はじめる

#元カノ

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全1251作品・

また君と仲良く話したいよ。

🐺ko‐ta★・2020-11-05
🐺★
元カノ
好き
ください

生きてる間に
もっと好きって伝えておいたなら

今持ってる俺の罪悪感も
少しは軽くなってたのかな。

君が
「私の事好き?」って聞かない事を理由に
俺の弱さに向き合ってなかっただけ。

自分がいつか死ぬことを理由に
君を傷つけていただけ。

そんな俺に、
今更君を好きっていう資格はねーよな。

左沢/Re:❌・2020-11-01
生きてる間に
タグ借りた
7.28
元カノ

雨音と一緒に掻き消して

また同じ夢を見る・2020-10-08
君との思い出
好きな人
好きだった人
元カノ
元彼
失恋
忘れられない思い出
辛い
苦しい
恋の余韻
ポエム
独り言

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に1251作品あります

アプリでもっとみる

君の休み
事前に知ることも無くなり

出社して初めて
他人から告げられる

とびいり・2020-10-14
元カノ
わびさび

好きになった子にはとことん尽くして
毎日毎日"愛"を伝えて
それでもうまくいかないことはあるんだよな…

蒼汰・2020-11-14
ポエム
元カノ
歴代の元カノ
私なりの恋
ありがとう
独り言

あなたなんて大っ嫌い
わがままだしすぐ怒るし
もう絶対好きになんかならない
そう思ってたのに
今すっごく寂しいの
今すぐあなたに会いたい
去年の今頃私の心は
すごくすごく暖かかった
でも今の私は寂しさでひんやり
ねぇ、今すぐ抱きしめて。
大好きだよ、大丈夫だよ私がいるからって
あのときみたいに抱きしめて

きらら・2020-11-04
元カノ
また好きになっちゃった
同性愛
楽しかったな
寂しい
病み期

もう一年

あの時の僕にメッセージを送るとしたら

『君の選択は間違ってなんかいなかったよ

ちゃんと自分自身と向き合えてるから

精一杯後悔のないように過ごすこと

そして諦めるなよ』

たーくん・2020-11-01
1年前の自分へ
恋愛
元カノ
失恋
独り言

俺と同じように
後悔して欲しくないから  
大事な人が自分の前から消えて
他の男と歩いてる姿を見るのが
どんだけ辛かったか
あん時素直になればよかった
止めれば俺の隣に今もいたのになって
どんだけ後悔しても遅くて
他の男の隣で笑いながら歩く君を
ただ見てることしかできなくて。

麗亜・2020-10-27
過去
後悔
元カノ
ここにはいない君へ








彼女に裏切られた翌日からは地獄の日々

桜樹-ouki-・2020-11-15
両性愛者
元カノ

私わかってんの
もう子どもじゃないから

恋人ごっこを求めちゃだめなんでしょ
愛を求めちゃだめなんでしょ
昔好き同士だからって今は関係ない
私わかってるよ

わかってるから、もう少しだけ
優しいままのあなたでいてほしい

みりん②・2020-11-02
片思い
失恋
ポエム
大人
セフレ
元カレ
元カノ

私は貴方を愛すから
貴方はまだ私を愛さないでください

𝐀𝐘𝐀・2020-10-10
🎼.•*¨*•.¸¸♬⚽
航輔
努力
しなくなってしまうから
あと
21日
したら
もう一度
あの告白聞かせてよ
今度はちゃんと
貴方だけを
見ているから
もう一度だけ
私に
チャンスください
君と恋人同士
という
片思い
片想い
カタオモイ
両片思い
両片想い
リョウカタオモイ
両思い
両想い
😍⇄😍
リョウオモイ
元彼
元カノ
関係
復縁

嫌い。

あなたの元カノが嫌い。

一緒にいる時間が

私より短くても

どうしても嫌だ。嫌い。

でも、

ちゃんとした嫌う理由なんてない。

だから結局、

元カノを嫌いになった

自分が一番嫌い。

早織・2020-10-31
嫌い
元カノ

もう遠い昔に
あなたの事など忘れてしまったわ

顔も声も匂いも

あなたとの思い出も
笑い合って
愛を囁き合ったあの日さえ…

全部全部忘れたの


でも…



瞼を閉じると現れる〝あなた〟

ねぇ、〝あなた〟は
どうして消えてくれないの…?

愛逢霧雨・2020-10-31
ポエム
目を閉じると
今週のタグ
今週のタグポエム
恋愛
恋人
片思い
片想い
元カレ
元カノ
笑顔
忘却
忘れたい
忘れられない
忘れられない想い
記憶
幻想

あなたの幸せを
心から喜べそうにありません。


好きです。

違うか…




"大好きでした"

🖤Lil Snow💜・2020-10-30
失恋
過去形
元カノ
元カレ
好きでした。

息苦しくてどうにかなりそうだった暑い夏も終わり、外はすっかり秋の風が吹いていた。
目まぐるしく変わっていく忙しい毎日に疲れた私は、気分転換にと柄にもなく散歩に出た。
たまたま見掛けた喫煙所で、ポケットに入っていた煙草に火を点け、昔に比べて星の見えにくくなった夜空へ、煙を吐き出す。



『俺は、お前の黒くて長い髪好きだよ。』



不意に脳内に流れてきたのは、かつて愛した人の声だった。
私たちはあの時、間違いなく〝 恋人〟だった。
でもいつからか擦れ違いが増え、私の心は完全に色を失ってしまった。そして私たちはお互いの未来の為に繋いでいた手を解いた…。



『何で今更…』



そう、それは本当に他愛も無い会話の一つであるのだ。それこそ、忘れてしまっていても何ら不思議でない会話だ。しかし、一度開いてしまった記憶の引き出しは、なかなか閉じてはくれないようで、次から次へと〝 他愛も無い会話〟達が溢れ出してくる。





『あ、また煙草?もう、電子タバコは許したけど、普通の煙草はまだ許したつもり無いんだからね?』

『あはは、ごめんごめん。でも時々コイツが吸いたくなんだよ(笑)お前も吸ってみる?』

『はぁ?やだよそんな身体に悪いの(笑)私には一生無縁だよ。』






____



『何でこんな話思い出してんのかな…』



ふと我に返り手元を見ると、先程火を点けたばかりだと思ってた煙草は気が付けば、あと一吸い程になっていた。



『そろそろ帰るか』




一吸い程になった煙草を肺いっぱいに吸い込み、夜の色が濃くなった空へ吐き出す。灰皿に煙草を擦り付け火を消すと私は帰路に着く。

すっかり人通りの少なくなった夜道を街灯が照らし出す。その街灯はキラキラと赤茶色の髪を輝かせた。不意に吹いた秋の風は私の短い襟足を一撫でして、どこかへ行ってしまった…。



また明日から慌ただしい毎日が始まる。

愛逢霧雨・2020-10-18
短編小説
恋愛
思い出話
仕事
社会人
恋人
彼氏
彼女
元カレ
元カノ
元彼
元彼女
フィクション
ノンフィクション
小説
小説風
愛逢霧雨の短編小説

他に1251作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
640251件

変わりゆく人生の中で
2097件

304949件

好きな人
171055件

ポエム
370387件

辛い
90138件

自己紹介
46764件

死にたい
45424件

片想い
160713件

好き
154419件

片思い
135180件

恋愛
122183件

トーク募集
28574件

失恋
70262件

先生
76023件

病み
51833件

30997件

苦しい
28211件

友達
49095件

歌詞
100762件

大好き
69986件

すべてのタグ