はじめる

#母親

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全1208作品・

人 自 死 こ
間 ら た の
だ 命 が 地
け を っ 球
だ 絶 て 上
っ つ   で
た の    
  は瑀瑀瑀瑀

響輝-ヒビキ 10時から見れない・2020-06-23
死にたがり。
慰霊の日
縦文字好きになった。
父の日
ポエム
独り言
人間
虐め
いじめ
リストカット
リスカ
世界
失恋
片想い
片思い
嫉妬
ヤキモチ
一方通行
好きな人
好きだった人
諦めきれなかった人
諦めた人
思い出
想い出
恋愛
友達
友情
裏切り
信用
好き
嫌い
友達どまり
親友
家族
家族関係
母親
父親
お母さん
お父さん
自分
幸せ
笑顔
悲しい
辛い
悔しい
怒り
良心
悪心
ヒーロー
ダークヒーロー
偽善者
ストーリー
人生
生き方
生きる
死ぬ
生死
生きたい
死にたい
貴方
学校
中学生
中学校
LGBT
LGBTQ
あなたに伝わりますように
칠흑(だく)のオススメ

こんな僕でも

誰かに必要とされたくて

365日ずっと

必死だったんだよ。

響輝-ヒビキ 10時から見れない・2020-06-17
365日の想いを。
ポエム
独り言
失恋
片想い
片思い
嫉妬
ヤキモチ
一方通行
好きな人
好きだった人
諦めきれなかった人
諦めた人
思い出
想い出
恋愛
友達
友情
裏切り
信用
好き
嫌い
友達どまり
親友
家族
家族関係
母親
父親
お母さん
お父さん
自分
幸せ
笑顔
悲しい
辛い
悔しい
怒り
良心
悪心
ヒーロー
ダークヒーロー
偽善者
ストーリー
人生
生き方
生きる
死ぬ
生死
生きたい
死にたい
貴方
学校
中学生
中学校
LGBT
LGBTQ
これはきっと雨のせい
칠흑(だく)のオススメ

もしも僕が

明日死んでしまうなら

君は僕のエンドロールを

共に見ていてくれるかい?

響輝-ヒビキ 10時から見れない・2020-06-15
死に際の妄想を。
ポエム
独り言
失恋
片想い
片思い
嫉妬
ヤキモチ
一方通行
好きな人
好きだった人
諦めきれなかった人
諦めた人
思い出
想い出
恋愛
友達
友情
裏切り
信用
好き
嫌い
友達どまり
親友
家族
家族関係
母親
父親
お母さん
お父さん
自分
幸せ
笑顔
悲しい
辛い
悔しい
怒り
良心
悪心
ヒーロー
ダークヒーロー
偽善者
ストーリー
人生
生き方
生きる
死ぬ
生死
生きたい
死にたい
貴方
学校
中学生
中学校
LGBT
LGBTQ
それだけでいい
これはきっと雨のせい
칠흑(だく)のオススメ

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に1208作品あります

アプリでもっとみる

消えたい想いも

泣きたい願いも押し殺して

全て嘘と偽りだと逸らし

誤魔化したが夜は明けぬー。

響輝-ヒビキ 10時から見れない・2020-06-28
誤魔化。
ポエム
独り言
失恋
片想い
片思い
嫉妬
ヤキモチ
一方通行
好きな人
好きだった人
諦めきれなかった人
諦めた人
思い出
想い出
恋愛
友達
友情
裏切り
信用
好き
嫌い
友達どまり
親友
家族
家族関係
母親
父親
お母さん
お父さん
自分
幸せ
笑顔
悲しい
辛い
悔しい
怒り
良心
悪心
ヒーロー
ダークヒーロー
偽善者
ストーリー
人生
生き方
生きる
死ぬ
生死
生きたい
死にたい
貴方
学校
中学生
中学校
LGBT
LGBTQ
あなたに伝わりますように
愛するということ
칠흑(だく)のオススメ

