はじめる

#なんて

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全752作品・

好きじゃないのに

優しくなんてしないで__。

綺薇・2020-11-30
優しい貴方が大好きで大嫌い
愛してもらいたかった。君に。
好き
好きな人
恋愛
片想い
片思い
好きじゃない
なら
のに
貴方
優しく
なんて
しないでよ
辛い
苦しい
悲しい
病み
忘れたい
忘れられない
忘れたくない
矛盾
愛してる
独り言
ポエム
大切な人
大切な存在
失恋

君が無理して発する『大丈夫』が

私は大嫌いだ

榊 夜綴・2020-12-01
嘘に隠れたSOS
大丈夫
なんて
本当は違うくせにさ
言葉
偽り
強がり
虚勢
大切な人
嫌い
だよ
そういうところ
助けて
消えたい
死にたい
ポエム
独り言
愛してもらいたかった。君に。
綴る想いはシンプルに
おすすめ✰︎
100✰︎
200✰︎
300✰︎

「辛い」なんて打ち明けても

君は抱きしめてくれないでしょ?

綺薇・2020-11-17
ひどい人
好き
好きな人
恋愛
叶わない恋
辛い
「打ち明けて」
なんて
そんなこと
言ったけど
打ち明けても
君が
抱きしめる
抱きしめてはくれない
お願いだから
抱きしめてよ
この僕に愛を
独り言
ポエム

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に752作品あります

アプリでもっとみる

「死にたい」が消えないのは

「死にたい」が多用され

「死にたい」が軽くなり

「死にたい」が届かなくなったから。


誰かの「死にたい」で

誰かの「死にたい」がかき消され

誰かの「死にたい」が埋もれてく



見渡してみれば

そこにほんとうの「死にたい」

は無くて




偽りの「生きたい」が残る












誰かの



「死にたい」



を許して。

時雨 雪 学年末考査につきやや低浮上((・2021-01-28
ポエム
独り言
死にたい
辛い
苦しい
嫌だ
なんて
誰かの
死にたい
許して
光と影

大切な人が死ぬのが

いちばん怖い

自分が死ぬことよりずっと

七瀬 愛莉☆*。(一言見てね)・2021-02-14
神様が泣いた日
悲しい嘘の行方
勿忘草の哀の唄
大切な人
死なないで
なんて
綺麗事かもしれないけど
怖い
消えないで

出会わなければ何も無かった

傷つくことも涙を流すことも

でもこの温かくて愛おしい感情を

知ることもなかった

七瀬 愛莉☆*。(一言見てね)・2020-12-28
出会えてよかった
なんて
言えたら
出会えて良かった
愛おしい
独り言

私を救ってくれる予定のヒーローさんは

一体今

何処をほっつき歩いているんでしょうか

榊 夜綴・2020-12-06
迷子の迷子のヒーローさん
助けて
ヒーロー
消えたい
苦しい
辛い
未来
予定
なんて
ないのかもな
探しに来てよ
ポエム
独り言
時が癒やしてくれるまで

※この物語はフィクションです
※長編小説
※読まないで好き押すのNG
※初めての恋愛系/クオリティー低い…

























 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
#恋は盲目、失恋は晴眼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

勘違いしてたんだ
 
 
君と私が両思いだって
 
 

 
気付いたんだ
 
 
恋は
 
 
勘違いしてる時が一番楽しいってこと
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Episode 1,
 
 
 
 
『宜しくね』
 
 
席替えで隣になった君は
 
 
誰にでも優しくて、
 
 
話しやすくて面白い
 
 
クラスの人気者だった
 
 


人見知りの私は 
 
 
「よ、よろしく」
 
 
みたいな感じで
 
 
初めこそ緊張していたものの
 
 
直ぐに馴染めて、今では
 
 
ボディータッチまで
 
 
し合うほどの仲に
 
 
 

カッコよくて
 
 
運動ができて
 
 
頭も良くて、
 
 
ほんとに欠点なんて一つもない
 
 

 
「ここ分かんなくない?笑」
 
 
『え、ばか?笑』
 
 
「おい!w」
 
 

 
なんて会話が
 
 
今では当たり前になって
 
 
ちょっぴり嬉しいけど
 
 

 
でも、それは自分にだけじゃない
 
 

 
小さい頃から仲良しの女子とは
 
 
今度出掛けよう、
 
 
なんて約束をしているし
 
 
陽キャな女の子には
 
 
誕プレ、と言って香水をあげていた
 
 

