はじめる

#恋愛物語

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全41作品・

この本を開けば

ラブストーリー
君と僕との恋愛物語がはじまる_

恋桃-コト-・2020-05-19
君と僕との
恋愛物語
ラブストーリー
好きな人
片想い

青空の下 夕日が暮れる

背を向けた2人 風の音 ゆっくりと

明かりはともに消えてゆく

だんだん夜を迎えようとしている

彼はこう言った「ずっと傍にいる」
「俺はお前が守る」

吐き出したその言葉 濡れた髪を解いた

彼女はこう言う。「ずっと一緒」「私が君を守るから」

2人の心を踊らせたんだ。

・2020-04-17
片思い
片想い
好きな人
大切な人
どんな時も笑顔で
どんな時も隣に
ずっと一緒
大切な人に伝えたい事
会いたい
君を守るのは私
ポエム
恋愛
恋愛物語
物語
物語シリーズ
言葉の裏
恋ポエム
時すでに遅し
桜の下で
また会おう
君への想い
君に届け
君が好き
好き
舞い落ちる花びら
互いの気持ち
互いの心
心を揺らす
あっけない
そっけない
とんでもない
繋がる空
撒き散らす
冷たい風
冷たい風と片思い
冷たい風のように
想いは増すばかり
君を待つ

君の事だから、

隣にずっと居る 私じゃなくて


遠くに居る あの子を
見てるんでしょう___、?

奏(そう)_消えます・2020-02-11
恋愛物語
失恋物語
砕け散る想い

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に41作品あります

アプリでもっとみる

私の恋はどこの恋愛物語よりも素敵なものでした。

あーちゃん⛅️・2019-11-10
恋愛物語
素敵

もしも世界が君を嫌うなら

そんな世界は私の"敵"だ

るる🍇💕・2020-05-24
世界が君を嫌うなら
恋の沼
恋愛物語
まるで夢のような現実




会いたい

寂しい

僕の心を置いてけぼりに

しないでよ

孤独

会いたい

君に…

tekuteku(ฅ'ω'ฅ)♪・2021-11-09
君の隣に
恋愛
一方通行
恋愛物語
切ない
夢の中じゃなくてリアルで会いたい
見かけるだけ
近づきたい
隣にいてほしい

君が好き

その事実だけが今もずっと残ってて
もう叶うことなんてないのに
また付き合うことができるかも なんて思ってたり

でも 諦めなくちゃ
私が好きな君はあの子が好きで
君が好きなあの子は君が好き
君とあの子は両想い
そして私は片想い
私が入る隙なんてもうない

もう終わった恋なのに
もう忘れたい恋なのに
何故か忘れられない、そんな私の恋愛物語

ユル.ღ♕_601・2021-06-02
同性愛
恋愛物語
終わった恋
忘れたい恋

ほんとすいません笑
昨日出せなかったので今日2つ!
1つ目は
今日国語で恋愛物語をやってるんですけど
夢想しましたはい。
ポエム書くこと増えたら
国語で才能が開花されました笑 🤔

ただ平凡な大学生・2020-01-08
ポエム
恋愛物語
恋愛
才能
毎日投稿

もうすぐ七夕。
土曜日、アピタに、行ったら、ささに、いっぱい、
短冊に、お願い事が、書いてあった。
恋愛の短冊が多かった。
思ったけど、七夕の話って、恋愛物語じゃない!
私の願い事は、
「Rくんに一番に大切にしてもらえますように」
今年は、私の願い事叶うのかなぁ。
叶うといいな!

☆ミミリン☆・2018-07-03
願い事
片想い
恋愛物語
七夕
ささ
短冊
一番
大切
叶う

ジッと見つめる先にさ

君がいたとして

何を見ているのかな??

誰を見ているのかな??

好きな人なのかな___

るる🍇💕・2020-05-18
私の好きな人の好きな人
三角関係
恋愛物語





恋愛小説のような、深くて甘い恋だった。

あなたと私が主人公。

二人は、何時でもずっと一緒で

ハッピーエンドで終わると思ってた。

現実はそう簡単には

いかないみたいだ。

蒼翔・7時間前
恋愛物語
君に届け

ある日恋をした。
泣いていた私に
男の子が話しかけた
「大丈夫?どうした?」
優しく声をかけて慰めてくれた
学年が上がった
話す数も減った
けどたまに話すのが楽しかった

ある日悲劇が起きた
男の子が違う子を好きになった
その子は私のライバルの子になった
ライバルの子は影で私の悪口を言った
それを私の友達は聞いて私に教えてくれた
私はライバルの子が羨ましかった
付き合うことができて
悪口を言ってる事何か好きな人は知らないから
ライバルの子の悪口は少しだけ酷くなった
「性格悪い」「鬼ばば」「あいつさえいなければいい」
全部まだ男の子を好きでいたからだ

