書くとココロが軽くなる
はじめる

#冬

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

あなたは五年も



付き合っていた彼と別れました。



「一生一緒にいようね」


確かにそんな幼い約束もしたし



「君を絶対幸せにするから」


確かにそんな甘い言葉もあったのに



すれ違う日々が増え



彼が浮気をしているんじゃないかと疑い


本当かどうかも曖昧なまま


喧嘩の日々ばかりが増えていって



最後はLINEで大喧嘩。



「もういい」



五年も付き合ったのに



そんな言葉で終止符は打たれました。




何が悪かったのか


誰が悪かったのか


彼か私か


ここ数日、そんなことばかり


考えては涙を流しています。





「また泣いてんのー?よく泣くね」



ブランコに座っていたあなたに



声をかけてきたのは同級生の男の子…



名を、真樹と言います。



あなたは慌てて涙を拭いました。




「なに、悪い?」


「いやー?泣いたら?」


「真樹くんが邪魔したんだし」


「ごめんごめん、続きどーぞ」



ジェスチャーで「泣いていいよ」の



合図をすると



しまりのない顔で笑った真樹は



隣のブランコに腰をかけようとしましたが



何か思いとどまってあなたの後ろへ回りました。




「よっ、と」


「わっ、ちょっ何?」



真樹は


あなたが乗っているブランコの板に



足をかけ踏むと、力強く漕ぎ始めました。



初冬の冷たい風が



耳元を通り抜けていきます。




泣いて熱くなった頬が冷めていくと




あなたはある事が気になりだしました。




「ねぇー…近いー…」



「えー?何があ?」



「体…近い」



「んー?いいんじゃん、今彼氏持ちじゃないでしょ」



「あー、地味に傷付く…」



「いーじゃん、ブランコ漕いでくれる男いるんだから!」



あなたは、真樹の顔を見上げました。



真樹もあなたを見下ろしていました。




目がぴったりと合いました。




真樹は、何とも無垢な表情で



微笑みました。




“ こんな表情するんだ…”



不覚にも“ かわいい”なんて



思ってしまったあなたの顔は



ほんの少しだけ色付きました。




あなたはゆっくりと



視線を前へと戻しました。




真樹が勢いよく漕ぐと



足が脇腹の当たりを掠めていきます。



でもくすぐったいのは



脇腹ではなく心の方でした。






高く、高く漕がれるブランコ。



高く揺られる視界には



二人が住む街と青空と



それから



そのずっと向こうには



彼氏とよく行った海が見えました。





彼と付き合っていた頃



海を見ながら



くだらない話をして笑いました。



手を繋いで砂浜も散歩しました。



薄紫色の空と



大空を映す鏡のような海を背に



彼と甘いKissをしました。




春、夏、秋、冬…



季節を五回も繰り返して



「結婚」



その二文字を疑いもしなかったのに。




どうして。



どうして…?




