はじめる

#感動

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全1465作品・

永遠に続く感動も

永遠に続く喜びも

永遠に続く怒りも

永遠に続く恋も

永遠に続く幸せも

永遠に続く命も

全部ない 。


たとえ失うとわかっていても

今そばにあるものを大切にする。

今自分にできることをする。

失ってから後悔しないように。

失っても取り戻せるのなら取り戻せばいい。

もっと自由になればいい。

もっと素直になればいい。

辛くても苦しくても
決して自分の大切なものを手放さないこと。

これがきっと1番大切なことだから。

響己・3日前
僕が伝えたいこと
永遠
感動
喜び
怒り
幸せ
全部
大切
後悔
後悔しないように
自由
素直
好きな人
彼氏
彼女
友達
辛い
苦しい
恋の沼
独り言
ポエム


❪母からの贈り物❫



笑顔の一日


家族の愛を確かめ合える日



お庭で詰んだ花?


自作のお手伝い券?


カレーを作ってあげた?



その後は


お母さんからの


たっぷりの抱擁が待ってる。




そんな隣の芝生。




一転、私の母の日は


いつも寂しかった。



私の母は


私がこの世に生を受けた、


その日に亡くなったからだ。




それでも


父が寂しそうな顔をするから


母の日には


お母さんありがとうと


手紙も絵も書いたし



少し大きくなってからは


お小遣いを握り締めて


カーネーションを買いに行く。



毎年、欠かしたことはない。



買ってきた真っ赤なカーネーションを


父に渡せば父はびっくりするくらい


見たこともないような笑顔になって


それを仏壇に供えた。




母の生命を奪ったのは


私かもしれない。



そんな気持ちが物心ついた頃から


もうずっと心の中にひっかかっている。






ある日、彼、凌人が日本酒を



口に運びながら私に告げた。



「葵、そろそろ俺たち六年になるな」


「もう、そんなになる?」


「…なあ、結婚しないか」


「私……でいいの?」


「お前しかいないよ」



凌人のプロポーズを快諾してからは


全てがトントン拍子だった。



凌人のご両親への挨拶も滞りなく済ませ


凌人の、私の父へのご挨拶も


ドラマのような展開はなく


それどころか父は声をあげて泣いて


凌人の手を握り締めて「ありがとう」


そう、何度も何度も呟いた。




そして母の仏壇前で


「真紀子ありがとう」


母の名を呼びやっぱり泣いた。




父は涙もろいのだ。




ただ、困ったことに


結婚式の日取りも決まった矢先


私は、凌人の子を妊娠した。




中流階級の彼の両親が


結婚式は子どもが無事に生まれてから


そう言うので、結婚式は延期された。





憧れていたウェディングドレス


少し惜しいことをしたとも思うけれど


お腹の中で赤ちゃんが成長していくと


不思議なことに


それはほんの些細な事に思えた。




食べれるものが限定され


吐き気が強く出る、


つわりすらも愛おしい。




妊娠って、変なの。




おなかが大きくなっていく。


足で力強くお腹を蹴られる。


エコーで見る我が子のおしり。



3Dエコーを見た時には


かわいくて涙すら零れた。



男の人は父親になるのが遅い、


なんて、言うけれど


凌人は毎日のように


仕事帰り、赤ちゃんの


靴下やら帽子やらを買ってきて


「お腹触らせて」


そう言って赤ちゃんがいる、


私のおなかに触れた。



これを幸せといわずに


なんというのだろう。




ふいに思う。



母も私がお腹にいる時


こんな気持ちだったのかな。



温かくて切ない気持ちが


そこには存在していた。







そして、今日



私は出産した。



つい、先程のことだ。




日付は…5月10日。



母の日だった。





凌人は急いで仕事を切り上げて


駆けつけてくれたけれど


思いのほかお産が上手く進んだ為に


立会い出産には間に合わなかった。




「くそぉ、この日のためにビデオカメラ買ったのに!」



ふにゃふにゃと産声をあげる、


女の子の傍で凌人は


とても悔しがっていて


私はくすっと微笑みを漏らした。





その時だ。



ガラガラっと


勢いよく、病室の扉が開く。



「葵!!」



父だった。



