はじめる

#明けない夜のリリィ

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全39作品・

壊れていたのは世界でしょうか




間違っていたのは私だけれど

𝒜𝒩𝒵𝒰__anzu・2021-09-20
大切な人
寂しい
辛い
花束を君に
独り言
ポエム
明けない夜のリリィ
伝えたい想い

地球が回っていた時代は終わって


朝は 永遠に失われた


僕は止まって 歩き出せないまま


街をぼんやり 眺めていた





この夜が いつまでも明けないから


僕は君を こんな檻に閉じ込めている


君の声しか 光がないから


月の代わりに 君を歌わせている





リリィ、リリィ 明日も側にいてくれるかい


たとえ僕が 夜に溺れたとしても


リリィ、リリィ 君は真昼のような


澄んだ声で希望を歌ってくれるかい





季節が巡った時代は終わって


春も 夏も 秋も 永遠に失われた


僕は 壊れたことに 気づかないまま


君をこうして 苦しめていた





この夜がいつまでも明けないから


僕の思考は 醒めることができない


君の声しか 救いがないから


星の代わりに 君を歌わせている





リリィ、リリィ 明日も歌ってくれるかい


僕の足を引きずり込む 暗闇から


リリィ、リリィ 君の真昼のような


澄んだ声が 僕は本当に 好きだよ





リリィ、リリィ どうか許しておくれ


僕はとっくに夜に飲まれてしまって


リリィ、リリィ 君の幸せなんて


願っていた あの頃に 戻れないんだ





リリィ、リリィ どうして 手を伸ばして


僕の頬なんて 撫でているの


明けない夜はないと 歌う君は


僕を出ていった雫を拭って


『あなたを忘れないよ』


とそう言った

ポニーテール・2020-01-04
明けない夜のリリィ
歌詞

地球が回ってた時代は終わって

朝は 永遠に失われた

僕は、止まって 歩き出せないまま

街をぼんやり眺めていた

この夜が いつまでも明けないから 僕は

君をこんな檻に閉じ込めている

君の声しか

光がないから

月の代わりに君を歌わせている

リリィ、リリィ、明日も

そばに居てくれるかい

たとえ 僕が夜に溺れたとしても

リリィ、リリィ、君は真昼のような

澄んだ声で希望を歌ってくれるかい


季節が巡ってた時代は終わって

春も夏も秋も永遠に失われた

僕は 壊れたことに気付かないまま

君をこうして苦しめていた

この夜がいつまでも明けないから 僕の

思考は醒めることがない

君の声しか 救いがないから

星の代わりに君を歌わせている

リリィ、リリィ、明日も

守ってくれるかい

僕の足を引きずり込む暗闇から

リリィ、リリィ、君の真昼のような

澄んだ声が僕は本当に好きだよ

リリィ、リリィ、どうか

許しておくれ

僕はとっくに夜に溺れてしまって

リリィ、リリィ、君の幸せなんて

願ってたあの頃に戻れないんだ

リリィ、リリィ、どうして

手を伸ばして

僕の頬なんて撫でているの

明けない夜はないと歌う君は

僕を出ていった雫を拭って

「あなたを忘れないよ」

とそう言った

笑心(Niko)辞めます。・2021-03-31
明けない夜のリリィ

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に39作品あります

アプリでもっとみる











「おはよう、僕の歌姫

-Happy End ver.-」




















































































真昼のように澄んだこの歌声を



僕はよく知っている














































堪えようとしても溢れてくるこの泣き声を



僕はよく知っている












































優しくて春のように暖かいこの呼び声を



僕はよく知っている





















君はまだ暗闇に残ったまま





僕が助けに行かなくちゃ































絡まった闇に 目を塞がれて












吸われつくした心は枯れている











きっともう、僕は駄目だ












でも君を助けに行かなくちゃ





僕の大好きな君だから


































また明日、





今度こそまた明日











お日さまの下で君に言うんだ































「君を愛した僕を許して」
























君の目から出た雫が




頬を伝っていく

























泣かないで、









泣かないでよ






僕の歌姫



















































凛としたしなやかなこの手のひらを



僕はよく知っている





















































水面を跳ねるようなこの足音を



僕はよく知っている









































