はじめる

#雫

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全336作品・

"泣くこと"は悪いことじゃない

"涙"は弱さの証じゃない


その"雫"は

"勇気"と"頑張り"の象徴だ

月乃 垢変済・2022-04-27
君の瞳から流れる雫は
目と目が合うと
泣くこと
目と目が合うと
大切な人
悪いことじゃない
弱さの証じゃない
勇気と頑張りの象徴
泣きたい
苦しい
息苦しい世界
心のドアの鍵を君に託す。

背中にあった翼は
君と共に無くした
飛べた頃の記憶は
擦り傷の様には消えてくれない


















運命とか神様とか前世とか目に見えないものを信じて縋らずにはいられない。それが人間。
でも普通に考えて存在しないし、僕は信じたくない。
信じたくないけど、否が応でも信じさせてくる。それが世界。
そんな長い長い僕の話きいてくれるかい。











僕は前世の記憶がある。
世界中に何人が前世の記憶を持つのか知らないが、少なくともどの時代を生きても僕は前世の記憶持ちに出会ったことはない。
しかし輪廻転生は僕が僕を持って証明した。
“生まれ変わっても…”なんていう使い古された言葉も僕にとっては他人事ではない。
そして数えることが嫌になるほど生きる中で運命という言葉も認めざる得なかった。













僕には運命の人がいる。
必ず20歳を迎える前に死んでしまうその人はいつの時代も美しい花のような女性だ。
僕と彼女との初めての出会いはずっとずっと昔。穀物を耕す小さな村で農民として僕は村娘の彼女に出会った。
結婚し子供が生まれ、幸せな時を過ごした。
歴史の教科書によく出る言葉、疫病。
当たり前だが、その時代でも疫病は流行った。
最古の疫病、結核。
当時は悪魔病と呼ばれ、人々を死に至らした。
僕の妻も19歳で悪魔病を罹った。
村で初めての罹患者であった彼女はこれ以上流行らないようにと生き埋めにされた。
森の奥深くに眠らされた。
人生で初めて愛した人を生き埋めにされて怒らない人間はいないだろう。
僕は反乱を起こした。
僕は少し強かったらしい。
すぐに死ななかった。
一緒に争った子供は死んだ。
いっそ殺してくれと願った。
何度かの争いで僕は死んだ。
夜光虫を引き連れて彼女の元に逝った。














次の僕が前の僕を思い出したのは彼女に再会したときだった。
僕は当然彼女も前世の記憶があるのだろうと疑わなかったが彼女は愚か、誰一人として信じなかった。
気味悪がり、親でさえ幼い僕を捨てた。
それでも諦めない僕に彼女は少しずつ心を開いたが、また彼女は病に伏せた。
それでも人目を盗んで彼女に会いに行った。
彼女は前世の話をする僕に言った。
好きな人をずっと覚えてられるのは幸せだねと。
そんなわけない。
思い出は何も語らない。縋り付くあても無い。
零れた涙はずっと君に届かない。
彼女はたった10で死んだ。
覚えていてと皮肉な言葉を残して。
僕はまた夜を生きた。















その後、何度生きても彼女は僕より先に死んだ。
4度目の彼女は天災で。
貴族に生まれた彼女は暗殺で。
妹だった彼女は自殺を。
戦渦だった彼女は餓死で。
いくつか前の彼女は交通事故で。
僕は彼女が死ぬたび守れない自分に嫌気がさす。
僕は彼女を守るために生まれ変わるのに。















現世で僕らは高校生をしている。
こう何度も生きていると上手に生きることを覚える。
この時代は平和を謳われる。
実際、人殺しを正義と叫ぶやつはいないし、医療進歩は目まぐるしい。
生きやすい時代だ。
それでも死はいつでも隣り合わせなことを僕が1番知っている。
その死から彼女を守ることが俺の役目。生きる意味。
忘れないし忘れられない。
僕は彼女に長く生きてほしい。それだけだ。















僕はとても久しぶりに彼女の恋人になった。
顔を真っ赤にして好きという彼女に僕の長年の恋心が一気に熱を帯びた。
彼女に負けないくらい顔が赤くなり、言い逃れできず晴れて僕は彼女と交際を始めた。
付き合うという行為をほとんど初めて行っている僕は何かをするたびに浮かれてしまう。
そんな僕を見て彼女は笑う。
あぁ、そうだ。
彼女はこんなふうに優しく笑う人だ。
彼女の笑顔に僕の心の靄が少し消えた気がした。














“運命って信じる?”
かわいい顔して聞く君に僕は愛おしく頭を撫でながら答えた。
“信じるよ。”
彼女は基本現実主義者だ。
世の中の科学や技術で証明されていないものは信じない。運命もその中の1つだと思っていた。
“珍しいね。”僕は思うがままに言ってしまった。
彼女は少し寂しそうに微笑んで言った。
“悔しいけど、受け入れなきゃいけないこともあるから。”
彼女はそう言っていつもより曇った笑顔を貼り付けた。
最近よくする顔だった。
彼女にその言葉の真意は聞けず、曖昧な距離のまま彼女を家まで送り届けた。