ライバルの子はいつしか
味方を付け始めた
「私可哀想」そんな自分の味方になって欲しいから
私の親友も相談していた人も減って行った
けど応援してくれる人も居ただから
諦める事何か出来なかった
日にちは過ぎて行き
ライバルの子と離れた

今は男の子は変わらない日を過ごし
私も変わらない日を過ごし
けど好きな人は変わらず心配してくれる事も沢山してくれた
そんな男の子を私はずっと好きでいる
変わりなんかしない
ずっと恋の道のりを私は歩いて行くんだ

さぁえ⚘一言に語ってます(更新❌)・2020-08-08
恋愛物語
実話
長編

━━━━━━━━━━━━━━━

インターネットなんていらない。

そう思ってしまうほどに、私は今不機嫌なのです。

理由は、彼氏と会えないから。

遠距離恋愛、そんな辛いことは私には無理。

普通に会える距離に住んでいるはずなんです。

テストが終わってやっと会えるかと思えば

彼は「来週ね。」と言うだけでした。

メッセージアプリで繋がっていても

会えないのは私にとって辛いことでした。

━━━━━━━━━━━━━━━

君と会えるまであと5日。

楽しみにしていた日曜日。

不機嫌もだいぶ治ってきた頃です。

『予定入っちゃったから、会えない。』

君から送られてきたメッセージは

そんな私の心を酷く傷つけました。

━━━━━━━━━━━━━━━

特に忙しくはないが、平日は会いたくない。

彼女は1度に会う時間が2時間3時間と長いのだ。

別に俺はそれが嫌ではない。

むしろ一緒にいられることならずっと一緒にいたい。

でもやっぱり平日に会うのは難しい。

会う約束をしていた日には友達との予定が入り

どうせまたすぐ会えるからと

俺は彼女より友達を優先した。

━━━━━━━━━━━━━━━

もうすぐクリスマス。

クリスマスくらいは彼と過ごしたいです。

私は勇気をだしてデートに誘ってみました。

彼からの返事は「うん」でした。

今度こそ会いたくて

「予定空けててね!」と念を押しました。

彼は「うん」と言ったきりでした。

せっかく彼に会えるのだから

素敵なプレゼントを渡したいと思いました。

受け取った彼の顔を想像するだけで

何だか嬉しくなりました。

━━━━━━━━━━━━━━━

「俺、クリスマスに演奏すんの。
カケルも良かったら見に来て」

「私も出るよ、カケルくん。
見て欲しいな」

軽音部の友達二人が話しかけてきた。

その瞬間、彼女の言葉が頭をよぎる。

『予定空けててね!』

クリスマスはどうして休日じゃないんだろうか。

そう思いながら俺は友達に

「悪いけど、その日は彼女と過ごすから」

と、断った。

しばらく会えてなかったし

なにかプレゼントでも買おうかと

そんなことを考えながら

クリスマスの日を楽しみに待った。



あんなことになるとは全く思わずに。

━━━━━━━━━━━━━━━

「電車の事故ですって」

クリスマスの前日に、電車で大きな事故があった。

電車が脱線し、建物に衝突。

前方に乗っていた乗客のほとんどが亡くなった。

「ミヅキ、やっと彼に会えるからって
すごく張り切ってたよね」

「ちょっとくらい高いものでもいいからって
わざわざ電車に乗って
プレゼント買いに行こうとしてたんだよ」

俺の彼女は、その電車の前方に乗っていた。

見つかった時にはもう、……。

俺はその現実を受け入れられなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━

「ミヅキ」

遺影の前に正座して、俺は小さな声で名前を呼んだ。

「俺、ミヅキとずっと一緒にいられると思ってた」

「一緒にいることが、当たり前だと思ってた。」

「どうせ会えるからって、君を優先しなかった」

「…ほんとに、ごめん」

『嫌だ』とも『いいよ』とも言わない。

彼女はもうここにはいない。

俺のためのプレゼントを買いに出かけて

きっと色んな感情を持っていただろう

楽しみだったり、不安だったり

俺が冷たくしてしまって、

張り切りすぎて空回りするんじゃないかって

そんなことも考えていたんだろうな。

そんな中であの事故にあって

どんな気持ちだっただろうか。

「冷たくしてごめん」

「会えなくて、ごめん」

「でも、好きだって気持ちはちゃんとあった」

俺は最低だ。

自己嫌悪に浸っても彼女はかえってこないのに。

こんな時でも彼女が許してくれるんじゃないかって

そんな甘い考えをする俺がいる。

目の前には、彼女の笑顔がある。

動くはずがないその写真が

彼女がもう居ないということを

