はじめる

#魔法

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全2852作品・

アシタモ アナタニ エガオデ イテホシイ
《明日も晴れるといいですね_。》


あの綺麗な空は


僕と君の繋がってれる魔法の景色だった

呼宵 庵和 無浮上・2021-05-08
再び幸せが訪れる雨
なにそれ嬉しい
じゅーぶんあなたのも神でっせ…?
口調は気にしないで
大切さん
ポエム
独り言
笑顔の魔法
アイやら何やら行き交う街で
隠された愛の言葉
隠された言葉
魔法
景色
明日
晴れ
晴天
貴方
笑顔
綺麗
好きな人
恋愛
片想い
近く、遠い恋
叶わない恋
ごめんね
好きで
まだ好き
おっすすめぇ載ったぁ

もしも私が魔法使いなら
貴方を独り占めできるように
魔法をかけたい。

でも,そんなこと出来ないって
わかってるから
君が選んだプリンセスと
君が結ばれるように魔法をかけるね。

夢芽🍓💭⇢⇢出戻り・2021-06-05
もしも私が魔法使いなら
恋する魔法使い
魔法
独り占めしたい

『またね』

君がそういう度に

私は生きる魔法にかかる

榊 夜綴・2021-05-10
無自覚な魔法使い
大切な人
またね
また会おうね
魔法
約束
未来
生きる
会いたい
幸せ
ポエム
独り言
秘密の愛言葉
母の日

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に2852作品あります

アプリでもっとみる









ファンタジー小説

運命の微笑み
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






















『あっ見つけた聖蓮!!』

紅蓮の声が聞こえた。

隠れんぼはもうおしまいか











『勝手に居なくならないでくださいよ』

少し怒り気味で歩み寄る水蓮













『聖蓮がいないと僕たち弱いんだから』

笑いながら話す花蓮













『私たちずっと一緒なんだからねっ』

万遍の笑みで話しかけてくる嵐蓮













鮮明に見えていた風景が段々ぼやけていく

















みんなの声もどんどん遠くなってしまった













...ん












重い瞼を開けると青い空が

目に飛び込んでくる













...なんの夢を見たんだっけ?













夢を見たことは覚えているのに

なんの夢だったかはさっぱりだな














そんな事を考えながら

重い体を起こして当たりを見回すと

近くに大きな街が見えた














次はあの街に行ってみるか













そう思いながら荷物をまとめた














私はゆき、如月ゆき。

あともう2つ名前があった気がするけど

その内の1つは忘れた。















私は今追われている身、
















街には合わない真っ白なマントを

羽織りフードを深く被って

できるだけ顔は割れないように。















これが正しい事なのか私には分からない。

逃げ出すべきじゃなかったのかな
















でも、私はもう一度みんなに逢いたい














名前も顔も覚えていない。4人の人達

でも逢いたいって感情は凄くあるんだ。















しばらく街中を歩くと掲示板に

張り付けてある1枚のビラに目が留まる。













「国家軍人の募集か...」













軍人になったら国が助けてくれるかな?














あまり期待は出来ないけど

とりあえず入隊してみようかな


















軍人は

一般人の人向けの一般軍人と

魔法を使える人向けの特殊軍人と

精霊魔法を使える人のみの国家特殊軍人の


3種類あるみたい。















私は一般でいいかな。

一般なら募集要項を全て満たしている














問題はただ1つ。

顔が割れてしまうこと。















幸い奴らは私の事を__って

呼んでいたから名前は問題ない。















ただ顔は別だ。














とりあえず聞いてみよう。














そう思い、私は中央に立っている

大きなお城に向かった。
















大きなお城の入口には

4人の軍人さんが立っていて、













私はその中の1人に

「軍人になりたいです。」とだけ伝えると














「まだ小さいから大人になったらね」

と言われた。














いや、私をなんだと思っているんだ














「...試験場を教えてください。」と言うと、














「ここは孤児院じゃないんだ」

と言われた。














他の軍人さんが

「ねぇほんとに軍人になりたいの?」

と聞いてきた。














みんなと服装が少し違う事に気づいた

少し偉い人なのかな?















かわいい系の少年って感じ(?)

一人称は僕って言ってそう。















私は黙ったまま頷くと、

「どうして軍人になりたいの?」

と聞いてきた。












なんって答えようかな、嘘はいけないから












「国に守ってもらえる気がしたからです。」

と言うとみんなが一斉に笑いだした。












最初に話した人が

「軍人は守ってもらうんじゃなくて

守るんだよ」と言った。














...いや知ってるよ





















「ごめんなさい、言い方が悪かったですね。

私は国民の方を守る力を持っています。

しかし、自分を守る力は持っていません。

だから私は国民を守るので、

国に私を守って欲しくて」と言った。














するとさっきの可愛い少年は

「へぇ国民を守る力...ね」と言い黙り込む















少年軍人が少し考えた後

「いいよ、案内してあげる」

と言ってくれた。














「「「しかし」」」












他の3人が納得しなさそうに反論するのを












少年軍人さんは

「うるさいよ。」と言い止めた。












やっぱり偉い人だったのか












少年軍人が門に手をかざすと

門が自動的に開く。














魔法...? それとも...













