はじめる

#貴方と私の恋愛物語

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全7作品・



壊れたと思っていた君への想いを

もう少し早く繋ぎ止めていたら、



壊したと思っていた自分の想いを

もっとちゃんと温められていたら、



今頃“幸せ”になれていたのかな_______

宮浦 理人(贈り物待ってる)・3日前
貴方と私の恋愛物語
感情は消え失せ
期待させないで
ポエム
楓のおすすめ投稿









おやすみ、ミケ
~夢の中でもう一度~










君は本当に猫みたいだった。













ミケはいつだってマイペースで自由気まま。

高い所が好きで簡単に登るし、華麗に降りる。

ふわふわした毛は柔らかくてずっと撫でていたい。

ひなたが好きで気づいたら眠っている。









そんな、女の子、だった。












ミケが交通事故で死んでもうすぐ1ヶ月。

小さな男の子を助けて自分が死んだらしい。

周りにいた人いわく、誰もがダメだと思った瞬間にミケが飛び出して行ったらしい。

その俊敏さはまるで猫だと。

悲しみにくれていた僕にとってその情報はある意味救いだった。












ミケとの出会いは高校3年だった。

僕の学校には映画やドラマで見るような屋上がある。

昼休みになると解放される屋上は見晴らしが良く、夏でも心地良い風が吹く。

僕のお気に入りの場所だった。

でも唯一開けてくれる屋上のドアは定教室からは遠く、いつも人は少ない。

それも僕が好む理由の1つだった。

そんな屋上の1番高いとこでミケは寝ていた。

膝を折り曲げて横向きで丸まってすやすやと気持ち良さそうに眠っていた。













それがミケとの出会い。

















それからも屋上でミケと会うことが増えた。

ミルクティー色のふわっとしたくせっ毛。

ダボッとした白のカーディガン。

声は鈴のように綺麗で、体は子猫のように小さい。

気だるそうなタレ目は笑うとくしゃっとしてなくなる。

新しいミケを見る度にミケの存在は膨れ上がり、いつからか恋焦がれていた。















卒業式の日、告白した。

無事、志望校に受かった僕がミケと会うのは最後だ。

最後だから想いを伝えたかった。

“好きな人と同じ大学行くの大変だった。”

そう言ってミケは僕と同じ大学の合格通知をひらひらとした。

こうしてミケは僕の恋人になった。














ミケと行くデートは決まって公園だった。

大きな公園に出かけ、手を繋いでただ散歩する。

疲れたらベンチか芝生に座ってお喋りしたり、昼寝したり。

夕焼けが街を飲み込んだらそこで現地解散。

そんな穏やかなデートもミケとなら楽しかった。

むしろ満たされていく自分がいた。













2人で暮らすことになった時、部屋探しに苦労した。

“ベランダが広い所”という条件は建築構造上からなのか、純粋に人気からなのか、値段が張った。

結局、予算より3万高い家賃のアパートにはとても見晴らしのいいベランダがついていた。

それからベランダは2人のデートスポットの1つになった。














春には桜を見ながら昼寝するのが好きだった。

夏は近くの川で水遊びしてゴロゴロした。

秋には美味しいものを食べてそのまま眠った。

冬はこたつで寝て風邪ひいた。

夜には僕の手の中にすっぽり収まって寝るミケ。

“ハルの隣が1番落ち着くし、寝れる…”

そう言いながら夢の中へ入っていくミケ。

たまにふふっと寝ながら笑う。

その夢の中に僕はいるのだろうか。

寝ることが大好きでいつも急に眠るから、たまに
“本当に起きるのか”
なんて心配して。

“明日起きたらいなかったりして”
なんて思うから、眠ることを諦める日があることをミケは知らない。














いつからか僕の生活はミケ中心で回ってて。















だから今、ミケを失って僕は生きたくなくなってしまっている。

ミケの大好物を作れば帰ってくる気がして2人分作ってしまう。

ベランダに出ればミケが眠ってる気がして探してしまう。

公園に行けばミケに会える気がして1人でミケの面影を辿ってしまう。














ミケ、ミケ、ミケ。















何をするにもミケで、僕はまだミケのいない世界に馴染めていない。

“どうしようか。ミケ。”

ボソッ呟いた声は公園の熱気にかき消された。

ベンチにうな垂れる僕の前に小さな影が現れた。












ニャー












まるで僕に同情するように子猫は僕の足に擦り寄った。

薄い色素の毛並みがミケのミルクティー色の髪の毛によく似ている子猫だった。

周りに親や仲間がいる気配はなく、飼い主が居そうな感じもしない。

“おまえ、独りか?”

