はじめる

#作詞

読んでると、
思わず胸がギュッとしめつけられる、
そんなポエムを集めました。

全2464作品・








神生消


















抹消 殺消 求めているのに

辛い時だけ 笑ってる

楽しい時だけ 泣いている

そんな日常が

ループ ループ 回っている


本当に辛い時だけ

愛想笑い しか 出来なくて

助け求めても 気俯かれない

そんな気持ち 知ってるか?

元気そうだね 優等生

うるせぇ 黙れよ 偽善者共よ

笑顔が 本当か どうかも 気俯かないのか?

それなのに

知人 友達 信頼してるよ ズッ友だ

そんな言葉吐くのか 気持ち悪い

ずっと 前から 消えたかった

そんな 願いは 叶えられない 叶わない

それなのに

"優等生であり続けないと"

"愛想笑いを身に付けないと"

そんな 願いばかり 叶えるのね

神様達よ もう嫌だ ゐこう けど

消える前に

神生消 神生消

神様を存在だけにしてしまおうか

そのまま消してしまおうか

ゐるだけの無意味な存在にしてしまおうか

ゐきてるかどうかもわからないけど

存在するなら助けてよ

神様 ねぇ

涙くらい流させてよ

助け求めさせてよ

楽にゐきさせてよ

あれ あれ おかしいな

自分が よくわからないや

紫月花蘭 🌈 🎈🎶🎼🌉 テストのため好き返し後回し&小説休止・2021-01-29
オリジナル
作詞
ボカロ
誰かに届け
拙者の作詞
偽善者
病み
愛想笑い
優等生
1番だけ
気が向いたら
2番
作る
創る


あなたと出会いたい
あなたに恋したい
あなただけに♥♥
愛されたい。♥♥

気持ちだけは♥♥
あるのに♥♥♥♥
どうして♥♥♥♥
ためらうの?♥♥

嫌われるのが♥♥
怖いから♥♥♥♥
だから♥♥♥♥♥
どうしても♥♥♥
臆病になる私♥♥


あなたと出会いたい
あなたに恋したい
あなただけに♥♥
好かれたい。♥♥

心だけは♥♥♥♥
あるのに♥♥♥♥
どうして♥♥♥♥
隠れるの?♥♥♥

嫌われるのが♥♥
怖いから♥♥♥♥
だから♥♥♥♥♥
どうしても♥♥♥
臆病になる私♥♥




藍凛・3日前
作詞
藍凛

「Happy Valentine!」


甘いご褒美
恋の色
今年は君にあげられるかな
今まで隠していた思い
伝えたいけど伝えられない
恥ずかしくて
照れくさくて
なかなか言えないけれど
今日この特別な日ぐらい
勇気を出しちゃおう


for you
上手くいかなくて
こんがらがっちゃう
これは君にしか言えないこと
君にしか言いたくないこと
甘い未来は
来ないかもしれないけれど
この日だけは
HappyValentine!


チョコの誘惑
愛の色
君の隣はあの子がいる
でも芽生えたこの思い
簡単に枯らしてたまるもんですか
悲しくって
悔しくって
声に出すのは難しいけど
今日この特別な日ぐらい
頑張っちゃおう


give you
もどかしくて
やきもきしちゃう
これは君のために作ったもの
私のために作ったもの
憧れるような返事は
聞けないかもだけど
この日だけは
Happy Valentine!


普段気持ちが募るだけで
何も行動できやしない
ただ「好き」っていう
二文字すら
言いたいのに
言えなくて
だから今日一瞬だけは


for you
上手くいかなくて
こんがらがっちゃう
この思いはプレゼントと
言葉と共に君に届け
甘い未来は
来ないかもしれないけど
この日だけは
勇気を出して
Happy Valentine!