 
もちろん男子とも
 
 
ジュースの奢りをかけて盛り上がったり
 
 
鬼ごっこをして楽しんでたりと、
 
 
とにかく皆に好かれてる完璧な君
 
 

 
 
私が君を好きになるのに
 
 
大して時間はかからなかったよ
 
 
 
 
Episode 2,
 
 
 
 
《それでねー…》
 
 
『まじー?笑』
 
 

 
ああ、なんでなんだろうな
 
 
好きな人が女の子と話してるのを
 
 
見るのが辛いのは
 
 

 
すぐ横で見せるその笑顔
 
 
私だけに見せて欲しいなんて言ったら
 
 
嫌われちゃうんだろうか
 
 
 
《じゃあまたラインで》
 
 
『おう』
 
 

いいな、連絡先交換してて
 
 
「はぁ…」
 
 
『どうした?』
 
 
「え?」
 
 
『ため息なんかついて』
 
 
「いや、なんか眠たいなーって」
 
 
『そ?ならいいけど…
 
 なんかあったら連絡して』
 
 
「ありがとう」
 
 
『電話番号教えよっか?』
 
 
「あー、

ラインの方がいいかな…なんて、」
 
 

相手の様子を伺いながら少し
 
 
勇気を出して言ってみる
 

 
『ライン?いいよ』
 
 
「ほんとに?」
 
 
『うん』
 
 
「じゃあ後で交換しよ」
 
 
『了解』
 
 

 
思わずにやけてしまったのは
 
 
ここだけの話
 
 
 
 
Episode 3,
 
 
 
 
>>>>今日どうしたの?
 
 

放課後、早速送られてきたライン
 
 

 
なんでもな…打ちかけてやめた
 
 
せっかく話しかけてくれたのだ
 
 
ちょっとでもトークを続けたかった
 
 
 
覚悟を決めてキーボードを
 
 
タップする
 
 


>>>実は今、好きな人がいて…
 
 
>>>>え、誰!?
 
 
>>>一緒にいて楽しい人
 
 
>>>>分からない…笑
 
 
 

君だよ、と呟きながら
 
 

 
>>>私の身近にいる人、かもよ
 
 

 
なんてメッセージを送った
 
 

 
>>>>えー…俺?w
 
 

 
そうだよ、って送れたら
 
 
どれほど良かった事だろう
 
 

 
>>>絶対ないw
 
 
>>>>なーんだ笑
 
 
 
この返事、ちょっとは期待しても
 
 
いいのかな…なんてね
 
 
 
 
Episode 4,
 
 
 
 
>>>>ねぇ、今週の土曜日ってさ、
 
 
>>>空いてるよ
 
 
>>>>え、w
 
 
 
しまった、やらかした
 
 
これじゃ下心あるの
 
 
バレバレじゃないか
 
 
 
>>>>映画行かない?6人で
 
 
>>>6人?
 
 
>>>>男女3人ずつでトリプルデート
 
 しようと思ったんだけど
 
 
>>>>人数が足りなくて
 
 

 
なんだ、人数合わせか…
 
 
でもせっかく誘ってくれたんだし
 
 
 
>>>私でよければ
 
 
>>>>ほんと?やった
 
 
>>>>詳しいことは後日伝える
 
 
>>>待ってる
 
 

スマホの電源を落とす
 
 

「2人で行きたかったな、」
 
 

君のラインのアイコンは
 
 
先日一緒に出かけたらしい女子との
 
 
ツーショット写真だった
 
 
プリクラの加工が凄いけれど
 
 
それ以上に目立っている
 
 
お揃いの帽子
 
 
ステメには
 
 
“オソロのキャップとか、
 
 カレカノかよw ”
 
 
の一言が
 
 
 
いいな、あの子は可愛くて
 
 
いいな、あの子はよくモテて
 
 
いいな、あの子は細くって
 
 

 
私だって君とのツーショット写真、
 
 
1枚くらい欲しいのに
 
 


あの子と喋っている時の方が
 
 
君が幸せそうに見えるのは
 
 
何かの勘違いですか
 
 
 
どうしてこの気持ちが
 
 
伝わらないのか分からないよ
 
 
 
 
Episode 5,
 
 
 
 
そしてやってきた土曜日
 
 
生憎、雨が降っているけど
 
 
予定通りに出かけることになった
 
 
 
気合を入れてオシャレをする
 
 

 
白色の着痩せロングレトロワンピース、

(詳しくは検索)
 
 
黒の厚底ブーツに
 
 
ベージュのキャスケット帽をかぶる
 
 
ワンピースは今日の為に買った
 
 
勿論、君の気を引くためにだ
 
 