撫でながら問いてみた。

もちろん返事が帰ってくるはずもない。

変わりに子猫は喉を鳴らした。

“帰るとこはあるのか?”

そう聞くと子猫は僕の手をかわし、草むらに入った。

ついて行くと草むらの奥に段ボール箱が置いてあった。

可愛がってあげてください。

その言葉から捨てられたことが容易に想像できる。

“ああ、おまえ、独りになったのか。”

僕は子猫に同情した。

いや、僕自身にしたのかもしれない。

いつしかミケも猫を飼いたいと言っていた。

そのためにペット可のアパートにした。

今この場にミケが居れば即決で飼うと言い切るだろう。

僕は子猫を抱き上げた。

“帰ろうか、ミケ。”

ミケは鈴のような声で鳴いた。

まなみ・2021-07-12
夢の中でもう一度
短編小説
愛するということ
独りぼっちは、寂しいもんな…いいよ。一緒にいてやるよ。
0423*0617
貴方と私の恋愛物語
時計の針を巻き戻して
逢いたいが募ってく
タグお借りしました
期待させないで
写真から小説を

同じように痛みを味わうだけ
貴方が独りで泣かないように
貴方が独りで苦しまないように
貴方が独りで不安にならないように

なのに私は今も変われない
不機嫌になれば負けじと不機嫌になる
拗ねられたら同じように拗ねて

ねぇ、それでもいいって
子供のようだねって隣で笑ってて

ひな・2021-07-11
貴方と私の恋愛物語
アナタのタグお借りします。
ポエム
独り言
夏恋

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に7作品あります

アプリでもっとみる

〈たぐ紹介〉

# 貴方と私の恋愛物語

今の恋をお相手さんと2人の恋愛物語だと
考えてみませんか?

BADEND?HAPPYEND?

どんな始まりでどんな終わりか
誰も想像はできやしない。

貴方と私の恋愛物語について
想いを綴ってみませんか?
✄-------------------‐✄
# 愛とか哀とか

貴方の愛に返されてるのは愛情ですか?
“哀”という哀しい愛もあります。
正直な想いを綴ってみませんか?
✄-------------------‐✄
# 貴方が居たから私だった_

あの人に恋をしていた時。
それが本当の自分だった、と
考えることはありませんか?

本当の自分を見つけるには、
本当の自分には何が必要か。
ほんとに必要な存在は
あの人なんじゃないか?

正直な想いを綴ってみませんか?

天ノ瀬 凛紀㌨・2021-07-10
貴方と私の恋愛物語
愛とか哀とか
貴方が居たから私だった_
タグ紹介
凛紀のまいるーむ
夏恋

ああ、いつからだろう


君を


“好きでいなければいけない”


と思い始めたのは...

零翔・18時間前
貴方と私の恋愛物語
タグお借りしました
期待させないで
好きだった人
恋を失った
つまり失恋
もう君への
想いはないんだ...
独り言
苦しい
この涙が無駄ならば

「愛してる」
「結婚してください」
「俺が最初で最後に愛した人」
「可愛らしい」
「俺の愛してやまない人」

そう言ってくれたのに。
全部表面上だけの話。

貴方と私の恋愛物語は
終わりに差し掛かってるの?

BADEND?HAPPYEND?

そんなの、誰もわかりやしないね

天ノ瀬 凛紀㌨・2021-07-10
貴方と私の恋愛物語
元彼
好きな人
凛紀のまいるーむ

桜舞い散る季節 私は貴方に恋をしました
空の向日葵が照らす季節
貴方をずっと見ていました
紅葉が落ちる季節
貴方は忙しくなりました
雪が降り積もる季節
私は貴方を見かける事が少なくなりました
そして 出会いの季節
貴方はこの場所からいなくなりました

📮ポスト💌・2021-07-11
貴方と私の恋愛物語
タグをお借りしました
青春

他に7作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

NOTE15の日
27655件

独り言
759934件

期待させないで
1961件

ポエム
428879件

好きな人
219077件

辛い
120349件

359737件

自己紹介
57118件

片想い
184338件

恋愛
144554件

疲れた
15229件

トーク募集
42290件

死にたい
60585件

好き
171616件

片思い
151129件

笑顔
27326件

失恋
83641件

彼氏
64396件

苦しい
36319件

40582件

夏恋
9715件

すべてのタグ