はじめる

#思い出

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全13459作品・

思わず
シャッターを
きってしまうような

そんな
美しさと儚さを
感じて_。

蒼霧 零夜。・1日前
美しい君
夜を共に
カメラ
シャッター
思い出
その一言だけで

空に居る

君を想って

手を伸ばす

光る指輪に

涙も光る

🐰🍓《🎀おすすめ》のご報告に心から感謝✨😭🙏✨・1日前
桜の様に散った君
タグをお借りしました
ペアリング
指輪物語
プレゼント
会いに逝きたい
想い出
思い出
🍵🍡俳句・短歌・川柳の日🍡🍵
チャレンジ
57577
投稿日毎月19日
🐰🍓

あの日私に向けてくれた笑顔も

あの日私に言ってくれた「大好き」も

あの日私を抱きしめてくれた時のあの温もりも

全部全部嘘だったんだね__。

なな 나나・3日前
独り言
ポエム
好きな人
愛してる
大好き
今でも
失恋
思い出
ありがとう
さようなら
ごめんね
人生
辛い
幸せ
まだ見ぬ希望を求めて
その一言で

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に13459作品あります

アプリでもっとみる

辛くて泣いてごめん

今はまだ弱い

でもねいつかこの弱さから強くなりたい

今はまだ自分の運命を呪うけど

絶対強くなるから今は泣かせて

涙もきっと笑顔に変えるから。

なな 나나・16時間前
独り言
ポエム
好きな人
愛してる
大好き
今でも
失恋
思い出
ありがとう
さようなら
ごめんね
人生
辛い
幸せ
まだ見ぬ希望を求めて
その一言で

[ハッピーエンドを知ってるかい]

ー前編ー


















「きっとなれるよ」


そう言ってくれた母はしんだ。



「好きにしろ」


そう言った父はしななかった。







それが答えだと


この世界は唐突に残酷に


案外早く僕を大人へ導いた。
































『英雄とは、悲劇の象徴である。



英雄の前には"悪"など存在せず、

ただ救いのない信念があるのみであり



だからこそ、』








「___俺は英雄であろう、か」



パタンと本を閉じる。



随分と皮肉れたものだ。









「ん?ああ、…切れたか」




ふと手元を見れば引っ掛けたのか


切れかけてしまった帯をそっと外す。



"期待の新人!新人賞受賞作品!!"