〝あなたを愛しています〟



PS,今日はバレンタインですね
多くの人の恋がうまくいきますように
(雨夜は非リアのため作詞はこれが限界です)
そして地震大丈夫ですか?
危ないと思ったらすぐに避難してください

雨夜 こたぬきฅ^>ω<^ฅ‬・2021-02-14
雨夜の作詞してみた
バレンタイン
バレンタインデー
チョコ
チョコの渡し方
地震
HappyValentine
作詞
作詞してみた

これらの作品は
アプリ『NOTE15』で作られました。

他に2464作品あります

アプリでもっとみる






浜の向こう側に居る
あなたのもとへと
かけてゆくよ
もう気がついたかな
私の足音に私の吐息に
顔をあげて
びっくりしながら
手を大きく
広げるあなた
そして
一緒に倒れながら
キスをする最高!
ちょっと痛くて
涙も出ちゃうけど
嬉し涙なんだよそれ。


今度は起き上がり
優しくキスをする
ごめんねと
もう痛くないかな
嬉し涙のそのあとに
見つめ合う
ふたりの目に
映るものは大好きな
ひとの顔あなたと私
そして
一緒に過ごす夜
寒くないよに
温めあって
肌触れ合って
確かめあって
いつしか一緒に
なれる日を
夢見るんだよね。








藍凛・2日前
作詞
藍凛

「紙飛行機」

ビルに切り取られた
狭い空を見上げる僕
何かになりたい
どこかへ行きたい
ぼんやりとした
願いを抱くだけ
そんな今日も
紙飛行機に乗せて
飛ばせるのなら


高く高く
風に乗って
思いも心の叫びも
飛んでゆけ
ただ時の流れに
流されてゆくだけの
人生はもういらない
憧れていた大空に
身を委ねて生きたいんだ


毎日繰り返し
作り笑いを続ける僕
自分はなんだろう
なんで生きてるのだろう
難しい問題を
気にしないフリ
そんな僕も
紙飛行機で
消せるのなら


強く強く
そう願ったけれど
本当に叶うことは
無くて
だから現実から
目を背けることは
もう止めにしよう
世界という水槽の中
自由に泳いで生きたいんだ


ただ似たような毎日を
過ごしてきた
よく分からない感情を
閉じ込めてきた
それは自分を苦しめるだけで
何も意味はなかった
周りに嘲笑われただけだった


高く高く
風に乗って
悲しさも 喜びも
飛んでゆけ
ただ当たり前
に支配されるだけの
人生はもういらない
青いあの空に
白く線を引くように


真っ直ぐ
生きていきたいんだ



PS,
生きている意味とはなんでしょうか
これを考えている人多分多いはず
雨夜もよく分からない
だからこそ それを探すかのように
生きていかなくちゃいけないと思う
でも 無理はしちゃダメだからね

(恋系書きたい。頑張る)

雨夜 こたぬきฅ^>ω<^ฅ‬・2021-02-21
雨夜の作詞してみた
作詞
作詞してみた
人生
生きる意味
紙飛行機
一人でも多くの命を救うために

どれだけ満点に近くても

バツの数ではなく

マルの数をかぞえよう

カデナテル / 嘉手納 輝・2021-02-21
ことば
言葉
言葉の力
文学
詩人
作詞
ポエム
ポエマー
ポエム画
メッセージ
エッセイ
気持ち
感情
書く人
独り言
ひとりごと
つぶやき
ひとこと



あなたに会いに行くよ
どこまでも夢を追いかけて
心弾ませて

きみに会いに行くよ
どこまでもキズナむすんで
命かけて

追いかけて行くよ
好きだから
愛してるから

抱きしめに行くよ
僕じゃだめかな
好きだけじゃ
足りないかな
愛を全部あげるから
だから待ってて

世界中でいちばん
愛しているよ。
大好きだよ。

だから
泣かないで
笑顔で待ってて
迎えに行くまで
僕がいくまで
待ってて
欲しいんだ。
大好きだから





藍凛・3日前
作詞
藍凛

作詞のテーマ
思いつかねぇ……
ウ-ン(;-ω-)ドウシマショ
恋愛系……いつも
両性愛とか失恋とか
そういうのしか書いてないんだよな~
(実際両性愛者だし
失恋しているようなものだからこそ気持ちぶっ込んでるだけなんだけどね)
〝普通〟にカテゴリーされる
恋愛がいまいちよく掴めん……














































