はじめる

#優等生

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全206作品・

本音を無理矢理飲み込んだ

今日も上手に

優等生

五月雨 END・2022-08-06
助けてなんて言えない
本音
優等生
仮面
夏休みにやりたいこと
フィクション
五月雨オススメ

真紅を身にまとって

口角上げて

愛想笑いで

ほら、理想像のできあがり

葵 惺桜⋆°。✩・2022-04-29
目と目が合うと
辛い
優等生
わーお。

なんでも出来る優等生に限って

仮面をつけていたりする

雪片・2022-04-29
独り言
ポエム
なんか納得した
目と目が合うと
優等生

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に206作品あります

アプリでもっとみる

安心してよ、まま。

私は貴方のおもちゃだから

そら。 ありがと、またね。・2022-04-09
お母さん
おもちゃ
勉強
優等生
言う通り
ママ





〈名前のない物語〉





















「私、あんたのこと嫌いだから」




「……は?」




生まれて初めて




女に嫌いと言われた。
















































事の発端は、担任から雑用を押し付けられた事だった。




「若崎くん、今日の放課後空いてる?」




「少し頼みたいことがあるの」




「空いてますよ」




「ほんと?それじゃあ放課後教室残ってね」




「はい」




頼みたいこととは委員会の資料作りで。




まぁ俗に言う雑用だった。




「じゃあよろしくね」




「はい」




「若崎くんがいてくれて良かったわー」




「こんなこと、貴方にしか頼めないもの」




嘘つけ。




仕事を押し付けたいだけだろ。
自分でやれよ。




そんなことが言える訳もなく。




「大したことじゃないですから」




笑顔で担任を見送る。




誰もいなくなった教室に、自分のため息が響いた。




とっとと終わらせて帰ろう。




無心で作業を進めていく。




「あれ~?つばさじゃん」




「何してんのー?」




ふと顔を上げると入口に女子が二人。




よく絡んでくるクラスの奴らだった。




香水も化粧も濃くてあまり好きではない。
スカートを短く折って、それが可愛いと思っている。




そんなのただ下品なだけだ。




派手な金髪が夕焼けに反射して、目が眩んだ。




「雑用。頼まれちゃってね」




目を細めたのがバレないように笑顔を作る。




「え~可哀想~」




「じゃあ今日遊べないの?」




「せっかく親いないのにー」




「悪いけど無理かな」




「えーつまんなーい」




「また今度ね」




「りょうかーい」




「バイバ~イ」




手を振り去ったのを確認してから作業に戻る。




一時間ほどすると大分終わりが見えてきた。
もう少しだ。




と、ガラリとドアが開いた。
また誰か来たのか。




「あ、つばさくんいた!」




誰だ、この女。




脳をフル回転させるも思い出せない。




「何か用?」




「んーん。用はないんだけど…」




「さっきつばさくんと同じクラスの子達に」




「つばさくんが教室にいるって教えて貰って」




さっきあった二人か。
余計なことを。




「雑用?偉いね~」




「ありがとう」




颯爽と教室に入り込み、隣に座ってくる。




甘ったるい香りが鼻を掠めた。




「つばさくんってほんとにかっこいいよね」




「そうかな」




「そうだよ!」




「私ね、つばさくんが好きなの」




「僕が?」




「うん。本当に好き」




頬を赤く染めて見上げてくる。




緩く巻かれた髪がふわりと揺れた。




「僕のどこが好きなの?」




「え~恥ずかしいよ」




両手を頬に当てて恥じらう。
その手に自分の手をそっと重ねた。




「教えて欲しいな」




「も~つばさくんの意地悪っ」




「ふふ。君だからだよ」




「やだ~~」




「僕のどこが好き?」




「かっこよくて、優しいところだよ」




やっぱりな。
そうだろうと思ったよ。




「ふふ、ありがとう」




この後はどうせ




「ね、つばさくん。私と付き合って?」




「私可愛いし、スタイルも結構いいよ?」




