書くとココロが軽くなる
はじめる

#実話

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全1531作品 ・



実話。先生との運命。1


日曜日、先生と会った。
その時、私の両親もいた。
偶然出会ったから本当にびっくりした。
その時会った先生は…私の彼氏だったから。

先生と私の両親が軽く挨拶を交わした後、
最初に先生が私達に向かって発した言葉が衝撃的だった。
先生は改まって頭を下げてきた時に冷静に話し始めた。

「実は僕、のんのんさんとお付き合いをさせて頂いているんです!…」

あまりにも急な告白で、私は戸惑った。
私の両親は、もっと戸惑っていた。そして、私の方を見た。

両親に先生と付き合ってるなんて言っていなかったから…

私は両親に先生と別れさせられる…… そう、覚悟した。
私の両親は厳しいから、先生を通報するんじゃないかと恐れた。
私の両親は酷く怒っているようで凄く呆然としていた。
先生は、頭を下げたままでこれ以上、何も言わなかった。

先生が放った一言で最悪で危険な状況となってしまった…。



続く…



好き! が、50になったら続きを書こうと思います……。。。

のんのん・2020-01-13
先生
彼氏
両思い
好き
好きな人
実話
別れ
繋がりたい
片思い
2020年に叶えたいこと
独り言

“叶わない恋”
なんてそんなの
誰より一番よく分かってます。

結萌໒꒱· ゚@片想い中…♥・2020-01-14
先輩
好きな人
片思い
片想い
実話
独り言
理想の人
ポエム
おすすめ
叶わない恋
恋垢
好き

先輩、
“好き”
って言ったら
迷惑ですか?

結萌໒꒱· ゚@片想い中…♥・2020-01-12
先輩
理想の人
独り言
実話
ポエム
片想い
片思い
好きな人
好き
迷惑ですか
好きです






【一人でいいよ】





君にとって

私はどんな存在ですか。

ただ一人にならないための

〝道具〟ですか___


私は大した特技があるわけでもない。

勉強は出来ないし、

大好きな音楽だってあの子には敵わない。


だからせめて明るく振舞おうと、

いつも笑顔でいる事を心掛けた。



…だからかな。


私の心の闇に気付いてくれる人は、

誰も居ませんでした。


「学校、行きたくないな。」

そんな小さなSOSは、

ただの〝我儘〟と言われて。


「いつも結衣って笑ってるよね~」

「でしょ?笑顔だけが取り柄だから(笑)」


その笑顔の奥が笑っていないこと、

知っていますか。


いつの間にか笑う癖がついたこと。

何に対しても笑うようになったこと。

自分でも分かっているのに止められない。


「ねぇ桃香___」

親友を見つけて呼ぼうとした時、

もう彼女の隣には、

他の友達が居ました___



「_______っ」

〝もう、いっか。〟


私の中で何かが崩れたの。


もう表面だけの関係でいい。

その方が私も楽なんだ。

だから…




「君だけは笑顔でいて___」


寒いある冬の日、

涙を流した少女のお話。

空閑 燈__⊿ 《目標》小説全部にコメントを貰う!!・2020-01-14
【一人でいいよ】
@yuーzu.com
ヒカリノユズ
NOTE小説部
私が最近思う事。
私がこんな〝キャラ〟だから__
実話
ポエム
独り言
スキ80



実話。先生との運命。2

※たくさんの好き!をありがとうございます
実話。先生との運命。1 の続きです


先生が放った一言が最悪で危険な状況となってしまった中、
母が、頭を下げたままの先生に言葉を放った。

「娘と付き合ってる…って……?ど…どういう……ことですか…?」

母はその一言を放つと、これ以上何も言わなかった。
父は黙り込んだまま、先生をじっと、見つめていた。
私はこの危険な状況の中、なにをどうすればいいか分からなかった。
少しの沈黙の間、先生は何かを言おうとして
先生は頭を下げたまま、私の両親に向かって話し始めた。

「僕が教師でありながら、恋人同士の関係になってしまって
 本当に許されない事だと自ら自覚しています…。」

先生の声は酷く震えていた。私は泣きそうになっていた。
先生の後に続いて父が先生に向かって言葉を発した。

「…先生が本気で言っているのであれば…今すぐ娘と別れてください。
 生徒と先生が付き合ってるなんて知られたら…問題になりますよ?」

母も父に続いて言った。

「娘を本気で受け入れて頂けた事は…凄く嬉しい事なんですけど
 娘はまだ、…未成年なんです。………娘にとっても先生にとっても
 危ないのは確かです。………だから…」

私はこれ以上聞いていられなかった。
先生が悪い?違う。先生に恋した私が悪い。
でも先生とそんな理由で別れるのは絶対嫌だった。

「……………先生!!!…行こう!!!」

私は先生の手を掴むと、そのまま走り出した。
誰もいないところに、行こうとした。
先生の掴んだ手は、とても冷たかった。

その場からいなくなろうとした私と先生に両親が何か言ったけど、
何も聞こえなかった。聞こうともしなかった。

涙を溢しながら、
先生の手を引っ張って走った。
先生は何も言わなかった。私に引っ張られるがままだった。

私はこれからどうすればいいのか、分からなかった……。


続く…


好き!が50になったら続きを書こうと思います…

たくさんの好き!をありがとうございます

のんのん・2020-01-13
先生
別れ
繋がりたい
彼氏
両思い
独り言
実話

神様

私に

幸せは

訪れますか?

