書くとココロが軽くなる
はじめる

#助けて

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

「青いブレスレット運動」

あなたは知っていますか?


自分の身体を傷付ける人

すなわち自傷行為をする人

また、その周りの人たち

関係なくても、共感できる人たち



がブレスレットを付ける運動



『青いブレスレット運動』

と呼びます


青いブレスレットは
時計でも、ヘアゴムでも
左手首に付けられる青いものを呼びます


青いブレスレットの意味は
“1人じゃない”ということ


自傷行為してる人だって
努力してる

それを支える人がいる

そんな平和な世の中を
俺は願っています


自傷行為の理解者が増えますように_

翔斗・2日前
青いブレスレット運動
独り言
理解者
共感者
いじめ
差別
リスカ
アムカ
od
自傷行為
助けて






もう限界なんです…

気づいてください…
助けてください…

🥕にんじん🥕・1日前
辛い
限界
気づいて
助けて
死にたい
独り言
ポエム
秋の便り

耳を澄まして最初に聴こえる声に
憂鬱な沈黙が壊され笑みが咲くような

通り過ぎてく言葉が時代を歌ってる
幸せな日々を茶化すみたいに。

東海みるく@🥀‬・1日前
秋の便り
毎日
時代
言葉
人生
社会
笑顔
幸せ
友達
学校
学校行きたくない
先生
ポエム
悲しい
不登校
消えたい
怖い
嫌い
病み
助けて
死にたい
LIFE
AAA
歌詞
好きな歌詞
いちごみるく💗

「助けて」


その声は、震えていた

想砂・1日前
病み
助けて
死にたい
苦しい
無理
ポエム
独り言
ごめん
そわの病みポエム

誰一人信じられる人がいない

生まれてこなければよかった

むぎ🥀・22時間前
辛い
死にたい
疲れた
ポエム
独り言
助けて

部活がしんどい。

部活が楽しみで

学校に行ってたのに

部活がなくなった今

学校に行きたくなくなった。

部活が行きたくなくなったよ。

でも、ここで不登校になったら

お母さん。担任。部活の顧問。

みんなに迷惑がかかる。

だから、無理してでも行くんだ。

心臓がたまに痛くなる。

でも、それは

神経痛って言うのだった。

誰にも言いたくない。

原因はストレス。

色々と抱え込みすぎだってさ。

そんなこと言われたって

顧問に裏切られるし、

友達にも裏切られる。

母も帰ってくるの遅いし、

父も居ない。

誰に話せって言うの?

誰に相談しろって言うの?

もうなにもかも

嫌になってくるんだよ。

手でも、そんなの言ったら

みんなに迷惑かかるし

みんなに心配をかける。

もう1人で

抱え込むしかないじゃん。

🐺yura🐺・1日前
独り言
学校
部活
秋の便り
ポエム
助けて
しんどい
贈り物
贈り物お願いします!
贈り物ください

「大丈夫だよ。」

「頼っていいんだよ。」

「傷はつけちゃ駄目だよ。」


もう俺を苦しめるのはやめて下さい

所詮はただの綺麗事。

俺なんて誰からも必要とされてないし、

誰からも愛されてない。

ただただ腕をボロボロにするだけ

俺を誰か止めて下さい__

ぐ り ー ん て ぃ 😍🙄@ 低 浮 上・1日前
ポエム
独り言
病み
病み期
リスカ
助けて
叫び
らてはどりんく
だーくらて

誰かが言ったその言葉は

君を罵り

君を苦しめ

絶望感さえも与えた


だからその言葉を覆すように

君は言った

「そんなの綺麗事だ」と


そうしたら全部

綺麗事は綺麗事で終わったんだ。

想砂・2日前
ポエム
意味不明
病み
綺麗事
死にたい
辛い
悲しい
そわの病みポエム
助けて

私は相談所をしています。

辛かった事、苦しかった事、全部吐いていいですよ。

@すず _ 🌈˙˚(虹ノ橋相談所🌈、一言見て!)・1日前
虹ノ橋相談所🌈
病み
疲れた
助けて
死にたい

理解してもらえないことは

もう充分分かってる。

それなのにどこかで

期待してしまう自分がいる。

「助けて」

いつか気づいてくれる

そう信じてしまう。

ハク・19時間前
不登校
助けて
苦しい
怖い
不安

辛いときに


「助けて」と言える


勇気が欲しい。

おすし🍣・23時間前
ポエム
助けて
疲れた
疲れた

ストレスで抱え込み過ぎて

過呼吸が出たり、

お腹痛くなったり、

頭痛くなったり、

倒れたりするよ。

でも、どうやってこの気持ち

誰に伝えたらいいの?

🐺yura🐺・1日前
独り言
ポエム
助けて
誰か
教えて
贈り物
贈り物お願いします!
贈り物ください

精神病を甘えだと言う方がいらっしゃるそうなので、そうではないんだということをわかって頂けたらと思います。

この投稿は、私が精神病である解離性障害になった理由と、お願いについて書いたものです。

長文ですので、その点はご了承ください。


私は現在専門学生で、来年卒業予定です。

今は特に家庭内トラブルは起きていないのですが
高校時代から続く酷い生活が原因で悪化した精神病と闘っています。

症状に違和感を感じたのは小学生高学年の頃でした。

移動中に、時々『夢の世界』に入っているような感覚になったのです。
突然のことだったので、あまりよく分からず、放置しました。

中学に入り、徐々に『夢の世界』に入る時間が延びたのです。
やっぱり何かがおかしいと思った私は
友達に「気がついたら家に着いてることってない?」と聞きました。
「そういうことなら私もたまにあるけど」と言われたので
それでもまだ私は症状を気にしませんでした。

