はじめる

#きみへ

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全92作品・



何も知らないキミへ___




















ごめんね。話したい事沢山あって
_____________________________________

また手紙書いちゃった。ごめんね。
_____________________________________

前の手紙読んでくれた?長かったでしょ
_____________________________________

ホントは言うつもりなかったんだけど。
_____________________________________

ふうなに取られたくなくて言っちゃった
_____________________________________

今日は前よりだいぶ長いから
_____________________________________

引き返すなら今のうちだよー?笑笑
_____________________________________


_____________________________________


_____________________________________


_____________________________________


_____________________________________

壮。いつも笑わせてくれてありがと。
_____________________________________

あんたとこんな重い話したくないけど
_____________________________________

もう逃げたくない。逃げちゃダメなんだ
_____________________________________

なので想いの丈をぶちまけます。
_____________________________________

初めてちゃんと接したのはいつだったか
_____________________________________

忘れました。でも覚えてることもある。
_____________________________________

ちゃんと接したのは席替えで隣の席に
_____________________________________

なったとき。5年生の頃だったかな。
_____________________________________

そんときはなんの感情もなかった。
_____________________________________

ただの友達。フツーの友達。男友達が
_____________________________________

多い私にはキミはただの友達だった__
_____________________________________

それは6年になっても同じで仲のいい
_____________________________________

男友達として楽しい毎日を送っていた。
_____________________________________

いつも笑わせてくれて、充実してた。
_____________________________________

誰のおかげ…?真っ先に浮かんだのは
_____________________________________

いつもキミだった___
_____________________________________

そして気づいたのは9/14。
_____________________________________

つまり修学旅行2日目。いや。その前から
_____________________________________

知っていたのかもしれない。この名前を
_____________________________________

修学旅行の班決めもキミを楓菜に取られて
_____________________________________

イライラしてた。知りたくなかった。
_____________________________________

認めたくなかった。キミの事
_____________________________________

『ただの友達』じゃないことに。
_____________________________________

私は知ってしまった。気づいてしまった。
_____________________________________

嗚呼。キミが好きなんだって。
_____________________________________

気づいた時にはもう遅かった。
_____________________________________

もうハマってた。その日教えてもらった
_____________________________________

天月の事も帰って速攻で調べた。
_____________________________________

キミが好きだから天月も好きになった。
_____________________________________

何言ってるか分かるかな。
_____________________________________

言い足りないくらい好きで楓菜が大嫌い。
_____________________________________

彼女もきっとキミが好きだから。
_____________________________________

中学では席、隣なんでしょ。
_____________________________________

私は中学も違うし、もう戦えないじゃん。
_____________________________________

こんな女の泥臭いところ見たくないよね。
_____________________________________

でもキミ、知ってたね。
_____________________________________

私と楓菜が表面上だけの友達って事。
_____________________________________

結構千里眼だよね。もしかしたら
_____________________________________

私がキミの事好きなのも気づいてたかな。
_____________________________________

そりゃないか。ただの友達だもん。
_____________________________________

でさ。壮、彼女いるじゃん。
_____________________________________

でもモテるじゃん。私とか楓菜とかに。
_____________________________________

でもあんた、彼女の事嫌いじゃん。
_____________________________________

てか付き合ってるって思ってないじゃん。
_____________________________________

だから私とどうしろって訳じゃない。
_____________________________________

私とは友達でいてくれていい。
_____________________________________

それの方がやりやすい。壮の事近くで
_____________________________________

見られる。支えられる『友達』として
_____________________________________

でもね。ホントは付き合ってほしい。
_____________________________________

つまらない毎日をまたそばで明るくして
_____________________________________

ほしい。でもそんな我が儘な事言えない
_____________________________________

付き合えたら幸せなんだろうなって思う
_____________________________________

毎日明るくて楽しいんだろうなって。
_____________________________________

壮は人の事好きになるタイプじゃない。
_____________________________________

分かってるから付き合ってなんて
_____________________________________

言えないよ。私は永遠の『友達』だから
_____________________________________

だからいいんだ。友達で。
_____________________________________

何も考えず笑っていられるのは
_____________________________________

友達でしょ?関係が壊れるなら友達で
_____________________________________

いいんだ。側で笑っていられるんだから
_____________________________________

分かってる。弱い事くらい。これが
_____________________________________

逃げてるって事も。でも怖い。
_____________________________________

キミに嫌われるのが。それだけは嫌だ。
_____________________________________

でも私がキミを好きって事は
_____________________________________

知っといてほしい。でも返事はいらない
_____________________________________

聞くのが怖いから。友達でいたいから。
_____________________________________

ごめんね。我が儘で自己中で。
_____________________________________

でも毎日かまってくれてありがとう。
_____________________________________

優しく笑ってくれてありがとう。
_____________________________________

でも時には決断も大事。曖昧なのは
_____________________________________

優しくない。それは傷つけてるよ。
_____________________________________

それも知っといてほしい。ごめんね。
_____________________________________

なんだか上からで。でも友達ですから。
_____________________________________

言い足りないくらいありがとう。
_____________________________________

これからもささやかに恋させて下さい。
_____________________________________

読んでくれてありがとう。

舞彩・2019-05-11
キミへ
メッセージ
貴方へ
好きな人へ
君へ
きみへ
ラブレター
好き
片思い
片想い
大好き
嫌い
手紙
ポエム
独り言
未完成品
もしも想いが届くなら

