はじめる

#夜

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全4240作品・

愛が返品されました

愛の注文が取り消しされました

君はこの愛をどうしろと言うんだ

那海・2021-01-16
哀が入荷されました
まだ見ぬ希望を求めて
意味不
別れ
好きな人
辛い
連絡
独り言
那海
❅_

自分を嫌い  

自分の愛し方さえわからない自分が

他人を愛する方法なんて

分かるはずもなかった。






それなのに

自分は自分を捨てて

他人を愛せると信じていた。

霊柳🥀 ・2021-01-10
死にたい

いつも僕の方から死を訪ね

毎日居留守を使われて

帰ってきた僕に「生きて」の一言

那海・3日前
その一言だけで
残酷
生きて
辛い
独り言
那海

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に4240作品あります

アプリでもっとみる

朝は目覚める

昼は唄う

夜は踊る

そんな日常に君はいない

靑於・2021-01-12
私はいつでも待ってるの
君のことを
大切な人
死別
別れ
会いたい
待ってる
願い
日々
日常
1日
ポエム
独り言
まだ見ぬ希望を求めて



とある孤城にお嬢さまと、バトラーがいました。







『夜の感染症。』



 深い夜になった。

 人目を盗んで、自室の出窓で夜空を眺めてみる。


 囲まれた山々と、遠くに見える街並み。その上に広がる暗い空には、幾つもの星たちが見えた。


 目を凝らして見てみれば、点と点が結び付いて、少しずつ図形になっていく気がした。

 暗くなってから時間が経っているせいか、それともお天道様の気まぐれか、やけに空気が澄んでいる。



 城の書庫で天文学の書物を見つけて、天文学の虜になってから、飽きることなく星空を眺めていた。

 幸いにも、ここ数日は晴れの日が続いており、光の弱い星まで見えた。


 あれがシリウスで、あれはアルデバラン。その二つに挟まれるようにあるのが、オリオン座大星雲だ。



「薔薇のような色、ね。一度だけでも見てみたいものだわ」



 書物に写真は載っていたけれど、モノクロームでちっとも色は分からなかった。

 その代わりに、色の説明しか書かれていなかったのだ。気になって仕方ない。


 この城は高い山の上に建てられていて、さらに私の部屋は城の最上階にある。

 空に手が届きそうなほど近いけれど、その星雲を肉眼ではっきりと捉えることはできない。そのもどかしさが、私の心をさらに擽っていた。



 窓際の壁に凭れながら、眠りそうな夜を眺めていると軽い風が吹いてくる。

 カーテンや髪がふわりと揺れた。仄かに冷たくて、優しい風がとても心地良い。




 まぶたを閉じて、暗闇の中で夜風を味わっていたら、ふいに部屋の扉が開いた。


「お嬢さま、起きておられたのですか。お体に触ります故、お休みになってください」


 言って、部屋に入ってきたのはバトラーのクロだった。



 クロは私の世話係でもあり、幼い頃からの付き合いだけど、いつまで経ってもクロの敬語は抜けなかった。


 いつもと変わらない白黒の制服姿で、私の服らしきものを抱えていた。


「クロ、私が寝ていたらどうするつもりよ。女子一人の部屋に易々と訪れるなんて」


「冗談はおやめ下さい。私はあくまでも執事なのです。そんな風に考えるお嬢さまの方が、可笑しいのではありませんか?」


 こうして毒を吐くのも、昔から変わらない。

 だけど、今は主人である私に対して、毒を吐くのは如何なものか。




 そんな風に思う私を他所に、クロは明日の朝の準備をしていた。


 ふと思う。バトラーはあんなに忙しく働いているんだろうか。

 休む時間どころか、私の傍らにずっといるような気がする。ちゃんと息抜きをしているのかな。


 たぶん、私のことで気を張り詰めているから、そんな時間も無いと思う。

 クロが私の執事として仕えているのはもちろん感謝してるけど、逆に彼のことを気遣うのも主としての役目なんじゃないか。



「ねぇ、クロ。あなた、天文学に興味ある?」


 話しかけると、クロはこちらを振り返りもせず

「私はありませんが、お嬢さまは天文学にご興味があるようですね。強いて言うならですが、私は大和の地にある『大和言葉』に惹かれます」

と優しい顔をして言った。こんな顔をすることは滅多に無い。


 首を傾げた私にクロが続ける。


「大和という名の国はご存知ですね。その地に根づいた美しい言葉を大和言葉と云うのです。この城の書庫で見つけた書物にはそう書いてありましたが。

例えば、夜空の月は太陽の光を反射していることに準えて、大和言葉では『空の鏡』と言います。

自分は大和言葉のそういう部分に惹かれるのです」

 クロは頭を捻って、分かりやすい例えを出してくれた。


 確かに、大和言葉は美しいなと思う。

 その言葉を生み出した大和人は、俗にいう第六感を持っているのかしら。



 ふいに興味がプクプクと湧いて、今が寝ているはずの時間であることも気にせず、身を乗り出す。


「では、クロ。大和言葉で星空のことは何と言うの?」


