はじめる

#揺れる

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全92作品・

波に呑まれて君を叫べば

 愛が何かわかる気がして。

藍秘/低浮上・2022-08-06
波に呑まれ愛を知る
揺れる
夏休みにやりたいこと

【Real Me 性別のない人~第十二話 引き裂かれた心】




ざわつくホール内


いつものアットホームな


雰囲気が包んでいた。


性別なんて関係ない。


恐らくまだ俺と同じく


周囲へのカミングアウトが


出来ていないんだろう、


女の子が大股を開いて


大口で笑い実に


男らしい口調で話している。



くっつきあって


飲み物をシェアする女性たち。



男同士の友人に見えるけれど


下方に視線を預けると


その手はしっかりと握られている。



コウコさんが目指す世界は


まだ小さいけれど


俺にとってとても


居心地のいい空間だ。



奈々は…受け入れられるだろうか。


俺が生きていきたい、世界を。



ふと、真横の奈々に視線を落とすと


目を白黒させて


その光景を呆然と眺めていた。



心無しか、


顔色も悪い。




ちくん、と

心に針が打たれた。





バースディパーティという事もあって


ホールの壁にはバルーンアート。


パステルカラーの可愛らしい風船だ。



メンバーから集めた会費で


中央にはオードブルが用意されている。



「想ちゃん、こんにちは」


「うっす、結奈さんこんちは」


「想ちゃん」


「あ、冴島さんこんにちは」



過去5回参加もしていると


顔見知りも増える。


肩を叩き合って


笑い合う仲間も出来た。



カミングアウトは、まだだ。



あくまで俺は


千祐さんの仕事の後輩で


立場上、お手伝い


という事になっている。



それでも


温かく迎えてくれたメンバーには


とてつもない感謝があるし



いつか胸張って言えるようになったら


カミングアウトだって…


そんな気持ちにすらさせてくれた。






「コウコさん、今日の誕生日の人達って、凰介さんとあかねさんと多々良さんでよかったんすよね」


俺はメンバー名簿を見ながら


コウコさんに尋ねる。


コウコさんはうんうんと


相槌を打った後



「あ、違う!あとね」


と、声を上げた。




「え、すんません、まだいました?」



「ううん正式なメンバーじゃないから、そこには書いてないけど千祐も今月末、誕生日なのよ」


「そうなんすか!?」


「うん、プレゼントもあるから想ちゃんから渡してあげてね」


千祐さんの……誕生日。


そういえば俺、知らなかったな。



思いがけない収穫に


自然と口元が綻ぶ。




「うーっす」


その時、


タイミング良く、


千祐さんの声が


耳元に届き


ドキッと心臓が高鳴った。





「おー、やってるやってる」


その声は


コウコさんと俺を見つけて


はしゃぐように近付いてきた。


千祐さんひとりなことに


気付いてコウコさんが声をあげる。



「あれー?紗季は?」


「お前に急遽頼まれた飲み物買ってくる」


「あ、そっか。てか千祐も手伝いなよ」


「誕生月だからパース!」


楽しそうに歯を見せて


笑った千祐さんの視線が


俺の後ろに隠れるように


佇んでいた奈々に向けられた。



「あれ?新人?」


そう聞かれると


おずおずと奈々は


千祐さんの前に


顔を出し、告げた。



「こ……こんにちは」


「こんにちは、想と知り合い?」



あ……やば。


そう思ったけれど


時既に遅しだ。



奈々は形ばかり笑むと


深々と頭を下げ


丁寧に挨拶をした。



「……私、想くんとお付き合いしてます、相原奈々です、よろしくお願いします」


「あ……彼女……」


ほんの一瞬


間が空いた。



小料理屋に連れていってもらった時


彼女の存在を隠した俺の嘘を


千祐さんは悟ったのだろう。



この空気を…


気まずいと思うのは


俺だけだろうか。



「な、なんだよ想ー、彼女いたのかよ!言えよなあ!」


けたけたと笑いながら


大声でそう口にした千祐さんは


ほんの少しだけ、焦っていた。



そりゃあ、そうか。



女いないと思ってたのに


いたら、びっくりだよな。



「言い出せなくて…すんません」


俺がバツ悪く謝ると


千祐さんは大袈裟に


気にするなと顔を扇いだ。



悲しいような…


ほっとしたような…


変な気分を引きずりながら


今日の会の準備を



し始めた俺の服の裾を



やがて、奈々は引っ張った。




「想くん……」


「どうした?」


「具合…悪い」


「大丈夫か?」


「帰りたい……」


やっぱり


刺激……強かったかな…



泣き出しそうな顔で


そう告げる奈々に


俺はひどく動揺した。



「そっ…か」


「途中までで、いいから……送って」



ぎゅっと


握り直された服の裾が


しわを作る。



「いいよ、もちろん」


俺はその手を握って


コウコさんに許可をもらい


奈々とホールを出た。



街路樹の中を


とぼとぼと歩みながら


ずいぶん長いこと


