はじめる

#世界は広い

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全45作品・

本気で死のうと思っている貴方へ_


どうか死ぬ前に、

あなたを死にたいって思わせているものから、

全力で逃げてみてほしい。

学校が嫌なら休めばいい、

家に居場所がなければ外に出ればいい、

疲れたなら休めばいい、

辛いならやめてしまえばいい。

どうせ死ぬんだから出来るでしょ?

この世の暇乞いに、とでも思ってやってみてよ。

大丈夫。あなたの居場所なんて意外と沢山あるんだから。

︎ ︎☂︎・2021-09-18
世界は広い
大丈夫
居場所
伝えたい想い
大切な人
死にたい
メイト🎀








君の笑う瞳

光を放つ君は

今日も彼奴らの中にいて。


僕の片手に重なるものは

ただ一つであり 交わらない糸のよう。

ポチ・2020-10-22
過去も未来も現在も
ジグゾーパズル
恋愛
恋人
片想い
世界は広い
残酷
結ばれない糸
今まで
ポエム
すずにゃ
✞☪︎.*。✞☪︎



【Real Me 性別のない人~第九話 急接近】



ガシャガシャガッシャンッ



バイト中


客が食べ残した皿を重ねて


運んでいた最中のこと。



奈々との事が頭を離れない。


その事で頭がいっぱいだった俺は


汚れた皿を一気に


床に叩き落としてしまった。




客の目が一気にこちらに注がれる。



「も、申し訳ありませんでしたっ」



楽しく呑んでいた客に


丁重な謝りを入れ


片付けを始めようと


ロッカー室へ入ろうとした時


千祐さんがホウキと


ちりとり、モップを


持ってきてくれた。



俺の掃く割れた瀬戸皿を


千祐さんはちりとりで


受け止めながら


声をひそめる。



「想」


「はい」


「お前らしくないな、大丈夫か?」


「……すいません」


「上がったらルームに来い」


「うっす…、わかりました」



きっと、怒られる。


そう思っただけで


胸は締め付けられて


店の床を眺める目に


涙が滲んだ。


それでも


涙を必死に堪えたのは



この涙に気付かれたくない…


そんな意地だった。






「想くん、おつかれさまー」


「おつかれっす」


「また明日な」



高校生のバイトは


22時の上がりが


義務付けられている。



もっと働きたいけど


法律が物をいう世界だ。



スタッフが未だ


忙しく働き詰める中


俺は、


チーフルームのある


店の2階へと上がった。



コンコン


拳でノックすると


俺の気持ちとは裏腹に


軽快な音が響く。



「どーぞ」


返ってきた気の抜けたような


千祐さんの声に


心が跳ねた。



「失礼します」


一応の挨拶を済ませ


中に入ると


千祐さんは黒縁の眼鏡をかけ


店の書類に


目を通しているところだった。



部屋の戸を閉めると


書類を置いた千祐さんは


「呼び出して悪かったな」


と、柔らかく笑った。



その笑顔が痛い……。


「あの、お店のお皿割っちゃって……あの分、バイト代から差し引いといてください」


俺が勢いよく頭を下げると


千祐さんは笑み声のまま


俺に近寄り、頭を


ぐしゃぐしゃと撫でた。



「皿代なんかいいさ」


「え、でも」


「悪いことしたって思ってねえ奴からは天引きすっけど、想はちゃんと反省してんだからいーの」


ミスした時の


人の優しさが


こんなにも


心を温めて


こんなにも


涙を誘うのは


一体どうしてだろう。




千祐さんの優しさが


心を包み込む。




さっきの意地はどこへやら。



目を潤ませた涙は


容赦なく床に落ちた。



やばい



情緒不安定。


プラス


意味不明。



それなのに


千祐さんは


俺の頭に手を置いたまま


心配そうに眉を下げる。




「想、やっぱお前なんかあったろ?」


「なんでも、ない……っす」


「お前嘘下手な」



千祐さんは俺の反応を待つように


しばらく無言で様子を窺っていた。



だけど


どう言っていいのか


わからない。



俺が本当に


嘘が下手な人間なら


とっくに


奈々にも「MTF」だと知られ


千祐さんにもこの想い


伝わっているでしょう?