より一層、俺に実感させた。

その時、中学以来初めて泣いた。

もっと一緒にいたかった

謝りたかった

でも彼女はもうここにはいない。

彼女の家族が見守る中

俺は声を上げて泣いた。

━━━━━━━━━━━━━━━

そして数年経ち、俺は大人になった。

結婚を前提に付き合っている人が俺にはいる。

その人とは1週間に少なくとも1度あっていて

喧嘩をしようが不機嫌な時であろうが

会わない週は無い。

ミヅキ。

君と過ごせなかった時間を、

この人と過ごしています。

一日一日を大切に生きています。

それが君への謝罪、償いです。

許してほしいなんて言わないけど

俺はこれからもずっとこの人のことを

大切にすると誓います。

今までありがとう。


━━━━━━━━━━━━━━━

家族、友達、恋人。

どんな人であっても

『一緒にいるのが当たり前』

そう思っていても

意外とそうじゃなかったりするんです。

個人的な意見ですが

今を大切に生きることが

生きている私たちの役目なんじゃないかと思います。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━

ひみつきち・2019-12-11
恋愛物語
恋愛
小説

月の恋 2話

‹翌日 校門にて›
ひとみ : おはよう!
挨璃 : おはよう~
ひとみ : 昨日はびっくりしたね~
   まさか、男子と友達になるなんて
挨璃 : アハハ、
ひとみ : えっと、名前は…なんだっけ?
挨璃 : 碧羽翼さんね
ひとみ : そうそれ!
  なんて言うかおっとり?系かな
挨璃 : wでも碧羽くん、結構しっかりしてるよ 
‹教室のドアにて›
ひとみ : 入ろっか!
挨璃 : う、うん
ガラッ
ひとみ : おっはよ〜
クラスのみんな : おはよぉ
挨璃 : おっおはよ!”大きな声”
シーン
挨璃 : あ…////
ひとみ : 挨璃大丈夫?緊張しなくて大丈夫だよぉ
翼 :ふっアハハ
挨璃&ひとみ : え
クラスのみんな : パチクリ
男子 : おっおい。翼?
翼 : あっごめんごめんwwwついw
挨璃 : ///
翼 : でも面白いよな。挨璃って恥ずかしがり屋なのにあいさつだけは
  大声なんだなw名前の影響かな
ひとみ : …うーん?!あっそっか!
挨璃 : ?
翼 : 挨璃の「挨」は挨拶のあいだろ?
ひとみ : で、七宝の一つって意味の「璃」でしょ
挨璃 : ぼっ!//////うーー
キーンコーンカーンコーン
クラスの男子 : やべっ予鈴だ
先生 : みんな席につけー 授業始めるぞー
はーい
ガタガタ ゴトゴト
先生 : えーでは、教科書45ページを…夢野。
夢野 : はい
挨璃 : ?!(………あの月消えかけてる)
‹中休みにて›
ひとみ : ごめん、挨璃今日委員会だわ。
挨璃 : あっそっか、行ってらっしゃい!
ひとみ : ほんとっごめんね!あ、そうだ、それと…
挨璃 : ?
ひとみ : 時々だけど朝私先に学校に言ってる時あるから!でも帰りは一緒に帰ろ!ごめんね〜
挨璃 : 大丈夫!OK行ってらっしゃい!
ひとみ : 行ってきます!
夢野 : ……
挨璃 : はぁ
夢野 : ねぇ、香月さんだよね
挨璃 : !あ、うん
夢野 : 私、夢野舞(ゆめの まい)っていうの。
挨璃 : 夢野さん…
夢野 : ふふ
   あのね、直球に聞くんだけど香月さんって碧羽翼くんのこと好き?
挨璃 : え、
翼 : !”挨璃達の方を見る”
挨璃 : うーんそうだな。尊敬みたいなことはあるけど
   好きっていうか…
夢野 : 本当!?良かった~
  私ね翼くんのことが好きなんだ。だから香月さんのことが
   羨ましくて、
挨璃 : (へ〜夢野さんって碧羽くんのこと好きなんだ)
夢野 : ねぇお願いなんだけどさ、翼くんとさもう喋らないで?
挨璃 : え、なんで?
夢野 : 何となく!
挨璃 : ? わかった
夢野 : じゃあ約束ね!
翼 : 挨璃~
挨璃 : !
翼 : あのさ,さっきの授業で分からないのが、
挨璃 : じゃあ! ”去っていく”
翼 : ……ねぇ、なんか挨璃に吹き込んだ?
夢野 : ?なんにも
翼: ふーんならいいけど
夢野 : じゃあね!
ひとみ : ねぇ ”翼に声をかける”
翼 : うお!びっくりした
ひとみ : 夢野って女なんか怪しくない?
翼 : うん
ひとみ : 本当に何も吹き込んでなければ挨璃は無視とかしないよ。てかしたことないもん
挨璃は嘘をつかれたりなにか言われたりするとそれを信じちゃう癖があるんだよね~
    (あの事聞かれるわけないよね…挨璃も自分のことは話さないしね)
翼 : かもね。