 
どうか楽しめますように
 
 
深く深呼吸して家を出る
 
 

 
薄紫色の傘がパッと開いて
 
 
小さな花を咲かせた
 
 
 
 
Episode 6,
 
 
 
 
待ち合わせ場所にやって来た5人は
 
 
まあ予想できる人達だった
 
 
女子の服装は
 
 
かなり気合いが入っているから
 
 
私と同様、目当ては1人だろう
 
 

君を除く男子も私以外の女子に
 
 
好意を寄せているのか
 
 
ひっきりなしに髪型を気にしている
 
 

 
『さ、行こう』
 
 
その言葉に
 
 
2人の女子は私に見向きもせずに
 
 
君の左右に陣取った
 
 


「すごい争い…」
 
 

 
遅れないように早歩きになる
 
 
前を行く2人の男子が
 
 
こまめに振り返って
 
 
此方の様子を確認してくれるのが
 
 
唯一の救いだった
 
 
 
 
Episode 7,
 
 
 
 
【ここからはバスで行くらしい】
 
 
「そう…」
 
 
今日会ってから
 
 
1度も話せていない君に目を向ける
 
 

 
相変わらず


ずっと2人に囲まれていたが、
 
 
案外楽しそうだ
 
 

 
同じバス停にいるとは思えないほど
 
 
温度差が激しい
 
 
周りのことなど
 
 
見えていないかのように
 
 
話し合っている
 
 
その内容が嫌でも聞こえてきた
 
 
 
《私ー、今日ちょっと高めの香水を
 
 つけてきたの、いい香りする?》
 
 
君がその子に近づく
 
 
『大人っぽい匂いがするね
 
 俺は好きだよ、その香水』
 
 
[あたしは髪をベージュに染めて、
 
 爪に保湿剤塗ってきたの、どう?]
 
 
『綺麗な色だよね、すぐ気づいたよ』
 
 

思わず俯いた
 
 

 
このままじゃ映画館の席も
 
 
この後撮る予定のプリクラの位置も
 
 
あの2人のものだ
 
 

ショッピングで
 
 
オソロを買うことも出来ない
 
 

もしかしたら、今日来た意味も
 
 
この日の為に買ったワンピースの意味も
 
 
無くなってしまうかもしれない
 
 

【なぁ、みんなで話そうぜ】
 
 
ふとすぐ後ろで声がした
 
 
なんだか距離がすごく近い
 
 
【せっかく6人で遊びに行くのに
 
 そっちだけ盛り上がってたら
 
 こっち寂しいじゃんか】
 
 
『あー、確かに、ごめん』
 
 
2人の女子達は少し不満そうだったが
 
 
全員でおしゃべりすることに
 
 
渋々、納得してくれた
 
 
 
 
Episode 8,
 
 
 
 
それから5分ほどして
 
 
来たバスに乗り込んだ
 
 

『みんなってホラー系好き?』
 
 
《こわーい》
 
 
[あんま得意じゃなーい]
 
 
『どう?』
 
 
「意外といける、かな…」
 
 
『俺も全然平気派
 
 今度お化け屋敷でも行く?笑』
 
 
[あたしも連れてってよー]
 
 
『また、この6人で行く?笑』
 
 
【俺はパス】
 
 
やっぱり距離が近い気がする
 
 
不思議に思いながらも
 
 
バスが目的地に着くのを待った
 
 
 
 
Episode 9,
 
 
 
 
【結構、早く着いたな】
 
 
『俺、ちょっとお手洗い行ってくるね』
 
 
《私は飲み物買ってくる》
 
 
[お化粧、直そっかな…]
 
 

 
私はどうすればいいのだろう
 
 
キョロキョロしていると
 
 
ワンピースの袖口を掴まれた
 
 
【ちょっと来て】
 
 
そのまま人気のないところまで
 
 
連れていかれる
 
 
「どうしたの?」
 
 
【ソーイングセットって持ってる?】
 
 
「これでいい?」
 
 
携帯用のものを差し出す
 
 
【ありがとう】
 
 
彼はそこからミニハサミを抜き取った
 
 
「ちょ、ちょっと?」
 
 
【動かないで】
 
 
そのまま私の腰辺を掴む
 
 
「え、?」
 
 
チョキ
 
 
【9600円て…高いなぁ】
 
 
その手に握られていたのは
 
 
「値札!?」
 
 
【切り忘れてたみたい】
 
 
「あ、ありがとう…」
 
 
【言っておくけど、
 
 値札隠すためだけじゃないから】
 
 
「ん?」
 
 
【距離やけに近かったの】
 
 
「…」
 
 
【いい匂いするし、
 
 なんか可愛いから…】
 
 
「えっ…」
 
 
【あいつが好きなのはわかるけど
 
 俺の事も見てほしい】
 
 
「…わかった」
 
 
【さあ、楽しもうぜ】
 
 
「うん」
 
 