会えないって分かってるのに

会えると期待してる

自分がいる

美々香__📷・2020-03-27
塾の先生
先生
あなたへ
きみへ
独り言
Words_to,Yuna💫
A_storythat_can_only_be_drawn_By_as🍀Mr.OKITA

結局のところ
最後には1人になってしまうのは
みんなわかってて。

それでも
きみに笑ってて欲しくて、

『独りじゃないから。』

あーす・2019-11-12
一人じゃないから
とどけ。
独りじゃないから
結局
最後
空駆ける鷹はうたう
誰かへ
きみへ
独り言
ポエム

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に92作品あります

アプリでもっとみる

きみが好きでした。

きみをずっと好きでいたかった。


けれど きみは全然話さないし

もうこのままでは終わりなんだ。

そういう運命なのかも知れない。

ℛian_🍇一言look!・2019-09-06
ポエム
きみへ

ゆっくり
ゆっくり
焦らずに。


僕と一緒にいきませんか?

あーす・2019-09-25
とどけ。
独り言
誰かへ
きみへ
自分に喝!
空駆ける鷹はうたう

私から

離れていかないで。

お願い。

もう嫌なの。

人がどんどん離れていって

その姿を見るのが…

瑞穂みずほ・2020-04-17
ポエム
独り言
瑞穂の願い
好きな人
失恋
悲恋
君への想い
僕と君との物語
きみへ
大切な人に伝えたい事

気づいたら、

君の事ばっか考えてる。

瑞穂みずほ・2020-04-17
ポエム
独り言
大切な人へ
瑞穂の願い
好きな人
失恋
悲恋
君への想い
僕と君との物語
きみへ
大切な人に伝えたい事
君への想い
瑞穂の恋

君が泣かないのは、

強いことじゃなく、

我慢している証拠だと思う。

我慢しないで、

泣いてもいいんだよ。

瑞穂みずほ・2020-03-24
ポエム
きみへ
僕と君との物語
もしも魔法が使えたなら
あの時伝えたかったこと
失恋
恋愛
叶わない恋

きみに会えたとき素っ気ない態度をとったけど

本当は嬉しかった

美々香__📷・2020-03-23
先生
塾の先生
きみ
きみへ
独り言
A_storythat_can_only_be_drawn_By_as🍀Mr.OKITA

私が

貴方を笑顔にする

ひよ・2020-03-20
ポエム
きみへ

悩みも迷いも全ては
きみが今以上のきみを
目指している証

➣絃➢・2020-02-22
ハジ→
証。
皆に聴いて欲しい
届け
きみへ

きみの好きな人ってどんな人?

優しい人?可愛い人?運動ができる人?

わたしさ、優しくなんてないし、
全然可愛くないし、運動も平均ぐらいだけど

きみを好きな気持ちは誰よりも強いし
きみのためならなんでも頑張るから
どうかきみの好きな人になる日が来ますように

あさ・2019-06-16
独り言
きみに届け
きみへ
片想い

大好きな君へ
ねぇ、久しぶりに話したね
声変わってたね
なんだか低くて大人みたいな声だった
でも、笑顔は変わらず子供みたい
今日、目あった時話しかけようか迷った
けど逸らしちゃって。
テスト何点だった?って帰りに
話しかけられて隣に君がいるって
思うだけで心臓の音聞こえるんじゃないかってくらい
ドキドキしてました。
変わらないようで変わった君
君が他の子に話してるの見ると
ザワザワって音がして
君は鈍感だからさ周りが君のこと好きだって
気づく訳もなく、私結構態度に出してるのにな
そんな君に初めて本気の恋をして
初めて本気で泣いて
周りから見たら小さなどこにでもある恋だけど
私にとって特別な恋になった
簡単には諦めきれない
君の好きなところなんて分かんない
その位好きなの

涼菜👓🐻・2020-06-18
好きな人
片想い
初恋
諦めきれない
好きなところ
手紙
きみへ
君へ
特別な恋

“平気だよ”って言ったら

嘘になるけど


“大丈夫”って思えるのは

君だから

寵愛・2019-09-21
独り言
きみへ

卒業おめでとう
そして、今までありがとう。

結局最後も話せずに終わっちゃったけど
いつも明るくて一生懸命な
きみがだいすきでした。

あさ・2019-03-13
卒業
だいすき
きみへ
ありがとう

他に92作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
543324件

あなたに伝わりますように
2802件

ポエム
312450件

256630件

好きな人
129280件

自己紹介
39696件

好き
136180件

24466件

辛い
66937件

片想い
138286件

片思い
118317件

恋愛
104786件

19256件

死にたい
32443件

失恋
59303件

大好き
61244件

先生
65686件

ありがとう
36308件

43124件

友達
41542件

歌詞
93312件

すべてのタグ