はじめる

#世界

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全5270作品・

もし世界が君を敵に回しても


私は君を想うよ__

心咲.ヘッダー15人贈り物・1日前
君を想う気持ち
好きな人
やっぱり好き
好き
片想い
叶え
世界
想う
ストロベリームーン
恋の沼
こんな僕を受け入れてくれますか
ポエム
独り言
🌈オススメ載った
100人突破
200人突破

この星や月達が

新型コロナウイルスに悩む

世界各国全員の

<希望の光>と 

なってくれるといいな

隣の佐藤さん。・1日前
ストロベリームーン
独り言
ポエム
希望
世界
▼50▼

"人"と同じで"世界"にも表と裏がある

表は…明るくて平凡な世界___。

でも

裏は…暗くて残酷で苦しい世界___。

ホントの「平和」が来る日はいつなのだろう?

Karina♡・1日前
世界
表と裏
明るくて平凡な世界
暗くて残酷で苦しい世界
平和
私の居る世界
ホント
人間
明るい街
暗い道
神様の願い

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に5270作品あります

アプリでもっとみる

君のいない世界は

とても澱んでいるんだ

私の手を取って

この世界から助けてよ___

優花 -ユウカ- 病-・3日前
君へ
彼氏
大好き
待ってる
お願い
助けて
君のいない世界
澱んでいる
汚い
世界
早く
手をつないで
助けてよ
世界一愛している君へ
君の手
好きだよ

正しいも間違いもない世界で

君の瞳だけが

ただただ真っ直ぐで

蒼葉 伊織・2日前
砂誇が舞う世界で彷徨う僕等
タグ借りました
こんな僕を受け入れてくれますか
独り言
ポエム
正しい
間違い
世界

この世界では

目に見えるものよりも

目に見えないものの方が多くて

それに限って

物凄く大切なもので_

不知火 日輪_・2020-06-02
世界
目に見えるもの
目に見えないもの
友情
大切なもの
ポエム
独り言
こんな僕を受け入れてくれますか

自由を求める人達は

この世界に

救いがないことを知っている

不知火 日輪_・1日前
自由
願い
世界
知っている
分かっている
救い
なんてない
不平等
偽り
ポエム
独り言
こんな僕を受け入れてくれますか

綺麗だった涙はガソリンになって

ただこの世界を汚すだけ

不知火 日輪_・2020-06-02
世界
ポエム
独り言
こんな僕を受け入れてくれますか

せめて生き様だけは

この世界に染まらず美しくあれ

不知火 日輪_・21時間前
願い
生き様
真っ直ぐに
生きよう
好きなように
思うままに
世界
美しく
ポエム
独り言
こんな僕を受け入れてくれますか

こんな醜い世界、いっそ滅んでしまえ。

♔エリンジウム♔・1日前
不快にさせたらすみません
本音
醜い
世界
滅べ
こんな僕を受け入れてくれますか
コナユキ

あなたのいる日常が
私にとっては当たり前だと
思ってた_。

恋雨・2日前
あなたのいる日常
私にとって
存在
当たり前
恋愛
恋心
片思い
片想い
コロナ
日常
世界
人生
独り言
大切な人に伝えたい事
こんな僕を受け入れてくれますか
ポエム
失恋
叶わない恋
叶えたい恋


