はじめる

#おばあちゃん

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全669作品・

今日はおばあちゃんの誕生日。
朝、クッキーを渡しながら、
「はい、誕生日プレゼント」って言ったら、
「ありがとう」って言ってくれた。
案外、喜んでくれたみたいで嬉しかったな😊

叶夢・2022-03-13
誕生日
おめでとう
プレゼント
クッキー
おばあちゃん

"苦い香り"だけどね

貴女の吸う"煙草"は

"吸殻"まで優しいの

楪・2022-08-13
煙草
苦しいくらいに優しい君
独り言
ポエム
緩やかな死
優しさ
貴女
おばあちゃん
おばあちゃんの家
線香の優しい馨に優しい貴女
大好き
死なないで
貴女の優しさに
おばあちゃん大好き
貴女の糸はとても優しくて儚い
溢れた思いを君へ
立ち入り禁止な感情論
水面に映る正直な笑み
雨降りの舞桜

高校生になりたかったな。
成人を迎えたかったな。
結婚したかったな。
自分の子供をつくりたかったな。
おじいちゃんおばあちゃんになって愛する人と最後をむかえたかったな。
まだ生きたかったな。

二次元ガチ恋勢・2022-01-10
余命宣告
生きたい
高校生
成人
結婚
子供
おばあちゃん
おじいちゃん
白血病
空を見上げて
独り言
願い事

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に669作品あります

アプリでもっとみる






本当にあの人のことが好きなのか気になって悩んでるなら1度離れてみなさい

他の人で埋められるなら、それくらいの気持ちだったってことよ
それが無理なら、それくらい大きな存在ってことなんじゃないかしら

藍凛・2022-08-29
好きな人
失恋
会いたい
おばあちゃん

あとどれぐらい

君と一緒にいられるの?

透兎・2021-10-18
おばあちゃん
ずっと側にいたい
置いてかないでよね

正直、おばあちゃん面倒臭い
と思った💦

「強制してる訳じゃない」とか言ってるけど
いや、あんたが言うとそうやって聞こえるんやて!!!!!
って毎回のように思う。
別に嫌いじゃないけど鬱陶しい。

1人でボーッとしてたいのに
なんか話しかけてくるし。

親との電話にも入ってくるし。
で、なんか機嫌悪くなってるし。

おばあちゃん見てておもう。
「あぁ、私こういう人苦手だな」って。

ヒツナ・2022-05-05
おばあちゃん
鬱陶しい
苦手な人
ウザイ
ヒツナの戯言

高校は、私の大好きな母方のばあちゃんの家の近くにある私立高校に行きたい。。。
それで、ばあちゃん家に住んで、そこから通いたい。。。。

楓優香💛・2021-09-29
おばあちゃん
おばあちゃん家
高校
受験生
頭悪い
私立高校

この子はそういう優しさを

持ってないって、

この子は何やっても駄目

って言われちゃった

この一言でメンタル

ぼろぼろになって

泣く私弱すぎない??

透兎・2022-02-22
おばあちゃん
しかも母と電話してる時



おばあちゃんがカバン気にしてたから
クロコダイル🐊のカバン購入した✨
喜んで貰えた


嫁っ子

嫁っ子・2021-11-05
おばあちゃん

今日私が作った料理ね、

おばあちゃんの口には合わなかったみたい。

「こんな不味いものよくお父さんに食べさせられたね」って。

頑張っても報われることはないみたい。

想羅(そら)・2022-01-30
辛い
死にたい
おばあちゃん
逃げたい


















おばあちゃんは今、家で眠っている

お母さん、妹、弟2人でおじいちゃん家におばあちゃんの顔を見に行った

いつものようにただ息をして眠っているようだった

お母さんやお母さんの弟に
「○○を1番可愛がってくれてたんやから手握ってあげて」
と泣きながら言っていた

私は涙が止まらず動くことが出来なかった

亡くなった人に触れるのは初めてで怖かった

少し落ち着き、おばあちゃんの手を触れると氷のように冷たくてさらに涙が溢れた

それまでは"おばあちゃんが亡くなった”という実感がわかなかった

おばあちゃんの手を触れた時やっと実感が湧いた

もう、あの笑顔は見れないんだな……

まだ60代のおばあちゃん
若すぎるよ

明日はお通夜、その次の日は葬式

明日は学校に行けそうにないな……

萌恋・19時間前
独り言
おばあちゃん
今亡き祖母

ただ、誰でもいいからさ。
私、愛されたかったんだよ。
きっとお母さんは
お姉ちゃんのことが1番大切。
多分お父さんは
妹のことが1番可愛い。
おばあちゃんは、ちゃんと
私のことも愛してくれる。
人数勝負だったら、私の完敗だったから。
「愛されたいな」
って思ったとき見つけたのが
たまたま君だっただけだから。
君だけから愛されたいとは
思ったことないから。

らいむ. raimu.・2022-05-23
愛されたい
お母さん
お姉ちゃん
お父さん
おばあちゃん
勝負
たまたま
完敗
愛されたいな
ポエム
らいむのポエム帳!

