はじめる

#傷

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全4016作品・

△観覧注意

大人要素あり

苦手な方はお避けください。



























雪化粧 2.





























雪が降っていた。



点滅する信号機。


赤に変わって、僕は立ち止まった。





隣には彼女が立っていた。






「寒いね」





鉄琴が鳴らすような、


高くて透明な声。




彼女は笑って、




僕に話しかけた。





「そうだね」






フレンドリーな彼女とは



この日直ぐに仲良くなった。












「何組? 同い年だよね」



「高一のCだけど」



「良かった。私、B。



透華です。よろしくね?」



































僕みたいな、


いかにも女子と関わりのない男は


あの赤信号の間だけで充分


彼女を気になることが出来る。






出会って一週間が経つ頃には


僕は既に、淡い恋心を抱いていた。






足が重かった通学路は、



彼女と歩くだけで色鮮やかになった。




無色透明の世界で、



魅力的な白色を持つ彼女は



雪の妖精のようだった。



















「ヒロ君さ、もうちょっと押してよ」




「え?」





「だからさ__」





彼女の顔が赤いことに気づく。


彼女が僕の手を握る。






「いいの?」



「ちゃんと、言葉にしてよ」



















「透華、好きです」




















「私もです」



























まるでどこかの恋愛漫画のように、



僕らは恋人になった。













「ヒロ君、大好きだよ」


「僕も、透華が好きだよ」












幸せすぎるこの恋は



何事もなく二年目に突入した。






直ぐに高校三年生となって、




僕らはだんだんと大人になっていった。



















「ヒロ君、私こと、好き?」




「うん。好きだよ」










この時、気づけばよかった。





彼女は時々、



確かめるように僕に尋ねた。



“私のこと、好き?”







酷い時は一日に数十回も。





なぜ気づかなかったのだろう。


























「朝まで、一緒にいてよ」






僕が言った。



彼女は少しだけ迷って、



何かを決心したように僕の手を取った。












何故か泣きそうな顔をして。
































彼女にとっても


勿論僕にとっても初めてのホテル。







彼女は部屋に入っても落ち着かない様子で


キョロキョロと当たりを見回している。





僕が笑ってベッドへ誘うと、



彼女は恥ずかしそうに僕に抱きついた。












彼女の頬にキスを落とす。







そのまま唇にキスをして、




溢れ出す好きを伝えたくて、




僕らは何度もキスをした。











彼女のシャツに触れる。




ボタンをひとつ外す。



















「まって」




















彼女は立ち上がった。









「どうしたの?」







彼女は口を固く閉ざし、





僕の頭を軽く撫でる。











そして僕に背を向けて



そのまま、彼女は自分でシャツを脱いだ。








パサッ__。







シャツを脱いで、下着もとって、






スカートまで落とす。





本当に何も身につけてないからだ。







状況がつかめず、僕はただ黙って見つめた。










「あのね」




「うん」






「ごめんね」





「え?」









彼女は、静かに振り向いた。



















息を飲んだ。












そこには、胸から脇腹にかけて、




大きく傷跡が残っていた。
















「透、華?」




「私、病気、なの」














彼女は僕の手を取って、




その傷に当てる。






少し脹れた傷跡が妙に生々しく、




反射的に手を振り払った。










「ごめっ、」






「いいの」











僕は黙る。



彼女は微笑む。









「病気でね。



手術はしたんだけど、治らなくて。




もうすぐ入院するの。



そこで、死ぬ。




余命はあと一年もない」









彼女の不健康な白い肌は



寒さのせいか、それとも恐怖のせいか




小刻みに震えていた。



















その日、僕は自分の弱さを知った。





彼女のことを知って、



僕は、





彼女を抱くことも、



キスをすることも



抱きしめることすら出来なくなった。









どれほど透華は傷ついたのだろうか。






僕は弱かった。



彼女の全てを受け止めることが出来なかった。





















それから、彼女とは会っていない。











next

蛍月 夜燈・2日前
小説
1987.
好きな人
失恋
独り言
ポエム
悲しい
雪化粧.
2
たとえ君が

言えない、癒えない

傷を隠して

柊 音斗・2020-10-08
そうして今日も生きるだけ
言えない

誰かは言う

「そんなことで…」「あの人の方が…」

辛い気持ち、苦しい経験に

優劣なんてあるもんか。

「死にたい」の言葉に

言う権利なんてあってたまるか。

痛みの感じ方は人それぞれだ

誰かの感情を否定するのは

ただの"罪"だ

ender・2020-10-04
独り言
ポエム
死にたい
辛い
苦しい
消えたい
綺麗事
先生
痛み
実体験
戯言

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に4016作品あります

アプリでもっとみる

過去は消すことも増やすこともできない
消えて欲しくない思い出だけ失って
嫌な思い出ばかり残る。
それって不公平じゃない?
だからって未来の良い思い出は増えても

増える前までの過去は消えないし

いっそ、上書き保存でもしちゃう?

