はじめる

#ずっと一緒に

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全348作品・


一緒に居られる時間は限られている。

望むような結果にはならない。

世間には嗤われる。

引かれることだってある。

批判もされる。



だけどそれでも、

僕は君を愛してます_

霓薔 宙誚 ニジシキ ソラセ・2022-02-28
どんな未来が待とうとも
好き
好きな人
愛してる
大好き
ポエム
ずっと一緒に
同性愛
宙誚50

"永遠"に手を伸ばしても

届かないと分かっている

それでも、君が"また明日"と

微笑む夕暮れは優しくて

神々廻 勇凛・2022-08-01
神秘の夜空に花が咲く
また明日
永遠
手を伸ばす
届かない
分かっている
それでも
微笑む
夕暮れ
優しい
明日も会いたい
そばにいたい
大切な人
ずっと一緒に
コラボ
ポエム
藍秘ちゃんに贈る
夏休みにやりたいこと

一週間 一ヶ月
記念日のたび祝ったことを
ばからしく思うくらい
ずっとずっと一緒にいよう

Luca・2022-06-13
恋愛とは
あなたとの記念日
これからも
ずっと一緒に
ありがとう
大好きな人
Lucaのお気に入り

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に348作品あります

アプリでもっとみる

いつまでも君と

一緒にいられますように

ずっと一緒に

歩んで行けますように

桔梗・2023-01-02
願い事
ずっと一緒に
彼氏
大好き
愛は身近なところに【恋みくじ】

いつか彼と会って恋人繋ぎするまでは
ずっとあなたの彼女でいたい

まだまだ先の話だけど
それまでは心で恋人繋ぎしていたいの

桜愛&桜乃・2023-11-05
恋愛成就の日
一番大好きな人
ずっと一緒に

いつもの分かれ道

ずっと一緒にいたいけど

この昂った気持ちのまま君と

今日は離れるのもいいのかもしれない

Lavender𑁍︎·͜·・2023-07-08
分かれ道
ずっと一緒に
昂る気持ち
火照る帰り道
青春
好きな人
恋愛
ポエム

ずっと一緒にいることだけが

運命じゃなくて もう会えなくても

自分が変われた、

出逢えてよかった、と思えたなら

それは自分にとって運命だと思う

HINA・2022-03-24
片思いでしか終わらない恋?
好きな人
片思い。
届かない想い
運命の人
運命
だと思ってます
ずっと一緒に
いれなくても

楽しみだけど君との
別れの時間が迫っている。
来年になって欲しいけど
なってほしくない!

