はじめる

#真実は死人に問うてみよ

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全1作品・











- 不可解な殺人。 -












息が詰まる。



失くしたものは

あの日の景色に
溶けて歪んで落ちてしまった。










画面越し。



『本日15時21分、蓮は息を引き取りました。最後まで不甲斐ない息子でしたが、お世話になりました。今までありがとうございました。』










訃報。



端末でしか繋がれないような交際相手。

その母を名乗る人からだった。













白紙。



気づいた時には、視界が歪になっていた。










否定。



淡く熱を帯びた端末を握りしめ、読み返す。

変わらない文字。読み返す。変わらない。










思考。



何日か前の会話の記録。

7分間の端末を介した声。

回復への不確かさ。










崩壊。



持てる分だけ抱え込んだはずの覚悟。

心までもが歪まないようにするには足りなかった。










拙い言葉。



『ご報告ありがとうございます。こちらこそ、不甲斐ない私ですが、少しでも蓮の闘病生活の支えになれたなら嬉しいです。蓮が向こうで少しでも幸せであることを心から願っています。』









溢れている。



何度も拭った視界はずっと歪なまま。











最大限の前の向き方は酷いものだった。












不登校。



片足を抜き出し、体調すら忘れて登校した。










部活。



厳しい練習。日が沈んでもまた練習。










食事。



無い食欲を強引にかき集め、食べては吐いてを毎日。












衰弱していくこの体に鞭を打つ。

そんな毎日。











既に崩壊は始まっていた。












昇り日。



繰り返す頭痛の波に抗えず布団の中へ。











高き日。



自責の念に押し潰され乱れる呼吸。











沈む日。


思い耽っては歪に変わる視界。











夜更け月。



今にも閉じそうな虚ろな瞳。

瞼の裏から逃れようと瞳を閉じることを許さない。











自堕落な日々が1ヶ月。

微細ながら受け入れつつあった現実。










再構築。



壊れた生活も比例して直っていく。










LINEの音。



『久しぶり。俺、蓮だよ。(*^^*)』













唖然。



やっと受け入れられそうだったのに。

このタイミングで彼は天から連絡を差し向けた。













疑問。



忘れられそうだったのに。今更。何故。













言葉は止まらない。



『言いたいこと沢山あってさ。』

そう言って思い出と懺悔の言葉と綴った。













まだ、止まらない。



『あまり思いつめないで、君のせいじゃない。』

そう言って私への愛の言葉を囁いた。












否定。



揺れる心の在処を確かめ、もう一度読み返す。

あの頃と変わらない言葉遣いに顔文字。

何度読み返したって変わらない。













思考。



それでも思い返す。

不可解なものの多さに気づいてしまった。













崩壊。



見て見ぬフリした不可解が、崩れた彼への想いを作り直すことなんてさせなかった。














不可解。












変わるはずのないもの。



LINEのアイコンに背景、BGMにメッセージ。

彼が死してもそれは頻繁に変わっていた。











不可解。












彼が生まれた日。



沢山の友達からの遊びの誘い。

『これからもよろしくね』

隔された未来は希望に溢れていた。












不可解。














無知。



病名も症状も知らなかった。

余命半年、直前まで部活に励んでいた。

実は知っていたSNSアカウント。

更新されるはずのない記録が残っていた。












不可解。












『死者と生者は連絡が取れるか?』













不可解。不可解。不可解。













私的結論。



彼は『彼自身』を殺した。

私との関係に終止符を打つ為に。











人生最大の嘘。



『私も蓮のこと、愛しとるよ。』

壊れたものは直らなかった。












願わずには。



恋は盲目とはどうやらこの事らしい。

それでも願うこの感情に嫌気がさした。












7分間。



今でも7分間の音声が私に焼き付いている。

『大好きだよ、藍秘』

今となっては立派なトラウマ。












































































真実。



時々思う。

彼は本当に彼自身を殺したのか。

真実はもう、私には分からない。

それこそ死者に聞くでもしなくてはね。

藍秘・10時間前
小説
のような何か
不可解な殺人。
真実は死人に問うてみよ
シオンに秘めた想い
どこにいるの?
フィクションにして思い出に
病み煩い
ネット恋愛

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に1作品あります

アプリでもっとみる

他に1作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
862011件

自己紹介
69056件

どこにいるの?
1450件

好きな人
259142件

ポエム
473913件

トーク募集
56085件

397880件

辛い
143431件

エイプリルフール
2622件

片想い
201418件

恋愛
163606件

先生
97588件

好き
182351件

死にたい
73312件

片思い
163412件

苦しい
44227件

大好き
86999件

タグお借りしました
13053件

大切な人
29629件

47770件

ありがとう
52441件

すべてのタグ