父がもはや、号泣して


そこに立っていた。



「お父さん、泣くの早いよ」


私は笑う。



「そんなこと言ったってなぁ……っ」


うっ、うっと


何度も嗚咽を漏らして


父はその場から動かない。



「お父さん、孫の顔見てやって下さい」


凌人が父の背に手を当てて


エスコートしてくれたおかげで


父はようやく私の娘の元にやって来た。



父の大きくて厚いその指先は


こわごわとその小さな手に触れる。




「あああ、可愛いなぁ…」


「でしょ?私の娘だもん。可愛くて当然よ」




すると父は、更に


滝のような涙を流し始め


あまつさえ、大声で号泣した。



「ど、どうしたの、びっくりするから」


私がそう声をひそめると


父は、だって。だって。と


まるで駄々を


こねるこどものように前置いて


こう、言ったのだ。




「葵が生まれた時……まだ意識があった真紀子が、葵を抱いて、今の葵と全く同じ事を言ったもんだから」



今、私、なんて言った?



“でしょ?私の娘だもん、可愛くて当然よ”



父の涙が伝播して


私の目からも大粒の涙が溢れた。




母は


私を可愛いと想ってくれた。



私を一度でも


抱いてくれていた。




「お父……さん」



「…なんだ」



私は父の返事を待ち


ずっと気になっていた事を


吐露した。




「お父さんの大事にしてた、お母さんの生命を奪ったのは……私じゃ、ない?」



「馬鹿なこと言うなよ…あれは仕方がなかったんだ」



「二人は……私を、恨んでない?」



「そんな事、あるもんか。葵は俺と真紀子の可愛い娘なんだから」




父の言葉に


今度は私が号泣した。



娘がびっくりしたように


またふにゃふにゃと泣き出す。



凌人は


父と私と娘の涙の前で


大慌てだった。












「真妃ー」



「あーい、おかあたんっ」



「おじいちゃん来たからお家の中入りなさーい」



「あーーいっ」



凌人と二人、


家のすぐ側の公園から


駆けてくる娘、真妃。



言わずもがな、母の名を拝借した。



今日は5月10日。


真妃、3歳の誕生日。



父はダイニングテーブルの椅子に腰掛けて


真妃の様子をにこにこと眺めている。



「ねえ、お父さん」


「なんだ?」


「私、本当はずっとね、母の日が嫌いだった」


「うん」


父は、麦茶で喉を潤しながら


私の話に耳を傾ける。



「だって、何をプレゼントしてもうちは仏壇だったじゃない?そのあとにお母さんの笑顔がない事や抱き締めてもらえない事がとても寂しかったの」


「そうか」


「でもね」



私は真妃を命懸けで


産んだ時、思ったんだ。






「私、お母さんから大きすぎるくらいの贈り物、もらってたんだね」


「うん?」


父は、熊みたいな顔を


首が捻れるんじゃないか


と思うほどひねった。



「お母さんはあの痛みを越えて、命を懸けて私を…産んでくれた」




母としたい事が山ほどあった。



小さい時から周りの友達が


羨ましくて仕方がなかった。



お母さんと手作りケーキ


お母さんのお手製の手提げ袋


参観日に着飾ったお母さん


母の日の作文の宿題


お母さんの手料理



母の思い出はない。



でも、母は



生命をプレゼントしてくれた。



母は父と一緒に


私の中に血を残し



私が真妃という子を


産む手助けをしてくれた。




「お母さんとやりたかったことは、真妃とするよ」



私が父に笑いかけると



「葵……お前、真紀子に似てきたな」



父は、また目を潤ませた。



「もう!いくら似てるからって、惚れないでよ?」



「俺はいつでも葵が一番大事だよ」



男でひとつ、私を育ててくれた。


寂しい日もあっただろう。


それでも、他の人は見ずに


母だけを愛した父を尊敬してる。




「お父さん」


「ん?」


「いつもありがとう」


せっかく素直に気持ちを伝えたのに



「今日は父の日じゃないぞ?」


父は、照れくさそうにおどけた。

ひとひら☘☽・2020-05-11
幸介
幸介による疲れた人へのメッセージ
幸介による小さな物語
幸介の短編集
母の日
お母さん
お父さん
出産
妊娠
結婚式
独り言
小説
物語
好きな人
贈り物
生命
命懸け
やりたかったこと
ポエム
友達
ふと思うこと
幸せとは
あなたは知らない私の気持ち
ふとした瞬間
感動