ほら、そう言う。




女なんて単純だ。




優しくすればほいほい付いてくる。




遊ぶくらいがちょうどいい。




「いいよ」




「僕と恋愛、しよっか」




パァっと女の顔が輝く。




「うんっ」




「これからよろしくね、つばさくん」




「私隣のクラスだけど、沢山会いに来るから!」




あぁ、やっと思い出した。
この女、可愛いって噂になってた隣のクラスのやつだ。




まぁたしかに可愛い。
中身はともかく顔は。




「ねぇ、つばさくん」




「ん?」




「あのね、その……」




下を向きモジモジと照れくさそうにする。




「キス……して欲しいなって」




「ここで?」




「うん…ね、ダメ?」




潤んだ瞳で上目遣いをしてこちらを見つめてくる。




正直したくはないけど、断って駄々をこねられるのも面倒だ。




「いいよ」




「ほんとに?」




「うん。目、閉じて」




素直に目を閉じる女。



頬に置いていた手を少し下げ、顎をクイと上げる。




そっと唇を重ねた。




「ふふ、なんだか照れるね」




顔を赤くして恥じらう女。




「僕まだ作業があるから」




「今日のところは帰ってもらえるかな?」




「あ、そうだね。作業頑張ってね」




「ありがとう」




バイバイと手を振って軽やかに教室を出ていく。




ドアが閉まると同時にため息をついた。




時計を見やるとあれから15分も経っていた。
時間を無駄にしてしまった。




「くそ……」




と、またドアが開いた。




なんなんだ、今日は。
来客が多すぎやしないか。




咄嗟に姿勢を正し机に向き直る。




教師にだらしない姿を見せる訳にはいかない。




「あ……」




恐らく無意識に漏れてしまったであろう小さな声。




顔を向けると女子生徒が一人立っていた。




三つ編みのお下げに丸眼鏡。




あー、また名前を思い出せない。
同じクラスだったよな。




「どうしたの?忘れ物?」




声をかけながら席を立ち近づいて行く。





女はこちらを見つめたまま何も言わない。
なんか言えよ。




「おーい?大丈夫?」




「え、あ、はい」




「おお、そっかそっか」




ハッとしたように返事をする女。




「あ、私、忘れ物を取りに……」




「あぁ、そっか」




「はい……あの、隣失礼します」




そう言いそそくさと俺の隣を駆けていく。




机に駆け寄り中を探している。




「あった?忘れ物」




「はい…良かった」




ほっと息をつく。
忘れたものは教科書らしい。課題をやるのに必要なのだろうか。




見た目の通り真面目だな。




「あの……作業の邪魔してすみません」




いつの間にか近くまできていて、申し訳なさそうな顔で謝ってきた。




机の上にあったやりかけの作業を見たのだろう。




「大丈夫だよ。もう少しで終わりそうだし」




「忘れ物、見つかってよかった」




ちらりと上履きに書かれた名前を見る。




「里中さん、気を付けて帰ってね」




「は、はい。それでは」




一礼して教室を出ていこうとした。




「わっ」




が、なにかに躓いて前のめりに転んだ。




「いった…」




地面にうつ伏せになり、小さく呻いた声が聞こえる。
ドジっ子なのか?
それともわざとか?




どっちにしろ、見てないふりも変か。




「大丈夫?」




近くにしゃがみこみ、顔をのぞき込む。




恥ずかしさからか、顔を真っ赤にさせていた。




「だ、大丈夫です!」




「お見苦しい所を見せてすみません!」




「全然そんなことないから大丈夫だよ」




「ケガとかしてない?」




「は、はい。なんとか…」




「そっか」




「でも万が一もあるし、保健室行こう?」




「おぶってあげるよ。ほら、乗って」




「え!?」




「いえ、若崎くんにそんな真似させられません!!」




「いいからいいから」




手を掴み身体をそっと起こす。




「………ぉ…が」




「里中さん?」




「いいって言ってんだろーが!!」




「……え?」




突如声を荒らげる女。




突然のこと過ぎて言葉が出ない。




「さっきから不用意に近付いてきて!」




「ほんと女たらしだな!!」




「女なら誰でも思い通りにいくと思うな!」




「え……は?」




この女二重人格……いや、別人?