黙り込んでいる奈々に


俺は意を決して聴いた。




「奈々、あの会……どう思った?」


「どうって……」


そう言ったっきり


また長い沈黙が


俺たちの間に流れる。



空に突き抜けるような


街路樹が上空の風に揺られ


ざわざわとしなった。



「……奈々?」


反応が気になって


答えを急くと


奈々は立ち止まり


小さく、呟いた。




「あんなの……おかしいよ」


「……おか、しい?」


「……うん」



奈々の素直な気持ち


そう思いながらも


ショックが隠せない。


平常を装おうとしても


心が言うことを聞かない。



狼狽えた俺を感じたんだろう。


奈々は俺の手を握り締めると


俺を、呼んだ。



「……ねえ、想くん」


「……何?」


「想くんは、違うよね?」



頭が、回らない。


奈々は追い討ちをかけるように


力強く責め立てた。


「女の子になりたいとか、男の人が好きとか……あんな、男の人と手繋いだり、間接キスして喜んだり……あんな気持ち悪いこと、しないよね?」



「気持ち、悪い?」


「そうだよ、気持ち悪いよ」


そう言われる事が


ずっと恐かった。



恐くて仕方なくて


自分を偽り続けた。



周りが次々に


恋人を作る中で一人だけ


置いてけぼりにされているような


焦燥感が生まれた。


結果的に楽な道に…


正しいと言われる体の性別に


戻れるならと


奈々との交際に踏み切った。



「……き」


気持ち悪いよな


そう笑い飛ばすことは


簡単だ。


また偽り続ける方が


楽な道かもしれない。


でも。


コウコさんの言葉を

思い出した。




「ちゃんとね、女の子の体に戻して、彼の前で笑いたいの」



女の子の体に…戻す……


もし叶うなら


俺も、そう在りたい。


その為に

一歩を踏み出したはずなのに


ここでまた後戻りするのか。


そんなの、嫌だ…


俺は充分過ぎるくらい


……逃げてきた。



俺は大きく息を吸って


奈々を呼んだ。



「奈々……俺、実はさ」





その時、耳を塞いだ奈々が


悲鳴のような声をあげて


ヒステリックに叫んだ。




「や……っ、ごめん、聴きたくないっ」


「奈……」


髪の毛を撫でようと

差し出した俺の手も避けた奈々は


「ごめ、ん…ここで、いいからっ」


そう言い残すと、


足早に駆け出してしまった。



「いっ……てぇ」


ズキン、ズキンと痛む、


真っ平らな胸。


心が、引き裂かれたようだった。


だけど、これは


俺に限ったことじゃない。


奈々を傷付けた。



俺を責め立てるように


あんなのは気持ち悪いと言った奈々は


俺が「そう」だと確信を持っていただろう。


否定して欲しくて


あんな言葉を吐いたんだ…。



きっと奈々こそ


心が引き裂かれるように


傷ついたに違いない。



その事にまた心が痛む。



「あー……つれぇ」


涙がまた零れる。


一体、本物の体を


取り戻すまでに


幾つこんな壁を越え


幾つこんな不毛な涙を


流さなきゃならないのか。



自分で決めた道。


されど出鼻さえくじかれて


俺は途方に暮れ


涙色の空を見つめた。

ひとひら☘☽・2020-04-15
幸介
幸介による小さな物語
RealMe~性別のない人
幸介/性と言う名の鳥籠シリーズ
トランスセクシュアル
トランスジェンダー
LGBT
女の子になりたい男の子
MTF
FTM
カミングアウト
ポエム
受け入れられない
独り言
受容
揺れる
大切な人に伝えたい事
MTFを超えて
わかってほしい
取り戻す
好きな人
すれ違い
失恋
仲間
性同一性障害
大好きだから
友達
ありがとう

今日も雨は降り続く

君への恋しさ切なさ

落ちるひとしずくに揺れる

やわらかな紫陽花のように

君に寄り添えたなら

神々廻 勇凛・2022-06-03
紫陽花色の恋
雨の中、君に恋をした。
紫陽花の葉を慕う雨
君に届け
今日
降り続く
君へ
恋しさ
切なさ
落ちる
ひとしずく
揺れる
やわらかな
紫陽花
君に
寄り添う
好きな人
恋しい
切ない
愛しい
会いたい
ポエム
タグお借りしました

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に92作品あります

アプリでもっとみる

小さな小さな恋心


揺れて零れ


溢れて流れ拾われて


咲き誇る。


あなたの笑顔に


なれました


あなたが笑顔に


なりました

ひとひら☘☽・2020-04-12
幸介
幸介の恋心
片想い
幸せ
独り言
笑顔
揺れる
ポエム
学校に行く理由
好きな人
失恋


父が居てくれたらと


何度思ったか知れない



私は父を知らない



「お父さん」


その言葉を誰かに向かって


口に出したこともない



生まれた時から


父は居なかった



父に対しては


人伝に聞く事しか


出来なかった




温厚な人だったらしい



体が弱かったらしい



“らしい”しか、ない






その父に



会えるかもしれない




私は一体


どうしたいんだろう



会ったとして


「お父さん」そう言えるかな?



会いたかったと


思ってもらえるかな?



