はじめる

#物語

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全3605作品・

正論ばかりが

君を救うわけではないから。

アラキ・2021-08-19
夕映えオレンジジュース
喫茶店ハリネズミ
正論
大好きな君へ
好きな人
恋愛
好き
救い
辛い
物語
童話
お姫様
王子様
助けて
大好き
私が紡ぐ物語

もう一度、もう二度と、
そして何度でも。

君に恋する

アラキ・2021-09-03
リピートミルクラテ
喫茶店ハリネズミ
もう一度
恋愛
ひとりぼっち
ポエム
好きな人
苦しい
片想い
独り言
もう二度と
生まれ変わっても
愛してる
ドライフラワー
何度でも
童話
物語
好き
辛い
でも
でも好き

鏡の中には

母によく似た

可愛い少女が泣いている。

アラキ・2021-09-02
ポエム
ひとりぼっち
カーネーション
少女
童話
物語
フィクション
独り言
失恋
片想い
可愛い
好きな人
私の図書館

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に3605作品あります

アプリでもっとみる

貴方と私の物語が
長く続かないようならば
この花火のように
一瞬でも
とても綺麗なものにしましょう

美月・2021-09-12
先生
好きな人
花火
綺麗
物語



君との物語はハッピーエンドだと

信じて疑わなかったんだ

榊 夜綴・2021-09-11
夢物語だと知らずに。
大切な人
物語
願い
終わり
ハッピーエンド
別れ
辛い
苦しい
会いたい
ポエム
独り言
夏祭り

その物語の脇役でも

見方を返ればきっと主役に.

