書くとココロが軽くなる
はじめる

#冬の音色

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

キミが言う"好き"って

きっと"Like"だよな

"Love"であってほしい


叶わぬことを

今でも願い続けてるんだよな

片山__腰痛ばばあ・10時間前
ほんとは直接言いたいこと
冬の音色
ポエム
独り言
好き

片想いはシーソーみたい

1人だけが相手を想う

水平にはならないんだ

雪姫❥ ❥ティアラ・10時間前
辛い
ポエム
独り言
冬の音色
想い

弱ってる君が

「愛してる」って呟いた

誰に向けてか問うと

「れんと」と言った

君は眠ると言った

「おやすみ」と言ったら

「大好き」って来た


友達としては分かってる

彼氏が居なくなったばかりで

虚しいのも。

けど俺は「大丈夫か?」

としか言えなかった

「愛してる、大好きだよ」

と返すのは嘘になるから。

けど、最期くらいは

言えばよかったのか?

なんて考えてしまう

煉斗・9時間前
独り言
ポエム
冬の音色

本当の僕を知っても

変わらず傍にいてくれますか?

なんて、、

皆 ここから離れてくんだろうな__

柊兎 -低浮上- テスト450以上達成!!ホメテ?w・10時間前
離れてく
独り言
ポエム
Sサンの日常
辛い
冬の音色

届かない君への想いだけが募っていく

愛 闇・10時間前
冬の音色
好きになってはいけない人
ポエム
独り言
恋愛
想い
届かない
叶わない


別に幸せになりたいとか
そういうことじゃなかった。

ただ_

誰かの正義になりたかった。

--------------------






冷たい雪が降る



「っ!化け物!!」

人間達はそうやって、
私達を恐れた。


私達だって元々人間で、

ただ、上手く生きれなかった者と
いうだけなのに。

でも、紅い瞳、白すぎる肌、
妖怪にも見えるこの醜い姿を

受け入れてくれる人は


いるはずもなかった。


「姉ちゃん…」

妹の祭鈴(まつり)が
私の着物の裾を引っ張った。


「ごめんね、祭鈴。
もう少しでご飯だから」

私達は別に人間を喰うとか
そういう漫画みたいな者ではない。


野菜や果物など、
人間と同じものを食べる。

でも今は冬だから、
余計に何も食べれなかった。


「祭鈴、しぬの?」

凍えながら祭鈴は呟いた。

「そんなわけないよ、大丈夫よ」


必死に祭鈴の背中を撫でる。


山の麓に小屋がある。


そこには秋にためておいた
食料が少しだけあった。


「祭鈴、もう少しだけ頑張ろうね」

祭鈴の手を引き、山をおりた。

小屋に入ると果物があった。


「よかった、祭鈴ほら食べな」

祭鈴は嬉しそうに果物を食べた。


でもこれからまたどうしよう。

どこか食べ物を探さなきゃ。


本当に今年はこの山で…。

嫌な考えをかき消して、
私は小屋から出た。


すると、


「いた!あれよ!化け物!!」


人間がこちらに銃を向けた。



私は祭鈴の手を引っ張り、
小屋から飛び出した。


「ね、姉ちゃん…!!」

どうしようどうしよう!


ころされる!!


長い時間逃げ続けたが、
人間は諦めが悪かった。

仕方がないから
祭鈴を木の影に隠し、

話で解決しようと試みた。


「じ、銃を向けないでください!」

震える声で叫んだ。

「わ、私達は人間を襲いません
何もしません!だから、
ころさないでくださいっ」


人間は驚いた顔をした。


「本当なのか?
嘘をついてるんじゃないのか?」

「ついてません!!
私も前は人間だった!
今まで何もしてこなかった!」

しかし、人間はまだ
信じてくれなさそうだった。



「醜いものは嘘をつくわ」

私に銃を向けている男の隣にいた
女がそう、呟いた。


「…え?」

「あ、こっちに子供がいるぞ!」

私は弾かれたようにそっちを向いた。


「祭鈴!!!」


祭鈴は人間達に引っ張られていた。

「いたい!やめて!」


「祭鈴から手を離して!
お願いします!離して!」

私は必死にもがいた。

けど、人間はこう言った。

「悪いけど身の安全の為なんだ」


私達は何からも救われないの?