「着いて来て」

少年軍人がそう呟きスタスタと

先に進んで行った。















着いた場所は大きな部屋

練習場か何かだろうか?














すると、殺気が3つこちらに向かってくる












...なんで!?












ちょちょちょ3対2は卑怯じゃないか!?















「僕は樹、今から試験始めるね。

今から敵襲が来るからそれから僕を

守りきれたら合格。」















さっきの少年軍人さんが

早口で淡々と自己紹介をした。


















....は?















なんで樹さんを襲うの!?















すると、ドアが激しく開き

3つの殺気が押し寄せてくる、













?「樹...」

?「てめぇ仕事押し付けて逃げやがって」

?「樹くん...許さない」












あ、そういう事か












やばいこれ。













「「「地獄に堕ちろ」」」


という声と同時に3人が攻撃を出した。














あーっと、これは...?

とりあえず避けないと?












そう思い樹くんの手を握り

「壁」と呟くと、












私たちは大きな4方の壁に包まれた。

「え、なにこれ!? 壁!? 凄い凄い!!」












樹さんは凄いわくわくしてるみたい
















いやそうじゃなくて、















「樹さんどうゆうことですか?」













「君採用する!! 」

どこまでも唐突だな。この人















「この壁を出たら1発だけ攻撃守って。

そしたら何とかなるから。」

















何処からそんな自信が出てくるの?













まぁ1発だけなら...













「分かりました。

じゃあ手を貸してください」












そういい樹の手を握り












「解除」と言うと四方囲まれた

壁がバラバラに砕け散って












そして「相殺」とまた一言呟くと、












3人の攻撃が一斉に消えた。












「おい樹誰だよその白マントは!!」


「規格外じゃないですか?」


「強過ぎ」












...は?












強くはないよ?











「この子は軍人希望の子だよ。」


樹が「ほら挨拶して!! 」と私を前に押す。













「初めまして一般軍人希望のゆきです。」
      ・・・・・・












するとみんなの顔が固まった











「「「「...は?」」」」












みんなの声がはもる。











いや、何故そこまではもるんだ?











「いや、君一般志望だったの!?」

樹の声がやけに響いた。











当たり前じゃん

私の目的は奴らから

身を隠すことなんだから













「一般志望です。」











「いや、お前は国民を守るんじゃなくて

戦うべきだよ、俺たちはお前より弱い」


そう言うリーダーっぽい人

















「あなたのような人材が

ただ国民を守るだけって勿体ないです。」


常に冷静な雰囲気を持つ人が呟いた。














「来て...欲しい」

この子は余り喋らなさそうだな












にしても、しつこいな















「私は一般軍人がいいんです。

前線にたったら隠れる意味がないでしょ?」











言ってから、しまった、と思った















「待って、ゆきは何から隠れてるの?」

樹が反応した



















「この世界です。」















お願いだからこれ以上聞かないで...













「...そ...か」

動揺したように呟く樹さん














「浬、こいつを一般のところに届けろ」


「分かりました。」










あぁ採用されたみたいだな、













「隊長には片時も独りにさせるなと伝えろ」













え...なん...で












「了解です」そう言って恭平さんは

部屋を出る準備をし始めた














「今までずっと孤独だったんだろ?

もうお前が孤独になる理由なんてねぇよ

俺らが直接守れたら良かったんだがな」














そういいリーダーっぽい人は寂しく微笑む。













あぁこの人は純粋にいい人なんだ。















この人の為なら運命に逆らっても

いいかなって思えた。














「あの...」















私は控えめにリーダーっぽい人に

声を掛けてみる















「ん?なんだ?」
















少し声を小さくして呟いた。















「やっぱり一般に行くのやめます。」













なんって言われるかな















「「「「は?」」」」















突然の一言にみんなの顔が

面白くなって少し笑っちゃった













「その変わりみんなが私を守ってください」















受け入れてくれるといいなっ














そう言うとみんなは万遍の笑みで

「「「「当たり前!!」」」」

と言ってくれた。















「では改めて国家特殊軍人通称

『時蓮』にようこそ!!ちなみに僕は樹で、

大地の精霊の加護を受けてるんだ

仕事の時は花蓮って呼んでね」













「俺は陽向、炎の精霊の加護を受けてる

仕事の時は紅蓮と呼んでくれ」














「僕は浬です。

水の精霊の加護を受けています。

仕事の時は水蓮と呼んでください。」
















「...楓 ...風の精霊加護持ち...嵐蓮」















なんで...なんでこんなに聞いた事があるの?