ハルリン・2022-12-20
クリスマス
ずっと一緒に
君と居たい
推し


あなたとの時間を自分だけのものにしたい。


誰よりも大切な「彼女」という枠から、

誰よりも大切な「家族」という枠になりたい。

あなたのお嫁さんになるのが私の夢です笑


大好きすぎて涙を流す。

バカみたいだなって思っても止められない。


あなたのことが大好きで大好きで仕方ないから…

ゆいchan・2022-03-01
あなた
大好き
好きな人
ずっと一緒に


幾つもの時代を辿り

この世は〝現代〟を築き上げていく



先人たちの知恵や生き様は

たとえ歴史に名を刻まずとも

語り継がれていくものだ



「なんだかここは

古き良き時代、って感じだなぁ」


江戸時代を思わせる街並みと

和と洋が入り交じる人々の服装は

なんとも言えない風情があった




〝琴葉〟


古の風に乗って、どこからともなく

声が聴こえる


「はい」

〝おや、今回はどうやら

明治初期の京都へ飛んだようですね〟

「やはりそうでしたか」

〝ちょうど、明治維新の頃ですね〟

「時代の生まれ変わりの時期ですし

闇を抱える人間様も多そうですね」

〝そうかもしれませんね〟



鴨川の揺らめきに視線を移すと

そのすぐ側に

番傘に顔を隠した女性の姿があった



「……深い、闇」

彼女から放たれる闇は

まるで、漆黒の海の底に居るかのように

暗く、冷たい



くるりと振り向き歩み始めた女性に

私は思わず声をかけた



「あの……っ」

「はい……?」

「この辺に神社はありますか?」

「……神社やったら

この辺りは仰山あるぇ?」


顔を上げ、番傘から覗かせた彼女の顔には

殴られたような痕が見えた


「その傷は?」

思わずそう口にすると

彼女は一瞬瞳を揺らし押し黙る



しばらくの沈黙が

更に闇を濃くするようだった



「……醜いもん見せてしもたねぇ」

「誰かに殴られたの?」


悲しげに笑う彼女の名前はマツ


「ちぃとこっから歩くけど

これから八坂様に寄っていくさかい

一緒に来なはる?」

「うん」



奉公先の主人から用事を頼まれ

鴨川近くまで来ていたマツは

主のお屋敷に帰る前に

一度八坂神社へ寄るのだと言う



ゆっくりと歩きながら

私は彼女の過去を透視した


視えてきた彼女の生い立ち

そして今も続く折檻は実に凄惨であり

胸が痛む



日本でも古くから様々な形で人身売買が

行われてきた



江戸時代になると

幕府は人身売買を禁じたが

完全になくなったわけではない



年貢上納のための娘の身売りや遊女奉公

人を売り買い、まるで奴隷のように

労働や家事に従事させる奉公制度が

未だ認められていたのである



マツも、その一人だった



「……身体の痣も、傷も

主に折檻されたものね?」

「……っ」


どうして分かるのかと言わんばかりに

マツは目を見開いて視線を向ける



「逃げ出そうとは思わないの?」

「……そうしてしまえば、あん人は

必ずうちを見つけ出す」

「あん人……、主のことだね」

「そうや……

死んでしもたら、なんにもならん」

「うん」

「大事な人にも、会われへんようになる」



物憂げに桜の木を見上げたマツは

風に舞う花びらを

そっと手のひらに乗せて語り始めた



「……好きな人が居るんや」

「うん」

「生きてほしいんや」

「うん」

「想いを伝え合わんでもええ

触れることさえ出来ひんでもええ

心で繋がっとるのが分かるさかい」

「うん」



奉公先の主の妾であるマツのそばには

その主の用心棒として

雇われている男性の姿が視える



二人は互いに惹かれ合い

互いの傷に寄り添い合っていた



「旦那はんに知られでもしたら

それこそ大事な人をも失ってまう」


なんて悲しい恋物語なのだろう



「あなたはそれでいいの?」

「……ええのよ」


そう言ってマツは微笑むと

番傘をクルクルと回しながら

口ずさむ




ひとつ 一夜に 人忍び

ふたつ 二人が 逢瀬て

みっつ 見事に 手を結び

よっつ 夜毎に 恋しくて

いつつ いつかの 温もりを

抱いて 夢より 居出まする

はぁーよいよい はぁーよい




「数え歌?」

「そうや、……恋する二人の歌や」


カランコロンと下駄の音を響かせ

少しばかりおどけて見せると

マツはまた歩を進めた



「マツ」

「なぁに?」

「どんな事があっても

この先もずっと

大切な人の手を離したら駄目だよ」

「……そうやねぇ」

「必ず、結ばれる未来が来るよ」



自由のない時代に生まれ