言いたいことを言い終えたのか、肩で荒く息を整えている。




俺は未だに頭の中の整理が出来ずにいた。




「あーもう!!」




ガシガシと頭をかく女。




何が起こっているんだ。




「あの……里中さん……」




「なに?」




「いや、あの……え?」




あの大人しい丸眼鏡は何処にいった。




今目の前にいるこの女はまるで別人だ。




「はーバレちゃった……私ったらつい」




額に手を当てため息をつく。




続けて言った。




「この際言っておくけど」




「私、あんたのこと嫌いだから」




「……は?」




生まれて初めて




女に嫌いと言われた。




「あ、ほんとに好かれてると思ってたんだ」




「え……なんで…」




「いや、あんたチャラすぎ」




「女なら誰でも思い通りになると思ってるでしょ」




図星だった。




顔が整っていて優しければ女は誰でもついてくると思っていた。




でも、この女は




「そういうの無理なんだよねー」




今までの女とは違うらしい。




お下げをいじりながらそういう目の前のこいつを見てそう思った。




「はっ」




口が弧を描く。
女が怪訝そうにこちらを見る。




「おもしれー女」




そう言うと、女はニヤリと笑った。




「あのキャラ、作ってたんだ」




「あのキャラ?」




「ザ・人気者の優等生~って感じの」




「あぁ、まぁな」




「その方が女ウケいいからでしょ」




「よく分かったな」




「まーね」



「そういうお前こそ、キャラ作ってんだな」




「あーまぁね」




「なんでだよ?」




「こんな口悪いとクラスの一軍女子に絡まれるでしょ」




「『調子乗らないでよ』的な」




「あぁ……なるほど」




それがめんどくさいから大人しい女子を演じてるということか。




「女子も大変なんだな」




「そゆこと」




と言うと、はぁとため息をついた。




「ほーんとめんどくさい」




「校則破って着飾って何が楽しいんだか」




「それはわかるな」




「あんたに言われても嬉しくないかなぁ」




クスッと笑う。
不覚にもその笑顔に心臓が鳴った。




いやいや、気のせいだ。




なんでこんな




「……?なによ」




こんな眼鏡でお下げの地味な女なんて。




「いや、別に」




「えー何それこわ」




「ま、私みたいに思い通りにいかない女もいるってことよ」




「覚えときなさい!」




ビシッと俺に指を突きつけて不敵に笑うその笑顔が、夕暮れの校舎に妙に映えてて。




今度こそ、胸が高鳴った。




あぁ、これはもう




認めざるを得ないな。




「好きだ」




「……は?」




「お前が好きだ」




「えぇ……むり」




「おい」




「だってチャラいんだもーん」




ケラケラと屈託なく笑うその笑顔を




俺だけのものにしたいなんて。




柄じゃないにも程がある。




女なら誰だっていいって思ってた。




そんな俺を変えたのは




「じゃあ」




「これから落とす」




紛れもなくお前で。




「これから覚悟してろよ」



ユウナ
「夕凪」




目を見開いて驚いて




その後不敵な顔で笑うんだ。




「やれるもんならやってみなさいよ」




「あんたには落ちないから」




俺たちの物語は、これから始まる。

榊 夜綴・2022-07-31
題名思いつかなかった
パッて思い付いてガーッて書いたやつです
ただ"偽優等生チャラ男男子"×"大人しめ風口悪女子"の小説が描きたかっただけ
小説
名前のない物語
恋愛
チャラ男
真面目女子
優等生
出会い
教室
学校
ポエム
独り言
夏休みにやりたいこと
まだ見ぬ世界の空の色は