 すると、聞かれた本人は眉間にしわを寄せ、険しい表情を見せた。

「申し訳ないのですが、その言葉は存じないです。何せ、その書物には四つほどしか書かれていなかったので」


 私の世話係は毒づくタイミングが読めない。

 ご自分で考えてはどうですか、なんて言われると思った。





 クロとの会話はそこで途切れてしまって、私はまた外の景色を眺めることにした。


 いつの間にか、心地良い風は静まり返ったように動いていなかった。



 なんとなく視線を彷徨ってから、街を照らす街灯たちに留まる。

 並ぶ家々は灯りを消しているのに、その街灯だけがずっと灯りを宿していた。



 上ばかりを向いていても、気付かないことってあるんだな。

 さっきまで、あんなにも星空に夢中だったのに。



 思った途端、自分の中で時計の針が重なるような気がした。機械的でも優しい音に似ていた。




「クロ」

「何でしょう?」

「大和言葉を使って、星空を表現するなら__



 あの星空と、夜の街の灯りはとても似ているから。






 自分でも気付かないほど、その言葉はごく自然にこぼれ落ちた。






夜の感染症、なんてどうかしら。

零宮 縒 低浮上( '-' )すまん・2021-01-10
君には明けない夜がある
新型コロナウイルスとは一切関係ありません。
短編小説
創作
adolescence.story_
小説
タグ使用失礼します。
語る夢に、葉擦れの声
君のいた証が消えないように
夜明け前、君に伝えたいこと
今宵,空に希う
お嬢さま
夜空
night
story

理不尽なんて言ってられない

誰も僕を許してはくれない


鈍い痛み響く頭抱えて

夜を彷徨う僕は透明人間

闇夜 小説・2021-01-14
まだ見ぬ希望を求めて
透明人間
許されない
理不尽
彷徨える夜を
人生

見上げた月さえも頼りない夜だった

夕日色。・2021-01-15
ポエム
ピアノ
夜空
頼りない
頼れない
窓の外
見上げる
孤独
一人
心細い
あの日
辛い
重なり合う色彩

夜に光るものって特に魅力的

こういうきれいな写真たくさん撮りたいな

ずっと見てても飽きないんだよなあ

夏の花・2021-01-16
写真
写真を見て思うこと

君に会えるかな?
なんて
そんな想いを胸に
教科書を準備する私。

Hana maru♡ ヒトコトミテ(ㅅ´ ˘ `)♡・2021-01-12
まだ見ぬ希望を求めて
会えるかな
会いたい
想い
教科書
準備
カバン
願い
片想い
準備
毎日ポエム♡

明日が来ないでほしい

ずっと夜でいいのに

あゆみ・14時間前
死にたい
辛い
しんどい
怖い
明日が怖い
疲れた
しにたい
明日が嫌い

夜って不安になる。

受験 友達の事 これからの人生

お布団の中で途方のない事を
永遠と考えちゃう

朝になればいつもみたく慌ただしい毎日



先が見えない

葉色・2021-01-11
病みそう
2021年に叶えたいこと
実感無い
依存したい
独り言
辛い

何もない日々
何も変わらない景色

変わらない朝が来て
変わらない夜がくる

だけど何か違っている
誰かの知らないところで。

何かが変わって動いている。

MIYABI・2021-01-10
変わらない
日々
景色
来て
くる
けど
何かが違う
違って
誰かの
知らないところで
みやの1日1日の記録
みやの人生事情

当然こんな夜にはコーヒーがいいだろ

そんな僕の横でハイボールを1口


もうなんて言うんだろ

そう君見てると

酒入ってなくても酔いがまわるんだな


napori / Vaundy #1

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ・2日前
エモい
歌詞

君との別れ際。




冷え込んだ夜の帰り道。




目の前がぼやけた。




眼鏡がくもったのかな。




何度も眼鏡を拭いたけど、




ぼやけたまま。




気づいたら




こんなに寒いのに、





まつ毛は生暖かく濡れていた。

玲唯 𓏸𓍯・2021-01-16
片想い
好きな人
失恋
帰り道
ポエム
独り言
馬鹿みたい
恋愛
辛い恋


宵は川、

しじまに流れ

籠の暖

水面が燃ゆる

朱の宝石

零宮 縒 低浮上( '-' )すまん・2021-01-14
灯篭流しと君の話
和歌
創作
独り言
-零月夜宮-和歌集
タグ使用失礼します。
またねという名の嘘
君を想う僕の唄
背中合わせで夢を見よう
灯篭流し
灯篭
宝石
ルビー

他に4240作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
669064件

その一言だけで
1448件

ポエム
385541件

318987件

好きな人
183300件

死にたい
48635件

自己紹介
49304件

辛い
96264件

片想い
167208件

好き
159209件

トーク募集
31762件

消えたい
12454件

恋愛
127540件

片思い
139490件

先生
79446件

大好き
72530件

53969件

33308件

叶わない恋
35121件

人生
28641件

失恋
73633件

すべてのタグ