小さくても綺麗なこの呼吸を



僕はよく知っている


























知ってるよ、君は、















ここにいるんだ




















絡まった闇をかき分ける腕も












枯れた心を蘇生する涙も













十分すぎるくらい貰ってるのに













僕は、どうして、












壊れたままなんだ




















らら、らり、るら、



らら、らり、るら、



らら、らり、るら、












澄んだ声で君が歌う










らら、らり、るら、



らら、らり、るら、



らら、らり、るら、



らら、らり、るら、
















嗚呼、君、どうか許しておくれ













僕はとっくに夜に飲まれてしまったのに













名前も忘れた君に













「僕を捨ててどこかへ行け」






と言えないんだ































突然突き刺すような光が僕の眼球を















早く起きろ、と





目を覚ませ、と









殴りつける






















明けない夜はなかったと泣く君は













恐る恐る開いた瞼に触れて



























「あなたを信じてたよ」




とそう言った






















「……リリィ」







「なあに」







「リリィ、そうだ




リリィ、君の名前だ。




ねぇリリィ、」







「なあに」







「……怒って、る?」







僕は小さな声でそう言った








許してくれないだろうな














僕は君の名前さえ忘れたんだ














僕を好きだと言ってくれたのに















リリィは微笑み、




涙を流して言った。







































「あなたは馬鹿ね」

藤守。・2022-04-17
藤守。
歌詞小説。
「おはよう、僕の歌姫」
おはよう、僕の歌姫-HappyEndver.-
おはよう、僕の歌姫
明けない夜のリリィ
あなたの夜が明けるまで
ほとんど歌詞そのまま書いてるだけ(((

地球が回ってた時代は終わって

朝は永遠に失われた

僕は止まって歩き出せないまま

街をぼんやり眺めていた

この夜がいつまでも明けないから

僕は君をこんな檻に閉じ込めている

君の声しか光がないから

月の代わりに君を歌わせている


リリィ、リリィ 明日も側にいてくれるかい?

たとえ僕が夜に溺れたとしても

リリィ、リリィ 君は真昼のような

澄んだ声で希望を歌ってくれるかい?



季節が巡ってた時代は終わって

春も夏も秋も永遠に失われた

僕は壊れたことに気づかないまま

君をこうして苦しめていた

この夜がいつまでも明けないから

僕の思考は醒めることがない

君の声しか救いがないから

星の代わりに君を歌わせている


リリィ、リリィ 明日も守ってくれるかい?

僕の足を引きずり込む暗闇から

リリィ、リリィ 君の真昼のような

澄んだ声が僕は本当に好きだよ


リリィ、リリィ どうか許しておくれ

僕はとっくに夜に飲まれてしまって

リリィ、リリィ 君の幸せなんて

願ってたあの頃に戻れないんだ


リリィ、リリィ どうして手を伸ばして

僕の頬なんて撫でているの?

明けない夜はないと歌う君は

僕を出ていった雫を拭って

「あなたを忘れないよ」

とそう言った

RiRi・2020-05-29
明けない夜のリリィ
傘村トータ
歌詞
好きな曲の歌詞

君の真昼のような


澄んだ声が


僕は本当に好きだよ。

白月* 不安定・2020-08-28
歌詞
明けない夜のリリィ













明けない夜のリリィ


















地球が回ってた時代は終わって
朝は永遠に失われた
僕は止まって歩き出せないまま
街をぼんやり眺めていた
この夜がいつまでも明けないから
僕は君をこんな檻に閉じ込めている
君の声しか光がないから
月の代わりに君を歌わせている

リリィ、リリィ明日も側にいてくれるかい
たとえ僕が夜に溺れたとしても
リリィ、リリィ君は真昼のような
澄んだ声で希望を歌ってくれるかい








季節が巡ってた時代は終わって
春も夏も秋も永遠に失われた
僕は壊れたことに気づかないまま
君をこうして苦しめていた
この夜がいつまでも明けないから
僕の思考は醒めることがない
君の声しか救いがないから
星の代わりに君を歌わせている

リリィ、リリィ明日も守ってくれるかい
僕の足を引きずり込む暗闇から
リリィ、リリィ君の真昼のような
澄んだ声が僕は本当に好きだよ














リリィ、リリィどうか許しておくれ
僕はとっくに夜に飲まれてしまって
リリィ、リリィ君の幸せなんて
願ってたあの頃に戻れないんだ
リリィ、リリィどうして手を伸ばして
僕の頬なんて撫でているの
明けない夜はないと歌う君は
僕を出ていった雫を拭って
「あなたを忘れないよ」とそう言った

響奏 × × × 。 @MMM💎✨この垢は現在使われていません。・2020-10-14
歌詞
聴いてほしい曲
明けない夜のリリィ
おすすめ
おすすめのりたい
-MyDay's-

