はじめる

#アイビー

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全24作品・

ねぇ神様、

私月曜日誕生日なんです

今年 親も離婚して友達も減って

不登校にもなってもっと嫌われて

色々辛い事ありました

だからせめて

あの人とまた仲良くなって

また遊園地行ったりしたいです

お願いします、神様

nano・2018-12-02
神様にお願い
誕生日
スターチス
アイビー
独り言

おしゃべりな私とあなた

こんな私とあなたが釣り合っているのか心配で
自分に自信がなくて

あなたに相応しくなろうと背伸びするけど
君は私がいいって言ってくれるから

私凄く安心なんだ

ねぇ、君にアイビーを送るよ


アイビーの花言葉

「死んでも離れない」

✞リリス🔪✨💔好き連×彼氏とSans&宿儺好き✟・2020-03-14
花言葉
アイビー
独り言

君にアイビーを贈ろう

この花と共に
君への永遠の愛を誓おう_。

藍花・2020-08-27
花言葉
アイビー
永遠の愛
好きな人
片想い

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に24作品あります

アプリでもっとみる

- 花言葉 -
恋愛編⸜🌷︎⸝‍


【アイビー】
⇒永遠の愛。


【キク】
⇒あなたを愛しています。((赤色
・黄色いキク
破れた恋。


【アンスリウム】
⇒恋にもだえる心。


【アザレア】
⇒恋の喜び。
・白いアザレア
あなたに愛されて幸せです。


【アネモネ】
⇒君を愛している。
アネモネ全般>>はかない恋。恋の苦しみ。
・紫のアネモネ
あなたを信じて待っています。


【四つ葉のクローバー】
⇒私のものになってください。
・白クローバー(シロツメクサ)
私を思って。幸運。


【チューリップ】
⇒愛の告白。((赤色
・ピンクのチューリップ
誠実な愛。
・紫のチューリップ
不滅な愛。


【ハナミズキ】
⇒私を思い続けてください。


【フジ】
⇒決して離れない。恋に酔う。


【ヒヤシンス】
⇒嫉妬。((赤色
・白いヒヤシンス
控えめな愛。心静かな愛。
・青いヒヤシンス
変わらぬ愛。
・黄色いヒヤシンス
あなたとなら幸せ。勝負。
・紫のヒヤシンス
初恋のひたむき。悲しみ。


【ポピー】
⇒恋の予感。思いやり。

ʚはなちゃɞ・2021-01-19
花言葉
恋愛編
アイビー
キク
アンスリウム
アザレア
アネモネ
四つ葉のクローバー
チューリップ
ハナミズキ
フジ
ヒヤシンス
ポピー

“私、アイビーが好きなのよ”

-呪い-
死にゆく私から最期の贈り物


きっと彼はそれを見る度に

思い出してくれるはずだから



アイビーの花言葉
『永遠の愛』

そして__









“死んでも離さない”

紅羽・2022-05-11
きっとこれが最後だから
アイビー
花言葉
愛してる
離別

(少しホラーかもしれないです…)





「これからも一緒にいようね」

付き合いたてのときはそんな言葉を言い合ってた。

でも、今は「逃げちゃだめだからね」

そんな言葉に変わって…

外にも出してくれなくなった。


付き合って3年の記念日。


あなたが私に笑顔で渡した花束の花は

すべて……












アイビーだった。
















アイビーの花言葉は













『"死んでも離れない"』

하운(ハウン)・2021-07-25
ホラー(多分)
アイビー

素肌のままで 口付けて


濡れた瞳で見つめたら


名前を呼んだら


独り占めしたくなるでしょ?

のあ・2022-07-03
アイビー
騎士A
歌詞
歌詞の一部
好き
推し

アイビー


「永遠の愛」「結婚」「友情」
「不滅」「誠実」


別名 ヘデラ、セイヨウキヅタ

科名 ウコギ科

花美さん・2021-08-08
花言葉
アイビー
永遠
結婚
友情
不滅
誠実

「アイビー」 花言葉

「永遠の愛」

「友情」

「不滅」

「死んでも離れない。」

偲・2021-12-22
アイビー
花言葉。。

あいびー

ワルツ・2018-09-01
ツタ
アイビー

やばい、、、、

そまちゃソロのアイビー最高すぎる_(-ω-`_)⌒)_

好きな曲を好きな人がソロで歌ってるだけで最高。

死( ≖_≖​)神 不定期投稿期間・2022-08-10
そうま
アイビー

梅雨の頃。
学校の玄関に入って右に曲がって
そのまま歩いて2階へ向かう階段の
隣にカウセリングがある

『花のカウンセラー』

二輪「朝顔」

相談を乗ってくれる先生は
花 と言う。

ガラッ

愛華「花先生」

花「はい。おはようございます」

愛華「私、朝顔 愛華と言います。アイビーと呼んでください」

花「初めまして、カウンセラーの 花と申します。花先生と呼んでください」




今回は茶色の髪をツインテールにした女の子が入ってきた。目はパッチリしてて
二重。身長は平均より低い。
157cmの私よりも低い。恐らく155cmなのかもしれない。

