書くとココロが軽くなる
はじめる

#創作

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全4338作品 ・





朝は来る

夜は明ける

夢は覚める

そうだ、分かっていた

舞雪・23時間前
創作
ポエム
恋愛


世界の誰にも知られぬよう

密かに言葉を交わし合おう

許されぬ愛はあまりに甘美で

どこまでも二人堕ちていく

噛みつくように口付けて

罪に溺れる貴方が

艷めく唇で囁く

「今夜だけは傍にいて」

舞雪・2日前
ポエム
なお、これを書いている私は初恋もまだである(震え)
本当はこういう感じのポエムの方が得意だったりする(小声)
3年くらい前の小説のデータが出てきて、羞恥で死にそうになってます
あの頃に比べたら成長したなぁ(遠い目)
創作

昇っていくお日様に

動きはじめた電車の影に

聞こえてくる日常の音に



はじまっていくよの合図

今日1日の笑顔と

幸せ願って..。

花笑・2日前
こころ
ポエム
独り言
朝日
1日の始まり
修正しました
創作

君の隣で

笑えていた日々が

どれだけ

大切だったのかを

昔の私は考えようともしなかった

涙色の花束・2日前
創作
意味不
好きな人
ポエム
独り言
恋愛
呟き
好き
笑み

「愛してる」

頬を染めながら

想いを伝えたところで

君の心が私に傾く事なんてないのよ

涙色の花束・1日前
だから、私は想いを伝えないのよ
創作
関係
愛してる
染まる
染める
想い
傾き
好き
ポエム
独り言
恋愛
呟き
好きな人

たったひとつだけ

夢をみた

とても小さな夢


けれど、その時から

僕の目の前には

色が創られ

光の中にいる

僕がみえたんだ

花笑・23時間前
こころ
ポエム
独り言
言葉
目的を持った心
夢が出来た
創作

雲のブラインドの隙間から

途切れ途切れの

お日様のヒカリ

とても儚いヒカリに

それでも僕は

君の存在が嬉しくて

花笑・1日前
こころ
言葉
ポエム
独り言
冬空
雪が降りそう
白く覆われた空に太陽
創作

君がいるなら

終わりは
ハッピーエンドじゃなくてもいいや

小惑星・1日前
あなたと私の物語
ポエム
創作

言葉を紡ぎ続けられる

この幸せが

どうか

永遠に

続きますように

そう願ってやまない

白雪・19時間前
毒林檎にキスを。
独り言
あなたと私の物語
愛してる
好き
白雪姫
恋愛
所詮それは
貴方の
価値観
恋煩い
新患
私だけ
死にたい
死んでしまいたい
林檎
毒にまみれて
君は有毒植物
7人
小人
幸せ
幸せでありたい
創作