たとえ、どうにもならない運命に涙しても

支え合える人の存在は大きい



時代の流れは早いのだ

きっといつか、また巡り逢える



「心の繋がりは、魂で呼び合う」

「魂で……?」



胸に手を当てたマツは

息を吐くように笑みを零すと

「そうかもしれんね」と呟いた




用事を済ませたマツは

八坂神社の桜を背に振り向く


「これでまた生きて行ける」

「……っ、うん」

「後悔のあらへん人生にせなあかんね」

「うん」

「ありがとう」



そう言って、マツは足早に

家路についた






むっつ 結びの縁 呼んで

ななつ 七色 幸せを

やっつ 約束しましょうね

ここのつ ここで 逢えたなら

遠く遥かの幸せ

あんたとなら信じ合える

はぁーよいよい はぁーよいよい

はぁーよい





桜舞う中、微かに残る歌声に

耳を澄ませば

二人が笑い合う未来が見えた




〝琴葉〟


どこからか、花香る空の向こうから

声が聴こえる


「はい」

〝悲恋と言えど、互いを生きる力に

想えることは、必ずや魂を結びつけます〟

「はい」

〝切なくも、力強い歌でしたね〟

「はい」

〝琴葉の歌声ではない歌を聴いたのは

久々です〟

「……何年ぶりですか」

〝かれこれ、2000年ぶりくらいでしょうか〟

「……どんだけ聴いてないんですか」

〝そんな話はさておき

一度帰って来なさい〟

「はい」




桜の花びらを巻き上げ

優しい春風が吹く



新緑の匂いが芽吹き始める頃だ




ねぇ、マツ


もしも、来世のあなたが

此処に居たら

きっとあなたに

感謝をすることでしょう



後悔することなく

彼と心の手を繋いだまま

生き抜いてくれてありがとうと




あなたはきっと

悪しき縁に打ち勝ち

愛する彼との縁を深め

魂の絆を固く結ぶのです



それは、来世へとバトンが繋がれ

幸せな未来を手にするために

今のあなたにしか出来ないこと



強く、その人生を生き抜いてね



春風に舞う桜の花びらに

生命と魂の行方を探る



儚く散っても尚、鮮やかに

心に咲き誇る人生が

そこに在るようだった

Mari・2022-04-16
物語&小説/from:Mari
小説
KOTOHA
ずっと一緒に
好きな人
大切な人
独り言
ポエム

彼の身近で不幸があった

時間の大切さ
命の大切さ
あなたの大切さ
色んなことを考えさせられる

「わたしが死んでもあなたは強く生きてね」

そんなわたしの言葉に
あなたはかぶせるように

「それは無理よ」って連呼して

そんなこと言われたら
なんだか泣けてくるよ

わたしが居なきゃ生きていけないなんて

なんでそんなにわたしのこと好きなんだろう

不思議…

ほんとに不思議…

mami・2022-02-10
好きな人
ずっと一緒に

今日も また、ここで会え 嬉しくて
ずっと一緒に いる気がします…ᥫᩣ
𝒹𝒶𝓇

リアルでも…これからも…幸せに…
ずっと…ずっと…

darling・2023-06-21
𝒹𝒶𝓇
幸せになろう
ずっと一緒に
遠距離
恋愛


明日消えるとしたら


あなたの小指と
私の小指とを
紅い糸で結んで
永遠に離れないように
しよう


先に行かないでね
いつもずっと
一緒にだよ

ほっぺ・2023-02-05
明日消える世界で
ずっと一緒に
タグをお借りしました😊

大切な人の手を離しちゃいけないよ

どんな時も、心そばに居ること

きっとそれは欠けがえのない絆となり

魂と魂を再び引き合わせてくれるから

Mari・2022-01-26
ずっと一緒に
伝えたいこと/from:Mari
独り言
ポエム
好きな人
みんなへ

toujour aupres

ずっと一緒に



何度も交してきた言葉が

今もこの胸に在る

Mari・2022-04-15
ずっと一緒に
フランス語
日本語
独り言
ポエム
好きな人
想いの欠片/from:Mari

他に348作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
986748件

迷宮
4075件

自己紹介
92427件

447273件

好きな人
314131件

辛い
178295件

ポエム
525468件

トーク募集
81859件

死にたい
93702件

恋愛
192780件

片想い
224555件

苦しい
57751件

好き
196593件

片思い
181718件

失恋
105565件

歌詞
120420件

大切な人
36267件

流れ星
5502件

大好き
94279件

58201件

彼氏
80412件

すべてのタグ