彼女がいるということも


千祐さんに咄嗟に秘密にした。


友達にも親にも


体と心の性別が


真逆であるという事を


話せていない。



嘘、嘘、嘘、嘘だらけ。



何処が嘘下手な人間だろう。



何も言えず突っ立って


涙を落とし続ける俺に


千祐さんはとうとう


ため息をついて


こう、呟いた。



「……ま、俺じゃ頼りになんねえか」


「え…ちが、そんなわけじゃ」


「わかってるわかってる、コウコや兄貴の方が物腰柔らかいから、相談しやすいよな」


そんな風に笑う千祐さんは


どこかとても寂しそうで…



やがてその心中を物語るように


千祐さんの手のひらは


俺の頭から離れていく。



「……やっ」


咄嗟に俺は


その腕を両手で掴んで


そう、声をあげていた。


「想……?」


「あ、あ、頭……な、撫でて下さい」


「は……?」


「す、すんげええ気持ちいいんでっ!」




何を血迷った、俺っ。


さすがにこんな事、言うなんて


男が男に……おかしいだろ。


自問すると血液は


一気に上へと昇り


俺の顔を熱くさせる。



「え、あ、……おう」



ところがどうだ。


驚きながらも千祐さんは


俺の「変な要求」を優しく受け入れ


俺の頭を撫で続けてくれた。



涙は、まだ止まらない。


それでも伝えたい事。



「俺が……そ、尊敬してるのは、紗季さんでもコウコさんでもなく……千祐さんです。自分から2人と比べて、勝手に……落ち込まないで下さい。俺はちゃんと千祐さんのこと……」


ありったけの気持ち。


まっすぐではないけれど


伝えられるだけの最大級の表現。



「お、想ってますから」



落ち込んで欲しくなくて


ここにちゃんと


千祐さんを敬愛する奴が


一人はいるんだってこと


わかってほしくて


口にしたはずの言葉。



だけど伝えた直後の


ウラハ
心恥ずかしさが


とてつもない後悔を連れてきた。



ドキドキと


心臓の音ばかりが


耳に響く中……


千祐さんは


頭を小さくかくと


真剣な眼差しで


俺を見つめ、言った。




「……あー……どー…しよ」



やっぱり


引くよな……。



「お。男が、男に、ははは、な、何気持ちわりーこと言ってんしょーね」



気がつけば俺は


伝えたくて伝えた言葉を否定し


また自分の気持ちに


蓋をしようとしていた。




でも、嫌われるより


ずっと、いい。



涙を飲み込んで


俺は無理に笑って見せる。



「いや」


千祐さんはそう呟いて


「え…?」


言葉を繋ぐ。



「今、なんか俺……すげえ、」


「……はい?」


「ドキドキしてるわ」


「……は?」



「心臓の音…聞いてみるか?」




唖然とした俺の答えを待たずして


千祐さんは俺をトンっと


優しい手のひらで抱き寄せた。



途端に、跳ね上がる心音。


どくどくなんて


生易しいものじゃない。



ドドドドドド


騎馬隊が身体中を駆け巡る。



でも、本当だ……。


千祐さんの鼓動も


負けちゃいない。




「な、すげえだろ」


内部から耳に響く、


くぐもった千祐さんの声


決して背丈が

大きい方ではない俺が


長身の千祐さんに


すっぽりと包まれる。



仮病を使ったあの日より


ずっと近くに感じる息遣い


優しい体温。


仕事服からふんわり香る


店の料理の匂い。


俺と千祐さんの服が


衣擦れる音……。



「ち、千祐……さん」


やばい。


心臓、止まりそう。


頭に血が昇ってふらついた。


俺が裏返った声をあげると


千祐さんは我に返ったように


すぐさま俺を引き離す。



「はっ、あは、あはは……おっ男が男に、何してんだ!!あほか、俺は!」


どこかで聞いたような台詞を


慌てふためきながら


復唱する千祐さんの顔は


俺と同じくらい赤かった。




「そ、想、お前、顔赤すぎだぞ」


「なっ、千祐さんこそっ!」


「あ?そ、そうか…?」


「そー…っすよ」


「……おう、そいつは悪かっ…た」



嫌な汗をかきながら


俺は左


千祐さんは右


互いに


ちぐはぐな方向を見ゆる。



異様な雰囲気が


部屋中に漂っていた。



これは気まずい。



「あ、あの、俺」


この場を逃れるべく


俺は声をあげた。



「お、う。なんだ」


「か、帰ります」


なんて捻りのない逃れ方だろう。


それでも千祐さんも


俺が捻り出した駄策に


乗っかってきてくれた。


「そうだな、親御さんも心配するから」


「うっす」


じっと、千祐さんを見つめる。



理由はどうあれ温もりをくれた。


その事が嬉しかった。



言葉にはできない代わりに


俺は千祐さんに


深深と頭を下げて


踵を返すと


チーフルームの


戸を開く。



「あ、想っ」


呼び止められて


振り返ると


未だ茹で上がった顔をした千祐さんが


黒縁メガネをかけ直しながら



「気をつけて帰れよ」


そう、優しく


微笑んだところだった。




ああもう…かわいい。




いつものしっかり者の千祐さんとの


ギャップにやられ込んで


俺は、店を後にしたのだった。


【Real Me 性別のない人~第九話 急接近(終)】

ひとひら☘☽・2020-04-07
幸介
幸介による小さな物語
RealMe~性別のない人
幸介/性と言う名の鳥籠シリーズ
幸せ
チーフ
心臓、跳ねた
黒縁眼鏡
優しさ
やばい
情緒不安定
意味不明
トランスジェンダー
トランスセクシュアル
色んな人達がいる
世界は広い
MTF
FTM
性別違和
性同一性障害
好きな人
思春期
悩み
高校生
社会人
バイト先
偽り
恥ずかしい
LGBT
小説
物語
独り言
学校に行く理由
友達
ポエム
学校

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に45作品あります

アプリでもっとみる

世界は広い


たくさんの出逢いがあって

様々な経験が出来る


仲間同士

啀み合うことに

時間を割くのは

勿体ないと思わない?