ミト
_星々が看取るエンドルロール_












夜10時。

マンションの屋上は思った以上に風が強く

来ているパジャマと私の髪を乱暴に揺らした。

髪、結んできたら良かったかな。と考えるが

これからすることを考えて必要ないかと思い直した。

こんな時間に屋上に来ているのは

もちろん遊びに来たからではないし

パジャマパーティをしに来たからでもない。

屋上でパジャマパーティーをする馬鹿はいないだろう。



『風、思った以上に強いな』


「そうね」



隣にいる蓮(レン)が私と同じことを言う。

私たちがこんな時間にマンションの屋上に来た理由は



『飛び降りた時に風に流されなきゃいいんだが』


「この強さなら大丈夫でしょう」


『そうか』



そう、飛び降りるため。

自殺するため。

私たちは今日、ここから飛び降りて死ぬ。



『にしてもお前、パジャマってどうなんだよ』


呆れたように蓮が言う。


「制服もどうかと思って、パジャマでいいかなって」


「そう言う蓮だって部屋着じゃない」


蓮は大きめのTシャツにズボンと私とほぼ変わらないような格好だった。


『まーな。もうすぐ死ぬんだし、服装なんてどうだっていいかと思って』


「だったら私にも聞かないでくれない?」


悪ぃ。

と蓮は全く悪いと思ってない笑顔で笑って謝る。

いつものことなので、呆れたように一瞥する。

死ぬ前の会話にしては落ち着いている。

普段の私たちの会話だ。


ふと、蓮が真面目な表情になる。



『雅(ミヤビ)んとこ、家抜けてここ来たのバレてねー?大丈夫??』


「大丈夫よ。いつも通り。私がいないことにも気付いてないんじゃない?」


『そうか』


「蓮は?お父さんにバレてない??」


『俺んとこも大丈夫。いつもと変わらん』


「そう」



お互い淡々と言葉を返す。

親にバレていないか確認するが

恐らくバレていても何も言われないし止められないだろうということに

本当はお互い気付いている。



『おばさん...さ、まだ泣いたりしてる?』


少し躊躇したように蓮が聞いてくる。


「してる。毎晩ね。立ち直れそうもないみたい」


『...そうか』


「蓮は?お父さんからキツく当たられたりしてない?」


『もう慣れたよそんなん。昨日だって、ほら』



自嘲気味に笑ってズボンを捲って足を見せる。

そこには痛々しい青あざがいくつもあった。



「...またなの」


『もう慣れたって』



笑う蓮。無意識のうちに顔が歪んでいたのか



『お前がそんな顔すんなよ』



そう言って蓮は私の頭を乱暴に撫でた。

風で乱れた髪の毛がさらにぐしゃぐしゃになる。



「ちょっと、髪の毛めちゃくちゃなんだけど」


『えー知らん。気のせいだろ』



気のせいなんかじゃないし。

と呟いた声は小さすぎて風に飛ばされて届かなかったようで

蓮は『ん?』と首を傾げている。

なんでもないと首を振って、ふと私も自嘲気味に笑った。



「今更こんなこと言い合ったって意味ないのに、馬鹿みたいね。もうすぐ死ぬのに」


『確かに』


蓮も笑った。


「きっとあの人は私が死んでも気にしないわね」


あの人、というのが母親だと気付いたのか


『俺んとこの人も気にしないだろうな』



蓮もそう言った。

もはや親と呼ぶのもおこがましい。

そんな雰囲気だった。





私の父親は女を作って家を出ていった。

それから母は毎晩毎晩泣くようになった。

家事も仕事も何もせず

ひたすらに泣いている。

私がいることも忘れてしまったようだ。

もう何十日も

母と会話なんてしていない。




蓮のお母さんは交通事故で亡くなった。

ショックを受けた蓮のお父さんは、お酒に溺れるようになった。

仕事も辞めお酒ばかり飲んで

蓮に暴力を振るうようになった。



私たちは幼なじみで部屋が隣同士で、よくベランダに出て話をした。

小さい時から約束もせずにベランダに出て話す。

それが当たり前になっていった。

お互い親がダメになってからは、話す頻度も増えた。

止められることも無く

ただひたすらに話し続けた。

夜が明けるまで話したこともある。

私たちはお互いに必要不可欠な存在なのだ。




でもお互い、こんな日々にもう嫌気がさしていた。

毎日毎日同じことの繰り返し。

希望なんてない。

いつからか、お互いに思っていたこと。


『「もう死のう」』


それを初めて口に出した昨日。

やるなら明日の夜にしようと約束した。





今頃あの人は泣いているだろうし

蓮のお父さんもお酒を飲んでいるだろう。

きっといないことにすら気付いていないのだから

もうどうだっていい。






乱れる髪を抑えて端まで行って下に広がる夜景を眺める。

ポツリと思ったことを口にした。



「遠くから見ると綺麗だけど、近くで見るとぼやけて薄汚れた光の集まり」


「まるでこの世界みたい」


『ほんとだな』


蓮も隣に立って夜景を眺める。


『消えたい、死にたいが間違ってるなんて、誰が決めたんだろうな』


この世界を嫌っているように聞こえる口調。

きっと、いや、ずっと前から

君も私も

こんな世界好きではなかった。


「きっと、誰でもないわよ」


「本心を言わせてくれないこんな世界、腐ってる」



その時、ふと風が止んだ。

抑えていた手を離す。

空に目をやった。



「蓮。星が綺麗よ」


「私たちの最期を見守るのは、星たちってことね」


『俺たちの最期にはぴったりだ』



偽りの美しさの夜景よりも

空に浮かぶ小さな星々を目に焼き付けて



『雅』


ふと蓮に名前を呼ばれる。


『生まれ変わったら、幸せになろうな』


そう言って左手を差し伸べる。


それに右手を重ねて


「ええ」


ぎゅっとその手を握りしめる。


蓮は今までで1番綺麗な顔で笑っていた。


お互い手を離すまいと握って


最後に笑顔を見せて


端から1歩踏み出して_





私たちは空を翔んだ。

不知火 日輪_・3日前
小説
この写真使いたかった
なんか私が思ってること全部詰め込んだらこうなった←
世界が~うんちゃらかんちゃらあたりです
ちょい暗め?かな?
自殺
飛び降り自殺
暴力
依存
幼なじみ
世界
嫌い
ポエム
独り言
こんな僕を受け入れてくれますか
まだ見ぬ世界の空の色は

人間って結局綺麗事しか
言えなくて___


"死にたい"

"生きて"



"辛い"

"生きてればいいことあるよ"



"もう生きてる意味ないよ"

"あなたに死んで欲しくない"




綺麗事ばっかで嘘固めて
思ってもないこと言ってる自分が好きで
こんなにつまらない世界

誰か消してくれませんか___?

𝕐𝕦𝕦☆*。 低浮上極めたい‪。。・18時間前
病み
死にたい
ポエム
人間
綺麗事
辛い
世界

たとえみんなが私を捨てても

貴方は世界の隅っこで

強く 頑張っている私を

見つけてくれることでしょう

月が昇る空と地に恵みを与える李の木(勉強しなきゃーー!!)・1日前
独り言
世界
強く
生きる

この世界のことを


“平和だ”と宣言した人もいて


“残酷だ”と呟いた人もいた_

彗華✲ 低浮上・2020-06-02
この世界のことを貴方ならどう考えますか
世界
地球
平和
残酷
すいポエ
ポエム

他に5270作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
528486件

ストロベリームーン
2447件

ポエム
302621件

249193件

こんな僕を受け入れてくれますか
3751件

好きな人
123355件

自己紹介
38904件

41376件

好き
133059件

片思い
115565件

辛い
63524件

片想い
135032件

恋愛
102212件

失恋
57643件

大好き
59824件

死にたい
30715件

歌詞
92253件

先生
63881件

友達
40446件

病み
45158件

ありがとう
35406件

すべてのタグ