高校生になり、嫌でも自分の感覚がおかしくなってしまうことに驚きを隠せず
私はとうとう母に「夢の世界に入ってる感覚になるんだけど、これって何か変なのかな」
と聞いたのです。
ですがそれでもハッキリとした答えを得られずに
「脳とか何かの病気じゃないの??」と
素っ気ない返事をされて終わりました。

納得いかない私は、ついに自力で自分の異変について調べるようになりました。
『意識なくなる病気』
『夢の世界に入る病気』
…など沢山検索をかけました。

でも全部知らない病名で、一体自分の症状の正体は何なのかわかりませんでした。


専門学生になってからのことです。
どうしても病名が知りたいと思った私は、諦めずに検索をかけ続けました。その時の必死さを今でも覚えています。
『現実感なくなる病気 精神病』この辺りの言葉で検索したら、やっと自分の症状に合った病名が見つかりました。
正直、長年調べていたものだったので、わかってホッとしたんです。

解離性障害になる原因を調べてみたら、重度のストレスだと書いてありました。
真っ先に私に思い当たる人はなんと、母でした。 


母が原因のため、医療機関に連れていくことは出来ず、自分で貯めたお金でクリニックに行くと
やはり、「解離性障害」だと診断されました。
ショックだったというよりも、やっぱりかという感じでした。

ここまででも充分な長文ですが、ここからが高校時代の私の悲惨な生活の暴露になります。よろしければご覧ください。


高校時代は私は長女ということもあり、搾取子という立場で家政婦扱いされていました。それも、お手伝いとかいうレベルじゃない働きを、母にさせられました。
遠距離通学だったため、5時には毎朝起きて、朝から家のことをやってたんです。

学校に行く前には
・洗濯物洗って干す
・朝食の準備
・掃除機かけ

家に帰ってくると
・洗濯物を取り込んで畳む
・次の日の洗濯をかける
・皆の皿洗い
・弟の弁当の準備
・米をセットする

ここに書いていない家事も
私が母親かというくらい、やらされました。
それも、暴言を浴びながら。

暴言の大まかな内容は
・弟に進学の費用を譲れ
・専門学校には行くな
・長女なんだから○○して当たり前
・家事できなければ社会人になんかなれない
・家にいたって役に立たない
などいっぱいありました。

そんな生活を3年。
さすがに疲れます。

専門学校に入学してからも、色んな理由で退学を脅かされたりして
何度も退学届を貰おうかと職員室前を泣きながら歩いてました。
辛かったです。


話が変わりますが、どうやって今の平和な生活を取り戻せたかというと、
私が「解離性同一障害」という別の精神病になったからです。

解離性障害は色々な症状があるのですが、私の場合は現実感がなくなり、自分が自分であるという感覚が失われ、さらにその時の記憶を消すといったものでした。
でも解離性同一障害は違ったんです。
皆様も聞いたことがあるかと思います。
二重人格や多重人格、ご存知ですか?
「人格」が現れるんです。

自分でも驚きました。
知らぬ間に連絡が送られてたり、一人称が変わったり、
一人の人間なのに、別々のことをし出すんです。


でもその人格たちは、決して悪いことをしたわけではありませんでした。
一人の人間なのにこんな事を言うのは変かもしれませんが、私を助けてくれたんです。

強い人格になった私は、母と話し合いました。
本来の自分なら決して言えないような事も話して、和解できたんです。母が私を酷い扱いしないことを誓ってくれたのと同時に、人格は段々と消えていきました。

もし人格が現れなかったら、私は悲惨な生活のまま、死のうと思っていました。私は精神病に救われたんです。
解離性障害だって、現実逃避の手段として、必要だったんです。

数えきれない日々の暴言を真に受けたり、私がやらなくてもいい家事をしっかりとこなしていたら、
本当に死んでいたかもしれません。
だから今の平和な生活があるのは、ある意味精神病のおかげなんです。



大変長くなってしまいましたが、これが私の精神病になった経緯です。

精神病は甘えではありません。
私のように、何らかのストレスを受けたことで発症してしまうものもあります。
ストレスを与える環境をつくらない社会を私は望んでいます。

私はこのように、オープンに書いたりできますが
一人で悩んでる方もいらっしゃいます。

精神病患者さんのことを、甘えと言うことだけじゃなくて、精神異常者と呼ぶのもやめて欲しいです。

どうか、私たちを苦しめるような言葉を、慎んでいただけないでしょうか?

想砂・1日前
解離性障害
搾取子
毒親
精神病
長女
酷い
辛い
死にたい
助けて
病み
苦しい
長文
願い
そわの願い
解離性同一性障害
理解

痛くて


腕を切って



苦しくて


首をつった

えだまめ-ezu-・1日前
自傷
死にたい
助けて
独り言

同情はもういいからさ
たった一言
『もう頑張らなくていいよ』って

酸漿・21時間前
ポエム
独り言
病み
助けて
助けてください
辛い
苦しい
頑張らなくていい
同情はいらないです
死にたい
消えたい
言ってほしい

その他のポエム

独り言
328861件

ポエム
162300件

166932件

秋の便り
945件

自己紹介
25527件

好き
94423件

好きな人
70787件

恋愛
67925件

片思い
79156件

片想い
95908件

歌詞
69218件

辛い
39543件

大好き
41954件

彼氏
33345件

24993件

失恋
35433件

学校
15200件

死にたい
14616件

病み
30676件

友達
26322件

トーク募集
10928件

すべてみる