Mari・2019-08-18
世界は広い
出逢い
経験
啀み合い
仲間同士
独り言
ポエム
伝えたいこと/from:Mari

いま、『死にたい』
って思ってる人
どれくらい、いるのかな。

そんな簡単に『死にたい』
なんていわないで。
世界は広い。
あなたを必要としてくれる人は
必ずいるから。

あと、NEWSの「生きろ」
って曲聞いてね。
きっと、元気もらえるし
あなたの力になるから。
あなたはひとりじゃない。

おーゆり。□♡▼○・2018-07-21
死にたい
死にたいと思ってる人へ
生きて
世界は広い
生きろ
NEWS
あなたはひとりじゃない
URnotalone

雲は流れ 空は広く
太陽は輝き 月は夜を照らす
同じ空の下にいる
大切な人
これから出会う運命の人

世界は広い
私達はどこへだって行ける

❁いちご❁・2018-12-08
世界は広い
ポエム
励ましの言葉
元気がわいてくる魔法の言葉
元気、勇気が出ますように
すきください

世界の誰かが『死にたい』と嘆いているのに


世界の誰かは『生きたい』と嘆いている。


世界は不平等だ。

華 @低浮上・2020-05-18
世界
世界中
嘆き
不平等な世界
不平等
独り言
ある意味残酷
世界は広い

勇気をだして告白して

勇気をだして競走して

勇気をだして強がって

世界は勇気で溢れてる

勇気はみんなの中にある

♡ラズベリー♡・2019-09-08
勇気をだして
世界は広い

されて嬉しいことは

皆違うだろうけども

される喜びってもんは

皆同じだろ








     優しくなろうぜ、世の中に。

u.・2021-08-30
のんびりいこうぜ
人生
世界は広い
幸せ
ヤユのポエム的な。
独りゴト
独り言
世の中
世界
温かさ
人の温度
ひとりぼっち
じゃないからさ

自分の痛みに








気づいてあげて。








心も身体もこんなに








こんなに傷ついて









どうしてそこまで頑張るの?









あなたの人生も、命も









全部あなたのだから。










もうこれ以上









そんなものに縛られないで。











あなたは











自由だよ。










声を出していいよ。










隠れなくていいよ。










怖がらなくていいよ。












こんな声しか












かけられなくてごめんね。















でもこの世界は広くて
















あなたの見ている世界は












こんなにも狭い。














今のあなたはこの箱庭が













あなたの全てでしょう。















だけど空の終わりが見えないように















あなたがどんな道を通っても













あなたの行きたいところを目指せば















あなたはどこへでも行ける。













あなたの道に限界なんてない。















終わりは自分で創りなさい。















でもその前にあと少し足掻いてみよう















大丈夫。












置いていったりしないから














この小さな箱を一緒に壊そう。




















あなたを応援する私がいること










忘れないで

陽雨 .*・゚.・*.・2020-10-18
独り言
ポエム
悲しい
辛い
壊そう
逃げよう
世界は広い
心が折れそうな人へ

世界って広いね…

いろんな人が傷ついて…

いろんな人が泣いて

どこかで誰かが、お亡くなりになって、

どこかで誰かが、病気にかかって

どこかで誰かがいじめられる

どこかで誰かが幸せになる

そんな世界…

私だけが、嫌な思いをしてるわけがない

そう教えてくれる場所

大切にしたいな…

西宮 琴葉  ありがとうございました。・2020-11-14
世界は広い
私だけじゃない

君は独りじゃない。
独りだって誰が決めた。
世界は広いから、誰か必ず助けてくれる。
だから死にたいなんて口にしちゃダメ。

綴梦/・2021-02-26
死にたい人へ
大丈夫
独りじゃない
頼って
世界は広い

全然気づかなかったけど

学校って結構かっこいい人居るなぁ

確かに世界は広いのかも…

君はもう帰ってこないから片思い始めますか!!‪w

さーさ・2021-02-09
世界は広い
かっこいい人
片思い始めます

世界は広い

だから
君に出会えた事は

“奇跡なんだ”

みき@低浮上ぎみ・2020-02-01
片思い
大好き
奇跡
世界は広い

世界はこんなに広いのに
わたしを愛してくれるのは
誰一人いない

ミー・2019-03-27
世界は広い

他に45作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
812175件

鳥のように
317件

自己紹介
62778件

379443件

君の隣に
1822件

ポエム
452645件

好きな人
238878件

トーク募集
48695件

片想い
192731件

恋愛
154255件

辛い
132748件

好き
177440件

死にたい
67465件

恋人たちの日
278件

片思い
157083件

43977件

彼氏
68215件

大好き
84125件

先生
92551件

歌詞
111525件

夜明けと本音と
42件

すべてのタグ