はじめる

#生きる

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全9254作品・



「お前…男、知ってんの?」


「…知ってます」


「ガーキ、うそつけ」


「…馬鹿にしないで」


「へぇ……じゃあ、今夜俺とどうだ?」



首筋を撫でる冷たい指先。



重低音のような声に


カーテンの隙間から


漏れるネオンの光をうつす瞳


不敵に笑む唇が近付く……


どうしよう。


世名から目が離せない。



死にかけの心臓が


壊れそうだった。



【Looking for Myself分岐にゃん編~生まれ変わったなら~第三話】




やがて世名は吸い込まれるように


一軒のアパートへと足を踏み入れた。



ジジ、ジジジッと


古くなった蛍光灯が点滅する。



換気口から伸びる黒ずみ。


外壁にはいくつも


小さなひびが入っている。


備え付けの郵便ポストには


鍵なんてついていない。


これじゃ個人情報も


何も無いだろうに。




世名は私を気遣うことも無く


4階まで1段飛ばしで


階段を登っていく。




「ちょ、早…っ」


私が泣き言を言えば


「死ぬ気だったんだろ、死んだ気でついてこい」


と、揚げ足をとられた。



そう言われると悔しくて


体の底から力が湧いてくる気がした。







きぃ、と


重たい鉄の扉を開く。


彼は靴を乱雑に脱ぎ捨て


サイドボードに鍵を置いた。



「靴なんか履きっぱなしでもいいんだけどな」



諦めたような笑みをもらして


彼は部屋の奥へと入っていく。




形だけ靴を揃えると


私も彼に続いた。



何もないフローリングの部屋。


その一角に新聞がうずたかく


積み上げられている景色は異様だった。



背の低いガラステーブルの上には


注射器、バケツに、チューブ、カミソリ…


物騒なものばかり


ごろごろと転がっている。


その至るところには


血液が付着していた。




「黒須…さん」


「世名でいいよ」


「世名…さん」


「世名」


年上の男性を


呼び捨てで呼ぶなんて


生まれて初めての経験だ。



だけど、要求された通り


呼ばなければずっと


このやりとりが続くだろう。


「……世名」


「何?」


「本気で…死にたいの?」


「……生きる理由もねえからな」


「…どうして?」



「うるせぇな…なんだよ、さっきまで死のうとしてた奴が詮索かよ」


世名は自嘲に近い笑みを漏らして


「拭けよ」


話をすり替えるように


おろしたてのタオルを放る。



なんとか掴みとると、


世名は大袈裟に手を叩いてみせた。




そんな彼に促され、私は


物騒なテーブルの側に座った。



やがて世名は


コーヒーカップを持って


私の隣へと腰をおろす。



「コーヒーでいいか」


「……はい」


「砂糖とかミルクとか気の利いたもんねえけど」


「ブラックで…大丈夫です」


「へえ、大人じゃん」



その時…


はじめて世名の柔らかい微笑みを見た。


褒められたわけでもないだろうに…


私の心臓は高鳴る。



馬鹿みたい。



私は世名から


手渡された珈琲に口をつけた。




「う、濃っ」


苦くて重いその珈琲を


世名は一気に飲み干して


「そうか?やっぱガキだな」


そう飄々と笑った。




「ガキじゃなくても…こんなの呑んでたら体壊すと思います…」


白いコーヒーカップを回すと


コールタールの様に黒い跡がついた。


こんなもの、いくら死にたくったって


日常的に飲みたくはない。


そんな事を思う私を世名は


鼻で笑った。



「珈琲粉、致死量は入れてねえよ」


「致死量って……やったことあるんですか」


「…中毒で終わったけどな」



机の上に転がる、


恐らく自殺用の器具。


そこに付着する世名の血液を見ていると


やけに胸がざわついた。


まるで、自分を見ているようだった。



「世名……あのね」


「ん?」


「私の部屋にも、あります…よ」


「なあにが」