~明けない夜のリリィ
~あなたの夜が明けるまで

傘村トータ 様


『 リリィ ,リリィ
君の幸せなんて

願ってたあの頃に戻れないんだ 』

知ってるよ どうにもならないことも

でも 嫌いになんて なれなかったよ


また いつか 光を歌いながら

二人 手を繋いで 歩きましょう

明けない夜は無いと 教えてくれたこと

私の手を 引いてくれたこと


『 あなたを 忘れないよ 』























この曲、おすすめやから、

是非、聴いてみてね笑

きらくん。・2020-11-09
歌詞
傘村トータ
明けない夜のリリィ
あなたの夜が明けるまで
おすすめ

地球が回ってた時代は終わって
朝は永遠に失われた
僕は止まって歩き出せないまま
街をぼんやり眺めていた

この夜がいつまでも明けないから
僕は君をこんな檻に閉じ込めている
君の声しか光がないから
月の代わりに君を歌わせている

リリィ、リリィ 明日も側にいてくれるかい
たとえ僕が夜に溺れたとしても
リリィ、リリィ 君は真昼のような
澄んだ声で希望を歌ってくれるかい

季節が巡ってた時代は終わって
春も夏も秋も永遠に失われた
僕は壊れたことに気づかないまま
君をこうして苦しめていた

この夜がいつまでも明けないから
僕の思考は醒めることがない
君の声しか救いがないから
星の代わりに君を歌わせている

リリィ、リリィ 明日も守ってくれるかい
僕の足を引きずり込む暗闇から
リリィ、リリィ 君の真昼のような
澄んだ声が僕は本当に好きだよ

リリィ、リリィ どうか許しておくれ
僕はとっくに夜に飲まれてしまって
リリィ、リリィ 君の幸せなんて
願ってたあの頃に戻れないんだ

リリィ、リリィ どうして手を伸ばして
僕の頬なんて撫でているの
明けない夜はないと歌う君は
僕を出ていった雫を拭って
「あなたを忘れないよ」とそう言った

水瀬・2021-08-07
明けない夜のリリィ
歌詞

地球が回ってた時代は終わって
朝は永遠に失われた
僕は止まって歩き出せないまま
街をぼんやり眺めていた


この夜がいつまでも明けないから
僕は君をこんな檻に閉じ込めている
君の声しか光がないから
月の代わりに君を歌わせている


リリィ、リリィ
明日も側にいてくれるかい
たとえ僕が夜に溺れたとしても
リリィ、リリィ
君は真昼のような
澄んだ声で希望を歌ってくれるかい


季節が巡ってた時代は終わって
春も夏も秋も永遠に失われた
僕は壊れたことに気づかないまま
君をこうして苦しめていた


この夜がいつまでも明けないから
僕の思考は醒めることがない
君の声しか救いがないから
星の代わりに君を歌わせている


リリィ、リリィ
明日も守ってくれるかい
僕の足を引きずり込む暗闇から
リリィ、リリィ
君の真昼のような
澄んだ声が僕は本当に好きだよ


リリィ、リリィ
どうか許しておくれ
僕はとっくに夜に飲まれてしまって
リリィ、リリィ
君の幸せなんて
願ってたあの頃に戻れないんだ


リリィ、リリィ
どうして手を伸ばして
僕の頬なんて撫でているの
明けない夜はないと歌う君は
僕を出ていった雫を拭って
「あなたを忘れないよ」とそう言った

ゆゆ🥀・2020-03-20
歌詞
傘村トータさん
傘村トータ
明けない夜のリリィ

「リリィ」

ねぇ

「リリィ」

君はどこ?