僕 そ 幸  ﹁  僕 不 幸
は ん せ  当  等 幸 せ
成 な だ  た  に だ だ
り 人 と  り  と と と
た に 言  前  っ か か
い   え  ﹂  て    
る  を  の

響輝-ヒビキ 10時から見れない・2020-06-21
僕の理想論を。
ポエム
独り言
失恋
片想い
片思い
嫉妬
ヤキモチ
一方通行
好きな人
好きだった人
諦めきれなかった人
諦めた人
思い出
想い出
恋愛
友達
友情
裏切り
信用
好き
嫌い
友達どまり
親友
家族
家族関係
母親
父親
お母さん
お父さん
自分
幸せ
笑顔
悲しい
辛い
悔しい
良心
悪心
ヒーロー
偽善者
ストーリー
人生
生き方
生きる
死ぬ
生死
生きたい
死にたい
貴方
学校
中学生
中学校
LGBT
LGBTQ
これはきっと雨のせい
私の父
あなたに伝わりますように
칠흑(だく)のオススメ

僕が"間違い"で

君が"大正解"なら

僕はこの世界から

消えてみせるからー。

響輝-ヒビキ 10時から見れない・2020-06-19
間違いと大正解を。
ポエム
独り言
失恋
片想い
片思い
嫉妬
ヤキモチ
一方通行
好きな人
好きだった人
諦めきれなかった人
諦めた人
思い出
想い出
恋愛
友達
友情
裏切り
信用
好き
嫌い
友達どまり
親友
家族
家族関係
母親
父親
お母さん
お父さん
自分
幸せ
笑顔
悲しい
辛い
悔しい
怒り
良心
悪心
ヒーロー
ダークヒーロー
偽善者
ストーリー
人生
生き方
生きる
死ぬ
生死
生きたい
死にたい
貴方
学校
中学生
中学校
LGBT
LGBTQ
間違い
大正解
これはきっと雨のせい
칠흑(だく)のオススメ

「もういいかい」
       『まぁだだよ』

探しくたびれた君は

どこか遠くに行ってしまって。

響輝-ヒビキ 10時から見れない・2020-06-20
かくれんぼ
語彙力探知隊
伝えたい事が解らん←
ポエム
独り言
失恋
片想い
片思い
嫉妬
ヤキモチ
一方通行
好きな人
好きだった人
諦めきれなかった人
諦めた人
思い出
想い出
恋愛
友達
友情
裏切り
信用
好き
嫌い
友達どまり
親友
家族
家族関係
母親
父親
お母さん
お父さん
自分
幸せ
笑顔
悲しい
辛い
悔しい
怒り
良心
悪心
ヒーロー
ダークヒーロー
偽善者
ストーリー
人生
生き方
生きる
死ぬ
生死
生きたい
死にたい
貴方
学校
中学生
中学校
LGBT
LGBTQ
これはきっと雨のせい
칠흑(だく)のオススメ

手伝おうとしたら

「手出さないで。」

手伝わなかったら

「ほんと何もしねぇな。」


どっちなんですか。

琇 樹・2020-06-07
独り言
ポエム
母親
面倒くさ
なんなん
こんな僕を受け入れてくれますか
失敗作な僕等
(
好きな人
)
𓆈𓈒𓏸
ver.

太陽の様に眩しくて

月の様に魅力のある君に

届けたい言葉は

たったの2文字でー。

蓮斗。(元)칠흑(だく)・2020-06-12
太陽と月と君。
ポエム
独り言
失恋
片想い
片思い
嫉妬
ヤキモチ
一方通行
好きな人
好きだった人
諦めきれなかった人
諦めた人
思い出
想い出
恋愛
友達
友情
裏切り
信用
好き
嫌い
友達どまり
親友
家族
家族関係
母親
父親
お母さん
お父さん
自分
幸せ
笑顔
悲しい
辛い
悔しい
怒り
良心
悪心
ヒーロー
ダークヒーロー
偽善者
ストーリー
人生
生き方
生きる
死ぬ
生死
生きたい
死にたい
貴方
学校
中学生
中学校
LGBT
LGBTQ
それだけでいい
칠흑(だく)のオススメ
理想の恋人

僕が間違いだったんですか

世界が間違っていたんですか

死にたいの答えに辿り着くことを

僕等は許されないのですかー?