神崎 黜.・2021-08-14
物語
脇役
主役
人生
恋愛
幸せになろうと願うほど






これはある女の子の物語です。



普通の女の子が、普通に恋をして、

失恋をして、また新しい恋をする。

ただただ普通の、物語。





















小学六年生の時、



私は絵に描いたような“問題児”を好きになりました。























学校ではしゃいでは怒られ、



毎日の授業中に居眠りをし、



テストでは赤点ばっかり。



学校を脱走したり、



いたずら心で初めた遊びで色んな人を巻き込み、先生に指導される。





















そんな、漫画に出てくるような問題児に、恋をした。




















隣の席の女の子と仲良さそうに話してるのを見て、



「こっち見ればいいのにな」と、



不意に思ったのが、



恋心を自覚した時です。




















気づいた時には、



もう恋に落ちてて、



手遅れでした。





















「早く大人になりたい」と、



背伸びしていた私には、



彼の自由さが羨ましかったんだと思います。



















彼とは6年生の時に1度お付き合いをしました。



















けれど、小学生によくある「順位」で



私は彼の中で2番目でした。




















彼は私と付き合って行くという未来よりも



1番好きな人と付き合う方を選びました。




















その時に彼を諦めていたら、



きっと今の未来も変わっていたはずです。




















私は彼への気持ちを完全に消しきれないまま、



中学校に入学しました。




















彼とは同じクラスで、席も近かったことから



また前のように話す機会が増えました。



















どんどん仲良くなっていくうちに、



恋心も大きくなり、



付き合いたいと思うようになりました。






















彼が6年生の時に付き合っていた彼女と



別れていたことは知っていたので、



昔以上に期待していました。

























入学してから2ヶ月も経たないうちに、



告白をしてもらい、付き合うことになりました。





















でも所詮は子供の恋。



私はすごく恥ずかしがり屋で、


恋人となると一気に話せなくなるようなタイプでした。



















彼から誘ってくれて勉強会などをすることはあったけれど、


段々と会話の回数も減り、



彼の他の女子とのスキンシップも増えてきて



付き合って半年でふられました。



















その頃に、この“NOTE15"に出会いました。



















辛くて、苦しくて、諦められなくて、



どうしようもない恋心を、



書き綴っていました。
















彼と別れてからの私は



ずっとどこかで無理をしていました。
















ふられた翌日には妙に陽気に振舞って、



「大丈夫?」と聞かれても



「何が?」と笑顔で返していました。


















ただただ、自分で自分の傷をえぐり続ける毎日でした。
















結果、別れて2ヶ月ほど経ってから、



リスカをするようになったり、



もう何もいらないと友達を避けるようになりました。

















無理をすることでしか、

保っていけなかったから。

















その間にも、彼とは同じクラスだったので


関わることはありました。


















でもその度に気まずくならないように



明るく振舞ってくれる彼の優しさに



どうしても気持ちが抑えられなくて、



















私はずっと、彼のことを好きなままでした。

















その気持ちが無くならないまま、



中学2年生の夏、



私は彼に告白をしました。

















けれど、また、ふられました。、
















さすがにもう、諦めようと



何度も思いました。

















他の人を好きになる努力もしました。
















でも、結局、



あの幸せな頃の記憶ばかり浮かんで、



彼に好きだと言ってもらえたあの日々が、



どうしても忘れられなくて、


















彼から貰った物を捨てられずに


ただただ諦めたいと泣く毎日。















中学2年生の時期が、1番情緒が不安定で、


でも、1番成長した時期だと思っていました。
















今までやったことの無いことにチャレンジしたり、


勉強を頑張ってみたり、


ちょっと背伸びしたり。















でも結局は全て

「彼をあきらめるため」でした。
















未練がましいと笑われても仕方ないぐらい、


ずっと、彼のことを思っていました。
















中学3年生。


私はまた、彼と同じクラスになりました。


そしてまた、彼と近い席。

















もう都合のいい女になりたくないと


ずっと思っていたはずなのに、


彼を目の前にして、


彼と言葉を交わして、


あの笑顔を向けられて、


呼び起こされないわけがありませんでした。
















また、同じように彼と仲良くなって、


距離が近づいて、

















でも今回は、


私が2年生からずっと努力し続けてきた


“受験勉強”と


彼が私と釣り合うまで付き合わない


というお互いの意見を尊重して


「付き合う」という選択はしませんでした。



















1年生の時より私を大事に思ってくれていることも、


ちゃんとした“恋愛対象”で見てくれてることも、


ちゃんと分かっていました。



















でも、何もかも上手くいくはずがなくて、




















私は、彼に蛙化現象を起こしました。
























全部話して、



「友達に戻りたい」と言った時の


彼の追いつけていない反応も、


気まづくならないように


笑顔で話題を振ってくれた優しさも、


でもきっと耐えきれなくて


私から離れて行くあの後ろ姿も。


















辛いのは彼なのに。



















それからお互い、ほとんど関わることも無く



推薦入試を終え、



私はやっと自分の気持ちを片付けようと思えるようになりました。


















自分から友達に戻りたいなんて言っておいて、



私には未練がありました。





















けれど、もう一度彼と向き合うには


遅すぎました。



















彼には新しく彼女がてきていて、


私の気持ちは、どこにも、


誰にも言うことなく、


ただただ、心の奥で


ひっそりと、卒業するまでの