私は美しい星空を眺めながら

君のことを考えています。

Hika・2020-05-18
私の本心
君に届け
届け
片想い
片思い
星空
ふとした瞬間
星空に願う
願う
願い
美しい
綺麗
感動
好き
大好き
叶わない恋
叶わない
独り言
ポエム
あなたは知らない私の気持ち
想い
気持ち
好きな人
好きだよ
眺める
君のこと

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に1465作品あります

アプリでもっとみる

すれ違うように

君に会いたい

とんかつ・2020-05-06
感動

鬼滅の刃で泣いたシーン教えてください!!

目から水の呼吸というやつですね💧

とんかつ・2020-05-05
鬼滅の刃
鬼滅の刃好きと繋がりたい
感動

🧡よく食べて

💙よく眠って

💓よく遊んで

💛よく学んで

💗よく喋って

💜よく喧嘩して

🍓ごく普通な毎日を

💓泣けなくても

💙笑えなくても

💜歌えなくても

🧡何もなくても

💗愛せなくても

💛愛されなくても

💙それでも生きてほしい

蒼月 陽葵・2020-05-12
blessing
すとぷり
すとぷりすなー
すとぷりすなーと繋がりたい!
歌詞
大好きな歌詞
最高
大好き
ありがとう
感動
辛い人へ
偉大な言葉
なーくん
ジェルくん
ころちゃん
ころんくん
さとみくん
莉犬くん
るぅとくん

ずっと
怖かったんだ

誰かと強く繋がるのが

___いつも自分が一番大事で

自分以外の誰かを本気に好きになって
傷つくのが

___怖くて

何度もあきらめようと
思ったけど

俺はやっぱり
ケイトの人生から出ていきたくない

上野凜花🤾‍♀️ 21:00まで・2020-05-13
キャットストリート
告白
お気に入り
感動





今、204話見た……
感想・ネタバレ注意⚠
↓↓↓




















とりあえず最初は、いきなり3ヶ月後(?)
になっててびびったけど、
まぁ、理解した。笑

最後の柱合会議、感動したよぉぉぉぉぉぉ泣
義勇さんと実弥さん2人しかいなくて、
御館様が、「柱は、2人だけになってしまったね。」
で泣いた。
それから、
「鬼殺隊は解散する。」
「御意。」
でもっと泣いた。(´;ω;`)

んで、蝶屋敷の場面に移って、
伊之助が、アオイちゃんが作ってる料理つまみ食いするのめっちゃ可愛かったぁぁぁ💓💞
炭治郎とカナヲが桜の下で話してるのも、名シーンだったなぁ……

そんで、禰豆子ちゃんと実弥さんが、話してるシーン…………
実弥さんが禰豆子ちゃんの頭撫でるとこ……
もう……泣いちゃう……

そんでね!1番驚いたのが、炭治郎が、鱗滝さんと義勇さんと禰豆子と話してる時に、炭治郎が
「髪切ったんですね。」
で、え……義勇さんが……( 'ω')ふぁっ!?
ってなって、これは……絵を……絵を描かなければ……!!
ってなった‪w
短髪も似合うってどういうことですか義勇さん、
_(〉´ω`〈 」∠)_バタッ

そんで、みんなで竈門家に行って、ご飯食べたり、お風呂はいってたりするのが、もう、家族みたいで……兄弟みたいで……泣いた……



とうとう、次回は現代まで進みますねぇ、
キメ学時空個人的にめっちゃ好きなんですよね。
次回がめっちゃ楽しみ(*'∇'*)ワクワク

瑠嶺@一言みて( '-' )・2020-05-11
鬼滅の刃
ネタバレ注意
204話
ジャンプ
感動
神回
独り言
義勇さん短髪似合うのやばすぎぃ

偶然同じ時代に生まれた若者よ

生きていて“楽しい”と思えているかい?

テレビでは政治家が責任をなすりつけ

しっぽ巻いて逃げてくこの時代を

偶然同じ時代に生まれた若者よ

明日が不安で眠れなくはないかい?

少年の頃は運動会、修学旅行

ワクワク楽しみで『眠れなかったのに』

腹が痛いほど笑ってないよな

涙が出るほど悔しくはないよな

偶然同じ時代に生まれた若者よ

何か難しく考えすぎちゃいないかい?

