はじめる

#友達以上恋人未満

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全2275作品・

俺が笑えば君も笑う



こんな関係だけでも嬉しくて__

憑魔・2020-06-24
独り言
ポエム
想い
好きな人
好き
片思い
笑う
笑えば
無理をしてでも
私の本心
こんな僕を受け入れてくれますか
恋の沼
友達以上恋人未満
君との関係0センチ
嬉しい
あなたに伝わりますように
h_n

たった一言で

悲しくなるのも

嬉しくなるのも

全部全部

君だけなんだ__

るい・2020-06-19
ポエム
片想い
友達
友達以上恋人未満
叶わない恋
だけど
好き
独り言
一喜一憂
嬉しい
悲しい
君だけ
全部
たった一言
同級生
恋愛ポエム
下手くそポエム
これはきっと雨のせい
ふとした瞬間
大切な人に伝えたい事
好きだよ
ずっと
仮面の裏で密かに嗤う

『話したいよ』
『会いたいよ』
『大好きだよ』

いつだって
今だって
いつもいつもワタシから

🐰🍓・2020-06-24
独り言
友達以上恋人未満
🐰🍓
🐰🍓《好き》100over

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に2275作品あります

アプリでもっとみる

君の"1番の友達"じゃなくて

たった1人だけの

君の"好きな人"になりたかったの_。

𝚂𝚞𝚒ੈ✩_低浮上・2日前
たった1人だけの
好きな人
過去
友達以上恋人未満
あなたに伝わりますように
愛する人へ
好き
独り言
ポエム
翠惟の過去



「この串団子、激うま」


「うん、おいし」


甘党の日向頼と


私、坂上里緒。



二人は友達以上恋人未満


という、微妙に


アオハルな関係では


決してなく



ただのスイーツ同好会仲間


で、ある。



それでも


毎週日曜日


活動と称して


頼を誘う私には


多少の“下心”はあるのだ。



しかし、この男


日向 頼は


そんな気持ち


てんで、お構い無しだ。




「あ、次、あのソフト行こーぜ」


「アイサー、了解だぜぃ」


男みたいな口調で


返す私も悪いのかもしれない。



恋人になれたら


それはもう天にも昇るような


気持ちだろうけど……


想いを伝える勇気も


さらさらない私


さらに、


もともと、女として


全く意識されていない私は



男友達のように


安心出来る女友達を目指すしか


頼と一緒にいる道は


残されていないように思えた。




それでも


頼の側に居たかった。




とろっ、と溶けるソフトクリーム。


甘くて、ほんのり


牛乳の優しい香り。



ダイエットを頑張った、


自分へのご褒美には


丁度いい、甘さ控えめの


ソフトクリーム。



「わー、おいし」


「これうまいもの百貨店のマップに入れとこ」


「そうだね、みんな喜ぶー」



頼が口にした“うまいもの百貨店”とは


私たちスイーツ同好会のメンバーが



いくつかのグループに分かれ


食べ歩きしたおいしいものを


書き込んでいくマップだった。




ソフトクリームを食べ終えて


次のターゲットを探す。



「なあ、里緒」


「んー?」


「今更なんだけどさ」


「うん」


「こんなに食べてんのにお前細いよな」


「え!?マジ!?嬉しい!」


「そこ、女なら、そんなことないよ、とか言えよ」



頼は眉を下げて


やれやれと笑う



「だって、嬉しいじゃん、女なら細いって言われたら」


「そんなもん?」


「そうだよぅ」


それを言ったのが


好きな人なら余計だ。





人知れず、努力はしてる。


週末の頼とのスイーツデートの為に


普段は大好きな米をセーブして


水分を多目にとり、


毎日、ストレッチに勤しむ。



もちろん間食もゼロに近い。



名折れのスイーツ同好会員だ。



「ジョギングとかしてる?」


「あー、走るの苦手だからストレッチしてる」


「俺、ジョギングしてんだ」


「へえー、頼も筋肉質だもんね、努力してんだね」