この子がどうしたのかしら





愛華「友達のことで…悩んでいるんです」

友情ね。
私は苦手な悩みだわ。
でも人が困っていたら助けないと。

花「では、こちらへ。」

黒いソファに座るよう
呼び出した。

今回はアイビーこと朝顔 愛華が
友情の事で悩んでいる。

それはどういう事で悩んでいるのだろうか







愛華「私、、友達が2人。。。私を含めると3人なんです。奇数なんです!」

あ、奇数。よくあるパターンだ。
3人で奇数で、一人になるパターン。

愛華「私は一人になるっていうわけでもなくて、私はジニアと仲良しなんです」


ジニア…あだ名で本名は 時虹窩 鳳華
(じにあな ほうか)

愛華「ジニアとカンナとアイビー…3人で仲良しだけど、…どうしてかジニアと一緒になって、、カンナと一緒にいる事が少ないんです。」

愛華「私、カンナと話したいのに…カンナが可哀想で見られない。話したいけど…!」






愛華「カンナが話して。とか、ジニアと一緒にいて。とか言われてて。私は話したいよ、、カンナと話したいのに断るの??」


愛華「友達なのにこれじゃまるで
仲間じゃなさそうだよ」





一人にさせてしまう
その罪悪感がある愛華さん。

私が言えるのはこれだけしかない



花「この言葉を知っていますか?

_勇気は一瞬。後悔は一生。」

花「一生だから後悔しないように勇気を出さなくてはいけない。勇気を出せる事は素晴らしい事です。だから、貴方が勇気を出して、一生後悔せず、カンナさんと…ジニアさんと一緒に居られる様なこと願います。」

花「どうやったら話せるのか。
どうやったら振り向いてくれるのか。


一番仲良しである愛華さんが声をかけて欲しいと思いますよ?」

愛華「どうしたらその勇気が出せれるの?」

花「自分で考えてどうしたらいいのか。どうしたらその勇気が出せれるのか。

よく考えてみれば

"答えはそこにありますよ"」





愛華「よく考えるとか…そんなことできない!私はカンナと一緒に居ればそれでいい…」

花「カンナさんの人生は貴方の人生ではありません」

花「カンナさんの人生はカンナさんのものであり、カンナさんのなりたい事はなるよう努力をする。

夢があってその夢を叶えるために友と離れる事もよくあります。」

花「例えばアイドルや上京など」


花「それが嫌だったら今のうちに
勇気を出して声をかけなければなりません」








私は笑顔でこういった。
これだけしか言えなかった。
最も苦手な悩みで…苦手な相談で
ごめんなさい。ごめんね。愛華さん

お役に立てなくてごめんなさい


でもこれだけは分かって欲しい。

花「提案があります、誕生日とかは?」





愛華「あ、、っ」





愛華「カンナの誕生日…もうすぐだ。

カンナと知り合ったのは私じゃない。
ジニアに紹介されて話したのは一度だけだった。これを友達と言えるの??…"友達なのに"じゃない。。"友達になりたい"なんだった…!」



自分で気づいた方が
自分の行動を将来に繋ぐ事もある


だから、それでいいのだ。




愛華「私、カンナの誕生日を祝う。それで友達になろうって言う!」

愛華「そして、ジニアも一緒に。。

手紙も渡して…風船を飾って…えーとえーと確か、、カンナの誕生日って7月5日…もうすぐだ!やばい!喜んでくれるかな。」





カンナさんへのサプライズ作戦に
ワクワクしている姿が
忘れられません。






愛華「ありがとう!花先生。
勇気を与えてくれて!」





そんな、、そんな…
これだけしか言えなかった。

でも

花「お役に立てて良かったです!」





友達と一緒にいれるのって
短くない?そんなに長くはないよね

幼なじみなら長いけど
親となら長いけど

友達は思ったより短い気がする

それは自分の人生であって
人の人生。

だから、短い気がするんだ

自分の夢が友達の夢と同じってのは
少ない。

人それぞれなんだから
バラバラになる事が多い






だから、
今のうちに

自分の行動を将来に繋ぐ。







___











ピンポーン

ジニア「カンナ!こっちにおいで」

カンナ「お邪魔しまーす」

ジニア「どうぞどうぞ!」

カンナ「どうしたの?話があるって…」

ジニア「うん。うちの部屋へおいで」

カンナ「うん。」










ジニアの部屋に私は
部屋を真っ暗にし

真ん中のケーキのろうそくで
明るくして

クラッカーを鳴らす準備。





階段を登る音で分かる。


ドアがスっと開く。。


カンナ「失礼します」

パン!!!!!!!!