あなたは



切なくて悲しくなって



大粒の涙を零しました。




背中が震えています。



あなたの涙に



真樹は気付いているはずなのに



何も言葉はありませんでした。




ただ、ただ



キィキィとブランコを高く高く



揺らしました。



スピードがつくたびに



風が強く、頬を掠めます。




「さっむいなあー」



真樹は独り言のように呟きます。



「なあ、暖かくなったらさー」



真樹はあなたに語りかけます。



独りじゃないよと言うように。




「俺と二人で登山しに行かない?」



「登山…?」



「俺、海より山の方が好きなんだ、お前は?」



「どっちでもいいやー」



涙を拭ってあなたはそう言います。



「じゃあ登山行こ?」



真樹がお伺いを立てるように



僅かに弱気に言いました。



あなたは少しだけ悩んで



頭上の真樹を眺めて言いました。




「海は…彼と別れて寂しい思い出になっちゃった…。山もそうなったら私、嫌だなあ」



すると真樹は


きょとんと目を据えて、やがて笑いました。




「俺、お前と離れねえもん」



「恋人でもないのに、変なの」



あなたはなんだかおかしくなって


泣き腫らした目でクスッと笑います。



すると真樹は



見たことも無いような



真剣な表情になりました。




そして、言ったのです。




「付き合っていなくても、俺はずっとお前の側にいるから、安心していいよ」





それは、真樹からあなたへの



「好き」の心のプレゼントでした。




単純に「好き」と言われるより




ずっとずっと嬉しい想いに




凍てついていた心は温まっていきます。





雪が降り始めました。



しんしんと


空からゆっくりと舞い落ちる雪は




あなたと真樹の間に




そっと溶けていきます。




「なー、今から登山行く?」



「登山どんだけ好きなの?」



「すごーく好き」



「今から行ったら遭難しちゃう」



「遭難したら、くっつけるね、くっついてもいい?」




真樹の切り返しに




あなたは顔を高揚させて



「やーだっ」



にっこりと微笑みました。





あなたと彼氏の心の器は



いっぱいになる前に壊れて



果ててしまったけれど



信じて下さい。



あなたと真樹の心の器は


ちょろちょろと流るる流水のように


ゆっくり、ゆっくりと溜まっていくのです。



ゆっくり、ゆっくりと溜まって



笑い合い、共に歩んだ先には



雪解けの季節が、待っていることでしょう。



HM企画STORY:雪

ひとひら(NEW一言に色々書いてあります)・2019-10-27
幸介
HM企画STORY
幸介による疲れた人へのメッセージ
幸介による小さな物語
失恋
秋の訪れ
秋の便り
彼氏
彼女
交際
別れ
新たな出会い
新しい1歩
ポエム
独り言
辛い
物語
小説
恋愛
恋愛小説
HM雪

沢山笑って


ふざけて


気付けばもう五時を過ぎて


教室の窓から空を見上げれば







雲が夕焼けに照らされて


半分夜みたいな世界で教室に居るみたいで


わあ綺麗って眺めたりして


よし、帰ろう とうきうきしながら帰り支度をする


冬の香りを詰め込んだ


冷たい風が頬を撫でる


薄暗い通学路を、歩き始める


街に灯りがつき始めて


面白いねなんて笑ったり


落ち葉を踏み歩く音を楽しんだり


寒いね


ねー


そんな会話をしながら手をこする


そんなうちに駅に着いて


『ばいばい、じゃあね』


疲れきって電車に運ばれ


静かになって少し寂しい


外を見れば真っ暗な夜空になっていた


降りてため息をついた


街明かりと夜空を眺めてぼーっと考え事


肌寒い風がさっきまでの時間を思い出させてくれる


ふっと笑顔がこぼれる


高い高い冬の宙を見上げて思う


皆、同じ空みてるかな


今日の事、思い出してくれてるかな


明日の放課後も、楽しみだな

由紀夏✩.*˚🌻『ぱりんこと麦茶の最高のコンビに気づいてしまった』・2日前
放課後
幸介さんとコラボ
意味不でごめんなさい
夜空に浮かぶ君の顔
夜空
ポエム
グラデーション
寒い
帰り道
通学路
ゆきなつのおすすめ載った!

キミと出逢ってから

随分と月日が流れた

だってもうすぐ4度目の冬

がくるんだもんね

✾𝓜𝓸𝓬𝓸✾・2019-11-04
3年4ヶ月目
カップル
彼氏
恋人
ポエム
4度目

寒いです。

抱きしめて、私を温めてください。

💙絹張 ねお💙@ねおれなカップル(偽)❤️💙・2019-11-06
ねおの投稿👾
寒い

暗くなるのが早くなってきたなー
冬って感じ
また寒くなるのかな?

🍁( '-' 🍁️️ )カエデチャン・2019-10-31
秋の終わり

大好きだよ。



この想いは届かないけど。

Roi🌷・2019-11-01
片想い
だいすき
もうすぐ
寒さに
気をつけて
みなさん



夜空だけじゃなくて
この葉っぱにも君が浮かんでいるよ____

Yui◌˳⚛˚・3日前
夜空に浮かぶ君の顔
下手くそ

眠れない方
暇だなーって方
見てもいいよって方
見て頂けたら嬉しいです!
あまり期待しないでくださいね💦
日記みたいなものです!