とゆうか
普通の恋愛が分かんないからこそ
両性愛とか同性愛とかの
〝普通では無い〟恋愛について
理解して欲しくて
作詞してるんだよな
























作詞を始めたのは
大好きな親友ちゃんに
認めて欲しくて
親友ちゃんが歌い手さん好きだったから
自分も最初は話についていこうとして
見始めたんだよなぁ
(今は純粋にカッコよくて推し)
「歌詞が良いね」
とか
「かっこいい」
とか
よく親友ちゃんが言ってるから
自分も頑張れば認めて貰えるんじゃないか
そんな淡い期待も込めて
一応それなりに努力はした




でも やっぱり引かれなくないから
見せられない


難しいな

雨夜 こたぬきฅ^>ω<^ฅ‬・2021-02-19
雨夜のクッソ平和独り言
独り言
作詞のきっかけ
作詞
雨夜の作詞してみた
リクエストOK



つかみとるのは
この手に入れたい物

奪い取るのは
誰にも渡したくない者

そう君への愛と
君との想いで
そして愛する
君なんだよ




気持ちつたえて
君との恋を確かめる

心かよわせて
君との愛を確かめる

そう肌触れ合って
抱きしめあって
愛を語り合うんだよ




藍凛・3日前
作詞
藍凛





泣いているのは
悲しいからですか?
心のすきまを
埋めるための涙ですか?

辛いのは
どうしてですか?
僕が慰めても
あなたを癒すことさえ
笑顔にすることさえ
できないのです。

それなのにどうして
どうしてなのですか?


悔しいのは
心にわだかまりが
あるからですか?
うずくまる程、苦しくて
たまらないのですか?

我慢するのは
泣きたくて泣きたくて
仕方ないからですか?
唇から血が出るほどに
チカラいっぱい噛み締めて
からだを震わせる……


それなのにどうして?
どうしてなのですか?

藍凛・3日前
作詞
藍凛

じこけんお。



頑張ることが親の義務だって

頑張ってる親を1度も褒めたことがなかった


もっとお金があれば

もっと愛情を知っていれば

なんて生まれた環境ばかり憎んで

全部親のせいにしたんだ


才能がないのも

取り柄がないのも

変わろうとしなかった自分のせいなのに

許してくれる誰かに甘えていた


反抗期って言い訳して

言いたい放題言って

そーいう時期だって納得されるのにも腹が立った


多分、

不安なんだね

でかい壁前にして怖気付いちゃった臆病者


出来る奴見て嫉妬して

顔が良かったならなんて嘆いて

ないものねだりばっかの人生


承認欲求満たしたくて

言葉を書いた

空っぽの言葉

そこになんの意味があった?


休日のベットで寝転ぶ受験生

お前ホント価値ないよな

もう疲れた

頑張ってもいないのに

♔栖琉♔ 無浮上( '-' )・2日前
独り言
歌詞
作詞
受験
あと約1週間
怖いし不安
大丈夫。大丈夫。

「リクエストより」


暴言 暴論 暴行
この腐った世の中は
汚いものを見ないふり
許されるはずの無い行いを
見て見ぬふりの
事なかれ主義
今日も正しいことを教えてくれない
学校であの子に存在を嘲笑われるだけ

なんで なんで なんで
死にたがりが多い世の中で
息を吸い続ける私
なんで なんで なんで
権力 嫉妬
くだらないものを身にまとい
上に立とうとするあの子
大っ嫌いだ
何もかもが大っ嫌い
世界を映すこの鏡は
いつまでたっても黒いまま


友情 信頼 愛情
そんなものは元から
存在すら無かったのかも
しれないな
周りの皆も見ないふり
傍観者としての立ち位置は
どんな眺めなのでしょうか
誰も彼もあの子と同じ


