はじめる

#創作

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全10042作品・










君が隣にいる帰り道












「もう帰るの?」


塾の自習室、君が寂しそうに聞く


生ぬるい暖房の熱が僕たちを包んだ


「うん。もう時間だし」


時計はもう少しで夜の10時を指す


もう少し君とおしゃべりしていたいけど、きっと君のご両親が心配するだろう


「あ、一緒に帰らない?」


僕が君の提案を断った事なんてないのに、いつも君はたどたどしく問いかける


「いいよ」


君が笑った。いつもの明るい笑顔で


「あ、私、歩きなんだった…」


捨て犬のような表情をする君が愛らしかった


そうか、僕は自転車なんだった


「別にいいよ、自転車押すし」


「ありがとう」


君はめったに自習室なんて来ない


今日は何か特別な理由でもあるのだろうか


僕が先生に引き留められてる間に君は何気ない顔で外に出た


僕が外へ出ると君が少し寒そうに手を擦っていた


僕が自転車を取りに行って、君と並んだ


並ぶと僕の小さい身長が目立って、少し恥ずかしかった


「何を話しますか?」


「何でもいいですよ」


僕が敬語を使ったら敬語で返してくる君が愛しい


「何か話したいことありますか?」


君が問いかけてくる


「何でもいいよ」


君と話せるなら何でもいい


「それ、困るやつ」


君が笑った。僕もつられて笑う


君と話すと身長差なんて気にならないくらいに安心できた


君の身長まではあと5cm


早く大人になって君の隣を歩けるようになりたい


「じゃあ、好きな食べ物はなんですか?」


唐突な質問に笑いがこぼれた


そっか、僕達はそんな事すらしらないのか


「きゅうりとメロン以外かな」


「そっか」


僕と君はお互いを知るために質問をした


好きな動物だとか、そんな他愛もない質問をたくさんした


長いようで短かった帰り道


僕の家の前に付いた


「今日は付き合ってくれてありがとう」


少し恥ずかしそうに君がはにかむ


「いい暇潰しになったよ」


こんな時でさえ、素直な言葉が出てこない


楽しかったと言えばいいだけなのに


「そっか、暇潰しか…」


君が寂しそうに呟く


「何て言えばいい?」


君の欲しい言葉をあげたい


君の欲しい言葉を言ってみたい


「え…楽しかったからいいよ。とか」


少し戸惑いながら君は答えた


「楽しかったからいいよ」


君が言ったそのままの言葉


今の僕の言葉じゃ、きっと君を悲しませる


君を悲しませたくない。そんな理由は身勝手なんだろうか


「思ってないでしょ!?」


君は少し不機嫌な表情になった


「楽しかったと思ってるよ」


思ってないと思われるのは予想外だった


「そっか、ならいいや」


少しの沈黙が流れた


「今日誕生日だよね?誕生日おめでとう!じゃ、バイバイ」


君は少し手を振って足早に去っていった


「バイバイ…」


震える声、君にこんな顔見られてないよな…


今日は最高の誕生日になった

涙色の花束・3日前
今日、自習に来たのは君の誕生日を祝うため
創作
めっちゃ雑。内容薄
小説
言葉を刻む
~男子目線の恋愛ポエム~

これから先あと何回

あの人のミットに投げ込めるのだろうか

あいつの球を受けられるのだろうか

あの人と甲子園に
あいつと甲子園に…行きたい

玲兎・3日前
ダイヤのA
沢村栄純
御幸一也
創作
野球
好き
ポエム
甲子園
光と影
こんなこと君には言えない

自殺を考える人は

いちばん弱い人、一番強い人。

零宮 縒・1日前
私の原点
創作
独り言
寂しい理由
ポエム
死にたい
辛い
フィクション

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に10042作品あります

アプリでもっとみる

『卒業の花』


揺れる陽だまり 春の足音
静かに窓を開ける
消えかけの記憶たちが
手を振り返すために

柔らかな風が語りかける
ありきたりでいいと
貴方と過ごした時間を
特別と呼べるように

季節が描く軌道は
思い出へと還り
新たな命繋ぐの
卒業の花に


ため息が空ですれ違えば
途方に暮れてしまう
丸まった背中照らす
茜色に願うばかり

寂しさはやがて悲しみに変わる
泣きたい時もある
硝子でできた心が
光を放つのに

頷くまでの佇みは
独り息吹に触れて
希望が織り成す道の
脇に咲く奇跡


戻れたなら
貴方は今ここに居なくて


出会いの数 別れを超えて
人は強くなるの
貴方が差し伸べた手を
ずっと握っていたいけど

変わりゆく中で変わらない
言の葉を包むように
涙で育てた花を
そっと閉じ込めて

季節が描く軌道は
思い出へと還り
新たな命繋ぐの
卒業の花に

卒業の花に

河嶋ジョータロー・18時間前
作詞
卒業
卒業ソング
自作ソング
創作
寂しい理由
独り言
ポエム
J

こんな心、溶けちゃえばいい。

零宮 縒・2日前
心は冷蔵庫へ。
創作
独り言
寂しい理由

大好きなのに

ただそれだけの感情が

こんなにも愛しく苦しい

夜霧 悠音__・2日前
届かない
感情
苦しい
失恋
ポエム
創作

愛してないから 好きだと言って

零宮 縒・2日前
創作
独り言
寂しい理由
恋愛


終わらない夏が 君を読む

零宮 縒・2日前
創作
独り言
寂しい理由

うまく泣けない

うまく叫べない

うまく頼れない



もっと上手く、生きていたかった。

零宮 縒・3日前
創作
独り言
こんなこと君には言えない
辛い
上手くなくていいんだよ。そのままでいいんだよ



僕が異性と帰ってたら

"嫉妬した"ってほんとですか。

 ・20時間前
期待してもいいですか
独り言
好きな人
創作
ポエムの内容はほんと、一番目のハッシュタグと恋と好きな人ってやつはポエムに合わせただけ
友達ずてに聞いた話
寂しい理由
ポエム
一応ですけど自慢とかじゃないです
自慢ではありません。
大事なことなのでもう一度言います
⚠︎自慢ではありません

恋の亡霊は まだ僕の隣にいた

零宮 縒・2021-02-21
創作
独り言
恋愛
寂しい理由
幽霊
ポエム

縋る涙を仕舞うことさえ出来なくて。

零宮 縒・14時間前
アイですが何か
タグ借ります。
創作
独り言
寂しい理由
恋愛
好きな人
ポエム


嫌なことばかり。

辛いことばかり。

苦しいことばかり。



それだけを追い詰めては、
《小さな幸せ》も見つけられない__

零宮 縒・2日前
創作
独り言
寂しい理由
辛い
フィクション
泣きたい

最強が弱くなる時だってあるし、

最弱が強くなる時だってある。

零宮 縒・1日前
創作
独り言
寂しい理由
フィクション

わたし、あなたがおもうよりつよくないの

氷花蝶・16時間前
ポエム
創作

他に10042作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
689986件

寂しい理由
2285件

327840件

ポエム
395205件

好きな人
191170件

辛い
100929件

自己紹介
50938件

片想い
170923件

恋愛
130995件

トーク募集
33904件

好き
162254件

卒業
14752件

死にたい
51073件

失恋
75700件

片思い
142029件

苦しい
31125件

友達
51966件

こんなこと君には言えない
3458件

大好き
74294件

35243件

先生
81671件

すべてのタグ