 


 
 
どうやら 
 
 
片思いしてるのは、
 
 
私だけじゃなかったみたい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
恋することって、とっても素敵
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

end___

聖葡__イブ/ヘッダー…・3日前
羽を壊した鳥
僕ら悪役の主張
0168.
堕天使の贈る言葉
雪解けに春
感想
欲しい
なんて
こんなこと君には言えない

愛してた



まだ言えない

変わることなく

愛してるょ

smile・2020-12-02
あいしてる
愛してた
なんて
言えない言葉
愛してるから
ずっと

君の事はまだ何も知らない。

誕生日も 血液型も  ☁ 

住所も

  好きな事も 趣味も

なのに私は君の事を『好き』と
言ってもいいのだろうか。

ハム/低浮上の極み・2021-01-06
ハム愛
好きな人
好きな子
同級生
好き
ポエム
知らない
いいの?
誕生日
血液型
住所
趣味
好きな事
好きな物
好きなタイプ
何も
でも好き
なんだろう
気持ち
情緒不安定
おすすめ載らないかな
なんて

『運命』なんて

あんまり信じてないけど

君と出会ったことは

『奇跡』でまとめたくないな

榊 夜綴・2021-01-19
運命に近い奇跡と呼ぼうか
運命
なんて
信じてないよ
大切な人
奇跡
出会い
感謝
別れ
ロマンチスト
わがまま
ポエム
独り言
その一言だけで

あなたといると心が楽になる

同時に
どうしようもなく心が締め付けられる



ねぇ

一言でいいの



″好き″ って


言ってくれませんか?

心音 さき・2021-02-12
彼に恋した一人の夢少女
好き
大好き
好きって言って
愛って何だろう
同時
締め付けられる
言ってくれませんか?
言って
ねぇ
なんて
嘘つき
苦しい
悲しい
失恋
それだけでいい
愛して
構って
褒めて
死にたい
密かに寄せる想い
光と影
その一言だけで
好きな人
彼氏
まだ見ぬ希望を求めて

良い子にしてれば愛してくれるって思ってた。

私が我慢すればいいと思ってた。

そしたら、幸せになれると思ってた。

でも、そんな事無くて

なにも変わらなかった。

むしろもっと辛くなった。

死にたくなった。

どうして、、、。

こんなにも頑張ったのに。

私は報われないんだ。

ああ、なんで生きてるんだろう。

もう分かんないよ。

誰か、教えて、、、

私を愛してください。

그므시라꼬・2021-01-04
辛い
もう嫌だ
我慢
幸せ
神様
愛してください
生きている
意味
価値
なんて
ない



お菓子を作る度に
「 作りすぎたきい、
貰ってくれへんかな? 」
あはは、と困ったように笑って
綺麗にラッピングした
甘い匂いのお菓子を差し出す。

そんな言い訳もただ
君のクラスに行く為の口実。

マネージャーA・2021-01-22
幼馴染
格好いい
10年目にして
7年目
長すぎる
一途でも
いいじゃない
隠れファン
一生の推し
お菓子
なんて
おまけ
本編は
君と話すこと
話す機会
少ないから
会うけど
囲まれてるから
お菓子渡す時だけは
独り占めできる
ちょっと
優越感
嬉しい
片想い
好きな人

どーせ届かないよ



私の淡い恋心なんてさ。

心音 さき・2021-02-20
彼に恋した一人の夢少女
どうせ届かない
どーせ
届かない
届かないよ
好き
大好き
淡い
薄い
聞いて
恋心
辛い
独り言
好きな人
なんて
私の
私なんか
苦しい
悲しい
届いて
お願い
叶わない恋
叶わない
叶わない願い

他に752作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
689152件

寂しい理由
1761件

327519件

ポエム
394823件

好きな人
190871件

辛い
100657件

自己紹介
50884件

苦しい
31004件

片想い
170761件

好き
162166件

恋愛
130857件

片思い
141943件

トーク募集
33793件

こんなこと君には言えない
3396件

死にたい
50982件

大好き
74237件

失恋
75617件

歌詞
104091件

先生
81587件

35182件

寂しい
20694件

すべてのタグ