響輝-ヒビキ 10時から見れない・2020-06-24
本当の間違いを。
ポエム
独り言
失恋
片想い
片思い
嫉妬
ヤキモチ
一方通行
好きな人
好きだった人
諦めきれなかった人
諦めた人
思い出
想い出
恋愛
友達
友情
裏切り
信用
好き
嫌い
友達どまり
親友
家族
家族関係
母親
父親
お母さん
お父さん
自分
幸せ
笑顔
悲しい
辛い
悔しい
怒り
良心
悪心
ヒーロー
ダークヒーロー
偽善者
ストーリー
人生
生き方
生きる
死ぬ
生死
生きたい
死にたい
貴方
学校
中学生
中学校
LGBT
LGBTQ
あなたに伝わりますように
칠흑(だく)のオススメ






そして君は
   毒を飲んだー。












特に目まぐるしい訳でも無い

在り来りな日々の中

あの日,僕はこの教室で。



「ー悪くは無いな、」


返されたテスト用紙。

点数枠の中には

3桁揃っている。



「え、また100点!?
   やっぱり私,頭変なのかなぁ」


そう言って君は

後ろの席に笑いながら座る。

すれ違いざま見えた点数は



「32点……」


「わわっ、口に出さないでよっ」


「3日かけてここ教えたよな。」


「そうだよ…あはは、、、
       笑えないねぇ。」


「笑えるとかじゃねぇよ,
        なんだよコレ」

そう言って指を指した先は



「"猿も木から柿を投げる"?!
      小学生の問題だぞ…」


「だってほら,猿蟹合戦の事かなって、」

僕&先生
「違うからね!!!」


一応もう一度言っておくが

僕はここに"3日かけた"。



「どうなってんだよ……」



「で、でもね。昨日返された
     歴史のテストは…ほら!!!」


そう言って93点の用紙を

とても誇らしげに見せた。



「へぇ…まぁ僕が上だけど。」



「全教科満点だなんてずるいよ…」


こんな当たり前な日々を

"当たり前"と呼べる日は

そう多くないという前兆に

僕は気付けなかった。




「ねぇ,××。
  あの世ってあるのかな」

ー帰り道。

あまりにも唐突過ぎた質問。

僕は迷わず答えた、



「ある訳ないだろ。
   死んだらそれっきりだ」



「そっかぁ。でもね私はあると思うな」



「……」



「なんか空気悪くなっちゃったね
          ……あはは、」


「お前,大丈夫か?」



「ー私は大丈夫だよ?」



「お前そんな事言うやつだったか?」



「やだなぁ,××。
   これでも私だって高校生だよ?」


「それなら良いが……」



「ビックリしちゃったよー、
       ……また明日ね」


そう言って君は僕の手を強く握った。




「…ふぅ。そんなに顔に出てたかな,」

私は帰らなかった。

代わりに学校の最上階。

カーディガンを脱ぐと

下からは青紫色が顔を覗く。


(汚いなぁ……)


靴を脱ぐと

靴下には

赤色が染み込んでいる、


(また,気付けなかった)