嫌なコール音が僕の携帯から流れた。
相手はもちろん彼女だ。
ただ、それが彼女じゃない可能性があることを僕は前世で学んでいる。
電話の相手はやはり彼女じゃなかった。
真冬の寒い中コートも羽織らず、1番嫌いな病院に向かっていた。
消毒の匂いだけで吐き気がする。
彼女の名前が書かれた病室には彼女と彼女の両親がいた。彼女はなんで…と呟いた。
両親は俺のいる経緯を彼女に説明した。
彼女は両親を責めたあと諦めたように二人を追い出した。僕はベッドの横の丸椅子に座った。
重たい沈黙を破ったのは彼女。
“ごめんね。”
貼り付けた笑顔。
僕は随分長くこの笑顔しか見ていない。
“何に謝ってるの。”
僕は少し強めの口調で言った。
彼女は俯いてしまった。また沈黙がうまれる。
“私ね、病気なの。”
勢いよく顔をあげるとまた貼り付けた笑顔があった。
それから彼女は病気の事について説明してくれた。
彼女は遷延性意識障害、俗に言う植物状態になる病気。
彼女は「人」として生きられる時間は限られていた。
そして僕は悟った。
彼女をまた助けられない。
“何もできないし感じないんだって。そんなの、死んだほうがましだよ。”
ポロポロと涙を零しながら彼女は吐き捨てた。
僕は瞬間にして頭に血が上る。
気がつけば彼女を強く抱きしめた。
“死なせない。もう死なせたくない。”
彼女の細い体が折れてしまうのではないかと思うほど、僕は彼女を強く抱き締めた。
彼女も応えるように手を僕の背中に回した。
そして僕は医者になった。
















彼女はあの告白後、19にして植物状態になった。
医大に進学した僕はどんなに忙しくなっても彼女に会いに行った。
相槌さえ打たない彼女に僕は前世の話を聞かせ続けた。
彼女はその3年後息を引き取った。
彼女を失ってからも僕は死ねなかった。
いつも彼女が死ねば何らかの理由で僕も死んでいたのに。卒業後は医学研究者として植物人間の研究と治療法について研究し続けた。
40を前にして僕の所属するチームが治療法を確立させた。一時のヒーローになった僕は素直に喜べなかった。
彼女と生きたい。それだけだった。
















治療法確立後、僕は研究職から身を引き、医者として総合病院に勤めた。
病院の拒否反応は治らず、今でも消毒の匂いに吐き気がする。
それでも僕は彼女を救えなかった現世の罰として彼女の最後に過ごした場所にいることを選んだ。
50半ばにして幼い子供が病院にやってきた。
まだ10にも満たない女の子。
事故により脳を損傷。
手術は成功したが脳に後遺症が残り、植物状態になってしまった。
そこでかつてのチーム所属者のいるこの病院に運び込まれたのだ。
僕は女の子をみて絶句した。
膝から崩れそうになるのをギリギリの精神で持ちこたえた。
ひと目見ただけでわかる。誰よりも救いたかった人。
彼女の生まれ変わりだった。
この子はなんとしても救わなければならない。

















その後はご察しの通り、治療により彼女は普通の生活を営めるほどに回復したよ。
今彼女は看護師になるべく勉強に励んでいる。
そういえば、昨日で22になったらしい。
僕も年を取るわけだ。
定年後は静かな村でゆっくりと過ごしているよ。
え、前世の記憶があってよかったか?
そんなのないに越したことないよ。
振り回されるなんて馬鹿馬鹿しいだろう。
でもそうだなぁ、大切な人との思い出をずっと覚えてられるのは幸せなことかもしれないね。
でももうおしまいだよ。
僕は来世では新しい僕だと思うんだ。
怖くなんてないよ。
きっとまた彼女に出会えるからね。
馬鹿にされるかもしれないけど、僕は運命ってあると思うんだ。

まな・2022-08-22
言ノ葉、ふわりと
長編小説
歌詞小説
長い夜を生きる理由
もう君はいないのに
海を眺めて
醒めない眠りに終止符を
思い出は、永遠に
後悔した過去と共に
タグお借りしました



向ける笑顔は偽り



流れる雫は本音

侑亜・2022-07-23
好きです、なんて言えない
独り言
偽り
日常
フィクション
笑顔

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に336作品あります

アプリでもっとみる

五月雨のように募る想い

広げた傘に響いた“好き”

雫に流れて君に響かない

悠希 優羽・2022-05-13
想いは降り続くから
無色透明な恋心
ハナレバナレ
五月雨
募る
想い
広げた
響く
好き
流れて
君に
響かない
好きな人
片想い
寂しい
苦しい
辛い
悲しい
泣きたい
タグお借りしました
ポエム
言えない気持ち
満天の星空の詩(優羽)
耀く星の詩(優羽)
春模様*

