はじめる

#世界

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全7441作品・

「公共の場は綺麗に使いましょう」


反抗心で書いた落書き

次の日には消されてた


個性を狩って

繕った仲間意識


《誰もが正しい》

なんて、口先だけでさ

壱珠・3日前
鳥籠の中で生きる僕ら
僕等のいる世界は
愛に溶けた哀
個性
仲間意識
公共の場
抵抗心
落書き
足踏み
僕と
世界
弱さ
辛い
苦しい
息苦しい
生きづらい
独り言
ポエム
寂しい理由
満ちた月と哀しい餞










『愛があったら。』上












※大人要素あり




















生きてればそれでいい



誰かがそんな事を嘆いた



分厚い本と、大量の言葉で



誰かがそれに



普通と名をつけた



多分、そこから



生きたいと思わない人が



異常と言われた



本当、多分だけど



「璃愛ちゃん!今日は良かったよ。



有意義な金と時間を使えた。」



「私こそ、有意義な時間でした。



また、よろしくお願いします!」



クルリと背を向けて



夜の街を去って行く男



金があって、家庭もあって



私ならきっと、それ以上



何も求むものなんてないのに



さっきの男も



今までの男も



みんな、私を求めた



私は求める真似をして



心から終わる事を願った



家に帰って



Twitterを開く



「二万でどう?」



DMを開けば



必ずこの文字が飛び込んでくる



私は一つ一つに



「是非、よろしくお願いします🙇⋱♀️」



と、返す



早ければ一分



遅ければ翌日に返ってくる



メッセージのやり取りを続け



今の男みたいな人達に



私を、売る



メンタルも身体もぼろっぼろ



それでも家に帰った時



癒してくれる人も動物も



何も、居ない



あるのは



ホコリだらけの



狭い狭いこの家だけ



親二人が私を捨てても



たった一人



優しさと愛と幸せと



この家をくれた



ばぁちゃんも



去年、死んで



焼いてあげることも出来ず



ダムに捨てた



自分も捨てようとしたけど



死にたいが足りなかった



五個98円のコロッケの一つを



半分に切って



それを水でふやかして



よーく噛んで食べる



一日のご飯、それで終わり



どうしてもお腹が減ったら



男達に奢ってもらう



こんな生活、生きてるって言うのか



そんな疑問は消えないまま



今日も眠りにつく



朝起きて、Twitterを第一に開く



普通の16歳の人は



今頃、学校なんだろうけど



私は違う



男達に買って貰った



露出度の高い服と



少ないメイク道具を使って



男の気持ちを高ぶらせるような



メイクをして



男からの連絡を待つ



「いつものカフェで待ってて。」



そんな連絡を見て



溜息を零さないように息を止め



男との約束場所のカフェに向かった



フリーWiFiがあるから



連絡を取るのにはもってこいだ



カランカラン



古びれた鈴が鳴る



「いらっしゃい。」



若マスターのその言葉に



軽く会釈をして



カフェの片隅



男からの連絡を待つ



まだかな



約束の時間よりも



30分遅れている



少しイライラした気持ちを



表さないように



「今日は厳しいですかね?」



と、文字を打つ前に



男から連絡が来た



「ごめん、子供が家居る。」



はぁ、と深く溜息を吐き



「大丈夫ですよ!また今度。」



と、返した



ドタキャンは良くあるけど



ここまで用意してのドタキャンは



初めてだった



せっかく用意したのに



そんな気持ちが涙に変わる



「…死にた。」



軽く呟いただけでも



涙が止まらなくなる



ずっと触れなかった所に



触れてしまったようだ



迷惑をかける前に



店を出なきゃ



と、思っても



立ち上がる気力すら湧かない



そんな時だった



コトン



目の前に、一つのグラスが置かれた



「頼んで無いですよ。」



そう言ってその場を去ろうとした私に



そのグラスを置いた張本人が言った



「プレゼント。」



その言葉に驚いて顔を上げると



若マスターだった



「…プレゼント?」



そう聞き返すと



「疲れてるようだから、プレゼント。」



まるで、当たり前な事をした



とでも言うような顔で



マスターは笑っていた



グラスを取って



若マスターは私にそれを差し出した



断れる訳もなく



「ありがとうございます。」



と返して



私はそれに口をつけた



「あ、毒入ってないからね?」



ふふ、と笑って



冗談を言った若マスターに



私も本当に自然と



笑ってしまっていた



口に含んだグラスの中身のものは



栄養ドリンクだった



あまりにも予想外だったそれに