カバンの中を整理した。

切り裂かれた教科書は

墨汁が塗りたくられていた。



ー光が強くなってきた。

陽の光が海に融け始め

夜が姿を見せ始める。



「大丈夫。怖くないよー。」


心が小さく騒ぎ出す。

そして私は策を超えた。

大丈夫。××から勝手だけど

勇気だけ貰ってきた。

助けての声は

音をたてず空気に溶ける。


「それじゃあ散歩に行ってくるね、」


そう言って1歩を踏み出したー。



「私は大丈夫だからー、」


視界の端に驚いた顔をした

君の顔が映りこんだ事に

気付いたのは,意識が途切れる

直前だった。






























ドク         
大丈夫を呑みすぎた君は
  この世界から欠けてしまった



































      sos
君の形の無い声に
    もしも気付けていたら






































僕は君を救えただろうか、





























後ろの席の花は
今日も花弁を1つ落とした。

































歴史は繰り返す。
   悲劇も勿論訪れる。


































こんな世界で
   優しい嘘を付いた君を







































僕は今日も忘れない。





響輝-ヒビキ 10時から見れない・2020-06-21
大丈夫のその裏側に、
短編小説
イキリです
ちょっと誰か語彙力貸して←
語彙力探知隊
一方通行
思い出
想い出
友達
友情
裏切り
虐め
いじめ
信用
好き
嫌い
友達どまり
親友
家族
家族関係
母親
父親
お母さん
お父さん
自分
幸せ
笑顔
悲しい
辛い
悔しい
怒り
良心
悪心
ヒーロー
偽善者
ストーリー
人生
生き方
生きる
死ぬ
生死
生きたい
死にたい
貴方
学校

"君は散った。"


