大きく描かれた文字を横目に


少しホコリの掛かってしまった写真を


左手でそっと叩いた。




「あの頃は、俺もお前も


同じだった筈なのにな。」





無邪気に笑うかつての友人に


そっと目を伏せる。





微かに晴れていた空も


分厚い雲が流れてきたのか


部屋から明かりが失われていく。




晴れなければいいのに。


暗くなった部屋の中


そう独りごちた。










"あれ"からもう10年。


俺達は面倒くさいガキから


つまらない大人へと変わり



あれほど嫌っていた筈の


『正しさ』の下で息をしている。









変わったものと


変わらなかったものは



確かにあの頃が過去のものだと


ただ示し続けていて。








「なあ、トモ。


お前が英雄を語るのは、まだあの頃を


引きずっているからなのか?」




無意識に口から出た問に


写真の中の彼が応える筈も無く、


寂寥感に満ちた時間に


無機質なアラームが終わりを告げた。






「…時間だな」





本を棚へ戻し


この時期には少し薄いコートを羽織る。






空は少しずつ白んで


太陽がその姿を徐々に現していく。





ふと部屋を見渡した。


いつもと変わらない其処に


いつもと同じ景色。



学生時代の友人の欠片に


触れたからだろうか。



いつもより少し、


君を強く感じた。





「…いってきます」





本格的に晴れてきた空に背を向け、


今日もあの子に会いに行く。



















拝啓、あの日の君



あの日君が飛んでから10年。


俺は今でも、

前に進めずにいます。







































「せんせ」


「悪い、待ったか?」


「うん」


「悪いな」




いいよ。そう言って笑うのは


かつての君ではない。



すまんな。そう言って笑うのも


かつての俺ではない。







英雄を夢見て、


英雄になれなかった少年は


中途半端に歩み続け、


教師という名の『正しさ』の


肩書きを手に入れた。




「ココアで良かったか」


「紅茶が良かった」


「おいおい」


「嘘。ココアが良い」


「あのなあ」






家に居たくないのだと


そう打ち明けてくれた教え子と


休日に会うようになったのは


もう数ヶ月も前の事になる。










教師というのは


圧倒的正義のように見えて


実を言うと凄く曖昧な立場にあった。




個人への過干渉は依怙贔屓とされ


平等である為には


表面的な指導しかする事が出来ない。



簡単に例を挙げるとするなら


よく聞く"いじめ"というのも


それに当てはまってくる。






もどかしいと言えばそうだが、


心の何処かでほっとしてしまった


自分にも気付いていた。








それでも綺麗な皮を被ろうとするのは


あの頃夢見た"英雄"を



未だ忘れられないからだろうか。









だからこそ、こんな風に


職務時間外に時間を重ねている訳だが…。






これすらもバレた時には



俺の首は飛ぶだろう。








それでも良いと思っているのか、


はたまた、いっそそうなればと


望んでいるのか。





年度末を目前にした今でも


答えは出せずに居る。










「ねえせんせ」


「何だ?」


「来年さ、先生

担任じゃ無くなっちゃうのかな」


「嗚呼、」


「もう後1ヶ月も無い」




此方を見上げた瞳が


不安そうにユラユラと揺れる。





「すまんな、…まだ分からないんだ」


「…そっか」


「……嗚呼。」






風が耳を撫でる。


息苦しくも感じる静寂を前に


彼女が啜るココアの音に耳を傾けた。








「ねえ、せんせ」



互いに目線を下げたまま話す。


「…何だ」



「先生は、___」



「……何?」



「…ううん、何でもない」





風に攫われた少し茶髪がかった髪が


冬の空に広がっていくのが見えた。








俺は何も言わなかった。


彼女も何も言わなかった。













日が傾いてくると


互いに何も言わずに手を握る。


少し冷えた手が


ゆっくりと温まっていくのが分かった。



これもいつからかやり出した


ルーティーンのひとつ。




傍目から見れば


この距離感は可笑しいと思うだろうけど




付き合っているのかと問われれば


俺達は揃って否だと答えた。











これは恋ではない。


けれど愛ではあった。



















その日もいつもと同じように



暗くなるまで手を繋いで



いつも通り家まで送る。



帰り道の商店街でコロッケを食べて


静かに立ち並ぶ住宅街へと足を進める。



家の少し前、


家からは見えない曲がり角で別れ



また明日と手を振って、



彼女は今日もありがとうと笑った。










































ふと目を開ければ、


日は完全に地平線の下へ潜り


部屋を暗闇が包む。










重い瞼に逆らうこと無く下ろせば


視界に赤が広がった。












英雄ごっこは唐突に終わりを告げ、



世界は変わらず俺を置いていく。











何も変わらなかった。


何も出来なかった。








所詮俺がやっていた事は


浅ましい自己満足であって



俺は俺しか見えていなかった。








分かりやすく告げた答えに


今更逆らう気も起きない。













重い体を起こすと、


散らかった部屋の中


ふといつかの本が目に付いた。







『英雄のいない町』








「…英雄は、悲劇の象徴。


だから俺は、」






終わりにしようと思った。


この命と、馬鹿げた理想に。






ぽつりぽつりと、吐き出す


同じ現実を見た友人の英雄論。







皮肉れた文章は


今ならすんなりと理解出来る。


















「俺は、英雄になどなれない」










そうして俺は空へ飛んだ。





世界はいつも通り進む中で


勝手に幕を下ろした。











英雄を求めた。



英雄に憧れた。







だが今はそれよりも


彼女達と話したかった。






迎えてくれるだろうか。


笑ってくれるだろうか。



こんなにも愚かな俺を。










ああでも、もし許されるなら、






罪で塗りたくられた人生で


罪悪感に突き動かされた心で











まだ君と生きていたかった。








続く

紫翠 玲・1日前
小説
ハッピーエンドを知ってるかい
なんかぐだぐだやね
んー、スランプ←
感想くれると嬉しい
てかこれの続き書けるかな
もう力尽きたぁ((
その一言だけで
好きな人
学生
先生
後悔
英雄
死にたい
消えたい
いじめ
思い出
辛い
story.