また、少し笑ってしまった



「美味し?」



優しく微笑んで尋ねてきた若マスターに



「美味しいです!」と



元気よく返した



栄養ドリンクを飲み終えた後



お客さんが来て



若マスターはカウンターに戻った



私は、お礼を言いたくて



カフェが終わるまで



ずっとそこに居た



若マスターはそれを責めるでもなく



たまにちらっと見て



微笑んでくれるという



神対応をしてくれた



営業時間終了後



何かお礼をさせて欲しくて



店の掃除をした



それから、少し



若マスターと話をした



「俺は新庄 蒼雅やから



好きに呼んでいいよ。」



「新庄さん。」



「却下。」



「えっ、じゃあ、蒼雅さん。」



「んー、嫌。」



「何ならいんですか!」



「蒼ちゃん。蒼ちゃんがいい。」



「…さんはダメですか。」



「ダメです。」



とまぁ、こんな流れで



蒼ちゃん、と呼ばせて貰う事になり



私は、璃愛だから



りーちゃんと呼んで貰う事になった



敬語も、禁止された



気付けば辺りが暗くなり



一人で帰るのは危ないからと



蒼ちゃんが送ってくれた



「また来いよ!飯くらいやるから。」



「ありがと。また、行くね!」



ブーンと車の音が聞こえなくなるまで



私は蒼ちゃんに手を振った



また一人になった気がして



涙が零れた



10月、肌寒い家に帰っても



暖房も何もつけないまま



布団に潜って、眠りについた



朝起きて



昨日ドタキャンしてきた男の垢を



ブロックした



それから、今日会う予定の男に



メッセージを返す



その後、流れで交換した



蒼ちゃんのLINEに



「おはよう。」と送った



男と会うのは、夜



営業時間終了後だから



私はいつもの服を着て



少し気合いの入ったメイクをして



蒼ちゃんの待つ、カフェへ向かった



「いらっしゃい。」



蒼ちゃんは、昨日と変わらない



笑顔で迎えてくれた



流石に何も頼まないのは



申し訳なくて



一番安いココアを頼んだ



私が頼んだのはココアだけなのに



蒼ちゃんはケーキもつけてくれた



その優しさが暖かくて



そのケーキを食べてる途中に



泣きかけた



私はまた、営業が終わるまでいた



地獄に向かう為に



なるべく今を楽しまないのに



必死だった



「りーちゃんのおかげで



綺麗なった。本当ありがとうね。」



掃除しか出来なくて



申し訳ないなんて思っていたら



蒼ちゃんがそう言って



頭を撫でてくれた



私はその暖かさに甘えそうで



一歩離れてしまった



そして、時間を確認する



「…もう、行かなきゃ。」



ここから15分程で着く



ホテルの前で待ち合わせだ



流石にそろそろ行かなきゃ



間に合わない



「どこ行くん?」



急いで準備をする私に



蒼ちゃんが聞いた



パパ活だよ、とは答えられなくて



「ちょっと、ね。」と返した



引き止める声を無視して



私は早足でホテルへ向かった



着くと、もうそこに男が居た



「行こっか。」



地獄の始まりを知らすその声に



私は頷いて



脂っこい手に自分の手を重ねて



ホテルの中に入った



チェックインを済ませた後



部屋に入ると



すぐに男が重なってきた



何故か蒼ちゃんの事を考えると



また、涙が溢れた



「泣いてるの?」



心配そうなその声に



「嬉しくって!」と



真逆な事を返した自分を恨んだ



男はその言葉をそのまま受け入れ



更に私を求めてきた



蒼ちゃん



名を呼べば苦しくなるから



私は男で沢山にした



家に帰った頃には



日が昇っていた



身体が臭い、嫌だ



お風呂は入れないから



バケツに水をくんで



お風呂場で思い切り被った



「…だっさ。」



何故か、笑えた



だっさくて惨めで



愚か過ぎて笑えた



床に落ちた水に



写った私の身体は



酷く汚かった



その日は、泣きながら寝た



蒼ちゃんが夢に出て来て



おいでと手を広げられて



ハグ、された



夢であった事が辛かった



コロッケを食べて



服を着て、メイクをして



男に会いに行く途中



蒼ちゃんと出会ってしまった



「どこ行くん?」



前にも言われたその言葉に



今度は、なんて返そうか



迷っていた時



「あれ、璃愛ちゃーん?」



後ろから、男がやってきた



最悪だ、と思った



もうどうにでもなれとも思った



男から誰?と蒼ちゃんの事を聞かれ



「知らない人ですよ!」なんて



答えてしまった



蒼ちゃんの顔を見てられなくて



初めて、私から



ホテルへと腕を引こうとした



そんな時だった



「りーちゃん、行くよ。」



あの声と、あの暖かさと



男らしい、強さ



蒼ちゃんだ



その蒼ちゃんが、私の腕を掴んだ



そして、走り出した



私の有無を聞かず