今日一日お疲れ様でした(*^^*)
今日は、○○のフリマに行ってきました‪w
今日○○でフリマやってる事に今日気づいたので今日行こうと思ってた場所を明日に変更してフリマに行ってきました!
ややこしい(๑・᷄ὢ・᷅๑)
なんか、すごく値段が高かったです(´;ω;`)
フリマ??だよね??みたいに思ってしまうほどの値段でした💦

でも、安いところはすごく安かったです( *´艸`)
使った金額は、50円です!ワンコイン!✨
○○は、色々とバレちゃうので秘密です!

最近、寒くなってきましたね🥶
前にも言った事あるような🤔
まぁ、いいや(*´ω`*)
🐔いいのかよ‪w
🙆いいのだよ( ・´ー・`)

私、冷え性なので足や手が凍ってます( 'ω')
今もカチカチです。特に指先が( 'ω')
これからもっと寒くなると思うと恐ろしいです‪w
でも、汗はあまりかかなくなるので嬉しいです!
汗をかくと痒くなったり、赤くなったりするので本当に嫌です💦
薬を塗るのもあんまり好きじゃないです。


今年は、雪降りますかね?
いつかは、忘れたんですが雪が降った時、滑り台を作りました❄
何も下にひかないでやって、ズボンがびしょ濡れになったいい思い出があります‪w

勉強しないといけないのでここら辺で終わりにしますね( '-' )
明日も投稿するので良かったら見てください♪
最後まで見てくださりありがとうございました!

明日が素敵な一日になりますように

ーわたしー・2日前
今日はこんな一日
独り言
暇な方
寝れない
寝れない方
良かったら見てください
日記
19ページ
冷え性

君に一目惚れして始まったこの恋
今まで1番辛い恋だった。
でも、楽しかったり
嬉しい事もたくさんあった。
あまりにも辛すぎて諦めようとした事
たくさんあった。数え切れないほど。
忘れようと思っても考えてた、君の事。
もうすぐで君を好きになって7ヶ月
季節は春から冬へと変わっていく。
でも、君を好きな気持ちは変わらない。
〇〇くん 大好きだよ 愛してる

❤ 甘 え ん ぼ ち ゃ ん ❤・2日前
片思い
ポエム
独り言
一目惚れ
辛い
楽しい
嬉しい
諦める
忘れられない
大好き
愛してる
季節

長袖から指先を少しだけ出して

寒そうにしながら笑う君の

なんと可愛らしいことか。

はむ。・2019-11-06
サッカー部のS君🍁
左利きの君🍁
長袖
萌え袖

ぼくが側に居られたら


きみを凍えさせなんてさせないのに。

白詰草・3日前
きみとともに。☘️
LGBT
LGBTQ
同性愛
寒い






早く雪降らないかなー。



だって寒くなれば

もっと貴方とぎゅーってできるでしょ?


あと貴方には冬が似合うの。

一(意識不明)&巳桜・2019-10-29
独り言
ポエム
彼氏
大好き

雪が綺麗と笑うのは君がいい

でも寒いねって嬉しそうなのも

転びそうになって掴んだ手のその先で

ありがとうって楽しそうなのも


それも君がいい

♕なしゅクンのお姫様໒꒱・2019-10-26
ヒロイン

その忘れられない『失恋』は、

失った恋、か。

失敗した恋、か。

後悔だけはしないようにね。
この日常は永遠なんて確証ないんだから。

みんと・2019-11-04
片想い
失恋
日常
片思い
好きな人
恋人
大好き
後悔
別れ
未練
友達以上恋人未満
友達
彼氏
彼女
恋愛
ポエム
出逢い
想い出
思い出
忘れられない
忘れられない想い
忘れたくない
忘れたくない人

冬がやってくる

今年は

君と過ごすことは

出来ない

そばに居たいよ

結唯・2019-11-07
遠距離
彼氏
彼女
年上彼氏
年下彼女
山口宮城
ネット恋愛
両思い
カップル
couple
里帰り
アメリカ
ハーフ
年越し

その他のポエム

独り言
345611件

一人じゃないから
978件

ポエム
174373件

172638件

好き
97665件

片想い
99162件

自己紹介
26530件

片思い
82018件

好きな人
73564件

恋愛
70391件

辛い
41950件

1人じゃないから
138件

大好き
43502件

夜空に浮かぶ君の顔
2131件

歌詞
71562件

友達
27481件

ありがとう
24588件

失恋
37008件

病み
31852件

死にたい
15991件

先生
48210件

すべてみる