数十日間を耐えていました。



















卒業式、


私は彼に面と向かって言いました。





















「色々とありがとうと、ごめんね。」



















卒業式の入場前、


彼は笑顔でこう返しました。

















「それ、今言う?笑」

















もう彼の笑顔も気持ちも


私には一切向いていないのに。




















卒業式が終わって、


私の中学校生活も終わって


でもこの恋だけは、どこか胸に残ったままで、



















『出会えてよかった。』



『うん、俺も出会えてよかった。』


















これで、DMを送ることも最後だと、


涙を流しながら何度も読み返して、


終わりにしようとしました。




























卒業してから彼と会わなくなり、



私は新しい高校生活を満喫していました。
















彼を思い出すこともあったけれど、


それ以上に新しい人間関係や


異性との関わりで段々と、


彼を思っていた気持ちも薄れていきました。























そして、高校に入学して1ヶ月。


















私は気になっていた人から告白をされて、


付き合うことになりました。






















今思えば、元カレを思う自分から逃げたくて


彼を選んだのかもしれません。


















でも、それが間違っていたとは思わないし、



むしろ正しい道だと思います。




















新しく出来た彼氏さんには



蛙化現象のことだけ話して、



あとの中学校生活に起きたトラウマは



話しませんでした。




















“いつか”話そうと先延ばしにして、


ただただ幸せに浸っていました。


























彼はすごく私を大切に思ってくれました。



なにかあれば可愛いから自信持ってと言ってくれて



いつから好きになったのか聞いたら



一目惚れだと告白してくれて、



友達と学ランプリを撮りに行く時も



快く学ランを貸してくれて、



電話もたくさん誘ってくれて、



私に告白してきた男子と喋ったことないのに


「告白してきた時点で無理」って喧嘩腰で、


意外に嫉妬してくれて、



すごく、すごく、幸せだった。











































結局その彼とは2ヶ月も続かない内にふられたけれど、



彼を責める気持ちは



1ミリもと言ったら嘘になるけれど、



怒ったり恨んだりしようとは思いません。
























私はきっと、彼より重罪です。
























彼を、元彼を忘れるために使ってしまったから。























でも、彼を好きで、大好きで、


一緒にいたいと思ったことは事実です。
























始まりはちゃんとした好きじゃなかったとしても、



彼と言葉を交わして、


気持ちを確かめ合ううちに、


確実に私は彼を好きになって行きました。



















だからふられたては


また強がって、笑って、


「大丈夫」なんて言っていたけれど


頼れる友達に出会って、


話を聞いてもらって、


一緒に泣いて、笑って、励まされて、























また懲りずに、



新しい恋をしたいと思えるようになりました。



















恋をすることは怖いし、



「また」なんて思うことはたくさんあります。


















でも、それ以上に


あのキラキラした日常を


ドキドキで胸がいっぱいになる1日を


私は体験せずには居られません。





















また裏切られるかもしれない。



また同じように離れていくかもしれない。



















それでも、幸せだった日常を塞ぎ込みたくない。






















悲しい記憶ばかり思い出してても、


何も変わらないことに気づいたんです。

























高校に入ってできた彼氏さんからふられた時、



友達が話を全部聞いて、言ってくれたんです。





























「1回傷ついちゃうと恋することに臆病になっちゃうけど、


今付き合ってる人とこれから先



ずーっと一緒にいることなんてほとんどないから、



今の恋愛はいつか出会う運命の人のための準備



って思った方がいいと思う。



だから今のうちに沢山失敗して学ぼう。」























最初はただの綺麗事だと思ってました。



でも、時間を置くにつれて、


この言葉が私の心に響くようになって、


私は立ち直れるようになりました。



















きっと、その子がいなかったら私はまだ



立ち直れずに、中学生の時と同じ思いをしていたかもしれません。





















だから私は今目の前にある友情を大切にしたいし、



これから見つける恋も素直に、真正面から


ぶつかっていきたいです。























私はこの3年で大きく成長しました。


傷つくことも沢山あったけれど、


全部が全部無駄じゃない。





















今私が言えるのは、




大切なのは恨みよりも感謝ということです。


















私は元カレさんのことを胸張って大好きだったと言えます。

















だから、これからも、例え終わってしまっても、



大好きだったと胸を張って言える恋をしたいです。

















































この投稿を最後に、


私は“NOTE15"を辞めようと思います。






















ここでもたくさんの人に救われました。



ありがとうございます。
































この投稿を読んでから私のポエムを最初から読んでもらうと、



たぶんわかりやすいと思います笑










































最後に、こんな私の言葉をずっと読み続けてくれた皆さん、



本当にありがとうございました。





















私は私らしく、これからの長い人生、





生きていこうと思います。































どうか貴方にも
笑顔が届きますように - ̗̀ ☺︎ ̖́-

なっちゃん* ※現在このアカウントは使われていません・2021-08-20
独り言
独り言,
最後の投稿
ノンフィクション
物語
小説風
恋愛
彼氏
元カレ
元彼
大切なこと
ありがとう
ごめんね
大好きでした
幸せになってね
前を向いて
幸せだよ
出会えてよかった
新しい恋
幸せになります
どうか貴方にも笑顔が届きますように。