「や、めてぇぇぇ!!
祭鈴は!!私の大切な妹なんだ!!
私はころしてもいいから!
せめて祭鈴だけでも助けてっ」

そう言って
祭鈴に駆け寄ろうとすると、


パァン!!


ピチャ…


私の胸から血が垂れる。


「姉ちゃん!!」

人間達はぞろぞろと
村の方に歩き出す。

そして、1人の人間が、

「この子供は私が預かるわ。
普通の人間に戻すから。」


そう言って私の肩を持った。

「ま、つり…」


「姉ちゃん!しなないで!」


あ、私、死ぬんだ。

どんどん血が溢れていく。

祭鈴は泣きそうな顔をする。




「ご、めん、ね…。
辛い、思いばかりさせて…」


いつもいつも祭鈴は
我慢ばっかだったね…。


貧乏で辛い生活だったけど、
あの頃はまだ幸せだったな…。


「姉ちゃん、いやだ!!
おいていかないでぇ!」

ぽろぽろと涙が私の頬に落ちる。


「姉ちゃんは私のヒーローだよ。
いつもいつもすくってくれたもん。

だから、いなくなっちゃいやだよ」


私は嬉しくて悲しかった。


私は祭鈴の為になれてたんだね。


「祭鈴…ありがとう…」

だんだん力が抜けていく。


「姉ちゃん、…珠音(たまね)!!」


「ごめんね…ずっと見守ってるから…」


「ずっと祭鈴の味方だから…」


女の人が祭鈴の手を引く。


祭鈴は私に何が叫んでいた。



祭鈴、どうか…次こそ

幸せになってね。





白い息が溶けていく。


冷たい雪が降り積もる日。


私は、


この残酷な世界から

飛び立った。


end.
♡♡

麗苑・9時間前
ポエム
冬の音色
短編小説
『降り積もる記憶_起』
__✈
家族
NOTE小説部

君のいない天国よりも
君のいる地獄の方が
私は幸せになれるから

愛奈_☁*°・10時間前
片想い
ポエム
冬の訪れ
冬の音色
独り言


自分が好きではない相手から

言われたこと・されたことなんて

気にするな。

所詮私が主役で、あなたは脇役。

夢恵・9時間前
学校
友達
独り言
冬の音色
不登校









ほら


君のその心の暖かさで

私の心を暖めてよ

瞠🥀・9時間前
冬の音色
ポエム

もう あなたの為じゃない















この命は 何処へ向かうの

一葉・10時間前
月の葉
冬の音色
ポエム

冬の寒さでこの距離も縮めてくれればいいのに。

ゆ な 。・10時間前
冬の音色
ポエム

死ぬのが恐いなら
死ななきゃいいんだ


死にてえなら
誰かに縋りゃいいんだ


誰もいねえなら
探しゃいいんだ


何にしたって
無理しちゃいけねえんだ


生きるって事は
順序だてて考えりゃ


案外わかりやすいのさ

ひとひら(NEW一言にメンバー簡易紹介載せました)・7時間前
IYORI
生きること
独り言
ポエム
辛い
冬の音色

何気なく
見上げた冬の空
二人で過ごした
小さなトキメキの日々を
思い出させてくれた
あなたが
好きでした

peko・9時間前
見上げた空
冬の音色

一緒に居れないなら、せめて
プレゼントを渡したい

でも、君にとっては迷惑なんだろな...

朱朔(出戻り&お迎え完了)・9時間前
冬の音色
クリスマスプレゼント
渡したい
迷惑かな
恋?
片想い?
同性愛

俺はずっとなにがあっても大好きだよ

Urara・9時間前
彼氏
胸キュン
大好き
幸せ
かっこいい
冬の音色

その他のポエム

独り言
368225件

ポエム
192009件

181355件

辛い
44536件

好き
102471件

片思い
86489件

自己紹介
27844件

冬の音色
2662件

片想い
103586件

好きな人
77961件

恋愛
74280件

死にたい
17562件

歌詞
74638件

大好き
45918件

先生
50248件

失恋
39274件

友達
29249件

彼氏
37024件

病み
33434件

ありがとう
25660件

先輩
34780件

すべてみる