僕達の恋は誰にも応援されない。

学校で一番の問題児の君と

"期待"されてる僕の恋。

無。・2021-11-21
ポエム
鳥のように
問題児
優等生
辛い

結局あの人たちが見てたのは


僕じゃなくて、兄貴だった。


だから、優等生も大人も嫌いなんだ。

雫・2022-02-19
兄貴
大人
兄妹
死にたい
消えたい
苦しい
辛い
優等生
劣等生
劣等感

だんだん掠れて 融けていく

あの日の赫は

半濁音の秘め事

高嶺・2022-04-30
忘れられない
秘密
笑顔
目と目が合うと
独り言
ポエム
創作
孤独
死にたい
自傷癖
悩み
学校
優等生
黎明の刻

周りの期待に答えなきゃなんて

できそうもないことを

自分の要領でやろうとするから

ダメなんだよなぁ。

完壁でいたい訳では無いけれど

完壁を演じていないと

ただでさえ取り柄なくのうのうと生きている

私の価値が下がってしまう。

どうにかしてでも天才になりたい。

そのためなら死ぬほど努力するから

人に笑われて馬鹿にされて

価値を下げられないように生きるから。

期待と不安に押しつぶされそう。

どうせ出来ないのにどうせ何もしないのに

期待ばっかり背負って

私はどこをめざしているんだろう。

悠藍・2021-10-09
優等生
馬鹿
期待
不安
完壁
自分の要領
目指す場所
取り柄探し
学校
クラス
中間考査
一位狙い

まとわりつく笑顔を断ち切れたのなら

ずっともっと楽だろうに

葵 惺桜⋆°。✩・2022-03-20
好かれたいから、の本音
嘆く本音にとおせんぼ
どんな未来が待とうとも
優等生
偽り
断ち切れないのはなんで
揺らぐまにまに

優等生とか色々演じるの疲れたよ

でも、演じてないと居場所が無くなるから

頑張らなくちゃ。

恋空・2022-08-17
病み期
疲れた
苦しい
辛い
居場所
優等生
何も知らない君が愛おしい
息を止めた午前四時
笑顔でさよならを
過去の想いに鍵を掛けて
苦しい想いに終止符を
タグお借りしました
大好きな君へ

「正解」な私でいないと、

さと・2022-02-11
苦しい
死にたい
消えたい
辛い
病み
優等生
変わりたい

あれ

僕が欲しかったものって

なんだったんだろう

佐藤天翔・2022-05-17
優等生
偽善者の僕は今日も。
辛い
独り言

手を伸ばしても


受け止めてはくれない事も

伸ばし返してくれない事も

ましてや、助けてなんてくれない事も


全部知っていた


そうだろう?

今までだって

今更変わる事がある訳ないじゃないか



これまで何を見てきた?

これまで何度裏切られた?

これまで何度手を伸ばした事か


はっ、結果はもう解りきってるだろう?

1人で泣いている位がお似合いなんだよ

だから、




人に涙を無闇に見せるな

傷を晒すな

助けを乞うなんて以ての外だろう


努力は見せるな

常に笑顔を

全て“普通”にこなせ


私は何だ?


私は“優等生”だった

私は“不登校”だった

私は“劣等生”だった


全て過去形だ。


これからの形は

“わたし”で造って行くんだ——

夕猫・2022-04-10
手を伸ばしても
全てを知っていた
“元”優等生
“元”不登校
“元”劣等生
全てはこれから
切り開くんだ
過去
いじめ
不登校
優等生
劣等生
自傷行為
『裏投稿』

ちゃんと優等生しなきゃなのに

また休んじゃった

つらい

さと・2022-03-08
死にたい
消えたい
苦しい
辛い
しんどい
病み
学校
優等生

他に206作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
926025件

理想の恋愛
132件

結び目
4077件

好きな人
285327件

422220件

自己紹介
79011件

ポエム
496089件

辛い
160988件

大切な人
32622件

トーク募集
67988件

恋愛
177812件

片思い
171503件

片想い
212250件

死にたい
83599件

好き
189639件

苦しい
51534件

52828件

消えたい
26139件

失恋
98459件

大好き
90697件

叶わない恋
48277件

すべてのタグ