先輩が主人公だと思ってた。

だけど 先輩は死んで行った。

何度何回 先輩の名前を呼んでも

先輩は戻って来ないし

人生と言う名の物語は進んで行く

そして四度目 先輩が目の前に現れたが

もう 先輩は死んで欲しくない

関わらなければ良いのだろうか

あまお。甘党。#メイト🎀/また少し一言変えた・2021-09-08
先輩と僕だけの秘密の物語。
主人公
人生
物語
あまお。甘党。の独り言
独り言

僕が本当に欲しいのは死や薬じゃなくて
話を聞いてくれる味方なのかもしれないね

トイソルジャー・2021-08-23
物語









楽しかったのにな



友達のおかげで出逢えた人

凄く優しかった

馴染みやすかった


でもその時は失恋して

曖昧だった


けれど、そんな私を

包むかのように暖かい笑顔

まるで初恋の人みたい


初恋の人は

身長が高くて

二重で

おしゃべり上手で

人気者で

彼女も出来る程のイケメン


出逢った人は

身長は低めで

一重で

ツンデレで

少し嫌われていて

でも私は関わりやすい人


そんな人を気になって

3ヶ月程が経つ

噂を耳にするようになった


「最近仲良いよね、あの二人」

「付き合ってるのかな?」


内心少し嬉しかった

仲良くなれているんだと

そう思った、けれど


「○○ちゃん可哀想」

「○○くん下心丸出しじゃん笑」


意味が分からなかった

なんでそんな事言えるのか

本当に辛かった


友達と一緒にいても聞かれる


「○○くんの事どう思ってるの?」

「付き合ってんの?」

「辞めた方がいいよ」


そんな事言われたら

言えないじゃん、、


"好き"だってこと


その時から

好きに自信が無くなった


ある日

一緒に帰ろと誘われた

嬉しかった


別れ際で止まった


「好きな人いるの?」

「え、、いないよ」

「まじ?いると思った」

「いないよ笑」

「、、嘘つけ。いるだろ」

「、、」

「話してよ。聞きたい」

「嫌だ」

「なんで?」

「バレちゃうじゃん」

「僕に?いいよ、言わないし」

「え、、じゃあなんで聞いたの?」

「それは、、聞きたいじゃん」

「なんでよ笑」


「、、」

「好きな人の恋気になるじゃん」


「それはそうだけど、なんで私?」

「いや笑、気づけよ笑」

「え、、?えっ///」

「そういうこと?」


「うん///」


彼の頬は真っ赤だった

胸がドクンとなった


「その反応で期待してるから言うけど」

「僕、好きだよ」

「○○ちゃんのこと」

「だから、付き合って欲しい」

「お願いします」


彼から告白を受けた

でも、迷った

好きに自信がないから

私はそれを口にしてしまった


「そうなの?」

「え!言ってた?」

「うん笑」

「うわー///恥ずかし」

「笑」


「、、で、どうなの?」

「今は分からない」

「そっか、いいよ」

「え?」

「ゆっくりでいいよ」


彼はそう笑ってくれた


「でもその代わり」

「他の男好きになんじゃねぇーぞ」

「そんときはおこるかんな笑」


彼は面白く返してくれた

そういう所が好きなの


「いいよ、今言う」

「え、、分かった」

「じゃあ、好きです」

「付き合って下さい」


「はい、よろしく、ね、、」


「え、、まじで?!」

「うん///」

「やったー!」


大喜びでハグしてくれた


今となっては漫画の様な告白でした

陽帆・2021-08-22
実話とフィクションのお話
物語
恋愛

「俺ってさ、細かい事でウジウジ悩んで
馬鹿みたいだよな」
と君は笑いながら言った。

違うよ。葛藤する、悩めるって事は
一生懸命がんばってるって事だよ。

って言いたかったけど
君の気持ちを何も分かってあげられない
この僕が放つ言葉は
どうも君を傷つけそうな気がして
言い出せず、ただ笑うしかなかった。

トイソルジャー・2021-09-11
臆病者
物語

『彼女の秘密が繋いだ出会い』





最終章








あゆみ:私、移植しません






医者:…え?
看護師:今、何て…
あゆみ:私、思ったんです。
あゆみ:もういいんだって…
あゆみ:彼氏もできて、舞い上がったり落ち込んだり
あゆみ:もう十分人として生きれました
医者:…ほんとにいいんだね?
あゆみ:はい
医者:分かった。お母さんとも話してみるから


夕方



お母さん:あゆみ!
お母さん:移植しないってほんとなの?!
あゆみ:びっくりした…!
あゆみ:ほんとだよ
お母さん:だって、何で?どうして?
あゆみ:もう嫌なの
あゆみ:生きてるのが
あゆみ:たくまくんには移植しないこと言わないで
お母さん:でも…
あゆみ:最後に来月くらいに普通に遊びに行きたい
あゆみ:お願い
お母さん:先生と話してくるね







ガラガラ



お母さん:大丈夫だって
お母さん:そのかわり、少しでも具合悪くなったら言うように!
あゆみ:うん





たくま:あゆみ
たくま:話って?
あゆみ:今度の休み、海行かない?
たくま:え?
あゆみ:なんか、思ったより体調が良いからお医者さんもOKしてくれた
たくま:ほんとに?
あゆみ:うん
たくま:じゃあ、行こう!