世名は後ろのソファに肘をつき


更に頬杖をつくと


薄ら笑いながら私の話に


耳を傾けた。




「……死にたくて」


「おう」


「集めたカッターとかロープ…あとね少し前にネッ友と煉炭で自殺未遂して……」


「へぇ」


興味なさげに聞くのかと思いきや


世名は私の目をじっと見つめて


話に聴き入る。



世名のその姿勢に、驚いた。





「…世名は」


「あ?」


「やめろとか、言わないの?」


「言って欲しいのか?」



思わず尋ねた言葉に


きょとんとした世名の声がかかると


私は我に返り首を横に振る。


「違うの、ただ……半年以上前になるけどネットで死にたいって呟いた時に、沢山沢山励ましてもらったんです」


「へぇ」


「生きて、私がいるよ、死なないで、悲しいよって、全く知らない人からまでそんな激励を受けた」


「おう」


低い声。


息を継ぐ度に返される相槌に


ふと涙が、込み上げた。




「私は……否定されたかったわけじゃないんです」



一度、堰を切った想いは


滔々と溢れ流れる。



「生きてとか、死ぬなとかそんなんじゃなくて、私を、私っていう人間を、死にたいと思ってる私を…」







認めてほしかっただけ。





最後はもう、言葉にならなかった。



ありがとう、


本当にありがとう


わかった


死なないよ


少し元気出たよ



物分りのいい振りをしたけれど


心の中は、納得なんてしていなかった。


死にたくなって


吐き出して


励まされて思い留まって


また死にたくなって


まるで綱渡り。




世名が低い声を響かせて


短い相槌を打つことに


こんなにも心が震えた。




私がずっと欲していたのは、


世名のような理解者かもしれない。




世名は泣きじゃくる私を



片腕で彼の胸元へ引き寄せた。



抱き締めるわけでもなく


身動きひとつなく


貸された胸…。




とっ、とっ、とっ、


ゆっくりと打たれる規則的な心音。



「世名……生きてるね」


「……あ?」


「心臓の音……落ち着く」


「あー、そうかよ、よかったな」


「……うん」




世名がどうして


死にたいのかなんて


わからない。



わかるわけがない。



でも、この音は


何故だかとても愛しく聴こえて


守りたい、なんて思えた。



変なの。



私、泣きながら微笑んでる…。




どのくらいそうして


泣かせてもらっていたのだろう。



ふいに世名が私の耳元に囁いた。



「お前…男、知ってんの?」


「男…?」


「経験あんのかってこと」


「なっ…」


唐突過ぎる問いかけに


身体が震えた。


「あ…し、知ってる、知ってます」



何故だか……


こんな所でこどもと


思われたくなかった私は


赤面しながら声を張り上げた。



すると、世名は含み笑って


静かに告げた。



「ガーキ、嘘つけ」


「ば、馬鹿にしないで」


もう後には引けない。


私は心地いい世名の胸に


ぴったりと寄せていた顔を離し


彼を見つめた。



「へぇ…」


鋭い彼の眼光が私を射抜く。


上手く、息が出来ない。


さっき、川の中で


死にかけた時より


苦しいかも、しれない。




「じゃあ、今夜俺とどうだ?」



首筋を撫でる冷たい指先。



重低音のような声に


カーテンの隙間から


漏れるネオンの光をうつす瞳


不敵に笑む唇が近付く……


どうしよう。


世名から目が離せない。



死にかけの心臓が


壊れそうだった。




「な、なに……?」



苦し紛れに絞り出した言葉に


世名はやがて



こう告げたのだった。

ひとひら☘☽・1日前
幸介
幸介による小さな物語
LookingforMyself
LookingforMyself~分岐にゃん編
自殺
自殺未遂
独り言
経験
心音
守りたい
ときめき
ポエム
赤面
綱渡り
ネッ友
リスカ
いじめ
死にたい人へ
死にたい
珈琲
中毒
生きる理由
生きる
生きる理由のない男
生まれ変わりたい
小説
人生
君と見たい景色
友達
好きな人
物語