「いきなり褒めんなよ、恥ずいじゃん」




僅かばかり


顔を赤く染め上げて


そっぽを向いた頼と


お洒落な小路を並んで歩く。




これで、手なんか繋げたら


疑いようもなく


恋人同士、なんだけどなぁ。



性格の相性はいいと思う。


頼とは話が尽きないし


彼も私も会話という言葉のやりとりを


心の底から楽しんでいる。



なのに、どうして


両想いという天国への階段は


こうも険しいのか。



このままで、いい。


仲良くさえ出来ていれば。



そんなの、ただの言い聞かせに過ぎない。



母親が子供に言い聞かせるように


私は自分の心を騙している。



本当は、両想いになりたい。



きゅんと、胸が苦しくなった。




「あ、里緒、あれあれ」



「ん?」


「こんなとこに、キャンディ屋がある!」


「わ、ほんとだ」


「入るっきゃ」


「ないっしょ!」



私たちは顔を見合わせ笑うと


天然素材を謳うキャンディ店の店先で


味の違う小さな


ぺろぺろキャンディを選んだ。



私は、ベリーベリー。


ブルーベリーとストロベリーの


紫と赤が優しいキャンディ。



キャンディの前で


鼻を動かせば


甘酸っぱい香りが私を


幸せへと誘った。



頼は、メロンミルク。


夕張メロンのオレンジと


オフホワイトのミルクキャンディ。



「せーの」でキャンディを口の中へ。



くるくる、柄の棒を回すと


口の中で歯にぶつかり


カラカラと可愛らしい音が鳴る。




私は飴を舐めていられない。


噛んでしまう派である。



卑しいと思われたくなくて


ゆっくり口の中で溶かしていたのは


はじめだけ。



気がつけば、


可愛くて美味しいキャンディは


最早胃袋の中だった。




しまった……。


これじゃあ


ガリガリバリバリ


あっという間に


食べちゃう


飴食いのライオンみたい。



ひとり、羞恥に頬を染めると


未だ口の中からカランカランと


音をさせながら


頼がとんでもないことを


言い出した。






「なあ、里緒」


「何?」


「そっち食わせて?」


「は!?」


「俺もこっちやるからさ」



キャンディのシェアなんて


聞いたこともない。



と、言うかだ。


さっき私


バリバリすごい音させて


食べてたのに気づかなかった?



なんたる、不覚……。


間接チュー、ならず、だ。



「……ごめん、頼。私、噛んじゃった」


「えー、マジか残念」


「ごめん」


「どうだった?美味かった?」


「うん、とーっても美味」



そう苦笑すると


頼は口の中にあったキャンディを


すっと取り出して





「へえ」



低い声でそう言ったかと思うと


あっという間に私の目の前に顔を寄せ





私の唇を食むようなキスをした。





この、状況、何?



突然のことに


思考回路が停止した分


感覚は研ぎ澄まされる。



頼の熱い粘膜に


包み込まれる唇が


溶けてしまいそう。



メロンとミルク


いちごとブルーベリー


混じり合ったハーモニー。





唇が離れると


互いの熱い息がぶつかる。



「ほんとだ、うまいね」


「あの、頼……」


「うん」


「これって、ただの味見?」



潤む目を頼に向け尋ねると


頼はこう言って笑った。



「そこのキャンディ店、俺、実は常連」


「ん?」


「ベリーベリーも食ったことあるよ」


「え!?じゃあ、なんで!?」


回転をやめた脳が


いくつもの疑問符を吐き出させる。


目眩すらしそうな私の腰を


頼は抱き寄せ



「里緒と、キスしたくて一計を案じた」


そう言って、はにかむ。



「つつつつつまり」


「付き合わない?俺たち。きっと楽しいよ」




私を覗き込む頼はきっと


私の返事を待っているんだろう。



唇が震える。


心が弾む。


口元がにやける。


ときめきがやまない。



返事はもう


聞かずもがなでしょう?



