はじめる

#家族

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全6442作品・

私たちの人生もゲームみたいに

ボタンひとつで簡単に

リセット出来たらいいのにね

かのん☆゚.*・。゚・2020-07-08
学校
人間関係
家族
自分の居場所
辛い
苦しい
死にたい
生きたくない
嫌い
助けて
なんで?
人生
ゲーム
ボタン
簡単
リセット
リセットボタン
病み?
独り言
ポエム
かのんの本音
かのんのおすすめ

私にだって辛い時くらいあるよ


君が思う程に強くはないんです__

心咲.・1日前
心の水溜まり
感情
つぶやき
つぶやき恋日記
好きな人
友達
家族
関わり
繋がり
友情
支え
ポエム
独り言
辛い
人生
🌈オススメ載った
100人突破
200人突破



青空を眺めて君を想い出す

物語の中の君は

他の誰よりも輝いていた

花生・2020-07-07
空虚な僕の滑稽な夢
タグお借りしました
独り言
恋愛
人生
好きな人
家族
友達
貴方
貴女
あなたに伝わりますように
それだけでいい
さよなら
七夕の願い事

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に6442作品あります

アプリでもっとみる

「生きなきゃだめだよ」
「折角貰った命なんだから」

馬鹿みたいな綺麗事ばかり。

言っちゃいけない言葉かもしれないけど

『産んでくれと頼んだ覚えは無い』

そんな風に言ったらもっと怒りますか、

fool・2020-07-07
独り言
ポエム
死にたい
消えたい
綺麗事
辛い
苦しい
家族
生きる
孤独
病み
助けて
リスカ
自傷
自傷行為

世界中の人々が

《生きる意味》なんて考えずに

前を向いて未来へ進めますように__。

樋野 伊里・2020-07-07
七夕の願い事
七夕
独り言
ポエム
生きる意味
好きな人
恋人
友達
家族
辛い
悲しい
寂しい
不幸
幸せ
幸せになれよ。





【星に願いを】




「栞織(しおり)、書かないの?」


クラスメイトが短冊を

こちらに渡してきた。

クラスを見渡すと、

友達同士で固まって
みんな願い事を書いていた。


「あー、うん。ありがと」

私は短冊を受け取った。

けどその短冊は白紙のまま
ポッケに突っ込んだ。


…願い事。

叶うはずもないのに。


私はそう心の中で吐き捨てた。


それにもう中学生だよ。

だから、…だから。


楽しそうに書いている

皆を見ると少し辛くなった。


毎年七夕になると、

…いやずっと

私は引きずったままだ。



お母さんが亡くなってから。






「栞織、おかえり」

家に帰ると、

お姉ちゃんが晩御飯を作っていた。


「…いい匂い」

でしょ、と姉は笑った。


「明日は七夕だね~」

姉は鼻歌を歌いながら、

そう呟いた。


「そう、だね…」

私は曖昧に返事をする。


「栞織は学校で短冊書いた?

お願い事迷っちゃうね」


今度は返事を返さなかった。


「毎年、家族で書いてたよね…。

ねぇ、また書いてもいいんじゃ…」


私は姉の言葉を遮るように

立ち上がった。


「…書くわけないじゃん」

自分でも驚くぐらい低い声が出た。


「栞織…」


「書いても意味がないのっ!

