はじめる

#片翼のエンペラー

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全5作品・

「蝶を轢いた」

短編小説










































ある日の春だった。
まだキチンと整備されてなくて
ガタガタした道を自転車で通る。
ここはド田舎で
どんなに道を進んでも、山、草、花。
変わりない道のりをただ進む。
ギアーは1番重い数字をさして
足も、体も重い帰り道
嫌気がさすほど空はカラカラで
風の音が耳を刺す。
揺れる体とカゴの音
ガタン、ガタン
ため息をついたすぐあとのこと
ガタン、ガタ…
何か轢いた。

右手のブレーキをかけて
ちょいと後ろを振り向くと
ぐたぁと潰れた胴体?に
青い羽が風に揺れて
ぴくぴく動いて…はいない。

ああ、轢いてしまった。

自転車を運転している以上
虫や花を轢いてしまうのはよくあること
できるだけ轢きたくはないけど。

「ごめんなさい」

一言告げて右足をペダルに添えた。
これも運命ってやつだ
許してくれ




















春も、あと一歩進んだら
夏へ行ってしまうような時期になった
花粉も飛ぶ数が減ってきた。
ある日、夢を見た。
片羽がない蝶が舞う夢。
きっと自分が轢いた蝶だろう。

「なぁ、すまない」

言葉がわかるかはわからないが
最後の悪あがき?ってやつかな

「別に怒ってはないわ、運命だもの」

おや。自分と同じことを思ってようだ。
理解出来る蝶々で嬉しいや。

「何か用があるのか?」

「ひとつだけね
ひとつだけあるのよ」

片羽だけで一生懸命飛んでいる。
これも自分のせいか?と思うと
胸がチクチクする
恋って、こんな感じなのかな…なんて。

「私、この待にくるのは初めてなの
そして貴方に出会ったわ
貴方についていけば、違う町に
行けるかしらってついていったの
そしたら、私は…貴方にひかれたわ。」

「はあ……
その、ごめん、って。」

「いいえ、私が求めているのは
貴方の謝罪じゃないの」

「ほお…?」



























「私、貴方にひかれたの」




























ハッと目を開いた
夢だったらしい。
今はまだ夢を思い出せそうだけど
少ししたら、忘れていきそう。
確か、確か、蝶が……

プルルルルッ……プルルルル…


「…電話……?」

ガチャ
























「……もしもし?
なぁなぁ、今日あいてる???」

「…なに…うるさい…
今起きたから少し静かにして…」

「ああ、すまんすまんっ
今日、昔の同級生と集まんねん
そんでな、お前も小学校の時の同級生と
会いたくない??」

「…べつに」

「了解!!今日の一時からな!!」

「は?ふざけん…」

ガチャ…

ツー…ツー…

「なよ……」




















どうやら、
強制的に行かされることになった。


色々と準備をして
1時前にくそみたいな友達に連絡して
今着くから待てって言い聞かせた。




















「…よ。」

「おー!!ちゃんと来てくれたんやな!」

「まあ。」

「お前なら来てくれるって信じてた~!
ささっ、席用意してあるしはよはよ!」

「はいはい。」






















その後は、2時間くらい。
昔の同級生、約30人くらいが集まって
くだらない話して終わ…

















ってない。
まだ続いている。
正直面倒くさい。






















「なぁ、お前がさ!
小2?くらいんときに
上級生の悪い奴らが青い蝶をいじめてたの
お前助けてやってたじゃん?
覚えてる?」

「…まぁ、少しね」





































「私、貴方にひかれたの」























「…!!」
ガタッ














「!?ど、どうしたんだよ?
急用でも…思い出したか?」


「い、いや、いいや…別に…」




























あやふやで、今でも忘れそうな夢のハナシ。
きっとあと3分もすれば忘れていた。
友達の言葉からハッと思い出した。
気がかりで仕方ない、
気がかりで仕方なさすぎたんだ。



「すまん、少し抜ける」

「え!?やっぱ急用!?」

「そ、そんなとこだ」

「おーよ!気つけてなー」



































この前、自転車で蝶を轢いた場所にきた。
自転車だから簡単にこれたけど
走ると本当に疲れるんだなって
改めて自転車の凄さを実感した。














「…ツ、なぁ!!!」

昨日のとこじゃないから
ハッキリとその蝶がいたかがわからない
ただ、直感でここに来ただけ。

「あの時、助けた、
青い蝶ッ…!!!」

あの時見た風に吹かれた羽
片羽を探してさまよった。

「なぁ、ごめん、…」

青い涙が零れた
会いに来てくれたのかな
自分のこと、わかってたのかな
ごめんって言ったら許してくれるかな
胸がチクチクする
…恋って、こういうことかな





































「…な、んて…」


















ぽろぽろ溢れてくる

































嫌気がさすほど
青い、青い空に



































青い、青いナミダに







































青い、青い君を探して


















































































膝から崩れ落ちた矢先
嗚咽の交じった自分のコエに
君はきっと、吃驚してるだろう。

















































「私、貴方に惹かれたの。」

柳瀬 櫂理・8時間前
短編小説
夜桜が綺麗だったから
永遠の朧月
片翼のエンペラー
タグお借りしました
小説
どこにいるの?
「蝶を轢いた」
恋愛
失恋
好きな人
物語
ポエム
独り言
片想い
片思い
出会い

君に逃げられ捨てられた

僕は片翼のエンペラー

逢瀬 誠・1日前
片翼のエンペラー
タグを使わせて頂きました。感謝の言葉
失恋
情けない
ポエム
発表場所

【タグ紹介】

# 片翼のエンペラー

エンペラー 皇帝/帝王

解釈、使用自由

凪鵺・3日前
片翼のエンペラー
タグ紹介
どこにいるの?
独り言
碧海を眺め

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に5作品あります

アプリでもっとみる

「助けて」って言えなかった

けどまた、戻って来れたよ

"なんとかなる"

私にとっての魔法の呪文

嘉燈 翠珠・10時間前
片翼のエンペラー
秘し隠した心
タグお借りしました
助けて
なんとかなる
魔法の言葉
独り言

努力しても報われないなんてさ。

元から死ぬ気で努力なんてしたこと無かったくせに。

ほのか・5時間前
永遠の朧月
片翼のエンペラー
いつかの僕の流星群
孤独のナイトメア
空に伸ばした手
神様、僕らの灯火を
タグお借りしました

他に5作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
864010件

自己紹介
69330件

ポエム
474723件

好きな人
259903件

どこにいるの?
2333件

398591件

辛い
143881件

先生
97933件

トーク募集
56386件

片想い
201773件

恋愛
164009件

死にたい
73517件

クラス替え
5660件

好き
182560件

友達
61043件

片思い
163642件

入学式
1283件

彼氏
71704件

48002件

学校
38438件

大好き
87160件

すべてのタグ