僕の村では毎年恒例の

「桜競い祭り」と呼ばれる

伝統的な祭りがあった。

それは"あの日"も例外ではなく

僕は毎年行っていたそれに

行く事になっていた。


〔 10年前ー。〕


「姉ちゃん,来年は桜競い祭り
   姉ちゃんが出るんでしょ?」

姉ちゃん
「…… 
   そうだねぇ。」


桜競い祭りに出る事は

とても誇らしく

名誉な事であると

言われていたのに

どうして姉は寂しげな顔を

しているのだろうか。

桜のように美しくて

「桜舞」と呼ばれる

伝統の舞が得意で

村1番に美しくなければ

この枠には絶対に選ばれない。

弟の僕は何時だって

姉ちゃんが毎日毎日

一生懸命練習していたのを

飽きずに見れるほど

美しく舞える人なのだ。


姉ちゃん
「残り1年ね。頑張らないとー。」


「うん,姉ちゃん,頑張ってね!」


そして姉ちゃんの練習は

更に激しさを増した。

美しくも儚げに

踊る際の目はまるで

宝石の様だった。

夏も秋も冬も。

姉ちゃんはもうすぐ

高校生なのに

勉強をあまりせず

毎日舞っていた。



「姉ちゃん,受験は大丈夫なの?」

幼いながら僕は

父と母に「受験」については

教わっていた。


姉ちゃん
「そうだねぇ…姉ちゃんは
      頭良いから大丈夫よ」


そう言って微笑んだ姉ちゃんは

寂しげな目でどこか遠くを

見ていたような気がした。







ーそして1年が経った。


当時僕は5歳を

姉ちゃんは16歳を迎える

年だった。

この年の花も

毎年の様に美しく

咲き誇る花達は

陽の光に照らされて

眩しそうだった。


その日の夜,眠る前の事だった、



「桜競い祭り,明日だね、」


姉ちゃん
「そうだね。…あのさ,」


「なぁに?姉ちゃん。」

姉ちゃん
「姉ちゃんは愛しているよ。
      大好きだからねー。」


そう言って泣きながら姉ちゃんは

布団の中で眠りについた。

ー。今日の夕飯は

少し豪華だった事に

全く気付いていなかった

僕は愚か者だった。


朝が来た。

桜競い祭りが今年も行われる。

朝,昼は僕は友達と遊び

夜は姉ちゃんの舞を見に行く

予定だったんだ。

昼までは問題なかったのに。


ー夜。


「姉ちゃん!」

姉ちゃん
「来てくれたんだね…
    …だけどお家に帰りなさい。」


「嫌だよ,姉ちゃんは
    今日の為に頑張ってたでしょ!」

姉ちゃん
「そうなんだけど……
   気持ちは貰うから帰りなさい。」


「そっか。ごめんね、姉ちゃん……」

姉ちゃん
「ねぇ。大好きだよー。
   途中で挫けても諦めないでね。」

いきなりどうしたのだ。

いつも優しい姉だが

こんな事を口にはする人じゃ無かった。

変だ。姉ちゃんは昨日から。


姉ちゃん
「忘れないでね。またね。」


そう言って、姉ちゃんとは

別れたんだ。

でも僕はどうしても見たくて

遠くから見てたんだ。

双眼鏡を使って

こっそり,見つからない様に、


「あ、姉ちゃんだ、」

姉ちゃんは衣装を着て

開花前の樹齢が凄そうな

桜の木の前に立った。

そして次の瞬間だったー。




"刀で首を落とされたのだ"




血しぶきが桜の幹にかかり。

衣装をは赤黒く染まった。

そこからが更に

凄かったのだ。

なんと、桜の幹が

姉ちゃんの胴体と

生首を根っこで

包むようにして

地面に引きずり込んだ。



「……姉ちゃん?」


何が起きたか判らなかった。

地面に溺れるように

沈んでゆく姉を

僕はただ,眺めるしか無かった。

その30秒後の事だった。

開花前の桜の蕾は

見事に花を開いた。

とても美しかった。

姉の様だった。

今更気付いたって遅かった。

姉ちゃんの血や肉が

桜の栄養となっていたのだ。


……嗚呼。

遅かったなぁ。

あの時姉がクラスで

2番目に頭が悪かった事

あの時姉ちゃんが

放った言葉。

気付けていたら……。


そして最も大きい桜が花開き,

数える間もなく

とても美しく

雨より静かに

虹よりも鮮やかに

風よりもしなやかに




"君は散った。"






響輝-ヒビキ 10時から見れない・2020-06-20
君は散った。
短編小説
意味不明
語彙力ヤバい。
独り言
一方通行
思い出
想い出
裏切り
好き
嫌い
親友
家族
家族関係
母親
父親
お母さん
お父さん
自分
幸せ
笑顔
悲しい
辛い
悔しい
怒り
良心
悪心
ヒーロー
偽善者
ストーリー
人生
生き方
生きる
死ぬ
生死
生きたい
死にたい
貴方
学校
中学生
中学校
LGBT
LGBTQ

選択に付随する「責任」も

行動と手を繋ぐ「義務」も

人によって違う「価値観」も

全部否定して、放棄して

なんのために「大人」になったんだよ

ただ歳を食ったのかい?

fool・2020-06-25
家族
母親
父親
先生
独り言
ポエム
病み
大人
死にたい
消えたい
辛い
苦しい

俺は『モノ』

俺は要らない『モノ』

それならいっそ

生まれてこなきゃよかった

水無月 素晴 みなつき すばる @低浮上気味・2020-06-26
モノ
要らない
母親
気持ち悪い
吐き気
頭痛
嫌い
生まれてこなければよかった
死にたい
消えたい
こんな自分
要らない

あなたが笑う度に

生きづらくなっていくんです

言鈴・2020-06-08
母親
独り言
死にたい
自傷
アムカ
こんな僕を受け入れてくれますか
それだけでいい

他に1208作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
547441件

ポエム
315065件

愛するということ
2269件

258582件

好きな人
130926件

辛い
67917件

片想い
139207件

自己紹介
39975件

好き
137078件

片思い
119066件

恋愛
105517件

失恋
59825件

43581件

先生
66171件

死にたい
32848件

大好き
61599件

ありがとう
36538件

トーク募集
22112件

SnowMan
8082件

24930件

学校
25828件

すべてのタグ