クラッカーを引いて
クラッカーの中からピンク…水色…

赤色…オレンジ色…緑色…
それぞれの長い紙が出てきた。
カンナは思ったよりもびっくりしてて

ジニアと笑った。



カンナ「私が誕生日なの忘れてた…」

カンナの忙しさのあまりも
忘れていたらしい。


「カンナさんの人生は貴方の人生ではありません」

この言葉を聞いてハッとした。



カンナ「実は私、犬のトリマーになりたいんだ。だから勉強してて…学校を通うために、、ここを出る。」



ジニア「嘘!どこ行くの?」

カンナ「神奈川。」







カンナには夢があったの知っていたし
ジニアも



ジニア「うちも、、実はファッションデザイナーになりたい。だから私もここを出る。

大阪へ行くの。」






人の夢はそれぞれ だ。

だから友達と居れるのは
短い。




今のうちに仲良くなりたい。

愛華「いいなー!神奈川に行ったり大阪に行ったり…私も行きたいー!夢があっていいねっ

離れるんだね…寂しいな」

カンナ「アイビー…」

愛華「もっと一緒に居たい…

二人じゃなくて三人!」





ここで気づけた。
三人 奇数だから辛い。

けど、

奇数だからいい事もあるんだ。




今までの事もこれからの事も。

愛華「カンナ、、友達になりたい…」

カンナ「え?もう友達じゃ…ないの?」

愛華「…私、、話したの1度だけじゃなかった?」

カンナ「あー。ジニア、私と遊んだ記憶ぶっ飛んでる。信じられんない。

もう、友達だよ。」





カンナ「覚えてる?三人で遊んだとこ。

いつかあの遊園地に遊びに行こうよ!
"三人で!"」







































夢があっていいな。

私の夢はカウンセラー。
人と関わるような仕事がしたい。

花先生のように。








































___








愛華「もしもしー」

ジニア「アイビー!元気にしてる?」

愛華「うん。元気にしてるよ」

ジニア「良かったーカウンセラーだって?」

愛華「うん。大阪はどう?」

ジニア「関西弁がすごいよ笑笑」

愛華「大阪だもんねーなんでやねんとか」

ジニア「そうそう。怒った関西弁はむっちゃ怖いよ。あ。今度の日曜日 休みを取ったから、遊園地に遊びに行かない?…勿論カンナとで!」









































花「愛華先生。」

愛華「花先生!お久しぶりです」

花「愛華先生とカフェなんて初めてですね」

愛華「そうですね。花先生のおかげで今は親友ですよ…」

花「ふふ、実は友情的なの、あれ苦手なんです。私、経験が無いので…」

愛華「そうだったんですか?そうとは見えませんでした!」

花「…ふふふ。愛華先生。カウンセラーはどうですか?」

愛華「楽しいですしとても微笑みます。」

花「ですよね」

愛華「カウンセラーになって良かった!と思ってます」

花「…嬉しいです。カウンセラーになりたいと思ったきっかけが私なんて、嬉しいです」














儚い友情
固い絆 愛情 溢れる喜び
結束 永遠の愛

情熱 永遠

不在の友を思う



夢があっていいですし
神奈川へ行ったり
大阪へ行ったり

愛華さんはカウンセラーになったり
とてもいいですよ。














勇気を出して

自分の行動を将来に繋ぐ人生って
いいですよね



































___

次回予告

陸上部の男子が
悩みを抱えている。

それは部活の事。
悩みの内容とは??

「花先生っ助けて下さい!」

三輪 「菫斗」

毎週日曜日更新予定!
次回7月12日更新予定

___

有栖川 陽晴・2020-07-05
花のカウンセラー
二輪
朝顔
愛華
ジニア
アイビー
カンナ
小説

他に24作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
928533件

流れ星
4351件

自己紹介
79479件

好きな人
286561件

423199件

トーク募集
68477件

ポエム
497130件

恋愛
178501件

願い
21317件

辛い
161568件

片想い
212700件

失恋
98819件

死にたい
84000件

片思い
171917件

好き
189902件

結び目
5020件

彼氏
76005件

苦しい
51730件

先生
102957件

歌詞
117205件

叶わない恋
48391件

すべてのタグ