2人とも夢野を見る

ーー3話に続くーー

心の花火❁⃘*.゚・2021-06-21
物語シリーズ
恋愛物語
恋愛
物語シリーズ

遅れました💦
月の恋 3話

‹次の日の朝 自分の机にて›
挨璃 : はぁ(今日はひとみちゃん委員会で朝はいないし、
      昨日は夢野さんに碧羽くんに喋らないでって言われたし…)
夢野 : おはよう。香月さん。
挨璃 : あ,おはようございます。
夢野 : 私のと約束守ってくれてるみたいだね!
挨璃 : まぁ
  でも好きなら、真っ直ぐ気持ちを伝えればいいのに。
夢野 : (ムカァ)
   まぁ私そういうの無理だし。これからもよろしくね!バイバイ
翼 : ”2人の方を見る”
翼 : 何してるの?
夢野 : あっ!翼くん♥なんでもないよ~ただ立ち話してただけだから!
   そうだよね?香月さん ”圧をかける”
挨璃 : う、うん
翼 : ふーん。ねぇ、あぃ
挨璃 : じゃ、じゃあ!
翼 : 待って!”腕を掴む”
挨璃 : へ?
翼 : ちょっと来て
夢野 : (はぁ?)
   ちょっちょっと待ってよ!
ひとみ : ストップ!夢野さんもちょっと来てくれる?
夢野 : なんで貴方に
ひとみ : いいから。話したいことがあるの。
夢野 : …5分ね

‹翼&挨璃→階段›
挨璃 : えっと、
翼 : わかる?俺が言いたいこと。 ”呆れた顔”
挨璃 : …
翼 : …はぁ、なんで俺を避けてるの?
挨璃 : な、何となく。
翼 : 何となくで普通避ける?
挨璃 : あ
翼 : 夢野さんになんか吹き込まれたんでしょ。
挨璃 : ……
翼 : 言ったよね?なんかあったら俺に言ってって
挨璃 : じ、実は……

かくかくしかじか

‹ひとみ,夢野→階段下›
ひとみ : なんであんなこと挨璃に言うの?
夢野 : え、何?盗み聞き?
ひとみ : 碧羽くんと挨璃,あなたの状況からわかる
夢野 : ふん!
ひとみ : はぁ、とにかく!あなた自信のことに挨璃を巻き込まないで!
  じゃあね!ただそれが言いたかっただけ”階段を登る”


翼 : だと思った。
挨璃 : え!わかってたの?!
翼 : 星宮さんが言ってたんだよ。「挨璃は嘘をつかれたりなにか言われたりするとそれを信じちゃう      
  癖がある」って
挨璃 : ひとみちゃん…
翼 : だから、もう星宮さんにも心配をかけないように。普通に俺と接して。
  そうじゃないとなんかヤダ…”照れくさそうにそっぽ向く。小声”
挨璃 : へ
翼 : え、あ今のは忘れて。(どうしたんだ?俺)
挨璃 : ?
ひとみ : あ!いたいた!碧羽くん~!挨璃~!
挨璃 : あ、ひとみちゃん
ひとみ : (言ったみたいだね)”翼と目を合わせる”
翼 : (ん)
挨璃 : ひとみちゃん、心配かけてごめん!
ひとみ : やだ!許さない~
挨璃 : ひ、ひとみちゃーん泣
ひとみ : w嘘だよ。許すよ許す!でもほんとに心配したんだからね?
挨璃 : ほんとごめんね~
翼 : じゃ俺は
挨璃 : あっ!待って!翼くん! 連絡交換まだやってなかったから。…
翼 : あ、そうだね。 ‹連絡交換する› ん?
翼,ひとみ : え「翼くん」?
挨璃 : あ、/////
えっと、教室戻ろ!!
ひとみ : はいはいw

翼 : 翼くんか
ひとみ : ねぇ碧羽くん?
   挨璃は渡さないからね。

ーー4話に続くーー
まだ1話を見ていない方は是非見てください!

心の花火❁⃘*.゚・2021-06-25
物語シリーズ
恋愛物語
恋愛

他に41作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
882105件

君に届け
5893件

好きな人
266811件

405485件

自己紹介
71207件

辛い
148897件

ポエム
482116件

トーク募集
58717件

死にたい
76689件

恋愛
167388件

片想い
204845件

49882件

疲れた
20134件

片思い
165567件

苦しい
46736件

先生
100093件

好き
184580件

失恋
93700件

幸せ
49655件

嫉妬
21108件

大切な人
30642件

すべてのタグ