「リリィ」

嗚呼

リリィ

ここよ      リリィ

ここに居るよ

NoName・2021-07-17
あなたの夜が明けるまで
明けない夜のリリィ
願わくは彼らに夜明けを
傘村トータ

地球が回ってた時代は終わって
朝は永遠に失われた
僕は止まって歩き出せないまま
街をぼんやり眺めていた


この夜がいつまでも明けないから
僕は君をこんな檻に閉じ込めている
君の声しか光がないから
月の代わりに君を歌わせている


リリィ、リリィ 明日も側にいてくれるかい
たとえ僕が夜に溺れたとしても
リリィ、リリィ 君は真昼のような
澄んだ声で希望を歌ってくれるかい


季節が巡ってた時代は終わって
春も夏も秋も永遠に失われた
僕は壊れたことに気づかないまま
君をこうして苦しめていた


この夜がいつまでも明けないから
僕の思考は醒めることがない
君の声しか救いがないから
星の代わりに君を歌わせている


リリィ、リリィ 明日も守ってくれるかい
僕の足を引きずり込む暗闇から
リリィ、リリィ 君の真昼のような
澄んだ声が僕は本当に好きだよ


リリィ、リリィ どうか許しておくれ
僕はとっくに夜に飲まれてしまって
リリィ、リリィ 君の幸せなんて
願ってたあの頃に戻れないんだ


リリィ、リリィ どうして手を伸ばして
僕の頬なんて撫でているの
明けない夜はないと歌う君は
僕を出ていった雫を拭って
「あなたを忘れないよ」とそう言った

Alice🥀・2020-04-05
傘村トータ
明けない夜のリリィ
歌詞



涙は流すものじゃなくて、

拭うものだよ。

零宮 縒・2021-07-17
君を出ていく雫
君が泣くとき、誰かが隣に居てくれますように。
明けない夜のリリィ
創作
独り言

上明けない夜のリリィ
下あなたの夜が明けるまで





地球が回ってた 時代は終わって
壊れていたのは世界でしょうか

朝は永遠に失われた
間違っていたのは世界でしょうか

僕は止まって 歩き出せないまま
あなたには朝がやってこない

街をぼんやり眺めていた
だからあなたからの「おはよう」はもう聞けない





この夜がいつまでも明けないから
時が戻れば、なんて思いながら

僕は君を こんな檻に閉じ込めている
私はあなたをこんな檻に閉じこめている

君の声しか光がないから
声が枯れるまで歌い続ければ

月の代わりに君を歌わせている
きっと気がついてくれるよね





リリィ、リリィ明日も側にいてくれるかい
またいつか星の降る街を

たとえ僕が夜に溺れたとしても
手を繋いで歩きましょう

リリィ、リリィ 君は真昼のような
空の青さを忘れるなんて

澄んだ声で希望を歌ってくれるかい
まったく、本当にあなたは馬鹿ね





季節が巡ってた 時代は終わって
壊れていたのは世界ではなくて

春も夏も秋も永遠に失われた
間違っていたのはあなただけれど

僕は壊れたことに気づかないまま
嘘で固められた世界でも

君をこうして苦しめていた
ごめんねあなたに生きていてほしいの





この夜がいつまでも明けないから
時が戻れば、なんて思いながら

僕の思考は醒めることがない
私はもう少しだけ諦めている

君の声しか救いがないから
声が枯れるまで歌い続けるのは

星の代わりに君に歌わせている
あなただけのためじゃない





リリィ、リリィ明日も守ってくれるかい
またいつか春の空を

僕の足を引きずり込む暗闇から
二人手を繋いで歩きましょう

リリィ、リリィ君の真昼のような
何も知らないあなたでいいの

澄んだ声が僕は本当に好きだよ
私はどこにも行かないから





リリィ、リリィどうか許しておくれ
「リリィ、リリィ君の幸せなんて

僕はとっくに夜に飲まれてしまって
願ってたあの頃には戻れないんだ」

リリィ、リリィ君の幸せなんて
知ってるよどうにもならないことを

願ってた あの頃に戻れないんだ
でも嫌いになれなかったよ





リリィ、リリィどうして手を伸ばして
またいつか光を歌いながら

僕の頬なんて撫でているの
二人手を繋いで歩きましょう

明けない夜はないと歌う君は
明けない夜はないと教えてくれたこと

僕を出ていった雫を拭って
私の手を引いてくれたこと





「あなたを忘れないよ」とそう言った
「あなたを忘れないよ」





「リリィ」
「なあに」
「ねぇ僕ほんとに君が好きだよ」

「リリィ」
「なあに」
「君はどう?」
「私も」

あなたが好きよ

STELLA🥀❤︎・2020-01-24
明けない夜のリリィ
あなたの夜が明けるまで
歌詞

ー明けない夜のリリィー

ーあなたの夜が明けるまでー

「あなたを忘れないよ」

とそう言った

「リリィ」

「なあに」

「ねえ 僕 ほんとに 君が好きだよ」

「リリィ」

「なあに」

「君はどう?」

「私も」

あなたが好きよ

ーおはよう、僕の歌姫ー

「君の名前は?」

「、、、リリィ」

「、、、な、に?」

「リリィ。」

「、、、そっか、綺麗な名前だ、ねえ、リリィ」

「、、、なあに?」

「君は、えっと、」

「私は、あなたが好きよ」

ち み ん 。☁️・2021-02-22
あなたの夜が明けるまで
明けない夜のリリィ
おはよう、僕の歌姫

他に39作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
905540件

大好きな君へ
4911件

自己紹介
75036件

トーク募集
63484件

413850件

ポエム
489907件

好きな人
275925件

辛い
154944件

恋愛
172662件

片想い
208592件

死にたい
80278件

会いたい
41535件

失恋
96188件

片思い
168267件

好き
187153件

苦しい
49379件

消えたい
24724件

同性愛
21013件

51524件

タグお借りしました
16044件

苦しい想いに終止符を
94件

すべてのタグ