絶対に見ずらい。見なくてもいいよ。
ただ私が気持ち整理したかっただけだから。



おばあちゃん、人格が変わってきちゃった。

先週の日曜日、

おばあちゃんの誕生日が近いという理由で、

ケーキくらい買ってお祝いしようと家に行った。

家に行ったは良いものの、おばあちゃんは

ケーキのことなんか目もくれず、

「これ持って言って。これも、それも」

と言って、お母さんの弟さんが上げたお菓子を

私達にあげようとするばかり。

最終的にはお母さんがおばあちゃんに怒り、

ケーキを食べた後、

 「誕生日おめでとう」 

この一言も言えずに、逃げるように帰った。


おじいちゃんが入院になり、

同時期におばあちゃんがアルツハイマーになったが、

おばあちゃんは自分の家で過ごすと言って、今現在も自分の家で暮らしている。

でも、家の中はどんどん酷い有様になっていく。

家の窓は全てシャッターが降りていて、

部屋の中に太陽の光が入ることがなくなった。

トイレは、掃除がされておらず、

公園のトイレのような汚さになった。

もう使われなくなったお風呂からは異臭がする。

太陽光が差し込まなくなり、換気も恐らくしていない。

そんな状態が続いたためか、

家全体の床も脆くなり、歪み始めている。

もう、いつ、家のどこが壊れてもおかしくない。


おじいちゃんが朝早くから綺麗にしていた

小さな庭も、庭に植えていた花や小さな木も、

今は手入れをする人がいなくなり、荒れ放題。

しまいには近所にも葉が届いてしまい、

迷惑になると考えたのか、

最近お母さん達の手で全て引き抜かれた。

小さかった頃にあったあの綺麗な小さな庭は、

多分、もう一生見ることが出来ない。


おじいちゃんが耕していた近くの畑は、

もう、どこに畑があるのか分からないくらい

荒れてしまった。

『ホオズキ、今朝畑から取ってきたとうもろこしあるよ。食べる?』

『食べる!ありがとうおじいちゃん!』

『今茹でてあげるからもうちょっと待ってね』

『わかった!』

この会話も、

『見てごらんホオズキ。こんなに大きなキュウリが取れた』

『今年は豊作ねぇ』

『わっおっきい!すごいすごい!!』

この会話も、

もう一生することは出来ない。



悲しい。ずっとずっとずっと、かなしい。

私はみんなのお姉ちゃんだから、

私がしっかりしないと、

私が辛気臭い顔してたら、従兄弟も、弟も、

嫌な気分にさせちゃうから。

いつも通りの、私でいたい。

いつも笑ってて、明るくて、

従兄弟も弟も、みんなを巻き込んで楽しいことができるような、

そんな、みんなをまとめられるお姉ちゃんでいたい。

でも、

どんどん私の記憶とは遠い姿になっていくあの家を、

おばあちゃんに会う度に見るのも辛いんだ。

おばあちゃんに会う時だけって言っても、

おばあちゃんはほぼ毎週のようにこっちに来てしまうから。

毎週あっているような感じで。


休日に会いに来るから、

実質私たち家族は休日は一日あるかないか。

あまり休めていない感じがして辛いけど、

多分そう思っちゃいけない。


"おばあちゃんのせい" で物事を考えたくない。

でも、考えてしまう自分が大嫌い。



みんなからは、

「今までおばあちゃんに愛情たくさん注いでもらったんだから、側にいてあげてね」

「病気だから仕方ないのよ。許してあげて」

その言葉しか出てこない。


私の思いなんか聞こうともしてないんだ。


"アルツハイマーの祖母とその孫がいる"

この状況が成り立っていれば、

他はどうだっていいってことでしょ?


もう疲れたよ。頭パンクする。

休ませてよ。

違う違う違う違う違う違う違う違う違う

お母さんの方が頑張ってるの。

私なんかよりずっと頑張ってる。

そんなこと思っちゃいけないの。


もうここにいるのやだ。

誰か。

こんなにちゃんと泣けたのいつぶりだろ。

もう疲れちゃったな。

ホオズキ🎀🖤・2021-10-11
独白
疲れた
私のこと
逃げたい
離れたい
おばあちゃん
アルツハイマー
パンク寸前

何で、余計なことばっかり

するかな?

何で、何もしないって事が

できないの?

頭おかしいんじゃない?

しょうがない。だけで済む問題

じゃねぇんだよ。

このせいで、お母さんがもう二度と

帰ってこなかったら

どうすんだよ。

本当バカみたい。

いなくなればいいのに。


お願いだから

早く帰ってきて欲しい。

悠乃・2021-10-11
お母さん
家出
おばあちゃん

おばあちゃんに言われた

「なんか、顔ちっちゃくなったねぇ?」

「あ、鼻が細くなったんか?」

すごく嬉しかった

少しだけ、鼻の形を調整するマッサージ?をしてたから。

いつも、会う度に

「あれ、また身長のびた?」って言われる

それはさすがに おおげさだなぁ、って思ってたけど

でもちゃんと私を見てくれてて嬉しかった

誰も気づかなかった私の努力。

玲空☁💙・2021-11-05
おばあちゃん
努力

他に669作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
928573件

流れ星
4374件

自己紹介
79493件

好きな人
286573件

423218件

トーク募集
68494件

ポエム
497153件

恋愛
178512件

願い
21319件

辛い
161592件

片想い
212706件

失恋
98821件

死にたい
84020件

片思い
171924件

好き
189908件

結び目
5021件

彼氏
76011件

苦しい
51748件

先生
102960件

歌詞
117207件

叶わない恋
48393件

すべてのタグ