受け入れて、もらえるかな。



お父さんの「こども」ということも



お父さんの「娘」ということも。



自信は……ない。




受け入れてもらえなければ


会う必要もない、


そんなものでもないのに。




母や兄という人間を見ていると


大人を信じる心が機能不全を起こす。




すっかり不具合を


こじらせてしまった。




“信じられない”中で


精一杯やってきた。





限界は近い。



自分の気持ちがわからない。

ひとひら☘☽・2020-06-10
幸介
誰かの実話かもしれない話
揺れる
独り言
好きな人
辛い
ポエム
不信
大人不信
お父さん
再会

青空の下で幸せのおすそ分けってくれた

風が吹いて 君の笑顔と一緒に揺れた

あの夏、遠い日の四つ葉のクローバー

神々廻 勇凛・2022-07-07
あの夏、あの日の君
空色メモリアル
好きな画像きたから書いた
好きです、なんて言えない
青空の下
幸せ
おすそ分け
くれる
吹く
君の
笑顔と一緒に
揺れる
あの夏
遠い日
四つ葉のクローバー
初恋
好きな人
叶わない恋
好き
恋しい
会いたい
寂しい
辛い
彼氏
彼女
タグお借りしました
ポエム

月夜揺らす海面も


今じゃぼやけて見えないや。

月ノ雫【現在使われておりません】・2021-01-03
月夜
ぼやけて
見えない
揺れる
揺れる想い

あの春に花びらに込めた“好き”

花時雨に舞って水に流れて

想いの蕾は増えて 華が揺れて

花時に 言い出せないままの恋

悠希 優羽・2022-05-06
花時、揺れる恋
オモイとアイ
希望
あの春
花びら
込める
好き
花時雨
舞う
流れる
想い
揺れる
増える
花時
言い出せない
好きな人
恋しい
切ない
苦しい
泣きたい
タグお借りしました
ポエム
春模様*

向日葵が揺れるこの道を辿れば

忘れかけてた君の笑顔を

忘れられなくなった

悠希 優羽・2022-08-14
ひまわり
向日葵
揺れる
この道
辿れば
忘れかけてた
君の
笑顔
忘れられない
好きな人
苦しい
辛い
悲しい
泣きたい
会いたい
そばにいたい
離れたくない
ポエム
永遠の夏*

港の見える丘に揺れる

海を眺める勿忘草は私

"私を忘れないでいて"

貴方に海で逢えるまで

ここで咲き続けるから

悠希 優羽・2022-08-21
勿忘草のように
海を眺めて
見える
揺れる
勿忘草
私を忘れないで
貴方
あの海で
逢える
好きな人
恋しい
忘れない
会いたい
苦しい
泣きたい
寂しい
一人ぼっち
再会
花言葉
ポエム

想いに悩む時 人は哀しみが寄り添う
想いに揺れる時 人は不安がすり寄る


想いに苦しむ時 辛さが人に微笑む
想いを断ち切る時 闇が人に襲いかかる


想いに見出だせない時
人には色々なものが付き纏(まと)う
のかもしれないね


想いの先に在るものを手に入れるために
想いの果てに在るものを知るために


答え合わせの答えを求めるように...


でもね


それは

あなたの純粋な心(おもい)
あなたの素直な心(きもち)
あなたの一途な心(あかし)

だから

とても大切で大事なこと


とても素敵なことなんだよね



あなたの

"想い"の"心"だから




そう思えたらいいね

ほのぼの・2022-02-06
想い
悩む
悲しみ
揺れる
不安
苦しい
辛い
あなた
答え
メイト🎀
ポエム

いやいやいや
それはないから……

と言い聞かせつつ

着々と
その日を迎える準備してる

後悔しないよう
自分をさらけ出してから

この恋の
息の根を止めようと思う

艶月☽・2021-02-24
好きな人
ポエム
苦しい
愛に溶けた哀
後悔
揺れる
想い
誘惑
息の根を止めて
独り言
好き
会いたい
最後に君と
思い出

なんかもう自分の気持ちも
わかんなくなってきた

有伊・2020-08-13
好きな人
好きなのかもわからないよ
ごめんね
気持ち
揺れる
好きなのかもしれないけど

心のコップに雫が垂れていく



ゆらり ゆらりと揺れて



溢れ出しそうなくらいに





      ″悲しみ″が溜まっている

心音 さき(一言見てね)・2020-07-17
心の声
心の限界
コップ
垂れる
ゆらり
揺れて
揺れる
溢れ出す
溢れる
くらい
くらいに
悲しみ
寂しい
たまってる
溜まる

追い越した風は

キミのように

少し寂しがらせて

耳に触れては囁き

華奢にさがったピアス

些細な先まで

柔く揺らす

秘密さん・2020-05-30
揺れる
独り言

他に92作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
916355件

花束を君に
2726件

417924件

自己紹介
77156件

好きな人
280433件

辛い
157908件

恋愛
175333件

死にたい
82012件

トーク募集
66106件

ポエム
492939件

苦しい
50422件

片想い
210287件

片思い
169751件

ひとりぼっち
13600件

彼氏
74935件

消えたい
25592件

失恋
97371件

好き
188321件

先生
102057件

叶わない恋
47611件

疲れた
21496件

すべてのタグ