走り出した蒼ちゃんに釣られ



私も走った



もちろん男も追いかけて来たけど



直ぐに見えなくなった



行先は、ホテルじゃなくて



カフェだった



今は開店時間なのに



看板は閉店中のままだった



「どうして。」



ありがとうより



怖かったより



その言葉が先に出た



「りーちゃんが来なかったから。」



その言葉を聞いた時



また、泣きそうになった



でも、グッと堪えて



「邪魔、しないでよ。」



そう、言ってしまった



ーContinueー

Raimu・2日前
小説
恋愛
家族
長編小説
好きな人
生きる
死にたい
世界
愛があったら。
寂しい理由
感想ください

全て反対の方が
自分には生きやすいかもね

瀬理 柊葉 /海凪・3日前
柊葉♕
世界
反対
生きやすさ
生きる
自分
独り言

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に7441作品あります

アプリでもっとみる

76億の人の中の

1億の人の中で

めぐり逢えた、この奇跡。

明日も会えるだけで 幸せじゃんっ

T🏀=♡︎=M⚽ *°・2日前
幸せ
友達
恋人
好きな人
人間
世界
日本
名言残したわぁ~

"お疲れ様"

君からのその一言で

認められた気がして。
キボウ
この世界で生きる理由を失っていた僕に
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
死ねない理由を与えてくれた、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

音莉ねり(𓂃◌𓈒𓐍)・1日前
お疲れ様
一言
世界
生きる意味
死ねない理由
認められた
辛い
消えたい
死にたい
苦しい
ポエム
独り言

君がいないこんな世界

もう滅んでしまっていいのに

榊 夜綴・3日前
こんな私は醜いかな
世界
大切な人
会いたい
別れ
死別
辛い
消えたい
願い
ポエム
独り言
こんなこと君には言えない
寂しい理由

まだ信じてしまう
この世界には
『希望がある』と

瀬理 柊葉 /海凪・3日前
先生
好き
同性愛
柊葉♕
世界
信じる
希望
イキタガリのイキカタ

君を守る方法は

この世界の道徳には存在しないらしい

榊 夜綴・23時間前
だからこの世界は嫌いなの
大切な人
道徳
救いたい
助けたい
願い
別れ
守る
守りたい
世界
ポエム
独り言
寂しい理由


あぁ、死にたいな。



って言ってみても
この世界は何も変わりやしない

秘密さん・2021-02-21
創作
ポエム
独り言
世界
死にたい

あなたのいる場所はどんな景色が見えますか_?

みこちゃん_ヘッダー見てね( ˙꒳​˙ )・2日前
見える世界は色づいて
おすすめに載ってたら教えて欲しいです
世界
あなた
景色
人生
ポエム
独り言
好き
恋愛

『さよなら』と言いたいのは
君じゃなくて
この好きになれない世界なんだ

瀬理 柊葉 /海凪・22時間前
さよなら
世界
意味不
柊葉♕
辛い
独り言

あんたらの頭の中には

綺麗事しか刷り込まれてないんだろうな

だからこの国では

毎日沢山の命が消えんだよ

榊 夜綴・22時間前
空っぽな脳味噌をお持ちなようで
思いつきですてへぺろ
口悪っ
思考
思考回路
自殺
空っぽ
綺麗事
世界
ポエム
独り言
寂しい理由

影の中でも灯る光が

幸せなのではないですか


明るい道が決して

「安全」とは言えないのです


闇こそが「悪」とも言えないのです


信じるものこそが光であり

それ以外など、

どうだっていいのですよ


「誰にでも否定する権利はない」

と仰いますが、逆も然り

「誰にでも否定する権利がある」のです


それを知り得ているから

僕らを受け付けない

馬鹿共がいるんでしょう

壱珠・2日前
僕ら悪役の主張
僕等のいる世界は
幸せ
不幸
否定
権利
馬鹿共
世界
正義
寂しい理由
独り言
ポエム

脆くて儚いこの不平等なこの世界でも

君がいれば明るい幸せな世界に

感じることが出来るんだ_

潤海 返信後で・2日前
世界
明るい
幸せ
不平等

人は皆「平等」を望んだ
我々は集団を好み
集団を乱す異端分子がいれば
それを猛烈に排除したくなった
人と違うが人は許せない
人と違うが人は認められない
皆「同じ」がいい
それが人の本能

狐面と狸面@最新の投稿見て・2021-02-21
平等
残酷
世界
人生
排除
同じ
許せない
怖い
恐い
悲しい
辛い

他に7441作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
689631件

寂しい理由
2066件

ポエム
395035件

好きな人
191042件

辛い
100814件

自己紹介
50913件

327673件

苦しい
31086件

片想い
170861件

トーク募集
33861件

恋愛
130935件

死にたい
51028件

好き
162218件

片思い
141994件

失恋
75660件

こんなこと君には言えない
3430件

先生
81635件

大好き
74265件

友達
51940件

55157件

歌詞
104118件

すべてのタグ