今から千年以上前


この枯れ果てているこの木の下に男が居る

痩せ細っていて髪もバサバサに伸びて

今にでも死にそうな見た目だった

俺はその男に「大丈夫ですか?」と聞いた

だが返事はこなかった……

俺は人の記憶が見える変な力がある…

その力でこの人には悪いが覗かせてもらった

軽い気持ちだった…

この時代では親を持たず早くに死に

ご飯も無く 飢え死する子供や病などで

亡くなる子供やお年寄りが多かった

でも この男の記憶の中は酷いモノだった


この男は偉い所の分家で親や兄妹も居た

この男は上から4番目で三男に生まれた

最初は幸せであったが成長していくにつれ

三男であるこの男は長男よりも他の者よりも

優れた才能があったにも関わらず

長男よりも上だから父よりも上だから

本家よりも才能があったからとソレにこの男は

人間とは思えない力を持っていただからと

子供に実の子に周りの人から親から本家の者から

兄妹から 暴力やいじめなどを受けていた

たまには熱した鉄で焼かれたり切られたりと

そして、この男は思いっきり頭を殴られ

記憶をうしなった後山に捨てられた……


そういった記憶を見た後俺は吐きそうになった

俺の頭の中もパニックやらなんやらと

凄い事になった

「アンタ どうやって……」

ようく見ると男の体にはあちこちに傷があり

泥だらけだった

この痩せ細った体を見ればまともなモノも

食っていない 簡単に言うと野良犬のような生活だ

………………

「なぁ 良かったら俺と一緒に下りるか?」

そう聞くと男は初めて話した

『……いいや……俺は………此処に……居る………」

「どうしてだ?」

俺はまた聞くだが返事は返っては来なかった

その後俺は後に食べようと思っていた

飯をこっそりと置いて 帰った


山から下りた後心地良い風が吹いた

その風は教えてくれたような気がした

(あの痩せ細った男は後に多くの者を助け
  大きな組織を作りその上に立ち
  デカイ男になると)

「はぁー また会えたら良いな」




その頃男は落ちていた飯を食べて

『うまい……』 そう言い 涙を流した……





その後に痩せ細った男は人間では無く

鬼神と言われるようになり沢山の困難が始まるが

でも、2人の男は楽しそうに幸せそうに話し

歩いていた

新しく家族が増え兄弟のように育った男だった

その男もまた人間だったが犬神と言われていた

だが2人は血よりも深い絆で繋がっていた



『おい お前……』

「どうしたんだ?」

『お前あの時の男だよな……
 なんでアンタがこんな時代まで生きて……」

「やっぱり あの時の痩せ細った男かぁ
 こんなにも立派になって 笑」

「アレ? 戦国時代だぞ」

『お前……』

「俺は……人間じゃないもの……笑」



此処で男3人は話した

今までの事を語り合った

久しぶりに男達は人間以外になってしまったが

この青空の下で人間であった頃の話をした



そして 3人の男達は子供に戻ったように

無邪気に笑い話した


あの頃とは違い幸せそうに楽しそうに__,







創作小説 鬼屋敷 外伝 (笑)

縁操・1日前
独り言
ポエム
独り言?
創作
小説
小説?
物語
外伝
外伝?
長い

初めて君の家に入るってなると

緊張して、上手くやれるか不安だけど、

君が私に笑ってくれると

私の緊張が途切れて

大丈夫って、思えてくるんだ。

ELLY(エリー)・1日前
フィクション
創作

『君を生かすために死ぬ』
のではなくて


『君と生きるために戦う』
方を、僕は選ぶよ。


諦めて死んでなんかやらない。

望む未来を、君と見るために

僕は絶対、生きる。

明透☪︎*__低浮上 #リヴァエレ結婚全裸待機 リヴァエレ結婚式はよ。・2日前
ポエム
創作
☽*
☪︎*
君のために生きるよ
君と生きるために戦う
は?クソイケメンやん

砂の匂いと一緒に
誰もいないうちに
私を攫って
忘れ去られるように消してほしい

葉っぱ。・2日前
ポエム
創作

たとえ君が僕の元を離れても


君が幸せならそれでいい。

空猫⋆̩☂︎*̣̩_低浮上・23時間前
ポエム
創作

ありがちな言葉を羅列して

息をするように毒を吐く

首を締め付ける手のひらは

きっと

暖かいはず、なのに。

白雪・2日前
愛してる
予告
悲しい
片想い
死にたい
有毒の君
不器用
独り言
20歳
毒素
好き
依存
創作
あなたと私の物語

その他のポエム

独り言
398618件

ポエム
216067件

あなたと私の物語
1333件

191395件

好き
108762件

自己紹介
30023件

好きな人
84105件

恋愛
79551件

片想い
109669件

片思い
92688件

辛い
47452件

失恋
42708件

病み
35213件

歌詞
78218件

先生
53048件

友達
31267件

彼氏
39935件

大好き
48763件

トーク募集
14427件

ありがとう
27532件

幸せ
23874件

すべてみる