「……私も、そう思ってた」


やっとのことでそう答えると


頼は小路の細長い空に


拳を突き立て


「よっしゃ!」


喜びの声をあげた。




私も、ようやく


リア充の仲間入り、だ。

ひとひら☘☽・2020-06-21
幸介
幸介による小さな物語
幸介の短編集
キャンディ
アオハル
スイーツ同好会
スイーツ
独り言
友達以上恋人未満
仲間
友達
片想い
告白
ポエム
好きな人
ポエム
食べ歩き
辛い
これはきっと雨のせい
あなたに伝わりますように
駄作
コメディタッチ
模索中
心臓、跳ねた
小説
物語

   シアワセ
君の『恋』が
   シアワセ
僕の《失恋》だから__

如月 緋咲_あ、宿題忘れてた()・2020-06-13
君の恋が僕の失恋を呼ぶ
君の恋
僕の恋
僕の失恋
君の幸せ
僕の幸せ
不幸
だから
告白
してきなよ
失恋
片思い
片想い
好きな人
辛い
悲しい
苦しい
泣きたい
儚い
儚い想い
綺麗
恋心
叶わない恋
叶わぬ恋
叶わぬ恋に花束を
友達以上恋人未満
友達以上
恋人未満
友達
のまま
現状維持
つまんない
それだけでいい

そ|君|愛|恋|
れ|が|の|人|
だ|今|カ|同|
け|日|タ|士|
で|も|チ|に|
十|隣|が|は|
分|で|違|な|
幸|笑|う|れ|
せ|っ|く|な|
だ|て|て|く|
っ|る|も|て|
た| も|
ん|
だ|

かなた・2020-06-08
君が今日も隣で笑ってる
それだけでいい
友達以上恋人未満
君と僕の愛のカタチ
友として
恋として
好きな人
叶わない恋
愛する君へ✝

君を一度でも愛してしまえば

  もう二度と元の関係には戻れないんだ

如月 緋咲_あ、宿題忘れてた()・9時間前
愛することの代償は
友達だった君が想い人になる瞬間
愛するということ
友達
好きな人
想い人
恋人
友達以上恋人未満
友達以上
恋人未満
失恋
片想い
片思い
君を愛する
愛する
愛してる
今更
後悔
遅い
もう二度と
元の関係
戻れない
辛い
苦しい
悲しい
好きです

君の好きな人にも

恋人にもなれないのなら

せめて隣で笑い合える

友達でいたかった___

林檎飴☪︎*・2020-06-13
それだけでいい
好き
好きな人
恋人
彼氏
彼女
笑顔
友達
友達以上恋人未満
ポエム
りんの呟き☪︎*

“好き”はいつか自力で言うから
パーカーの裾を引っ張った
私の胸の音が伝わってくれないかな

瑠夏─ルナ─🌙シバラクオソイ・2020-06-21
あなたに伝わりますように
どきどき
聞こえそうな距離
片想い
片思い
気づいて
友達以上恋人未満
鼓動

君がいなきゃ
こんなにもつまらないんだなぁ

瑠夏─ルナ─🌙シバラクオソイ・2020-06-24
好きな人が欠席でした
友達以上恋人未満
知ってはいたけど
好きな人
片思い
片思い
独り言
欠席
月の煌めきに誘われて

あなたの本音を聞かせて

瑠夏─ルナ─🌙シバラクオソイ・2020-06-15
片思い
NOTE15の日
友達以上恋人未満
好き
好きな人
好きの種類
ワガママ
願い事
本音

君の特別席
彼女じゃなきゃだめですか?
友達じゃだめですか?

瑠夏─ルナ─🌙シバラクオソイ・2020-06-10
片思い
叶わない恋
友達以上恋人未満
特別席
友達
好きな人
大切な人
ワガママ
特別
月の煌めきに誘われて

スクバで揺れる
おそろいのキーホルダーは

友達の証 恋の形

瑠夏─ルナ─🌙シバラクオソイ・2020-06-08
片思い
友達以上恋人未満
君は知らない
おみやげ
友情
おそろい
秘密
恋の形
キーホルダー

お互い迷ったゴールはどこになるかな?

瑠夏─ルナ─🌙シバラクオソイ・2020-06-12
両片思い
探り合い
片思い
好きな人
大切な人
友達以上恋人未満

他に2275作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

愛するということ
1208件

独り言
545644件

ポエム
313902件

257777件

好きな人
130222件

辛い
67322件

19772件

好き
136707件

自己紹介
39861件

恋愛
105225件

片想い
138809件

片思い
118732件

24759件

あなたに伝わりますように
3693件

先生
65949件

失恋
59617件

死にたい
32664件

大好き
61446件

43384件

友達
41711件

病み
46305件

すべてのタグ