君がこの世界で生きてるから

私もこの醜い世界でも

生きてもいいと思ったんだ

翼・2日前
君へ
君を忘れるその日まで
独り言
ポエム
生きる
世界
好き
片想い
叶わない恋
好きな人

そんなに死したいか

ならば生きよ

己の手で己をあやめずとも
生き長らえば必ずや

その身には
死がやって来るのだから。

ひとひら☘☽・2日前
genji
genji流生き方
生きる
独り言
ポエム

君を忘れることは

きっと、

この世界で生きることより難しい____

翼・2日前
独り言
ポエム
忘れる
生きる
君へ
君を忘れるその日まで
好き
片想い
叶わない恋
好きな人
人生

どう足掻いたって

俺は俺なりに生きていくしかないから

下ばっか向いてたら勿体ない

雫石_千颯⟼。・3日前
独り言
ポエム
自分に言い聞かせる
まあ
結局
綺麗事
だけど
自分らしく
生きて
いく
足掻く
もったいない
生きる
君と見たい景色

何もなかったことにはできないよ、

あーるさん・22時間前
こころの日記
未来の恋の行方
生きたい
友情
好きな人
辛い
幸せ
好き
遠い
友達
親友
大切な人
独り言
当たり前
幸せ
生きる
孤独
最後
毎日
学校
ポエム
君に会えたから
あの時伝えたかったこと
叶わない恋

自分らしく
生きている
君は
美しい

碧・1日前
ポエム
碧のポエム
独り言
自分
らしさ
生きる
美しい

今日も、一人死にました
今日も、また一人増えました

僕が死んでも、新たな命の
誕生がある、だから困る人だ
って誰もいないんだ

そんな事考えててもやっぱり
僕は“死にたくない”そう
思ってしまうんだ

どるふぃん・3日前
生きる
死にたいあなたへ

死は避けられない。
また、同じように生きることも
避けることはできない。

響己・22時間前
ポエム
生きる
避ける

生きるということ。
それは死ぬまで自分の可能性を諦めないで、
与えられた才能を最大限まで育て
大輪の花を咲かせること。

僕はそう思う。

響己・22時間前
生きる
死ぬ
諦めない
才能

私、夢諦めないことにした。

どれだけ時間がかかっても叶える。

約束したから。

林檎・1日前
叶える
宣言
頑張る
生きる
マイペース
人と比べない
独り言
医師
自分らしく
約束

も う す ぐ 春 だ ね

さ く ら は 咲 く か な

君 の 笑 顔 思 い 浮 か べ た ら

な ぜ か な 泣 け て き た よ

𝒯 = ♡ = ℳ LDHらぶ 🏀 *°・3日前
生きる
いきものがかり3*°
歌詞どん!

泣くことは弱い事じゃない

あなたの心を守るためのもの

あなたの気持ちを整理するもの

あなたが自分自身を保つためのもの

あなたが前に進むためのもの


だからどうか我慢しないで

そらいろ・2日前
泣きたい
死にたい
辛い
怖い
苦しい
助けて
いじめ
虐待
DV
弱い
ストレス
相談
プレッシャー
受験
人生
生きる
伝えたい

私はこの花のように
1人でも強く生きていけるかな

悠龍梛・1日前
生きる
人生
ひとつの花

俺は生きることすら
『罪』だったみたい

綺瀬 稟(サブ垢)テスト期間だす・1日前
生きる
辛い

他に9254作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

学校に行く理由
1280件

独り言
467742件

ポエム
261472件

220924件

好きな人
101742件

自己紹介
34739件

君と見たい景色
3003件

好き
121639件

友達
36039件

片想い
123193件

恋愛
91263件

コロナ
5104件

片思い
104523件

歌詞
85765件

失恋
49529件

トーク募集
18280件

35050件

学校
20865件

大好き
54771件

辛い
54746件

先生
59379件

すべてのタグ