パズルが埋まらないんだ

やっぱりあなたが埋めてくれなきゃぜったい完成しない

このままでは心が壊れてしまう

最後のピースを埋めてください

ずっと待ってるから__。

なな 나나・18時間前
独り言
ポエム
好きな人
愛してる
大好き
今でも
失恋
思い出
ありがとう
さようなら
ごめんね
人生
辛い
幸せ
まだ見ぬ希望を求めて
その一言で
上手く出来た!😆
限定写真使わないと勿体ないなくて😂🤣

君がいるだけで、
私にとっては大切な思い出

いくみ・1日前
片思い
思い出

嗚呼

今、楽しいと思えてる。




この思い出

記録しておかなきゃ

Reito🦊・2日前
思い出
記録
写真
使命感











「君との思い出」

を削除しますか?



>はい いいえ




少々お待ちください・・・






少々お待ちください・・・







少々お待ちください・・・















@{4)8sukinahito6'|$",-]]]daisukinahito]]96">¥<$>)

エラーが発生しました。

もう一度やり直してください。





消したくても消せない
       君との思い出























消したくないから消えない
         君との思い出

現在病み期/ばらちゃん。・1日前
君との思い出
好き
好きな人
好きだから
大好き
大好きな人
思い出
恋愛

世界でたった1人の君に出会えて

良かった_。

出会ってなかったら、こんなに甘酸っぱい思い

しなかったからさ_。

咲華 凛花🐑💙 ((さくりん大好きっ!花乃頑張ったね、!1番の味方だよ、お姫様。・2日前
世界でたった1人の君に出会えて良かった_。
甘酸っぱい
思い出

満月の夜にはお決まりの長電話。

月が綺麗だよって

いつも君からだったよね…


そんな思い出も全部、胸に抱き

またどこかでお互い幸せになって

笑っていようね…。

KANON・20時間前
失恋ソング
歌詞
好きな人
好きだった
元彼
戻りたい
思い出
幸せだった
大好きだった
ふたつの影
抱きしめて
もう一度。
満月
月が綺麗ですね
辛い

この道は いつか 来た道

ああ そうだよ

君と 初めて 会った 道

この道 よく 2人で 通ってたなぁ……

🍅+🍅=?・1日前
思い出

「こんばんは」

君との会話が始まる合図

私の心が忙しくなる合図

心楽・2日前
その一言だけで
挨拶
ありがとう
思い出
好き
独り言

 ココロ
嗚呼、君の"想い出"の真ん中

君の隣で笑っていたい

なんて、図々しいかな

それでもやっぱり、君がいい


一緒に泣いて一緒に笑って

そんな日々を夢見ています

虚慧 桐離/私の蘇我馬子( '-' )!!((・23時間前
何か歌詞みたい('-')
独り言
哀ばかり溜まるのは_
片想い
片思い
口に出したら、きっと、、
好きな人
好き
ポエム
想い出
思い出
恋愛
その一言だけで

あの日のように甘酸っぱくて

あの日のようにときめいた

あの日にもう一度

帰ることが出来るなら

💫マシュマロ🍃・2日前
ポエム
独り言
好き
思い出

他に13459作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
669082件

その一言だけで
1452件

ポエム
385549件

318995件

好きな人
183307件

死にたい
48635件

自己紹介
49305件

辛い
96265件

片想い
167213件

好き
159209件

トーク募集
31762件

消えたい
12454件

恋愛
127543件

片思い
139492件

先生
79447件

大好き
72531件

53971件

33309件

叶わない恋
35122件

人生
28641件

失恋
73634件

すべてのタグ