雨に咲く花 雫に濡れて

夏空が架けた淡い虹も

君の微笑みも霞みゆく

悠希 優羽・2022-06-07
微笑んでくれるだけで
雨の中、君に恋をした。
ないものねだり
雨に咲く花
咲く
濡れる
夏空
架ける
淡い
君の
微笑み
霞みゆく
好きな人
別れ
行かないで
悲しい
辛い
寂しい
苦しい
泣きたい
そばにいて
そばにいたい
タグお借りしました
ポエム
永遠の夏*

どうか。

赤にも青にも染まらず
批判され、差別される
私が君に届けた哀。

この無性別な愛を愛して。

みゅーず。 ・2022-05-16
無性別
愛情
差別
男性
女性
恋人
未満
批判
隠す
消えない思い
隠れた本音
愛する
欲しい
LGBTQ
LGBT
苦しい
同性
異性
恋心
痛み
苦しみ
透明

月光浴をして 眺める弦月

言葉にならない"好き"は溢れ

夜空に零れて 星に還る涙の雫

神々廻 勇凛・2022-04-17
夜隠し
目と目が合うと
月光浴
眺める
弦月
言葉
ならない
好き
溢れ
夜空
零れて
還る
好きな人
片想い
辛い
哀しい
寂しい
タグお借りしました
ポエム

さよならの日 降りしきる雨

軋む心のワイパーは

雫を拭う術さえも忘れて

悠希 優羽・2022-06-05
涙の拭い方を教えて
恋に堕ちて
ないものねだり
さよなら
降りしきる
軋む
ワイパー
拭う
忘れる
別れ
失恋
好きな人
好きだった人
悲しい
寂しい
辛い
苦しい
泣きたい
会いたい
別れたくない
タグお借りしました
ポエム

君への想いを瓶に詰め

瞳の雫も傍らの愛も

零さず溢れぬ様にと

彩綾・2021-12-14
星の落第者
コラボ
願い
想い
大切な人
別れ
ポエム
独り言
強がり

必死に貯めた50連分…
やっべ大爆死だわ…
MEIKOさん来てくれたから良いか…
いやでもな、、、でもよ、、
雫様…愛莉ちゃんが、、
来てくれたっていいじゃん?!
MEIKOさんが来た時点で満足してたら30連分は残ったのに~…

はあ、、私馬鹿すぎる…

Snow White・2022-08-10
プロセカ
プロジェクトセカイ
ガチャ
MEIKO
愛莉





辛いこと 苦しいことがいっぱいあって

死にたい 消えたいって思っているあなた

それでも今日を生きているあなたは

偉いと思う よく頑張ったね

ばぶのすけ・2021-08-18
神様のひとりごと
辛い
苦しい
死にたい
消えたい
と思うあなたへ
悩み
今日も一日お疲れ様でした
よく頑張ったね

埋もれて見えぬ水平線

雫が溢れる境界線

写り咲くには古びている

彩綾・2021-12-02
雪帽子の新芽
タグお借りしました
水平線
境界線
好きな人
思い出
独り言
迷宮
ポエム
苦し涙を嫌うなら
夜明け、最初に思い浮かぶのは
自然の風と歓びの詩
終幕の序曲

恋に落ちる"0.2秒"の音

水面に雫が一滴落ちて 微かに響く音

水紋が広がるように 恋心で充たされて

神々廻 勇凛・2022-02-18
伝えたい想い
恋に落ちる0.2秒
一目惚れ
水面
響く
水紋
恋心
充たされる
好きな人
恋に落ちる一瞬
ポエム

貴方への熱情の焔は

哀しみの雫に消えて

"いかないで…"

口に出せない後悔を残して

悠希 優羽・2022-03-02
優しい絶望と偽りの希望
どんな未来が待とうとも
共タグ
いかないで
貴方へ
熱情
哀しみ
口に出せない
後悔
辛い
上蝶さんへ

「誰かの瞳から零れ落ちた雫を、

少しでも多く掬いたい」なんて











無力な私には無理だったんだ。
































そんなこと、
初めから
わかってたはずなんだけどなぁ。

雫・2021-08-01
無力
死にたい
苦しい
辛い
掬いたい
救いたい
救えない
わかってた

他に336作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
928364件

流れ星
4249件

好きな人
286489件

自己紹介
79429件

423126件

ポエム
497071件

トーク募集
68426件

恋愛
178454件

願い
21287件

辛い
161532件

片想い
212671件

片思い
171894件

失恋
98789件

結び目
5018件

好き
189887件

死にたい
83954件

苦しい
51697件

同性愛
22206件

29735件

大好き
90822件

彼氏
75982件

すべてのタグ