四季( * _ _ )z z Z・2020-05-14
好きな歌詞
偶然同じ時代に生まれた若者よ
歌詞
グッとくる
感動
独り言
名言
言葉

自分が自分であることが嫌な日


永遠に消えてしまいたい日


扉をひとつ作ろう

音符🎶💙・2020-05-19
感動
泣く
MagicShop
BTS
歌詞

同じ景色を見たいの

君の傍で

音符🎶💙・2020-05-12
映画
感動
自傷行為
独り言
殺さない彼と死なない彼女

私のおすすめ『恋愛小説』

それぞれの良さをお伝えしながらご紹介します。

* 夜が明けたら、一番に君に会いにいく *

〈主人公〉
丹羽 茜⤑マスク依存症の少女。
深川青磁⤑画家を目指す少年。

青磁のひとつひとつの言葉が胸に刺さりました。
タイトルの意味を知った時は涙が溢れていました。


* 君は月夜に光り輝く *

〈主人公〉
渡良瀨まみず⤑明るく振る舞う彼女が患う病気は〝不治の病・発光病〟
岡田卓也⤑同級生にクラスの寄せ書きを届けるために病院へ向かった。

命のともしびが消えるその瞬間に、まみずが卓也に託した最期の代行体験とは。

私は映画で見たのがきっかけで小説も買いました。
何度見ても感動する素敵な作品です。


良かったら読んで見てください♪

𝑚𝑜ℎ𝑢・2020-05-16
小説
恋愛
感動
悲しい
泣ける
好きな人
大好き
独り言
好き
辛い
映画
恋愛小説

壊れた運命を紡いで〈1〉


指を刺されて
ヒソヒソ小さな笑いを
聞こえないフリした


私のことを可哀想と思う人に
感謝するふりをした


温かさに笑みを貰っても
貴方を思い出してしまう


夢なら早く覚めて
何にも悪いことしてないよ
稽古だって欠かさずしてる


『涙だけは流すな』
貴方の教えに逆らいそうになり
ひたすら夜空見上げた


あれからいくつ
歳を重ねてきただろうか
貴方は今もいない


手合わせをする
夢を何度見ただろうか
到底敵わない…


温もりにつられて微笑む
宿命少しずつ紡ぐ


壊れた運命だと思っていたけれど
少しずつ私にも光が見えた


厳しさに本当の優しさがあると
身をもって知る日々 己の弱さと戦え


譲れないたくさんの絆
刻みすぎた今の私は…


あなたに感謝してる同時に憎いが
失って手に入れた私だけのセカイを
壊れた運命から逃げない強さを
貴方に魅せつけるように生きると誓った

♥️ 南風はあと ♥️・2020-05-02
東方
感動
東方曲
大切な人
誰かに届け
大切
歌詞
壊れた運命を紡いで
東方Project
はーと♥️ちゃんの歌詞集
東方ボーカル

私はお前が生きていない世界で生きていたくない

音符🎶💙・2020-05-12
感動
映画
殺さない彼と死なない彼女

小学6年生の時に、私は親友と仲が悪くなりそのまま離れ離れになりました。その時の担任の先生はすごく優しい良い先生でした。
卒業式の日、最後に先生が教室である話をしました。それは先生が小学生の時の話で、仲の良かった友達とケンカをして離れ離れになり、研修で再会して仲が良くなったという話でした。私はその話を聞いて私のために話してくれてるんだなと思いました。私と先生は同じだったんだ、だから先生はあんなに親身に気にかけてくれてたんだと思いました。
今になって離れ離れになった親友のことを思い出したりもしましたが、最後の小学校での一年間はあの先生で良かったと思いました。

MIKU・2020-05-13
感動
小学校
先生

他に1465作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

こんな僕を受け入れてくれますか
1021件

独り言
523227件

ポエム
299030件

246755件

好きな人
121385件

恋の沼
3744件

自己紹介
38608件

好き
132073件

辛い
62379件

恋愛
101313件

片想い
134124件

嫌い
11947件

片思い
114627件

死にたい
30120件

失恋
56941件

友達
40091件

学校
24206件

大好き
59345件

苦しい
20314件

23043件

40628件

すべてのタグ