もし

幸せが

訪れるのならば

私に

彼と

結ばれること

の幸せが

欲しいです

Rainbow🌈・3日前
告白
告白しました
ポエム
実話
ほんとに
頑張った

【今日の実話】



今日、友達のKに、「私の友達の友達の話なんだけどねー……」と、めっちゃ怖い話をされました…。
私、涙目だったそうです笑笑

怖すぎたので……小説風にして、お届けします笑笑



怖いと思った人は、好きと贈り物!
よろしくm(*_ _)m



あ、もちろん実話なので!😊









☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆





これは、僕の本当のお話.......。

僕はごく普通の男子中学生で、
平凡だけど、楽しい毎日を過ごしていた.......。






そんなある日、僕は奇妙な夢を見た。




その夢は妙に鮮明で、朝起きてもなお、

全てのことを覚えていた。








その夢で僕は、彼女とデートに出かけていた。

この光景は.......
たぶん、人通りの多い、あの交差点だ。
周りには、大勢の人が行き来している。

僕と彼女が、その交差点を渡ろうとしたとき、
僕の目に、黒ずくめの男が見えた。

その男はあまりにも目立っていて、
僕の目は彼を追った。
顔まで鮮明に覚えていた。

その不気味な男は、
僕の右を歩いている彼女の方に近寄り..............








彼女を刃物で刺した。








それは一瞬の出来事で。
でも、驚くほどリアルだった。















でも、そんな夢を見たのは3ヶ月前。


この怖い夢は、
僕の記憶の奥底にしまわれていて、


あんなことになるなんて、




このときの僕は想像もしていなかった。











あの夢から約3ヶ月。
あんなことなんて、すっかり忘れていた。

今日は約束していた彼女とのデート。

僕の右手を彼女と繋いで、歩いていた。







ふと、顔を前に向けると、

急にあの夢が思い出された。



なぜだろう。








あの夢に、そっくりのこの光景.......。

僕のなかに不安が募る。







このままだと.......

あの夢の通りになるなら..............



彼女は.......











“死ぬ”












そう思って前を向くと、

僕の心臓は、これまでにないほど激しく脈打った。

























.......あの男がいる.......。






















顔まで全く同じだった。




僕はとっさに、彼女を僕の左側にやった。


間一髪だった。




男がこちらに近寄る。


彼女は気付いていない。














ほっとしたのも束の間。









男が僕の耳元でこう囁いた。



























『.......なんで分かったの?』










☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

皐月【ひとことと小説みてね?】・2020-01-14
皐月文庫🔮✒️
実話
小説風
怖い話
怖い
泣く
今日の出来事🔮✒️

かっこいいから好き
じゃないんです
好きだから
かっこいいんです

結萌໒꒱· ゚@片想い中…♥・2020-01-12
好き
好きな人
片思い
片想い
先輩
ポエム
実話
独り言
かっこいい

先輩“でいい”

じゃなくて

先輩“じゃなきゃ嫌”

なんです。

結萌໒꒱· ゚@片想い中…♥・2020-01-12
好きな人
ポエム
実話
独り言
好き
片思い
片想い
恋垢
理想の人
先輩

過ごした時間や
積み重ねた時間は
先輩の同級生には勝てないですけど
先輩を好きな気持ちは、
それだけは、
絶対誰にも負けません。

結萌໒꒱· ゚@片想い中…♥・2020-01-12
理想の人
ポエム
独り言
実話
片想い
恋垢
片思い
先輩
好きな人
好き
叶わない恋

“どんな人が好きなの?”
そんなの、わかんないです。
自分の理想とは全然違っても
好きになる時は好きになるんです
理由なんてないんです
だからその質問は
敢えて言うなら
“好きな人が好き”
としか言えないです。

結萌໒꒱· ゚@片想い中…♥・2020-01-12
好きな人
ポエム
実話
独り言
先輩
片思い
片想い
好き
理想の人
好きになった人が好き
理由
分からない

先輩の声って特別です
特別カッコイイとか
特別ハスキーとか
特別高い声とか
特別低い声とか
そういうんじゃないんです。
沢山人が話してても
先輩の声が聞こえると
すぐに先輩探しちゃうんです。
だから先輩の声は私の中では
“トクベツ”なんです。

結萌໒꒱· ゚@片想い中…♥・2020-01-11
先輩
ポエム
実話
好きな人
ちょっとしたストーリー
一人言
独り言

先輩が好きって言ってたアニメ
先輩が好きって言ってた小説
初めは興味なかったんです
でも、いつの間にか好きになってました。

結萌໒꒱· ゚@片想い中…♥・2020-01-12
好きな人
先輩
好き
ポエム
独り言
実話
好きな人の好きな物
片思い
片想い

世界中の人に嫌われたって
構わないから
たった1人
先輩だけには
嫌われたくないんです。

結萌໒꒱· ゚@片想い中…♥・2020-01-12
好きな人
ポエム
好き
実話
先輩
独り言
恋垢
片想い
片思い

授業中は
いつも先輩のこと考えてます。

休み時間は
廊下通らないかなって
ずっと眺めてます。

昼休みは
サッカーする先輩を見てます。

放課後は
ばったり会えたりしないかな
なんて考えながら過ごしてます。

私の学校生活
全部全部先輩でいっぱいです。

結萌໒꒱· ゚@片想い中…♥・2020-01-12
先輩
ポエム
実話
独り言
好き
好きな人
片思い
片想い
先輩に恋した後輩
理想の人
先輩でいっぱい
考え事

その他のポエム

独り言
395956件

ポエム
213907件

190473件

自己紹介
29879件

20歳
1614件

好き
108221件

好きな人
83636件

片思い
92228件

片想い
109172件

恋愛
79097件

歌詞
77945件

先輩
36615件

友達
31086件

大好き
48584件

失恋
42422件

辛い
47217件

29181件

トーク募集
14271件

幸せ
23739件

彼氏
39714件

先生
52803件

すべてみる