お姉ちゃんだって
知ってるでしょう!?」


私は走ってリビングから出た。

2階に駆け上がり、
自室に飛び込む。


玄関からお父さんの声が
聞こえたけれど、

無視して布団にくるまった。


目を瞑ると記憶が流れてきた。



『お母さん!それっ…』


優しい笑みをしたお母さんが

ゆっくり振り返る。


『笹よ。小さいけれど、

今日は七夕だから』


細い腕が伸びて、

温かい手で私の頭を撫でた。


『わたし、お母さんの事書くよ!
体が良くなりますように、って!』

お母さんは嬉しそうに、


『ありがとう』

と、言った。

だから毎年私は、

何枚も何枚も書いて願った。


お母さんの病気が治って、

元気になりますように、って…。


でもその願いは届かなかった。



『お母さん…嫌だよ…』

日に日にやつれていく

お母さんを見るのは
とても辛かった。


でもお母さんはずっと

笑顔だった。


どんな辛い治療や、
結果を伝えられても

決して、諦めたりしなかった。


_最後まで懸命に生きていた。


死ぬ直前、お母さん

何か言ってたな。

…なぜか思い出せない。


これ以上、記憶を辿ることを

身体が拒否しているようだった。



ぱち、と目を開ける。

瞳から涙が零れた。


お母さん、会いたいよ。

また抱きしめて欲しい。

優しい声で名前を呼んで欲しい。

たったそれだけでいいのに…




「栞織、昨日はごめん」


七夕当日になり

その日の晩御飯の時、
お姉ちゃんはそう言った。

そういえば、

今日は1度も口聞いてなかった。


「うん…、私も」


照れを隠すように私は
ご飯を胃に詰めこんだ。

食べ終わり、

家族3人でテレビを見ていると、


「…昔書いた短冊、
みんなで見てみないか?」


お父さんがそう、言い出した。

私は否定しなかった。


…そういえば、

お母さんはどんなこと書いてたっけ。


お姉ちゃんはクローゼットを

あさりだした。


「えっとこの辺に…」

なかなか見つからないようだ。


私はタンスの上にある、
家族写真を見つめていた。


お母さん、幸せそう…。


この頃はほんとに
楽しかったな…。

そうやって想い出に浸ってると、

お姉ちゃんが急に座り込んだ。


「…え、どうしたの…」


お姉ちゃんの手には
短冊が握られていた。


私の、お姉ちゃんの、

お父さんの、お母さんの。


みんなお母さんの病気の事を

書いていた。


胸がちく、と痛んだ。


けど、お母さんは…




【これからも家族みんな

笑顔で過ごせますように】





これも、これも…


病気のことが一切書いていない。


お姉ちゃんは口を押えて、
嗚咽を漏らしていた。


そうだ、そうだお母さんは…




『栞織、お母さんがいなくても

しっかり頑張るのよ…』


「できない、いやだよぉ!」


『ずっと笑顔でいて。

栞織が笑えばみんな幸せになれる』


「お母さんがいない世界じゃ…、

笑えないよ…」


『大丈夫よ、栞織なら』




そうやって、

抱きしめてくれた。





「っあぁ…」



私もその場に泣き崩れた。


お母さん、ごめんなさい。

忘れてしまってごめんなさい。


お母さんが居なくなってから、

昔みたいに笑えなかった。

家族みんなどこか
距離感が出来てしまっていた。


ちゃんと、私頑張るよ。


「お姉…ちゃん、書こう」


私は少し折れてしまった短冊を

ポケットから出した。


…これもきちんと書こう。


お姉ちゃんは涙を拭いて、

うん、と頷いた。


この時私は、

また星を信じてみようと思えた。





「なに…願う?」


私はペンを持って家族にたずねた。



「そうだねぇ…」


その時の私達は笑顔で溢れていた。


どこかでお母さんも

笑っている気がした。




end
♡♡
♡♡

柊杏 低浮上気味・2020-07-07
小説
七夕の願い事
ポエム
あなたに伝わりますように
独り言
NOTE小説部
__✈
家族
七夕
つぶやき恋日記
大切な人


伝えることは


伝えぬよりも


心の芯を叩きます


文字よりも


声は


ふとした時に


脳に響き渡ります


大切なことは


声で伝えなさい


愛は声で伝えなさい





師の言葉を心に刻む





大切な人にこそ


大切な想いを


声にして伝えるべきなのだ





親や兄妹だからこそ


恥ずかしくて


伝えきれていない想い





いつか後悔することのないように


想いを、声に





その存在が支えだということ


命を大切にしてほしいということ


いつの日も


そばに在る、ということ





私に出来ることなら


力を尽くそう


大切な人のために

Mari・2日前
光の玉
言葉
独り言
ポエム
人生
大切な人
好きな人
家族

_ジャニーさん一周忌_
あなたが旅立ってから1年が経ちました。
あなたの育てた子達は皆元気にやってますよ。
最後に見送った息子達もも今では沢山番組に出て輝いてます。あなたが見送れなかった息子も沢山いるけれどみんなあなたに感謝してます。
これからも皆のこと見守っててね
_ファンより_

🦞🦅👶🏻🦁・3日前
ジャニーさん
一周忌
ありがとう
これからも見守っててね
家族

家族の心がこれ以上離れませんように。





前の家族に戻りたい...

しなもん²・2020-07-08
七夕の願い事
1日遅れ
どうしても
叶ってほしい
家族

大雨の被害が広がらず

避難場所での感染など起きず

大切な人と離れた方も

お互いの安否が

確認できることを

願います

輝く小さな星・2020-07-07
七夕
晴れるといいね
大雨
被害
被害拡大
避難場所
コロナ
感染
大切な人
家族
友達
離れ離れ
お互い
安否
確認
願います
早く雨が止みますように
会いたい人
会えますように
絶対に

もう死んでもいいですか_。

凪宮 穂花_・20時間前
君へ
ごめんなさい
約束
独り言
病み
病み期
辛い
死にたい
寂しい
愛されたい
助けて
辛い
学校
いじめ
家族
家出したい

゛学校にも行かないで゛

自分だけ楽してごめん。

でも僕は生きるだけで

いっぱいなんです。

ネットに本音を呟くことしか出来ない

僕だけど、

生きてるだけでいいんだよって

言ってほしかったんです_

柊碧・2日前
弱虫
独り言
死にたい
ごめん
偽り
辛い
家族
助けて
ポエム
人生

友達といると心が真っ黒に染められて

好きな人のことを考えると心が痛んで

家族といると心が崩れる。



だからお願い1人にさせて。

きー。・2020-07-06
友達
好きな人
家族
疲れた
少しだけ
1人にさせて

もし私が死んだ時、
貴方が最期に見た私が笑顔でいたら良いな。

friends・1日前
好きな人
友達
家族
大切な人
なんとなく

僕らはいつでもひとりきり

仲間が居たって本当は一人

恋人居たって心が一人

家族が居たって孤独で一人

ひとりっきりで

僕らは生きる

Narr・1日前
孤独
ひとりきり
ポエム
寂しさ
仲間
友達
家族
恋人
人生

他に6442作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

夏恋
4491件

独り言
554862件

262381件

ポエム
319667件

好きな人
134035件

つぶやき恋日記
6114件

自己紹介
40383件

辛い
69574件

好き
138818件

人生
22006件

恋愛
106994件

片想い
140974件

片思い
120539件

失恋
60766件

死にたい
34196件

44394件

大好き
62333件

歌詞
94212件

先生
67000件

トーク募集
22469件

幸せ
33902件

すべてのタグ