思い出そうとしたら頭が痛くなってきた

視界がぐるぐる回ってそのまま転倒した














「おい!?」

誰かに受け止められた













あぁこの太陽の匂いまで懐かしい。














そう思いながら意識を手放した。


To be continue...?

ある_感想...欲しいです・2021-06-09
運命の微笑み
ファンタジー小説
長編小説
小説
初投稿
好評だったら続き書きます
ド下手
駄作
誤字脱字あったらごめんなさい
精霊
魔法
フィクション
記憶喪失
友情
かも?
作者もよく分からない
辛い過去
短編小説

In a perfect storybook
(完璧なおとぎ話の中では)
The world is brave and good
(世界は素晴らしくて良いところ)
A hero takes your hand
(王子様があなたの手を取ったら)
A sweet love will follow
(その先には優しい愛が待っているの)
But life's a different game
(でも現実の世界は違う)
the sorrow and the pain
(待っているのは悲しみと痛みだけ)
Ohly you can change your world tomorrow
(あなただけがあなたの明日を変えられるのよ)
Let your smile light up the sky
(あなたの笑顔でこの空を輝かせて)
Keep your spirit soaring high
(そして気持ちを高く舞い上がらせるの)
Trust in your heart and
(自分の心を信じて)
your sun shines forever and ever
(そしたらあなたの太陽は輝き続けるから)
Hold fast to kindness
(優しさを決して忘れないで)
your light shines forever and ever
(あなたの光はいつまでも輝き続けるから)
I believe in you and me
(あなたと私を信じるの)
We are strong
(私たちは強いから)

Strong/Sonna Rele

Rin・2021-05-08
歌詞
好きな曲
和訳
プリンセス
シンデレラ
主題歌
おとぎ話
勇気
聞いてみて
魔法
笑顔の魔法






まるで

魔法にかけられた

気持ちになった



どうしてか

分からないけれど









★*_*▲藍凛★*_*(ひとこと見てね。)・2日前
気持ち
魔法

どれ程美しい魔法で
作り上げられた
代物よりも

君の手が創り出した
少し不格好な物の方が

僕にとって
何千倍、何万倍もの
価値があるのです

Akua・2021-05-17
魔法
おらふ((
狐とかいう俺の推しが作ったおらふ思い出した


一瞬のうちに

私の心を揺さぶる


そんなあなたは

まるで魔法使いのよう

咲・2021-06-10
好きな人
好き
魔法

笑っていられるのも

人生と言う魔法の所為。

あまお。甘党。・2021-05-31
あまお。甘党。の独り言
独り言
魔法
人生
生きる
笑っている

先輩からの頑張っては魔法の言葉

恋するJK・2021-05-03
先輩
小さな幸せ
ポエム
魔法

『言葉』は左右される魔法や人生。

心月空(みるく🤍🥛🍼)・2021-05-03
言葉の力
言葉
ポエム
魔法
人生

あなたが笑って話しかけてくれるから私は今日も生きれるんだよ
あなたが笑って手を振ってくれるから私は今日も元気なんだよ
あなたの笑顔の魔法で私はいつも救われているよ

雛・2021-05-03
笑顔の魔法
生きる理由
元気な理由は
救われている
君に
君に会えたから
君のお陰で
生きている
生きている理由
生きている意味
片思い
片想い
魔法

私君に嫌われちゃったかな...

諦めたくても諦められないんだ

君にまるで魔法をかけられたみたい

私の力じゃこの魔法はとけないよ

誰かこの魔法をといて

₍ᐢ.ˬ.ᐢ₎・2021-06-01
恋愛
魔法
君に
諦めたい
諦められない
嫌われたくない
片思い
独り言

魔法が使えたら、いいな

世楽🐰🥀🤍・2021-05-02
魔法

春に咲いていた桜は、
もうすっかり散ってしまった。

去年もこの場所で咲いていた桜。

去年、桜が散った時、
君の事を好きになってるなんて

想像してもなかったのにな。

ほしのヌイ❦︎まだ病み期のまま…・2021-05-02
笑顔の魔法
魔法
推しを好きになった理由
君の魔法にかかった私
桜が散る頃に
去年はまだ知らなかった。
推し
推しが尊い
ポエム
片想い

他に2852作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

NOTE15の日
27170件

独り言
746156件

恋愛とは
932件

354258件

ポエム
421981件

好きな人
214184件

自己紹介
55981件

辛い
116268件

恋愛
141832件

片想い
181552件

好き
169918件

トーク募集
40326件

片思い
149465件

死にたい
58792件

大切な人
23530件

梅雨恋
1747件

先生
87693件

失恋
82145件

39481件

苦しい
35177件

大好き
79211件

すべてのタグ