄꜆‬・3日前
毒親
独り言
ポエム
お父さん
嫌い
苦手
生理的に無理
血縁関係
愛するということ
病み
辛い
死にたい
苦しい
無理
愚痴
自傷
自傷行為
リスカ
お雛様の独り言がでかいんじゃ
お雛様のつぶ焼き\(˙˙)/
お雛様の想い
雛瀨的思考回路
雛瀨が思うに、
雛瀨はいくらでも病みます。
お雛様は問題児様📍✂
雛瀨は理解らない
雛瀨の左手は想いのキャンパス

君の瞳と手首から

もう二度と

涙が零れませんように。

︎︎︎︎洸汰︎︎︎︎・10時間前
七夕の願い事
死なないで
一緒に生きよう
リスカ
病み
死にたい
消えたい
愛するということ
生きて
死なないで
さよなら
つぶやき恋日記

もし心から赤い、紅い血が流れたら

手首の様に傷だらけだったら

「死にたい」は現実味を帯びましたか?

「消えたい」を信じてくれましたか?

迷わず僕を助けてくれましたか?

fool・10時間前
独り言
ポエム
病み
死にたい
消えたい
リスカ
辛い
苦しい
寂しい
自傷
自傷行為
質問

あなたの都合が良い

「私」を貶すんじゃなくて


本当の在り方の

「俺」じゃ愛してくれない?

雛瀨@仮出戻り______2週間だけヘッダー変わるぜ(꜆•௰• )꜆꜄꜆‬・3日前
お父さん
毒親
性別
性別違和
Xジェンダー
独り言
ポエム
片想い
好きな人
愛するということ
病み
辛い
死にたい
苦しい
愚痴
自傷
自傷行為
リスカ
お雛様の独り言がでかいんじゃ
お雛様のつぶ焼き\(˙˙)/
お雛様の想い
雛瀨的思考回路
雛瀨が思うに、
雛瀨はいくらでも病みます。
お雛様は問題児様📍✂
性別:雛瀨

「死にたい」「消えたい」
なんて捻りもなく、偽りなく伝えたら

君はそれを嘲笑うのかい?

すべてを否定して満足するのかい?

"生きて"なんて言って殺めるのか?

明後日の綺麗事ばかり吐かれて。

僕はただ、黙ってそばにいて欲しいの

fool・11時間前
独り言
ポエム
病み
死にたい
消えたい
辛い
苦しい
自殺
孤独
綺麗事
絶望
生きる
人生
リスカ

『期待して』『信じて』
結局何時か壊れる

無浮上・9時間前
リスカ
アムカ
レグカ
自傷
自傷行為
期待
信じてた
壊れる
辛い
苦しい
消えたい
死にたい
同性
同性愛

死にたいのに死ねない

それが私の本心で_

虹雫☔️・3日前
私の本心
本心
死にたい
死にたくない
病み
助けて
リスカ
弱い
弱いから死ねない

流す涙がないのなら



血を流せばいいじゃない

ミスティルテイン・1日前
病み
ポエム
死にたい
泣きたいのに
涙が出ない
自傷
リスカ
愛されたい
褒めて
認めて
愛して
辛い
助けて



『いじめ』の出口知ってるかい?








まだ私も出口見つけてないんだ。



もうみんなは


過去の事にしてるのに


私はまだ抜け出せない。




色んなところに


記憶の欠片落ちてるの。



そしたら頭の中で


流れるあの時のこと。




誰も助けてくれない。




気付いた大人は隠すことに


精一杯で私の気持ちは


見てくれないの。



いっせいのーでで


「この話はもう禁止。」





誰にも言うなと


口にチャックをされたんだ。





どうして…?

どうして…?

どうして…?




大人達は私達を見捨てた。


自分の評価>私の気持ち





1度伸ばしてくれた手。


私が掴めば振り払われた。








『いじめ』は


みんなの心から消えた。






















約1年後……




自傷行為を始めた。





生きづらかった。




毎日毎日


いじめられるかもしれない


恐怖に支配され。




いじめれないようにと


必死に空気を読んでいた。



それなのに孤立した。


ハブられた。



いつだってそうだ。



身勝手な人間がいる。





でも自分が悪いのかもしれない。



自分が生きていることが悪い。


はやくいなくなれ。


はやくいなくなってくれ。




自分を追い込む毎日。





自分を殴った。


足を切った。


手首を切った。


腕を切った。






浅く浅く傷はすぐに薄くした。



誰にもバレてはいけない。




この世の自傷行為に対するものは


「気持ち悪い」だけなんだから。




見えない傷を


見えない傷で表した。




でもいつか自分を抑えられずに


深く深く刻んでしまうだろう。





いやその前に


消えてしまうのかもしれない…



ずっとずっと私は


苦しみながら


生きてくのだろうか。



アイツラ
加害者が笑っている時間を

ワタシ
被害者は泣いている。



私は知らない道を


歩かされている。



何処に行けば


私は幸せになるのか。







『いじめ』とは迷路のよう。
















あなたは

『いじめ』の出口

知ってるかい?

C H I R U・1日前
いじめの出口
いじめ
自傷行為
リスカ
アムカ
レグカ
辛い
苦しい
死にたい
消えたい
独り言
ポエム

僕の腕から流れる



赤い涙は君に



届くことはなかった___。

etoile・1日前
独り言
リスカ

他に11516作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

七夕の願い事
6163件

独り言
549956件

つぶやき恋日記
3605件

ポエム
316708件

259843件

好きな人
132075件

愛するということ
3376件

自己紹介
40123件

死にたい
33449件

片想い
139877件

好き
137665件

恋愛
106004件

七夕
3223件

辛い
68417件

片思い
119597件

失恋
60127件

大好き
61854件

歌詞
93827件

43883件

トーク募集
22226件

幸せ
33568件

すべてのタグ