ひな・2020-10-09
過去と未来
上書き保存

たとえ君が

傷ついたとしても、

もう宙翔んで
助けにいってあげらんない。

たとえ君が

悪に染まったとしても

もう正義なんか 貫けない。

白霧 麗都 ↺・2020-10-18
たとえ君が
君の声に溺れた夜
君への嘘
正義なんか
貫けない

大丈夫なんかじゃないのに

「絶対大丈夫だよ」


目の前が絶望で真っ暗なのに

「乗り越えたらいいことある」


もう十二分に頑張ってるのに

「もっと頑張れる」


耐え難い辛さも、傷みも、苦しみも

僕はいつまで誤魔化せばいいの?

ender・2020-10-08
独り言
ポエム
綺麗事
死にたい
消えたい
辛い
苦しい
本音
絶望
孤独
人生

私を傷つけるのも

その傷を癒せるのも

君しかいないの

この垢は現在使われておりません・2020-10-18
君だけ
片想い
好きな人
癒す
ポエム
独り言
叶わぬ夢物語

先生、

その手首の傷


自分でしちゃったんですか。?


辛くてしちゃったんですよね、


どうしても、

頑張ってもできなくて

嫌になっちゃいますよね、


切って、スッキリしても

次、辛いことがあれば
またしちゃって……

自分が嫌になっちゃいますよね

無理にやめてって言いませんよ


でも、あまり深く切れないので
しましょう?

辛い事があったら
私に話してもいいんですよ

教師が生徒を支えるなら

生徒も教師を支えていいでしょう?

ああ、やばい。
もうこんな時間だ


先生、またあした!笑













とか言える勇気があったらなぁ。

じぃら・2020-10-11
好き
呟き
先生
リスカ?

間違えてカッターで、腕切ってしまった…

小さな傷だけど、目立つところにある…

夜桜☪︎*。꙳@病み期 無浮上・2020-10-14
夜桜の呟き
カッター

人の気持ちを考えないで

ズバズバと言う人。

はっきり言う人。

時にははっきり言ったほうがいい時も
あると思うけど。
それでも、
言われた側は
ものすごく傷つくんだよ。
それをずっとずっと引きずって
生きていくんだよ。

なにか勇気を出そうとした時に
その言葉が頭の中で
何度もループして
まるで呪いのように、ずっっっっと
ついてくるんだよ。

だから、もう少し人の気持ちを
考えてみてはいかがでしょうか 。

もう少し優しく言ってみてはどうでしょうか。

まるで赤の他人のように言わないで。

もしかしたら、あなたのその言葉で
大切な人が傷ついてるかもしれませんよ。

그므시라꼬・2020-10-13
言葉
大切な人
あなたに
伝えたいこと



【閲覧注意】

リスカしてる人ならわかるかな。





最近、痛みを感じづらくなってきた。
結構やっちゃったのかな。
傷が増えていく。
回数も増えて、血の量も増えて。
ティッシュで抑えるんだけど、めっちゃ出てる。
私はその傷が美しいって思ってしまう。
もっとってなってしまう。

わかる人いるかな…不安。

ルナ☆*・2020-10-09
リスカ
リストカット
死にたい
辛い
苦しい
ルナのポエム

痛みと傷を見せないままで
誰もが笑っている。

tkm・2020-10-03
独り言
思ったこと
人間
自分
秘密
誰にも言えない
歌詞
好きな歌

結局また傷つけた。


どうしたらやめられるの。

やほ_・2020-10-01
リスカ
やめられない

お互い傷つけあって、
片方が落ち込んでたら、
2人とも落ち込んで、
それでも気持ちを
言葉にできない。

片方がいなかったら
生きていけないのに__

ひーさん・2020-10-17
切ない
叶わぬ夢物語
独り言
ポエム








痛みが麻痺した私の心には、

愛の言葉さえ届かないみたい_

Rina ⸝⋆⸝⋆・2020-10-17
Rina⸝⋆⸝⋆
ポエム
独り言
痛み
愛の言葉
片想い
好きな人

他に4016作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
621991件

295780件

ポエム
359693件

たとえ君が
2825件

好きな人
162277件

自己紹介
45287件

29558件

片想い
156116件

辛い
85881件

好き
151163件

片思い
131864件

恋愛
118596件

失恋
68163件

大好き
68324件

ハロウィン
3324件

トーク募集
27174件

先生
73683件

50109件

友達
47775件

歌詞
99535件

死にたい
43473件

すべてのタグ