嫌だ 嫌だ 嫌だ
ひたすら痛みと共に
生きる私
嫌だ 嫌だ 嫌だ
財政 地位
あほらしい 何もかも
それすら分からないあの子
大っ嫌い
君も皆も先生も
私の心の内側は
吐き出せない言葉で真っ黒


言いたくても恐怖が勝って
助けて欲しくても誰もいなくて
声を上げたところで
世界が変わる可能性は
一%にも満たないと
諦める
何をしても変わらないなら
黙っているのがいいのだろうか

だけどね
少しでも
認めてくれて一緒に悩んで欲しかった
それだけなんだよ


どうして どうして どうして
味方一人いないで
戦い続ける私
どうして どうして どうして
周りから認められて
生きるあの子
大っ嫌い
この世界を反映したような
あの子は
今日も息を吸い続ける


PS,リクエストもらい書きましたー
めっちゃおかしいかも
今回のはいじめがテーマかな うん。

雨夜 こたぬきฅ^>ω<^ฅ‬・2021-02-10
雨夜の作詞してみた
作詞してみた
いじめ
作詞
世界
あの子
一人でも多くの命を救うために




Justice/柊杏


繰り返す

何度も傷を重ねて

不幸を患い

それでも愛すべき人がいること

また時を遡ろう


過去を呪っては
重い枷に囚われて

自分自身を偽っても救いたい

忌み嫌われて蔑まれようとも

愛してるに、変わりはない


何度でも君と誓うと決めた

指切り如きの約束

死を纏うそんな僕でも

守ることはできる


繰り返そう、何度でも


♡♡

柊杏・2021-02-19
作詞
original’lyrics
ポエム
独り言
こんなこと君には言えない
大切な人

悲しい夜は

ひとりで過ごすのが日常

辛いと思う気持ちがあるから

耐えられなくなるんだ

切り替えようよその惨めな気持ち

多分それで生きていけるさ

じゅうぶんな愛がなくても

ワガママ泣いても

バカなわたしが1人いるだけで

それでいいよな気持ちでさ

ほら行くよ

永遠とやらの目には見えない

駅に置いてけぼりの幼女の様に

彷徨って泣き疲れて眠るまで

気がつけば朝になっててさ

それでまた生きて行けるさ

My Dream夜が来るまで……

藍凛・3日前
作詞
藍凛













放課後 帰り道
あなたの笑い声
振り返るとそこには
彼女とふたり
仲良く腕組んで
並んで歩いていた

そうなんだよね
あなたには彼女がいてさ
私の想いは届かないまま



改札口 目が合って
あなたの笑顔が向けられる
おはよう!って
頭を撫でるあなた
それが罪なんだよね

そうなんだよね
あなたには彼女がいてさ
私の気持ちは
伝わらないまま


卒業式別れ道
あなたの制服の第二ボタン
まだ残ってた
最後だからね
思い切って告白した

そうなんだよね
あなたには彼女がいてさ
だけど告白したんだ
気持ちを伝えるために


もらったんだよ
あなたの大切な宝物
大切にする
だからねごめんね
あなたは笑顔で答えたね

実はね
彼女は僕の妹で
大切な君に
伝えるために
待っていたんだよ。


卒業式あなたからの
プレゼントは
愛の告白と
制服の第二ボタン

実はね
僕が好きなのは
いつもそばにいてくれた
あどけなくていじらしい
君だけなんだよ





藍凛・2日前
作詞
藍凛

他に2464作品あります

アプリでもっとみる

その他のポエム

独り言
690033件

寂しい理由
2307件

327853件

ポエム
395216件

好きな人
191181件

辛い
100939件

自己紹介
50940件

片想い
170928件

恋愛
131000件

トーク募集
33914件

好き
162260件

卒業
14761件

死にたい
51078件

失恋
75702件

片思い
142030件

苦しい
31130件

友達
51968件

こんなこと君には言えない
3459件

大好き
74298件

35246件

先生
81672件

すべてのタグ