1ヶ月後



ザー🌊


あゆみ:わぁ…
あゆみ:海って久しぶり…
たくま:俺、毎年来るんだ、ここ
あゆみ:いいな…
あゆみ:…


スタスタ


たくま:お、おい、そんなに近くに行かない方が…
あゆみ:大丈夫だから
たくま:で、でも!
あゆみ:もー心配性だな…
あゆみ:大丈夫だって…
あゆみ:(…なんか、めまいが…)


ズキッ


あゆみ:っ…

たくま:あゆみ?!
たくま:大丈夫?!
たくま:救急車呼ぼうか?!
あゆみ:だ、大丈夫…


ほんとは苦しくて辛かった。
もう、死ぬ覚悟でたくまくんと一緒にいたかつた。


あゆみ:たくまくん、私と付き合ってくれてありがとね…
たくま:何言ってんだよ!
たくま:なに最後みたいに…


でも…ほんとにこれでいいのかな。
何も言わずに勝手に逃げるように死んじゃって。

あゆみ:あのね…
あゆみ:ほんとは私、多分もう死ぬんだ
あゆみ:ほんとはもうそろそろ移植しないと死んじゃうんだよね…笑
あゆみ:ごめん、黙ってて…


あゆみ:たくまくん…?
たくま:…泣
あゆみ:たくまくん、泣かないで
たくま:何で、どうして教えてくれなかったんだよ…
たくま:言ってくれればあゆみに無理させなかったのに…
たくま:ごめん…
あゆみ:たくまくん、大好きだよ…
たくま:あゆみ?!
たくま:救急車…!!



ピーポーピーポー🚑






































あれから何年経ったのだろうか。

あゆみは、あの後救急車に運ばれたが亡くなった。




墓場にて



たくま:あゆみ、久しぶり。
たくま:俺はこの前大学卒業したよ。
たくま:早いね…笑



ごめんな、あの時すぐ気づいてやらないで
俺がもっと注意しておけばすぐ救急車を呼べたし、お医者さんと話すことも出来た。



たくま:また来るからね。

















END

るん〜🔓note Cafe〜・2021-08-28
小説
物語


悲しき死神は言う

「私にだって大切な人くらい居たさ」



ならば分かるだろう

大切な人の生命砕かれる苦しみが



「まぁ、もう忘れたけどね」



本当は忘れてなんかいない

忘れようと目を背けているだけだ



「守りたかったよ、でも守れなかった」



その声は、悲痛に満ちているように

耳の奥へ響いてくる



「私が殺したようなものだよ」



自責の念で断ち切ろうとしているのだろう

苦しい程、愛した人を

人は忘れられるはずがないのに



「だから分かるよ、君の気持ち」



死神の情けは要らない

ただ、助けてほしいだけだ



「君も馬鹿だね、可哀想に」



大切な人の生命を

死神に懇願したところで

何か変わるとは思えない



ただ、ひとつの希望を

見たかっただけだ



想いを、解ってほしかっただけだ

Mari・3日前
物語
ショート
死神
ある日の出来事
生命
闇の箱/from:Mari
独り言
ポエム
好きな人
辛い
伝えたい想い


魅力的な主人公達は

大勢で色んな人間に愛されて

幸せな生活を送る

村人その1は

普通の生活のまま




小心者でも思った事がある

もし、この物語が終われば

主人公達の生活は変わるのだろうか?




きっと、

夢の世界から

現実に引き戻されるから

ビックリするぞ!

秘密さん・2021-09-02
小心者B目線
独り言
ポエム
物語
生活
現実

今日から9月20日までお話を書いていこうと思います!なので書いて欲しいお話があれば贈り物で言ってください💦わざわざ贈り物使わさせてすみません😣💦⤵️『最初に謝っておきますm(__)m💦』『例 姉弟の恋愛』のようになんでも構いません!たくさんの募集待ってます‼️

Alice『アリス』・2021-08-28
小説投稿
募集中
物語
物語シリーズ

他に3605作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
789262件

伝えたい想い
1816件

ポエム
441936件

好きな人
230018件

370640件

自己紹介
60387件

辛い
127576件

NOTE15の日
28512件

恋愛
150006件

片想い
189138件

好き
174967件

死にたい
64429件

トーク募集
45939件

42498件

片思い
154395件

大好き
82395件

失恋
86085件

先生
90831件

歌詞
110024件

彼氏
66636件

友達
57263件

すべてのタグ